実用性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 実用性の意味・解説 

実用性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 06:45 UTC 版)

居合術」の記事における「実用性」の解説

江戸時代から、本当に剣術対抗できるのか、存在意義はあるのか、といった論争がある。剣術表芸であり居合隠し芸秘術であったという伝承があるほか、難易度点か剣術柔術一定以上習得してなければ居合を習うことができなかった場合もあったと言われている(逆に居合剣術根本であるから剣術よりも先に習え」と記すような伝書もある)。また一方では剣術流儀総合武術における単なる付属武芸いわゆる外物別伝)として扱われていた場合多々ある。「身に付けないよりは身に付けておいたほうが良いと言ったものから、「居合近間弓鉄砲(のように恐ろしいもの)である」といった高い評価まで各種の論が伝書類に散見されるが、自身の流儀重んじる立場から他武芸批判する、あるいは本末論ず伝書類は居合に限らず存在しているため、その点については留意する必要がある居合対峙するからすると相手居合術者)の抜刀前の刀身は鞘に収まった態で相手後方に伸びており、加えて一般的に離れ直前あるいはその瞬間まで刃の軌道読めないことから居合脅威は、間合距離感)と太刀筋読めないところにあるという見方があるほか、大刀片手操作により、小太刀脇差よりも離れた距離まで攻撃できるところに居合脅威がある、という見方もある(居合が「近間弓鉄砲」と言われる所以)。 剣術家居合術家対決描いた書物については、その信憑性については定かではないものの、『撃剣叢談』(1790年刊)に記され水鴎流堤宝山流対決著名である詳細水鴎流#撃剣叢談を参照)。この例では、剣術家対決について「何の難きことか之あらん。抜かしめて勝つなり」と言い放っており、このように居合は刀を抜かせる、すなわち初太刀を外すことで、もはや恐るる足らないものとするような内容を記す文献は、実際に少なくない。これは剣術家側から視点に限らず居合流派伝書にも以下のように同様の記述見られる元来和田氏本意兵法達人にも兵法にさせずして勝を取る也(中略兵法の上手と立合ひ、兵法の場遣り立てては、居合にては決し勝れずと云は正道也 —新田宮流所存之巻』 それ故に居合は「生死を鞘離れ一瞬にかける」とも言われ刀を抜く気配見せず、また抜いた一撃のもとに剣術における両手斬撃勝るとも劣らない斬撃力を以って相手倒さなければならないとされている。あるいは、先に出した撃剣叢談』の事例逆の観点から捉えると、むしろ「刀を抜かせなければ危ない」と考えられていたわけであり、それは居合の実用性を示す証拠ともなる。なお、「剣術家居合立ち合う場合は、相手居合術家)の鯉口切先付けよ、刀が抜け出てくる鯉口押さえよ」と記す剣術流派伝書や、「柄を取られては刀は抜けなくなるから、まず柄を取られない様にせよ」と記す居合流派伝書もあり、実戦至っては居合に刀を抜かせいとするような攻防見られていたようであるまた、 先師曰、剣術得たりとも、抜刀を不レ知ば、刀あれども持べき手なきが如し。〈中略〉譬ば、剣術身体なり、抜刀手足なり、其身体捨て手足のみにては勝べからず —『古今武芸得失論』 とされ、 居合剣術とは本来表裏一体一つのものだという捉え方もある。これは近世以降武芸専門化細分化していくなかで、共に刀剣を扱う武術である両者の関係見直される必要があったということができる。前述したように、剣術では木刀竹刀使って対人攻防学び居合においては真剣の扱いを学ぶという、両者明確な役割与えられる場合もあった。近代以降同様にして、中山博道中心とする剣道界において、竹刀を使う剣道のみでは本当の刀術学べないという考え方から、戦後紙本栄一によって「剣居一体」という言葉提唱され剣道人は日本刀を扱う居合並行して学ぶべきである、とされた。 幕末の日本滞在したデンマーク人エドゥアルド・スエンソンは、 日本刀完璧に扱える日本人は、刀を抜いたその動作から一気斬りつけ相手がその動き一瞬の間気づいて避けない限り、敵の頭を二つ両断することができると言われている。当然のことながらこの武器極度に危険な物と見なされ、刀を抜きそうな素振り見せた時にはその場で直ちにそのサムライ殺して正当防衛認められる一瞬でもためらえば、自分の方が犠牲になるのは明白だからである —『江戸幕末滞在記』 と記しており、居合技術当時恐れられていたという。実際生麦事件における奈良原喜左衛門らのチャールス・リチャードソンへの初太刀追い討ち抜き打ちであったほか、幕末の四大人斬りのうち、河上彦斎桐野利秋二人居合名手であったとされることから居合暗殺術としても使用されていたと言われる。また福沢諭吉著書には、幕末当時浪人による辻斬り横行しており、福澤自身夜道歩いているときに、前方から大男殺気を放って近づいてきたときのことを いよいよとなれば兼て少し居合心得あるから如何し呉れようか。〈中略〉愈よ先方が抜掛れば背に腹は換えられぬ。此方も抜て先を取らねばならん —『福翁自伝』 と、両者互いに居合機会をうかがう探り合いの状態であったと記している(なおこの出来事結局両者物怖じから、すれ違いざまにお互い一目散に逃げたという笑い話になっている)。 ほかにも薩摩藩伝わところによると、 殊に薩摩藩士は他藩に勝れて居合の術を習ふ事の流行せしより最も辻斬の妙極め當時薩摩辻斬と云へば劔道を心得たる者さへ怖れたる程なり(中略)劔道手練の者と雖も歩みながら人を斬る事は非常の難事にして不意に行人斬らんとするには己先づ立留まり軆を構へて而る後に刀を抜かざるべからず然るに薩摩人は居合一流として歩みながら刀を抜くことに妙を得たれば人とすれ違ひざま一刀に斬放し置き忽ち刀を納めて悠々と歩み去る斬らるゝもの殆ど避くるの隙無く且つ之を捕らへんとしても容易に物色し難き事情あり —『西郷隆盛一代記繪入通俗(甲)』 とある。 このように不意打ちとしての居合の実用性の高さを示す事例多数見られる

※この「実用性」の解説は、「居合術」の解説の一部です。
「実用性」を含む「居合術」の記事については、「居合術」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 15:36 UTC 版)

SAF2002」の記事における「実用性」の解説

2008年7月アルトマンは、Z値に基づいて5年以内GMフォード倒産確率46程度との見解示し、それは2009年入って現実に近づいたアルトマンそれ以前に米国航空会社倒産予測的中させている。 SAF2002ではさらに的確な予測行った例がある。 1999年の旧SAFモデルでは、倒産企業との比較のために選ばれた1996年度優良企業として選定した企業の中でソニー日立だけがなぜかSAF値が芳しいものではなかった。これは当初SAF値が倒産判別のためのモデルであり、優良企業に対して若干問題があるものと認識されたが、現実には、1999年日立赤字企業転落しソニーもまもなく業績不振ささやかれるようになったSAF2002での分析においては2005年におけるトヨタ自動車は、優良企業ベスト100にも入らなかった。これも当初は当時経済情勢から考えて日本の企業には優良企業がたくさんあるのだという解釈なされたが、2008年同社赤字転落したこれらの結果から判断すればSAF2002企業格付けにも十分な実効性のあるモデルであると考えられる。なお、ネット上多くの投資サイトや、学術論文において引用されているだけでなく、財務省財務総合政策研究所研究員によるディスカッションレポート等にも引用されている。 なお、SAF2002モデル当初開発され2000年から直近の2016年まで間のSAF値の閾値の全格付け変動については、新刊本明細記載されているSAF2002基づ格付け基準は以下のように定義されている。 S&P 格付けSAF格付けSAF2002AAA AA 1.53900 以上 AA+ A 1.53900未満~1.18717以上 AA AA- A+ BB 1.18717未満~0.75261以上 A A- BBB+ B 0.752611未満~0.41490以上 BBB BBB- C 0.41490 未満

※この「実用性」の解説は、「SAF2002」の解説の一部です。
「実用性」を含む「SAF2002」の記事については、「SAF2002」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 17:59 UTC 版)

アイオロスの球」の記事における「実用性」の解説

アイオロスの球古代に「エンジン」として実用に供されたかどうかは不明であるヘロンの図に描かれているのは単独の装置であり、おそらく「見世物」を意図したものと思われる。これは Pneumatica にある他の装置同じである一方ウィトルウィウスは、水の物理的特性を示す目的でアイオロスの球使っている。彼はアイオロスの球について次のように記している。 「 … 天の法則潜む神の真理発見するための科学的発明である。 」 そして、装置構造説明した後(上掲)、次のように結論付けている。 「 … したがって、このちょっとした短い実験で、我々は万能素晴らし天の法則風の性質理解し判断することができるかもしれない。 」

※この「実用性」の解説は、「アイオロスの球」の解説の一部です。
「実用性」を含む「アイオロスの球」の記事については、「アイオロスの球」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/21 09:22 UTC 版)

クリステ」の記事における「実用性」の解説

クリステは、上述反応起こ表面大きく増やす。もしこれがなければ内膜回転楕円体形で反応速度大きく低下していたはずである従って、クリステミトコンドリア機能効率を向上させている。 数学モデルによると、ミトコンドリア内のクリステ光学特性は、組織の中の光の伝搬寄与していることが示唆された。

※この「実用性」の解説は、「クリステ」の解説の一部です。
「実用性」を含む「クリステ」の記事については、「クリステ」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/30 05:18 UTC 版)

StiLL」の記事における「実用性」の解説

データベースとの連携際立って容易であり、ODBCMicrosoft AccessSQL ServerOracleなどのデータベース相手に、データ取得更新削除機能有している。 データベース連携プログラム構築容易さだけでなく、データ取得スピード自体VBA作成した同機能よりもはるかに速くデータベース連携面でVBA優位性示せ側面皆無といえるまた、Excelシート上のテーブル相手レコード更新削除を行う機能用意されているこれにより小規模ローカルなマスタはExcelBook上に持たせることも選択肢となりうる。 豊富なExcel機能関数条件付書式入力規則ピボットテーブルグラフ等)をそのまま利用できるため、応用範囲は非常に広くまた、プログラム基本処理となる順次理・分岐処理・繰り返し処理の機能備わっているため、業務アプリケーション開発環境としては高い実用性を有する

※この「実用性」の解説は、「StiLL」の解説の一部です。
「実用性」を含む「StiLL」の記事については、「StiLL」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/08 05:10 UTC 版)

アルティマ・スポーツ・アルティマRS」の記事における「実用性」の解説

アルティマ・スポーツ社はこの車を用途が広いスポーツカーしており旅行するのにも理想としている。 レーシー車ではあるが、油圧式のリフトアップシステム、トランクエアコンナビゲーションバックカメラパーキングセンサーがあり、実用的公道でも走ることは可能とされている

※この「実用性」の解説は、「アルティマ・スポーツ・アルティマRS」の解説の一部です。
「実用性」を含む「アルティマ・スポーツ・アルティマRS」の記事については、「アルティマ・スポーツ・アルティマRS」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 07:51 UTC 版)

鼻眼鏡」の記事における「実用性」の解説

鼻眼鏡流行していた当時から、レンズ眼の前固定する手段として鼻眼鏡耳掛眼鏡ほど実用的でないことが知られていた。鼻眼鏡長所として当時言われていたことは、掛け外しの手軽さ見た目良く洒落ていること、外見極力変えず視力矯正できることであった短所として指摘されていたことは、長時間装用耳掛眼鏡ほど快適になりがたいこと、顔つきによっては掛けられないこと、そして光学上の問題点であった19世紀末にはすでに近視遠視老視のみならず乱視斜位矯正法知られていたが、乱視斜位矯正では処方どおりの角度レンズ眼前固定することが求められるため、レンズ回転してしまいやすい鼻眼鏡これらの矯正適さないことが指摘されていた。レンズ回転しやすい短所は、C-ブリッジ型の、ブリッジ自体バネ兼ね構造よるものであり、それを解消するためにバー・スプリング型を始めとするブリッジバネ分離した形式作られたが、重く不恰好であることが嫌われてなかなか一般化しなかった。鼻の上の落ち着きやすいところに置いただけではレンズと眼との間隔正しくなるとは限らないことも光学上の問題点として指摘され当初レンズ同一平面上にあった当て後方に片寄せたオフセット・ガードも工夫された19世紀末書籍では、プリズム不要で乱視もないか軽い人が適切に調整されたオフセット・ガードつきのもの掛けるならばとの条件つきで、縁無し鼻眼鏡がもっとも「現代的」で端麗な眼鏡として推薦されていた。ガードによって引っ張ること当時手術難しかった蒙古ひだを「除去(remove)」することが可能だとする記述見られる1921年眼科医フランク・G・マーフィーも、耳掛け眼鏡をかける鼻眼鏡より装用者が老けて見えるとし、その理由耳掛け眼鏡テンプル目尻のしわに似るからだとした。

※この「実用性」の解説は、「鼻眼鏡」の解説の一部です。
「実用性」を含む「鼻眼鏡」の記事については、「鼻眼鏡」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 02:39 UTC 版)

DBSCAN」の記事における「実用性」の解説

このアルゴリズムの様々な実装があり、大きなパフォーマンス違いがある。あるデータセットに対して最も早いアルゴリズムでは 1.4 秒で終わるが、最も遅いものでは 13803 秒かかる。この差異実装の質、言語コンパイラ違い、またアクセラレーションのためのインデックス(索引)の使用よる。 Apache_Commons Math2 次オーダー動作するアルゴリズムJava 実装を含む。 ELKI(英語版) はDBSCAN、GDBSCAN とその変種、の実装提供している。この実装はほぼ 2 次計算オーダーのための様々なインデックス(索引)構造使用できるまた、任意の距離関数および任意のデータ型サポートしている。しかし、小規模データに関する低レベル最適化(および特殊化)実装性能上回るかもしれない。 R は fpc パッケージDBSCAN含み距離行列介した任意の距離関数サポートしている。しかし、インデックス(索引)のサポートしていない。(それゆえ2 次計算オーダーおよびメモリ消費計算複雑性を持つ。) また、R インタープリタのため、かなり遅い。高速バージョンkd木用いた C++実装されており、dbscan パッケージにある。 Scikit-learn は、任意のミンコフスキー距離に対してDBSCANPython 実装を含む。これはkd木およびen:Ball_treeを用いて高速化させることができるが、最悪な場合における 2 次オーダーメモリ使用量となる。HDBSCAN* アルゴリズムgithub提供されている。 SPMF は kd木サポート(ただしユークリッド距離のみ)したDBSCAN アルゴリズムGPL-V3 Java 実装提供しているWeka2 次オーダー計算時間および線形メモリ使用量動作するDBSCAN基本的な実装を(最新バージョンのオプショナルパッケージとして)含む。

※この「実用性」の解説は、「DBSCAN」の解説の一部です。
「実用性」を含む「DBSCAN」の記事については、「DBSCAN」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 08:19 UTC 版)

機械翻訳」の記事における「実用性」の解説

現実翻訳互い言語の関係によっても大きく異なる自然言語それぞれ孤立して存在するものではなく多かれ少なかれ互いに影響し合っている。特に共通の歴史長い言語同士では、文法語彙共通性、あるいは共通の起源多く持つことがあるそのような場合極端に言えば単語置き換えるだけでもある程度レベル翻訳可能であるから、機械翻訳もより容易いだいたいの味を知るための概訳については、フランス語スペイン語イタリア語などインド・ヨーロッパ語族ロマンス語系諸語間の自動翻訳比較順当であり、英語とロマンス語系あるいはゲルマン語言語との間の自動翻訳実用レベル達しているといえる日本語からの翻訳の場合、実用レベルにあるのは朝鮮語との相互翻訳である。日本語朝鮮語膠着語であるという文法的共通性漢語からの借用語などが多く単語置き換え以外にはあまり複雑な理を必要としないこのため、「GoKorea」「KJCLUB」などの自動翻訳掲示板なども存在する日本語の場合助詞同音異義語多数存在し主語省略行われるこのため形態素解析段階解析誤り発生し推測しなければならない情報数多く存在する一般に英日翻訳に比べ日英翻訳能力は低い段階にある。 翻訳支援の場合、特定の分野翻訳適したユーザー辞書作成することにより、翻訳ソフト品質大幅に向上する。だが一定規模企業・組織ユーザー以外の一般ユーザーによる小規模な利用シナリオでは、ユーザー辞書効果よりも辞書作成かかる時間労力のほうが大きい。その理由には、辞書作成技能要するユーザー辞書コンテンツがない、辞書相互利用のためのインフラがない、翻訳の量が少ない(規模少ない・頻度少ない)といった理由挙げられるこれらの問題を解決するために、AAMTアジア太平洋機械翻訳協会)がユーザー辞書共有するための用語集仕様であるUPF策定したその後UPF検討中止され2006年後継仕様であるUTX策定開始され2013年現在ではバージョン1.11公開されている。

※この「実用性」の解説は、「機械翻訳」の解説の一部です。
「実用性」を含む「機械翻訳」の記事については、「機械翻訳」の概要を参照ください。


実用性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 05:39 UTC 版)

メッサーシュミット Me163」の記事における「実用性」の解説

連合軍Me 163驚異的な上昇力高速に当初は驚愕したものの、航続距離極端に短い事が判明し同機配備されていた飛行場避けて通るようになった。こうしてMe 163会敵することも出来なくなった飛行場移そうにも、Me 163高温燃焼ガス噴出するため滑走路はその対策施したものでなければならず、燃料酸化剤特別の保管施設必要なため、移動困難であったまた、その燃料酸化剤爆発性腐食性極めて強く搭乗員整備員非戦闘時も常に生命危険にさらされていた(Me 163パイロット不時着そのものでは無傷だったが、燃料漏れ発生して強い腐食性を持つ推進剤浴び死傷した例もある)。 ロケットエンジン信頼性低く爆発故障による不時着墜落続発した空中戦際に急角度上昇から水平飛行に移る際の機動に非常に気を使わないと、配管内の燃料懸かる加速度影響で燃料供給途絶してロケットエンジン失火することがあり、また接敵できても敵機との相対速度差があまりにも大きいため射撃タイミング捉えるが難しいと言う欠点があった。更に、エンジン燃焼時間が短いため一度攻撃失敗する再攻撃困難で燃料使い切った後のMe 163加速上昇できない単なるグライダーに過ぎないため、ダイブ振り切れる高高度滑空はともかく、一旦着陸態勢に入ると護衛戦闘機好餌となった機体下部には着脱式の主輪が装着され、これは重量空気抵抗軽減させるため離陸後に投下され着陸時には収納されていた(そり)で滑走しつつ着陸する方式となっていたが、この細く絞った機体下部収納する都合上幅が狭いために接地時の安定性低く着陸時にバランス崩して滑走路激突する事故多かった。さらに着陸後自力で移動避退できないため、対地攻撃絶好標的とされた。 しかしながら搭乗員たちはその高速飛行性能極めて高く評価し上記の致命的な欠陥さえも「悪女魅力とみなして本機愛好した。

※この「実用性」の解説は、「メッサーシュミット Me163」の解説の一部です。
「実用性」を含む「メッサーシュミット Me163」の記事については、「メッサーシュミット Me163」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実用性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「実用性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実用性」の関連用語

実用性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実用性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの居合術 (改訂履歴)、SAF2002 (改訂履歴)、アイオロスの球 (改訂履歴)、クリステ (改訂履歴)、StiLL (改訂履歴)、アルティマ・スポーツ・アルティマRS (改訂履歴)、鼻眼鏡 (改訂履歴)、DBSCAN (改訂履歴)、機械翻訳 (改訂履歴)、メッサーシュミット Me163 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS