歩行とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 歩行 > 歩行の意味・解説 

かち【徒/徒歩/歩/歩行】

読み方:かち

乗り物使わないで歩くこと。徒歩(とほ)。

「―で山へ登りました」〈二葉亭訳・片恋

(「徒士」とも書く)

江戸時代武士の身分の一。騎乗許されない下級武士。おかち。

㋑「徒侍(かちざむらい)」に同じ。

㋒「徒組(かちぐみ)」の略。


ほ‐こう〔‐カウ〕【歩行】

読み方:ほこう

[名](スル)歩いていくこと。「道路右側を―する」


歩行

【英】:Walk, walking

動物自発運動は、環境条件および時刻によって相違する通例ラット・マウスでは、飼育ケージでの自発運動夜間によく観察され昼間眠っていることが多いので、観察できないことがある。従っ試験計画配慮することが望ましい。ケージから取り出せば、「反応性自発運動」を観察することができるが、それは厳密には「自発ではなく反応性活動である。ただし、これらは区別されない用いられているのが実情である。
また、通例自発運動」では主に移動を伴うものを評価しているが、身づくろい等の移動伴わないものも本質的に自発運動である。動物気分次第自己の尻尾追って回転したり、ケージの壁から天井までよじ登ったりする。
ラット・マウスなどでは、後肢立ち上がることもある。

歩行

作者尾崎翠

収載図書ちくま日本文学全集 020 尾崎翠
出版社筑摩書房
刊行年月1991.11

収載図書定本 尾崎翠全集 上巻
出版社筑摩書房
刊行年月1998.9

収載図書尾崎翠集成
出版社筑摩書房
刊行年月2002.10
シリーズ名ちくま文庫

収載図書尾崎翠―1896-1971
出版社筑摩書房
刊行年月2007.11
シリーズ名ちくま日本文学


歩行

作者庄司肇

収載図書庄司肇作品集 第5巻 掌編小説随筆集
出版社作品社
刊行年月2003.8


歩行

作者南木佳士

収載図書こぶしの上のダルマ
出版社文藝春秋
刊行年月2005.4

収載図書こぶしの上のダルマ
出版社文藝春秋
刊行年月2008.4
シリーズ名文春文庫


歩行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 19:41 UTC 版)

歩行(ほこう)とは、「歩く」ことであり[1])による移動のうち比較的低速のものを言い、厳密にはどの瞬間も少なくともひとつの足が地面についたまま移動する動作を言う。「歩く」は「走る」と対比される。


  1. ^ 広辞苑第六版
  2. ^ a b c d 哺乳類の体重の進化には歩行様式(足の着き方)が関係していた” (日本語). 東京大学. 2022年7月19日閲覧。
  3. ^ 直樹, 和田 (2018年). “歩行障害の種類と原因疾患”. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. pp. 730–734. doi:10.2490/jjrmc.55.730. 2022年7月19日閲覧。
  4. ^ 日経クロステック(xTECH). “動歩行と静歩行” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2022年7月19日閲覧。
  5. ^ [1]
  6. ^ Pasha A. van Bijlert, A. J.‘Knoek’van Soest and Anne S. Schulp(2021), "Natural Frequency Method: estimating the preferred walking speed of Tyrannosaurus rex based on tail natural frequency".
  7. ^ ティラノサウルスの歩行速度は人間並みだった…それでもやっぱり最強の捕食者
  8. ^ 陸上を歩くことが可能な魚が少なくとも11種いることが判明(タイ)” (日本語). カラパイア. 2022年9月15日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本大百科全書』「歩く」
  10. ^ a b c d e JRA競馬用語辞典
  11. ^ a b ドッグトレーナー 瀬形朋也「犬が散歩で速く歩くときの心理3つ」(ワンちゃん本舗のページ)
  12. ^ Morimoto, Naoki; Nakatsukasa, Masato; Ponce de León, Marcia S.; Zollikofer, Christoph P. E. (2018-01-31). “Femoral ontogeny in humans and great apes and its implications for their last common ancestor” (英語). Scientific Reports 8 (1): 1930. doi:10.1038/s41598-018-20410-4. ISSN 2045-2322. PMC PMC5792642. PMID 29386644. https://www.nature.com/articles/s41598-018-20410-4. 
  13. ^ ヒトの祖先はチンパンジーやゴリラには似ていない -発生パターンの比較から二足歩行の起源に迫る-” (日本語). 京都大学. 2022年10月1日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l 竹井仁 監修『ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典』2013年、142頁
  15. ^ 竹井仁 監修『ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典』2013年、143頁
  16. ^ a b c 竹井仁 監修『ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典』2013年、146頁
  17. ^ 竹井仁 監修『ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典』2013年、147頁
  18. ^ a b c 竹井仁 監修『ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典』2013年、150頁
  19. ^ a b 竹井仁 監修『ビジュアル版 筋肉と関節のしくみがわかる事典』2013年、149頁
  20. ^ 商品の説明 内容紹介 - Amazon.co.jp
  21. ^ BMJ Open. 2011 Jan 1;1(2):e000240.
  22. ^ Saint-Maurice, Pedro F.; Troiano, Richard P.; Bassett, David R., Jr; Graubard, Barry I.; Carlson, Susan A.; Shiroma, Eric J.; Fulton, Janet E.; Matthews, Charles E. (2020-03-24). “Association of Daily Step Count and Step Intensity With Mortality Among US Adults”. JAMA 323 (12): 1151–1160. doi:10.1001/jama.2020.1382. ISSN 0098-7484. https://doi.org/10.1001/jama.2020.1382. 
  23. ^ a b c Boston, 677 Huntington Avenue (2020年12月9日). “Walking for Exercise” (英語). The Nutrition Source. 2022年4月6日閲覧。
  24. ^ Lee, I-Min; Shiroma, Eric J.; Kamada, Masamitsu; Bassett, David R.; Matthews, Charles E.; Buring, Julie E. (2019-08-01). “Association of Step Volume and Intensity With All-Cause Mortality in Older Women”. JAMA Internal Medicine 179 (8): 1105–1112. doi:10.1001/jamainternmed.2019.0899. ISSN 2168-6106. https://doi.org/10.1001/jamainternmed.2019.0899. 
  25. ^ Harvard Health”. www.health.harvard.edu. 2022年4月6日閲覧。
  26. ^ Godman, Heidi (2022年12月1日). “Walking linked to lower dementia risk” (英語). Harvard Health. 2022年11月19日閲覧。
  27. ^ 年収が高い人ほど歩くスピードが速く、せっかちであることが判明!?年収1,000万円以上の人は平均年収の人より約1.2倍速で歩いている~ウェアラブル活動量計「ムーヴバ...”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年5月31日閲覧。
  28. ^ Brunner, Eric (2009年10月). “Social inequality in walking speed in early old age in the Whitehall II study”. The Journals of Gerontology Series A: Biological Sciences and Medical Sciences. pp. 1082–1089. doi:10.1093/gerona/glp078. 2022年5月31日閲覧。
  29. ^ Aldridge, Chad; Tringali, Victor; Rhodes, Robert; Kershisnik, Kohl; Creditt, Debra; Gonzalez‐Mejia, Jorge; Lugo‐Vargas, Jose; Eby, Jean (2020-01). “Walking at work: Maximum gait speed is related to work ability in hospital nursing staff” (英語). Journal of Occupational Health 62 (1). doi:10.1002/1348-9585.12171. ISSN 1341-9145. PMC PMC7550206. PMID 33045765. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/1348-9585.12171. 
  30. ^ Levine, Robert V. (1999年3月). “The Pace of Life in 31 Countries” (英語). Journal of Cross-Cultural Psychology. pp. 178–205. doi:10.1177/0022022199030002003. 2022年7月8日閲覧。
  31. ^ 吉郎, 菊地 (2010年). “交互三脚歩行移動体の製作研究”. 小山工業高等専門学校研究紀要. pp. 49–52. doi:10.24610/oyama.43.0_49. 2022年7月19日閲覧。
  32. ^ 範穂, 小谷内 (1993年). “多足歩行ロボットの世界”. 日本ロボット学会誌. pp. 379–384. doi:10.7210/jrsj.11.379. 2022年7月19日閲覧。
  33. ^ 福祉用具共通試験方法-歩行補助機能 独立行政法人製品評価技術基盤機構
  34. ^ 幸泰, 増田 (2013年). “松葉杖免荷3点歩行における最大歩行速度に影響を及ぼす運動機能”. 理学療法学Supplement. pp. 48101929–48101929. doi:10.14900/cjpt.2012.0.48101929.0. 2022年7月19日閲覧。


「歩行」の続きの解説一覧

歩行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 22:38 UTC 版)

マイクロマウス」の記事における「歩行」の解説

車輪限定されていないため、二足歩行でも参加可能である。

※この「歩行」の解説は、「マイクロマウス」の解説の一部です。
「歩行」を含む「マイクロマウス」の記事については、「マイクロマウス」の概要を参照ください。


歩行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 12:16 UTC 版)

ケツァルコアトルス」の記事における「歩行」の解説

足跡の化石発見されており、地上ではおそらく4つで歩いていたと思われる

※この「歩行」の解説は、「ケツァルコアトルス」の解説の一部です。
「歩行」を含む「ケツァルコアトルス」の記事については、「ケツァルコアトルス」の概要を参照ください。


歩行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 17:45 UTC 版)

アルペンスキー」の記事における「歩行」の解説

スキーブーツ構造上足首固定されていることから初心者は歩行時に戸惑う事があるため、まずはブーツ履いた態での歩行になれる必要があり、主に次の2つがある。いずれの場合でも、初心者ストック使ってバランス取りなら行と良い。 1)かかと・つま先をつけて歩く雪面をかかと → ブーツ底面つま先の順につけて歩く方法で、普通の歩き方に近い。なお、氷結面やタイル床等の滑りやすい場所ではかかとをつけた段階滑って転びすい事があり、注意が必要。 2)ベタで歩く氷結面等の滑りやすい場所で歩きやすい歩き方である。ブーツの底を雪面氷結面と平行に置きながら、つま先前に向けた態として、小さ歩幅で歩くスキーブーツ履かい段階で意識して練習する方法もある。余談だが、この歩き方普段の生活積雪路面凍結路面等の滑りやすい場所を歩く時に有効で一部の地域では「ペンギン歩き」と呼ばれる事もあるスキー履いた状態の歩行は、2)と同様ベタで歩いたりスキー前後滑らせながら歩く方法となる。スキー履いての歩行はリフト乗車時などでよく使われるため、基本技術となっている。

※この「歩行」の解説は、「アルペンスキー」の解説の一部です。
「歩行」を含む「アルペンスキー」の記事については、「アルペンスキー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「歩行」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

歩行

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:29 UTC 版)

発音(?)

名詞

(ほこう)

  1. 歩くこと。

類義語

派生語

参照

翻訳

動詞

活用

翻訳


「歩行」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



歩行と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歩行」の関連用語

歩行のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歩行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歩行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイクロマウス (改訂履歴)、ケツァルコアトルス (改訂履歴)、アルペンスキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの歩行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS