ホンダとは? わかりやすく解説

ホンダ

英語 HONDA

本国宗一郎1946年設立した日本のメーカー。まず2輪生産乗り出し、やがて業界トップとなったあと、62年から小型スポーツカーS500S6004輪にも進出した64年からF1挑戦第1期( 6468年)には1.5LのRA272と3LのRA300で2勝をあげ、第2期(8392年)はターボエンジンウィリアムズマクラーレンなどに供給して、計11個のタイトル獲得するという大成功収めた2003年BARエンジン供給している。そのほかカテゴリーとしては1960年代中盤80年代初めにエンジン供給のかたちでF2参戦しどちらもタイトル獲得したアメリカでは94年からCARTエンジン供給し、マニュファクチュアラーズ・チャンピオンに4度輝いたが、2003年からはIRL移行。また1990年代半ばにはシビックアコード内外ツーリングカー選手権参戦、現在もBTCCシビック出場している。国内では、GT選手権NSX出場しているほか、ワンメイクレース主催、フォーミュラマシンによるレーシングスクールの主催などの普及活動進めており、また、鈴鹿ともてぎの2つ国際サーキット所有している。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ホンダ

名前 GondaHonda

ホンダ

読み方:ほんだ

  1. ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府

分類 大阪府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

本多

読み方:ホンダ(honda

所在 埼玉県新座市


本多

読み方:ホンダ(honda

所在 東京都国分寺市


本多

読み方:ホンダ(honda

所在 福井県越前市


本田

読み方:ホンダ(honda

所在 埼玉県深谷市


本田

読み方:ホンダ(honda

所在 新潟県新発田市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

誉田

読み方:ホンダ(honda

所在 千葉県(JR外房線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

本田技研工業

(ホンダ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/27 13:51 UTC 版)

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、: HONDA MOTOR CO.,LTD.[3])は、日本東京都港区に本社を置く、世界的な輸送機器メーカーである。通称「Honda」、「ホンダ」。オートバイの販売台数、売上高は世界首位[4]自動車の販売台数は世界7位(2015年度)[5]、国内2位。小型ジェット機(ビジネスジェット)の出荷数世界首位。芝刈機のシェアも世界首位。発電機除雪機、小型耕うん機のシェアは国内首位。日経平均株価およびTOPIX Core30JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ[6][7][8]


注釈

  1. ^ 本田文庫『生活創造株式会社として』によると、当ビルの設計に際しては、地震の際「人様の命を預かる製品を作っている企業が、ガラスの破片で下を歩く人に怪我をさせてどうする」と、窓が割れて下の通行人に危険が及ばないようにとの本田宗一郎の指示により、幅1.5mのバルコニーに囲まれたデザインとなった。なお、当ビルは青山一丁目交差点側のビルの角を丸くし交差点の見通しを良くする配慮がなされている。また、ビルの三隅には避難経路として非常階段が設けられ、ビルの地下には緊急災害用として約1万人分の食料と水の蓄えと、防災用品が備えられている。
  2. ^ 北海道には札幌ホンダグループのホンダレンタリース札幌が運営するホンダレンタカー[12]があるほか、東京都ではホンダカーズ東京中央が独自でレンタカー事業を行っており、ディーラーレベルでのレンタカー事業は行われている。
  3. ^ もっとも創業者による会社の私物化を嫌うという観点から宗一郎は自身の苗字を社名に入れたことは間違いだったと後年述懐している。
  4. ^ 本田宗一郎を参照。
  5. ^ 前身となる「ダイアクロン」およびそれを引き継いだ初期の「トランスフォーマー」作品では、ホンダ車が武器を装備した変形ロボットになった例がある。
  6. ^ 福井威夫6代目社長は、代表権のない取締役相談役に。伊東孝紳専務が本田技研工業株式会社代表取締役社長と子会社の株式会社本田技術研究所代表取締役社長の双方を兼務。4月1日、株式会社本田技術研究所代表取締役社長に就任。6月23日開催の定時株主総会後の取締役会で、本田技研工業株式会社代表取締役社長に正式就任した。
  7. ^ 介護車とは、助手席または後部座席が回転や昇降することによって、お年寄りや要介護者の車への乗り降りをサポートする車両や、車椅子に乗ったまま後部ハッチバック部分から乗り降りが可能な車両、乗降を補助する補助ステップや車いすの電動収納装置などを備えた車両などである。
  8. ^ 自操車とは、Honda・テックマチックシステムと呼ばれる足の不自由な人が手や左足で運転できる補助装置などを搭載した車両や、手の不自由な人が片手でハンドルやウインカーの操作を行うことが可能な車両である。
  9. ^ ホンダカーズ東京中央のように、個人タクシー仕様車を販売するディーラーは存在する。販売店が使用するキャリアカーやモータースポーツにおいてホンダ車で参戦するチームのトランスポーター、ツインリンクもてぎの来場者送迎バス及びホンダグループの特定バス事業者ベストロジ栃木保有のバス車両は提携関係にあるいすゞ自動車製が大半を占める。また、鈴鹿サーキットやツインリンクもてぎに配備されている救急車はトヨタや日産の車両が用いられている。
  10. ^ LIXILから引き継いだ。
  11. ^ 同業者の日産もスポンサー。
  12. ^ 一時撤退期間あり。2022年秋の改編で提供復帰、KDDIから引き継いだ。
  13. ^ 新しいカギから移動、アコムから引き継いだ。
  14. ^ 別枠には同業者のマツダ、別パターンには日産自動車も提供。
  15. ^ 第一生命から引き継いだ。かつては同業者のNISSANが提供していた。後に再び同社が提供。
  16. ^ それまで提供してきたオンワード樫山から引き継いだ。
  17. ^ 同業者のダイハツも提供。
  18. ^ 同業者のトヨタ自動車も提供。
  19. ^ 同業者のマツダも別枠で提供。
  20. ^ かつては同業者のSUBARU、NISSAN、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、TOYOTA、アウディが提供している。後に再びSUBARUが提供。
  21. ^ 長年続いた同業者の三菱自動車から引き継いだ。
  22. ^ 長年続いたNISSANから引き継いだ(別枠での提供は継続)。現在は大塚製薬に交代。
  23. ^ 長年続いた同業者のTOYOTAから引き継いだ(車両提供含む)、作品によってはバイクも提供。『ホンマでっか!?TV』と日本テレビ系『水曜ドラマ』から提供枠移動、現在は同業者のMAZDA→ジャパネットたかたに交代。
  24. ^ 提供開始時期不明。長らくPT扱いだったが、2019年4月度から正式スポンサーに。ダイハツと共に車両提供。劇中に最新車種が登場。2021年3月をもって降板。同業者のDAIHATSUも提供。
  25. ^ 同業者のTOYOTA、NISSAN、SUBARUも提供。
  26. ^ 同業者のTOYOTA、NISSAN、SUBARUも提供。
  27. ^ CMでは、ジョン・レノンの実子(ジュリアン・レノンが初代シティ後期型、ショーン・レノンが初代フリード)やジョディ・フォスター(5代目シビック)、香里奈(3代目ライフの2006年改良モデル)、木梨憲武中島知子(ゼストの2006年発売モデル)が起用された。また、Honda CarsのCMに野村萬斎高田純次が起用されたことがある。
  28. ^ 来生たかおのカバー曲。
  29. ^ インテグラのCMで山下達郎の「風の回廊」やトゥデイ(軽自動車)のCMで岡村孝子の「はぐれそうな天使[注釈 28]が使われたり、オデッセイのCMでDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」の英語版カバー、2代目ストリームのCMでORANGE RANGEの「UN ROCK STAR」が起用されていた。また、企業CM(「Do you have a HONDA?」シリーズ)としてザ・ハイロウズの「日曜日よりの使者」が使われたことはある。Nシリーズ以前の軽自動車のものに関しては芸能人が出演し、かつCMソングにJ-POPを使用することもあった。
  30. ^ 石川さゆり親子(フィットシャトルのCMでオーナーの一人として)、蛯原友里徳井義実(2代目フリードの2016年発売モデル)、綾野剛二階堂ふみ(3代目フィットの2017年改良モデル)、妻夫木聡(4代目フィットの2020年発売モデル)などの起用例がある。その他に、ヴェゼルの2021年4月発売モデルでは井浦新玉城ティナら多数の芸能人を「GOOD GROOVER」として起用した例もある。現在は小池栄子が2代目フリードのCMに出演している。
  31. ^ ヴェゼルSuchmosSTAY TUNE」・「808」、King Gnu小さな惑星」、藤井風きらり」や、フィットMIYAVI「Fire Bird」、奥田民生And I Love Car」、ジェイド米津玄師LOSER」、インサイトサカナクションyears」など。

出典

  1. ^ コーポレート・ガバナンス - 本田技研工業株式会社
  2. ^ コーポレートガバナンス報告書 2021年12月19日閲覧
  3. ^ 本田技研工業株式会社 定款 第1章第1条
  4. ^ 二輪車・バイク業界の動向・ランキング等を研究-業界動向サーチ”. 2021年1月16日閲覧。
  5. ^ 自動車メーカー世界ランキング 2016” (日本語). KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv. 2021年1月16日閲覧。
  6. ^ 構成銘柄一覧:日経平均株価 Nikkei Inc. 2021年10月8日閲覧。
  7. ^ 「TOPIXニューインデックスシリーズ」の定期選定結果及び構成銘柄一覧 (PDF) jpx.co.jp 2020年10月7日公表 2021年10月8日閲覧。
  8. ^ JPX日経400・JPX日経中小型 jpx.co.jp 2021年10月8日閲覧。
  9. ^ Honda|会社案内|事業・活動”. www.honda.co.jp. 2021年1月16日閲覧。
  10. ^ Interbrand. “Best Brands” (英語). Interbrand. 2019年11月13日閲覧。
  11. ^ オジサン世代のシビックショックを繰り返さないで!ホンダにおけるフィットとシビックの関係(2/3) オートックワン
  12. ^ 札幌のレンタカーならホンダレンタリース札幌”. 2020年9月22日閲覧。
  13. ^ バイクレンタルならホンダ”. HondaGO BIKE RENTAL. 2020年8月30日閲覧。
  14. ^ バイクレンタルサービス「HondaGO BIKE RENTAL」開始について”. www.honda.co.jp. 2020年8月30日閲覧。
  15. ^ a b ホンダの新サービス「EveryGo」開業で 日本のカーシェアリングに思うこと” (日本語). webCG. 2021年3月19日閲覧。
  16. ^ ホンダが5年連続トップと米誌 自動車メーカー番付 Archived 2011年3月24日, at the Wayback Machine.(47NEWS
  17. ^ ホンダ小型車 3240円ナリ 米でスクラップ『朝日新聞』1970年(昭和45年)12月4日夕刊 3版 11面
  18. ^ 2000年12月21日 ホンダのプレスリリース - グローバル・ブランド・基本ルール制定について
  19. ^ 広瀬真人. “広瀬真人「ASIMO」の生みの親”. 武田計測先端知財団. 2019年11月13日閲覧。
  20. ^ a b 子供に人気のあのカードゲームにホンダ車だけ登場しない理由”. NEWSポストセブン (2013年1月26日). 2015年2月1日閲覧。
  21. ^ RITEとHonda、セルロース系バイオマスからのエタノール製造新技術を共同開発”. www.honda.co.jp. 2019年11月13日閲覧。
  22. ^ Honda ビーチクリーン活動” (日本語). Hondaの社会貢献活動ホームページ. 2019年11月13日閲覧。
  23. ^ 内モンゴルの植林活動 | 海外におけるホンダの支援活動と国際協力|Honda” (日本語). Hondaの社会貢献活動ホームページ. 2019年11月13日閲覧。
  24. ^ 本田技研工業株式会社 会社案内 役員室メンバー表(2021年6月23日、767KB)
  25. ^ 語り継ぎたいこと ~チャレンジの50年~: 写真やエピソードで語るHondaの50年史”. 語り継ぎたいこと ~チャレンジの50年~. 2019年11月13日閲覧。
  26. ^ 創50:ホンダの原点”. www.honda.co.jp. 2019年11月13日閲覧。
  27. ^ TIMELINE”. www.honda.co.jp. 2019年11月13日閲覧。
  28. ^ 『株価20年 昭和33年版』 東洋経済新報社、1958年3月13日。
  29. ^ モビリティランド | 沿革”. www.mobilityland.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  30. ^ FOCUS 2001年7月25日号 新潮社『「決定的瞬間HISTORY'80s 昭和天皇と本田宗一郎の不思議問答」』より。
  31. ^ a b ホンダ、人間型ロボット「ASIMO」を発表”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  32. ^ ホンダ神話―教祖のなき後で. 文藝春秋. pp. 530-531 
  33. ^ Honda|ASIMO|ASIMOキッズ|アイアムASIMO|あゆみ|P1”. www.honda.co.jp. 2022年10月13日閲覧。
  34. ^ 新世代エンジン「DOHC i-VTEC」を発表”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  35. ^ フィット、2002年登録車販売台数で第1位を達成”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  36. ^ 社長交代人事についてのお知らせ”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  37. ^ 四輪車世界生産累計5000万台達成”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  38. ^ Honda、ビジネスジェット実験機の飛行試験を開始”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  39. ^ 中国の地域本部機能を強化”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  40. ^ 新組織体制を発表”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  41. ^ HondaとGE、小型ビジネスジェット用エンジン事業化で提携”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  42. ^ Honda和光工場の跡地活用について”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  43. ^ 本格的スポーツモデルNSXの生産を終了”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  44. ^ 2005年 年末記者会見 福井社長スピーチ骨子”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  45. ^ HondaJet事業化について”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  46. ^ HondaJet事業化に向けて新会社を設立”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  47. ^ HondaJet 受注を開始”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  48. ^ ブラジル向け「フレキシブル・フューエル・ビークル(FFV)」を開発”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  49. ^ 太陽電池事業子会社 ホンダソルテックの事業終了について”. www.honda.co.jp. 2019年11月13日閲覧。
  50. ^ 小川新エンジン工場 竣工”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  51. ^ 社長人事について”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  52. ^ 本田技研工業株式会社に対する第三者割当による新株式発行の払込完了についてのお知らせ”. 2019年11月17日閲覧。
  53. ^ 埼玉製作所寄居工場、稼働開始”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  54. ^ a b c ホンダが燃料電池トラックの実証を中国で始めた狙い ニュースイッチ by 日刊工業新聞社” (日本語). ニュースイッチ by 日刊工業新聞社. 2023年1月16日閲覧。
  55. ^ 2015年北米国際自動車ショーでAcura新型「NSX」を世界初披露”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  56. ^ 社長人事について”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  57. ^ ナイジェリアで四輪車の生産を開始”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  58. ^ 四輪車の世界生産累計台数1億台を達成”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  59. ^ 日本の四輪車生産体制を進化”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  60. ^ 完成車事業の譲渡に伴う分割準備会社の設立および会社分割(簡易吸収分割)ならびに吸収分割会社の株式譲渡に関するお知らせ”. 2019年11月18日閲覧。
  61. ^ ヤチヨの四輪完成車生産事業会社を完全子会社化”. www.honda.co.jp. 2019年11月17日閲覧。
  62. ^ 本田技研工業株式会社(証券コード:7267)による当社株式に対する公開買付けの結果並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ ショーワ 2020年10月16日
  63. ^ 本田技研工業株式会社による当社株式に対する公開買付けの結果並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ ケーヒン 2020年10月16日
  64. ^ 本田技研工業株式会社による当社株券に対する公開買付けの結果並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ 日信工業 2020年10月16日
  65. ^ 日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワおよび日信工業は経営統合を完了し、日立Astemoとして営業開始 日立Astemo 2021年1月6日
  66. ^ 日本での四輪車オンライン販売事業会社 「株式会社ホンダセールスオペレーションジャパン」を設立”. www.honda.co.jp (2021年4月1日). 2021年4月5日閲覧。
  67. ^ 社長人事について”. 本田技研工業株式会社. 2020年4月26日閲覧。
  68. ^ “ホンダ 栃木 真岡のエンジン部品工場 2025年に生産終了へ”. NHK NEWS WEB. (2021年6月4日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210604/k10013067951000.html 2021年6月4日閲覧。 
  69. ^ 定款一部変更に関するお知らせ(2021年5月21日、801KB)
  70. ^ 第97回定時株主総会決議ご通知(2021年6月23日、130KB)
  71. ^ a b c d ホンダ、宇宙事業に参入 2020年代にロケットの打ち上げ目指す:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年10月2日閲覧。
  72. ^ 国内自動車メーカー初 新車オンラインストア「Honda ON」オープン”. www.honda.co.jp. 2022年10月13日閲覧。
  73. ^ a b c Honda公式サイト「Hondaハート」
  74. ^ a b ソニーとHonda、モビリティ分野における戦略的提携に向けて基本合意”. www.honda.co.jp. 2022年3月4日閲覧。
  75. ^ ソニーとHonda、モビリティ事業を行う新会社「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」の設立に関する合弁契約を締結 - ソニーグループ・本田技研工業 2022年6月16日(2022年6月17日閲覧)
  76. ^ a b ホンダ、米オハイオ工場でEV生産 電池工場も州内に建設(ロイター)” (日本語). LINE NEWS. 2022年10月11日閲覧。
  77. ^ ホンダ二輪 年産400万台へ:74億円で新工場を建設(NNA.Newsインドネシア2010年7月21日閲覧)
  78. ^ ホンダ全二輪車値下げ…3年で10年前の価格に[リンク切れ]YOMIURI ONLINE
  79. ^ ホンダ「カブ」国内生産終了へ 熊本製作所、400人配転。[リンク切れ] - 西日本新聞2012年1月22日朝刊
  80. ^ ミニバイク生産、熊本製作所に移管 ホンダ - くまにちコム・2015年9月11日
  81. ^ <ホンダ・ヤマハ発> 二輪車で提携 50ccの生産・開発 Archived 2016年10月6日, at the Wayback Machine. - 毎日新聞・2016年10月5日
  82. ^ ホンダ ヤマハ 電池の開発で連携 オートバイの電動化を見据え
  83. ^ 欧州でもEVバイクの交換式バッテリーを標準化へ、ホンダとヤマ発など4社が協業
  84. ^ 社長就任会見 代表取締役社長 三部 敏宏スピーチ概要”. www.honda.co.jp. 2022年3月4日閲覧。
  85. ^ ホンダ、30年に国内四輪全て電動化 軽EV、24年投入”. 時事ドットコム. 2022年3月4日閲覧。
  86. ^ a b ソニーとホンダ、EVで提携 新会社で25年に発売”. 日本経済新聞. 2022年3月4日閲覧。
  87. ^ ホンダ撤退で燃料電池車(FCV)の未来に「赤信号」”. maonline.jp. 2022年3月4日閲覧。
  88. ^ ホンダ、第2世代FCVを2023年に投入 コスト大で幅低減 耐久性重視商用車にも積極適用”. 日刊自動車新聞 電子版. 2022年3月4日閲覧。
  89. ^ ホンダの自主独立路線はいつまで続く? 世界の自動車産業では巨大な連合が次々形成”. ベストカー. 2022年3月4日閲覧。
  90. ^ 日産と合併なんてあり得ない!? なぜホンダは独立独歩を貫くのか”. ベストカー (2020年9月2日). 2022年3月4日閲覧。
  91. ^ ゼネラルモーターズ(GM)とHonda、GM「アルティウム」バッテリー採用のHonda向け次世代EVの共同開発に合意”. www.honda.co.jp. 2022年3月4日閲覧。
  92. ^ ホンダ・GM、EV共通化”. 日本経済新聞. 2022年3月4日閲覧。
  93. ^ ホンダとGMが提携関係を拡大! 商品開発にまで踏み込んだ協業の“ねらい”とは?”. webCG. 2022年3月4日閲覧。
  94. ^ ホンダが「自主独立路線」を改め、ライバルのトヨタと手を組む理由”. ダイヤモンド・オンライン. 2022年3月4日閲覧。
  95. ^ ホンダ、中国CATLに1%出資 EV電池強化”. 日本経済新聞 (2020年7月10日). 2022年3月4日閲覧。
  96. ^ 2019年5月8日本社プレスリリース「事業方針説明会見 代表取締役社長 八郷 隆弘 スピーチ内容」
  97. ^ 太陽電池事業子会社 ホンダソルテックの事業終了について”. ホンダ (2013年10月30日). 2022年2月2日閲覧。
  98. ^ Hondaの社食カレーうどん4種を食べ比べ! ちょいのせカスタムにもトライしてみました - カエライフ・2019年7月24日
  99. ^ 「ホンダ社食のカレーうどんの素」全5種類、1月18日リニューアルオープンのホンダウエルカムプラザ青山で販売開始 - Car Watch・2020年1月17日
  100. ^ 本田宗一郎氏も大好きだった!? ホンダ社員食堂超人気メニューのカレーうどんを食べ比べ! - モーサイ・2020年2月4日
  101. ^ 埼玉製作所寄居工場、稼働開始 - (2013年7月9日付リリース)
  102. ^ 国内生産拠点 Archived 2012年9月27日, at the Wayback Machine.
  103. ^ Hondaグループ
  104. ^ Honda|バイク|Honda DREAM ネットワーク|AIS (Automobile Inspection System)”. 本田技研工業株式会社. 2014年1月31日閲覧。
  105. ^ 防災航空センター - 埼玉県ホームページ
  106. ^ 【リコール】ホンダ インスパイア / セイバー…エアバッグ破損で死亡
  107. ^ ホンダ37万台リコール 米でエアバッグ不具合[リンク切れ]
  108. ^ 中国工場でスト相次ぐ、ホンダ3件目 台湾系工場では暴動で50人負傷
  109. ^ ホンダ組立工場が稼動停止 損失は1日2億元超に
  110. ^ 日本人駐在員との給与格差「50倍」やり玉 中国ホンダ系工場スト Archived 2010年10月24日, at the Wayback Machine.
  111. ^ ホンダに5千万賠償命令 元整備士の石綿被害認定 東京地裁 Archived 2014年2月27日, at the Wayback Machine.
  112. ^ ホンダ、米で個人情報流出=名前など490万件[リンク切れ]
  113. ^ ホンダ、28.3万人分の個人情報流出-カナダで[リンク切れ]
  114. ^ a b c d e f g h 【独自】自殺社員のPC隠蔽、遺族に「廃棄」と説明…ホンダが7人懲戒処分”. 読売新聞. 2021年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月2日閲覧。
  115. ^ ホンダ販売店、不正車検で指定取り消し 相次ぐ問題、人手不足が影”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2022年5月31日). 2022年12月1日閲覧。
  116. ^ Global warming suit hits carmakers - USATODAY.com
  117. ^ 「藤井風」「King Gnu」「Suchmos」ヴェゼルのCM曲のアーティストがその後「売れるワケ」を「仕掛け人」に聞いた”. 交通タイムズ社. 2022年9月5日閲覧。



ホンダ(2014-21)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 03:26 UTC 版)

ベルトラン・バゲット」の記事における「ホンダ(2014-21)」の解説

2013年12月セパン・インターナショナル・サーキット行われたGT500車両テストNAKAJIMA RACINGから参加ホンダ・HSV-010 GT走行担当した翌年1月に同チームから2014年のSUPER GT参戦することが発表され中嶋大祐コンビを組むことになった。ホンダ勢が全体として苦しんだシーズンであったものの、二度によりセーフティカー導入され第五富士ではウェットコンディションに強いダンロップタイヤ特性活かして好走3位表彰台獲得した2015年からSUPER GTに加えスーパーフォーミュラにもNAKAJIMA RACINGから参戦初年度はノーポイントに終わったものの、翌年開幕戦で8位に入賞し、初ポイント獲得した最終ラウンド鈴鹿でも二戦連続入賞しランキング15位でシーズン終えた。 再びSUPER GT専念することとなった2017年翌年からの鈴鹿10時間耐久レースへの模様替え控え最後の開催となった鈴鹿1000kmでは予選4番手からトップ争いを展開。2番手につけていたKEIHIN NSX-GTがレース終盤にタイヤバーストによりリタイアしたことで独走体制となり、チームメイト松浦孝亮ドライブによりトップチェッカーを受けた。この勝利バゲット初勝利であるとともにNAKAJIMA RACINGにとって2007年最終戦富士以来となる10年振り優勝となった2019年には5年在籍したNAKAJIMA RACINGからREAL RAINGに移籍塚越広大チームメイトとなった。第6戦オートポリスではタイヤ選択により一時順位大幅に落としたものの、レース後半にウェットタイヤを装着したバゲット追い上げにより2位表彰台獲得。ホンダ陣営内で最上位の6位でシーズン終えた2020年には新型コロナウイルスの感染拡大による水際対策強化のためテスト欠席することとなったものの、開幕直前6月末再入国することに成功しレース欠場回避した第2富士優勝しこの年よりFR化したNSX初勝利達成した第4戦もてぎでシーズン2勝目挙げ一戦残した段階トムス37号車同点ランキング首位につけていた。しかし、最終戦富士予選12番手にとどまり決勝では4位まで巻き返したものの、タイトルはこのレース優勝した山本尚貴牧野任祐の手渡った2021年12月年間6位に終わった同年のシーズン最後に、ホンダ陣営から離脱したことを自身のTwitter発表した

※この「ホンダ(2014-21)」の解説は、「ベルトラン・バゲット」の解説の一部です。
「ホンダ(2014-21)」を含む「ベルトラン・バゲット」の記事については、「ベルトラン・バゲット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ホンダ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ホンダ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ホンダ」に関係したコラム

  • 株式取引でのサヤ取りの方法

    サヤ取り(鞘取り)とは、2つの銘柄、あるいはそれ以上の銘柄の価格差を取る売買手段のことです。株式取引でのサヤ取りの方法は、通常は2つの同じような値動きをする銘柄を選び、1つは売り、もう1つは買いのポジ...

  • CFDのペアトレードの方法

    ペアトレードは、似たような価格の推移する2つの銘柄を、片方を売り建てし、もう片方を買い建てすることです。2つの銘柄は基本的に同じような値動きをしますが、僅かな価格のブレが生じた時に利益が発生することが...

  • FXや株式のローソクボリュームとは

    株式のローソクボリュームとは、ローソク足と出来高を合わせたエクイボリュームをもとにしたチャートのことです。ローソクボリュームは、ローソク足と同じように始値、高値、安値、終値の4本値を用いてローソク足を...

  • 株式の投資基準とされる純利益連単倍率とは

    株式の投資基準とされる純利益連単倍率とは、企業の連結決算ベースの予想純利益が個別財務諸表ベースの予想純利益の何倍かを表したものです。純利益連単倍率は、次の計算式で求めることができます。純利益連単倍率=...

  • 株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは

    株式の投資基準とされる売上高連単倍率とは、企業の連結決算ベースの予想売上高が個別財務諸表ベースの予想売上高の何倍かを表したものです。売上高連単倍率は、次の計算式で求めることができます。売上高連単倍率=...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホンダ」の関連用語



3
78% |||||

4
78% |||||

5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

ホンダのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホンダのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本田技研工業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベルトラン・バゲット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS