歩みとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 歩み > 歩みの意味・解説 

あゆみ【歩み】

読み方:あゆみ

あるくこと。歩行。「—を止める」「牛の—」

歩く調子歩調。「—をそろえる」「—を速める

物事進行、または進歩発達過程推移沿革歴史。「近代日本の—」

等間隔並んでいる物のおのおのの中心間の距離。例えば、ねじの山と山との距離など。

和船で艪(ろ)をこぐ所。また、和船の上構造部材で、帆柱の受材の所から船尾にかけて渡す2本並行材。

歩み板2」に同じ。


歩み

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

歩み、歩み値(あゆみ、あゆみね)

寄付か大引けまで、もしくは節の売買値段推移または相場騰落歩調のことをいいますまた、歩み値とはザラバ取引現在値至った経緯示します

歩み(アユミ)

踊り歩行のことを歩みというが、古典女踊りの歩みは能と同じように摺り足である。女踊り諸屯」の出羽踊りは、角切りにでて対角線上行きつ戻りつするだけでほとんど手た上体動きがない、ただ歩むだけの踊りである。それだけに、歩みは踊りにとって最も重要で基本的な技術であるといえる

歩み(アユミ)

読み方:あゆみ

  1. 相場騰落歩調
  2. 上下共に相場歩調をいふ。

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

歩み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 07:17 UTC 版)

歩み(あゆみ)




「歩み」の続きの解説一覧

歩み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 23:57 UTC 版)

大量生産」の記事における「歩み」の解説

大量生産は、経済成長密接に関わっている大航海時代以降商品経済化が進展し生産消費サイクル拡張すると、利益シェアが強い関連を持つようになった。より少な労力多くの生産を行う、生産性が高い産業が、成長し利益を上げることができた。 18世紀インド綿織物席巻されつつあったイギリス衣料市場においては資本家発明され機械導入し国内生産輸入代替するビジネスを始めた。 機械は、大量生産可能に均質な綿糸綿布綿織物生み出した低コスト生産方式は、やがてインド比較優位性を逆転させ、イギリス綿織物輸出国として成長させることになった産業革命)。 やがて、大量生産あらゆる商品適用され大量の生産物消費される社会誕生したアメリカにおいて特に、この方式は発達し広大な国土発展支えた

※この「歩み」の解説は、「大量生産」の解説の一部です。
「歩み」を含む「大量生産」の記事については、「大量生産」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「歩み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「歩み」の例文・使い方・用例・文例




歩みと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

歩みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歩みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
沖縄県総合教育センター沖縄県総合教育センター
Copyright(C) 2003-2022 Okinawa Prefectural General Education Center. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歩み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大量生産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS