サンデーモーニングとは? わかりやすく解説

サンデーモーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/28 04:10 UTC 版)

サンデーモーニング』(: SUNDAY MORNING)は、TBS系列1987年10月4日から毎週日曜日の時間帯に生放送されている関口宏が総合司会を務める報道番組。略称は「サンモニ」など。


注釈

  1. ^ 2015年10月4日より実施。
  2. ^ 東京新聞2017年12月3日19面に現時点で1560回とある、これ以降に放送を休止したのはこの年の年末と18年のアジア大会による8月26日、19年のマラソングランドチャンピオンシップの9月15,世陸29日に加え21年の年末,22年の正月、世陸7月17日のみである
  3. ^ モニターの左上にはH.Sekiguchi "SUNDAY MORNING"と記載
  4. ^ 北野大と藤岡久美子が青函連絡船摩周丸」から、ケント・デリカットと高木希世子が青函トンネル一番列車となる特急はつかり10号から4元中継した。また、高橋真理は函館駅から、宮田佳代子は青森駅からネット局のアナウンサーとともに中継を行った。
  5. ^ ケント・デリカットと藤岡久美子が岩黒島近くの瀬戸内海の船の上から、高木希世子がヘリコプターの上から中継を行った。
  6. ^ 公式ウェブサイトでも「報道・ドキュメンタリー」に分類されている。
  7. ^ 浪江からも中継
  8. ^ 川内村、気仙沼からも中継
  9. ^ 浪江からも唐橋が中継
  10. ^ 東京新聞2017年12月3日19面
  11. ^ (代わって2001年10月以降、後座番組となっている『サンデージャポン』と2015年と2017年から2019年は、前座番組となっている『健康カプセル!ゲンキの時間』(CBCテレビ製作)と『がっちりマンデー!!』は休止、2020年及び2021年は『がっちりマンデー!!』のみ休止)
  12. ^ エンディングにはなぜかフクロウが登場した
  13. ^ 参加者は以下の通り、浅井信雄,アントン・ウィッキー,加山雄三,北野大,岸本葉子,ケント・ギルバート,新堀俊明,関口宏,千葉紘子,前田武彦,マリ・クリスティーヌ,三屋裕子,ペマ・ギャルポ
  14. ^ 番組の一部で昭和の歌謡を特集し植木等、マヒナスターズ、ブルーコメッツ、田端義夫、寺尾聡、橋幸夫らが出演した
  15. ^ 前半は通常の本番組のパターンで進行し、第2部がスペシャル用の特別ドキュメンタリーなどとなっていた。
  16. ^ なお余談ではあるが2018年度は12月30日が日曜日で本番組も『報道の日』も両方とも放送されたが以前のような本番組の年末スペシャルからスタートを切る編成ではなく当日は本番組は通常通り放送し翌週の1月6日に新春スペシャルが放送された
  17. ^ 2018年2月4日放送分では、関口が番組開始以来初となる病欠(インフルエンザ罹患)のため、松原耕二(当時TBS報道記者・キャスター)が総合司会代理を務めた。同日はサブキャスターの伊藤友里も同じくインフルエンザのため欠席した[14]。また2022年11月27日放送分でも新型コロナウイルス感染症罹患のため欠席し[15]、松原が総合司会代理を務めた[16]
  18. ^ しかしこれ以前にも一度息子(知宏)の留学のため休んでいる 東京新聞2017年12月3日19面
  19. ^ 2008年11月23日(夏休み)、2014年8月31日(同)、2017年9月17日(同)、2010年1月10日(病欠)、2018年6月10日(同)、同年9月9日(同)、同年12月30日(忌引)、2020年4月19&26日(風邪)は休み
  20. ^ 「週刊御意見番」担当キャスターは、2002年9月以前は川村美絵子が、同年10月から2008年9月までは今山佳奈がそれぞれ務めていた。今山退任後は専属担当者を決めず、橋谷以外の3人が持ち回りで担当していたが、2008年12月から唐橋が専属で担当するようになった。なお、今山不在の時は津島や唐橋が代理をしたこともあった。
  21. ^ 2020年10月4日放送分では、皆川玲奈(後輩アナウンサー)が代演。
  22. ^ 関口が司会を務めるTBS→TBSテレビ制作の番組では、同局のアナウンサー時代に『関口宏の東京フレンドパーク』で進行を担当していた小林豊が、水野と同じパターンで異動後も『関口宏の東京フレンドパーク ドラマ大集合SP!!』に出演。
  23. ^ 2021年8月1日及び8日は新型コロナウイルス感染のため療養。
  24. ^ 2022年8月14日は新型コロナウイルス感染のため療養した。同年11月27日は関口が新型コロナウイルスに感染で療養のため総合司会の代理を務めた。
  25. ^ それ以前にも出演したことがある
  26. ^ 19年12月、20年3月・5月、21年8月は月2
  27. ^ 2018年9月と2022年5月は2回
  28. ^ 2016年10月23日,2017年4月2日,2017年7月9日,2018年4月29日,2018年11月18日,2018年12月30日,2019年2-4月の最終週,2019年8月11日,2019年9月22日,2019年11月3日,2020年1月12日にも出演
  29. ^ これ以前にも2014年10月26日に出演している
  30. ^ 2021年10月10日と2022年4月24日と5月29日、7月10日、9月4日に出演
  31. ^ 19年12月と21年6-9月は未出演
  32. ^ 17年の5月8月と翌年7月の第3週と9月30日と12月2日に加え、19年の4月28日と5月12日にも出演
  33. ^ 一部のコメンテーターは局内の別室から出演。
  34. ^ アメリカに居住しているため、リモート出演する場合もある(7月17日まで)。
  35. ^ コロナウイルス拡大前まで不定期にパネリストとしてスタジオ出演していた。
  36. ^ ただし、出演当初は本名の小山武明名義で参加。
  37. ^ 関口がかつて司会をしていた『クイズ100人に聞きました』のナレーターを「屋根裏のアナウンサー」と呼んでいたことになぞらえた。
  38. ^ 例えば2011年は4回、2012年は6月以前に2月と4月に出演
  39. ^ かつてテレビ朝日の政治討論番組、「あまから問答」のキャスターを務めていた。
  40. ^ 2014年7月20日、8月24日、10月19日、11月16日、12月21日、15年3月1日、7月12日、8月16日にも出演
  41. ^ 毎年8月は出演無し
  42. ^ 2001年12月30日の拡大版にも出演
  43. ^ 2001年2月18日と3月4日にも出演
  44. ^ 17年の7,9,10月と18年の4月は出演無し
  45. ^ 発言内容が主にデイリースポーツサンケイスポーツスポーツ報知に掲載されることが多い。
  46. ^ この場合は、「助っ人」の隣にいるようなバーチャル合成をしている。
  47. ^ 過去に北海道日本ハムファイターズのGMも務めていた。
  48. ^ 2015年6月21日出演時、テニスの錦織圭の負傷棄権についての発言がネットニュースで取り上げられ、一部のネットユーザーから張本と金田に抗議と批判する意見がFacebookに投稿された。
  49. ^ 2度監督を務めた。
  50. ^ 衣笠が現役時代に達成した当時は世界記録であった。
  51. ^ 監督は長嶋茂雄が務める予定だったがオリンピック直前に脳梗塞で倒れ、監督として務めることが不可能になったため、打撃コーチの中畑が監督代行の形で務めた。
  52. ^ 2015年6月21日出演時、テニスの錦織圭の負傷棄権についての発言がネットニュースで取り上げられ、一部のネットユーザーから張本と金田に抗議と批判する意見がFacebookに投稿された。
  53. ^ 2度監督を務めた。
  54. ^ 金田と同様、監督を2度務めた。
  55. ^ 2015年6月21日出演時、テニスの錦織圭の負傷棄権についての発言がネットニュースで取り上げられ、一部のネットユーザーから張本と金田に抗議と批判する意見がFacebookに投稿された。
  56. ^ 2度監督を務めた。
  57. ^ 2017年6月13日就任。
  58. ^ 2015年6月21日出演時、テニスの錦織圭の負傷棄権についての発言がネットニュースで取り上げられ、一部のネットユーザーから張本と金田に抗議と批判する意見がFacebookに投稿された。
  59. ^ 2度監督を務めた。
  60. ^ 2016年シーズンより
  61. ^ 2015年6月21日出演時、テニスの錦織圭の負傷棄権についての発言がネットニュースで取り上げられ、一部のネットユーザーから張本と金田に抗議と批判する意見がFacebookに投稿された。
  62. ^ 2度監督を務めた。
  63. ^ 石井は、2015年6月4日にフジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「ナンデーモーニング」(パロディ)にも出演しており、本家とパロディ両方に出演した。
  64. ^ 衣笠が現役時代に達成した当時は世界記録であった。
  65. ^ 2015年6月21日出演時、テニスの錦織圭の負傷棄権についての発言がネットニュースで取り上げられ、一部のネットユーザーから張本と金田に抗議と批判する意見がFacebookに投稿された。
  66. ^ 2度監督を務めた。
  67. ^ 2015年6月21日出演時、テニスの錦織圭の負傷棄権についての発言がネットニュースで取り上げられ、一部のネットユーザーから張本と金田に抗議と批判する意見がFacebookに投稿された。
  68. ^ 2度監督を務めた。
  69. ^ 2015年6月21日出演時、テニスの錦織圭の負傷棄権についての発言がネットニュースで取り上げられ、一部のネットユーザーから張本と金田に抗議と批判する意見がFacebookに投稿された。
  70. ^ 2度監督を務めた。
  71. ^ 2020年1月中旬以降、新型コロナウイルス関連の報道で時間を割く特別措置のため、「一週間のニュース」を8:50頃に置き換えて放送されている。
  72. ^ 「週刊ご意見番」・「一週間のニュース」でもこれが使われることがある。
  73. ^ 初期の頃は「ニュースまとめて一週間」「先週の動き」というコーナーであった。
  74. ^ 関口宏~時代はリポーターが中継先を紹介していた、中継先を写しながら番組が始まることもあった
  75. ^ 2020年3月以降は「週刊御意見番」終了後に天気部分のみ単独で放送。また中継映像はなく、渋谷や横浜等のお天気カメラの映像に乗せる形で週間予報の一覧テロップを表記するのみとなった。
  76. ^ 時間によっては最初からカットの場合もあるが、途中で調整がつくとCM中などに紙を剥がして取り上げられたり、隠された状態でも10秒ぐらいでフリップのみ簡単に紹介ということもある。
  77. ^ ゴルフに関するニュースは、副調整室にタケ小山が待機していることも多いことからカットの対象にはならない。
  78. ^ これらの一般人が出場した大会で、出場した選手に対しては通常の敬称略ではなく、少年の場合は「くん」、少女や高齢者などの場合は「さん」の敬称が付けられる。
  79. ^ 年末スペシャルでは扱われない
  80. ^ 新堀、輪島、衣笠は番組初期のレギュラーコメンテーターとして出演。
  81. ^ TBS系列の時刻表示には「番組(ネット)送出はしない」という運用ルールがある。
  82. ^ 2014年3月30日(2013年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送。
  83. ^ 2019年3月31日(2018年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、山陽放送。
  84. ^ RKB毎日放送、長崎放送、熊本放送、大分放送、宮崎放送、南日本放送が該当。
  85. ^ 1988年度から1992年度にかけては『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』放送時も、同番組を飛び降りたうえで本番組を放送していた。

出典

  1. ^ “番組審議会議事録”. 番組審議会議事録. (2000年2月21日). https://www.tbsholdings.co.jp/tbstv/regulation/council_no424.html 
  2. ^ a b c “『サンデーモーニング』が手作りフリップにこだわるワケ「硬派な話題だからこそ伝わるものがある」”. ORICON. https://www.oricon.co.jp/special/54270/2/ 2020年2月9日閲覧。 
  3. ^ https://ameblo.jp/hashitani/entry-12569281700.html
  4. ^ 東京新聞2004年1月17日16面
  5. ^ “関口宏、周囲に漏らしていた最愛の妻・西田佐知子の不安な「近況」”. 週刊女性PRIME. (2018年3月19日). https://www.jprime.jp/articles/-/11944?page=2 
  6. ^ https://www.asahi.com/articles/ASKD610Z4KD5UCVL02V.html
  7. ^ https://president.jp/articles/-/54453?page=3
  8. ^ https://ameblo.jp/hashitani/entry-11371311181.html
  9. ^ https://web.archive.org/web/20210810015811/https://ameblo.jp/satokonaito/entry-11372205876.html
  10. ^ https://ameblo.jp/hashitani/entry-12471314067.html
  11. ^ “関口宏「サンデーモーニングいつの間にか一番左に」”. 日刊スポーツ. (2015年5月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1477596.html 
  12. ^ https://ameblo.jp/kurihara-yuka/entry-12317897463.html
  13. ^ 当初は、セットの壁の前にジ〜ンを立体とした置き看板も置かれていた。
  14. ^ “関口宏、サンデーモーニングを30年で初の病欠 インフルエンザで”. デイリースポーツ. (2018年2月4日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/04/0010955780.shtml 
  15. ^ https://web.archive.org/web/20221127074443/https://www.tbs.co.jp/sunday/info/20221125.html
  16. ^ “関口宏、新型コロナ陽性でTBS「サンデーモーニング」を欠席”. 日刊スポーツ. (2022年11月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202211270000173.html 
  17. ^ 2016年11月20日,2017年10月29日
  18. ^ https://twitter.com/matsubarakoji/status/1596675554174173184
  19. ^ https://web.archive.org/web/20170106200521/https://tbs.co.jp/company/regulation/shingi/shingi_meibo.html
  20. ^ https://www.tbsholdings.co.jp/tbstv/regulation/council.html
  21. ^ https://ameblo.jp/hashitani/entry-12587666397.html
  22. ^ https://www.instagram.com/p/CbrQnBOAeni/ https://web.archive.org/web/20221119121516/https://scontent.cdninstagram.com/v/t50.2886-16/277414171_1304719833343178_246397320520000832_n.mp4?efg=eyJ2ZW5jb2RlX3RhZyI6InZ0c192b2RfdXJsZ2VuLjcyMC5jbGlwcy5iYXNlbGluZSIsInFlX2dyb3VwcyI6IltcImlnX3dlYl9kZWxpdmVyeV92dHNfb3RmXCJdIn0&_nc_ht=scontent.cdninstagram.com&_nc_cat=102&_nc_ohc=UWmlhxR928AAX85tXet&edm=APs17CUBAAAA&vs=4612289935549687_3442925763&_nc_vs=HBksFQAYJEdCc0JpUkRLcERMQ29xSUVBRURsTTdzT1lXc0RicV9FQUFBRhUAAsgBABUAGCRHSG5SZ3hEYlVnLThaN2dCQUdiSjRVR2RHQW9FYnFfRUFBQUYVAgLIAQAoABgAGwAVAAAm1Mv4%2Fq%2Bb5j8VAigCQzMsF0BFjMzMzMzNGBJkYXNoX2Jhc2VsaW5lXzFfdjERAHX%2BBwA%3D&ccb=7-5&oh=00_AfBBdXoGWbRoFeXAppXFj_nTAfvXa2BEdvsdKQo6A4N3oA&oe=637AA2EB
  23. ^ 上原浩治氏が張本勲氏「喝!」継承 TBSサンモニ御意見番に就任”. 日刊スポーツ (2022年1月8日). 2022年1月19日閲覧。
  24. ^ https://web.archive.org/web/20010414021949/http://www.tetsuo-n.com/information/info00_09.shtml
  25. ^ “皇位継承のあり方有識者会議メンバー・中江有里の正体…アイドル冬の時代が生んだ怪物”. Business Journal. (2021年4月10日). https://biz-journal.jp/2021/04/post_217328_3.html 
  26. ^ https://www.tbsholdings.co.jp/tbstv/regulation/council.html
  27. ^ “「サンモニ」に美人キャスター加入!伊藤友里アナ「頑張らなきゃ」”. スポーツニッポン. (2014年3月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/28/kiji/K20140328007860540.html 
  28. ^ a b お別れコメント (2004.09.26)TBS
  29. ^ 東京放送 編「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」 『TBS50年史 資料編』東京放送、2002年1月、240頁。
  30. ^ “TBS「サンデーモーニング」2年目アナ抜てき”. スポーツニッポン. (2011年3月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/03/05/kiji/K20110305000365220.html 
  31. ^ 東京新聞1998年1月9日TV解説面
  32. ^ 東京新聞1997年10月3日15面
  33. ^ リポーター TBS
  34. ^ リポーター TBS
  35. ^ a b c リポーター TBS
  36. ^ https://web.archive.org/web/20210807110934/https://ameblo.jp/maki-mori-official/entry-12317246784.html
  37. ^ 中山美香プロフィール”. 圭三塾. 2001年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月23日閲覧。
  38. ^ https://www.oricon.co.jp/prof/1005779/profile/
  39. ^ a b “岸井成格さん死去 「NEWS23」「サンデーモーニング」など出演のジャーナリスト”. スポーツ報知. (2018年5月15日). https://hochi.news/articles/20180515-OHT1T50146.html 
  40. ^ “岸井成格が安倍官邸から受け続けた圧力の数々! 安倍応援団による卑劣な「意見広告」攻撃の末、『NEWS23』降板に”. LITERA. (2018年5月17日). https://lite-ra.com/2018/05/post-4015.html 
  41. ^ “岸井成格さん死去 大腸がん公表昨年12月まで出演”. 日刊スポーツ. (2018年5月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805160000151.html 
  42. ^ “岸井成格さん死去、73歳 「サンデーモーニング」には昨年12月3日が最後”. デイリー. (2018年5月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/15/0011259039.shtml 
  43. ^ https://web.archive.org/web/20180430183646/tbs.co.jp/sunday/
  44. ^ https://web.archive.org/web/20180507142318/tbs.co.jp/sunday/
  45. ^ https://web.archive.org/web/20180522051827/tbs.co.jp/sunday/
  46. ^ https://hochi.news/articles/20180520-OHT1T50056.html
  47. ^ https://www.asahi.com/articles/ASL3V5K42L3VUCVL01P.html
  48. ^ “貧乏と差別の少年時代 張本勲「喝!」の背景”. DIAMOND. (2015年5月25日). https://diamond.jp/articles/-/71994 
  49. ^ https://mainichi.jp/articles/20170721/k00/00m/050/069000c
  50. ^ “張本勲氏 1年半ぶりのスタジオ出演に「新人みたいな感じ」と笑顔”. 日刊スポーツ. (2021年10月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110240000153.html 
  51. ^ “張本勲氏が「あっぱれ!」年内で卒業 サンデーモーニングで生報告”. 日刊スポーツ. (2021年11月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202111280000314.html 
  52. ^ https://hochi.news/articles/20211226-OHT1T51016.html
  53. ^ https://www.chunichi.co.jp/article/390914
  54. ^ 会員情報一覧”. NPO法人日本バレーボール・オリンピアンの会. 2020年10月7日閲覧。
  55. ^ https://ameblo.jp/hashitani/entry-12034212345.html
  56. ^ “大沢親分の通夜に1200人…長嶋さん「面白く、いい先輩」”. スポーツニッポン. (2010年10月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/10/14/kiji/K20101014Z00001910.html 
  57. ^ https://www.chunichi.co.jp/article/390926
  58. ^ https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171207001900.html?iref=pc_photo_gallery_2
  59. ^ 森麻季「私、絶対にアナウンサーになる」 『チームで輝ける生き方: アシスト力を磨こう』プレジデント社、2017年5月19日。ISBN 9784833422321 
  60. ^ https://web.archive.org/web/20010215020050fw_/http://www.tbs.co.jp/sunday/001224.html
  61. ^ https://web.archive.org/web/20010709062452fw_/http://www.tbs.co.jp/sunday/010107.html
  62. ^ a b https://web.archive.org/web/20021204002420fw_/http://www.tbs.co.jp/sunday/011223.html
  63. ^ https://web.archive.org/web/20021005204127fw_/http://www.tbs.co.jp/sunday/020106.html
  64. ^ 番組公式サイト
  65. ^ https://web.archive.org/web/20081216021418/tbs.co.jp/sunday/
  66. ^ https://news.mynavi.jp/article/heiseitv-3/2
  67. ^ https://web.archive.org/web/20090802091949/http://www.tbs.co.jp/sunday/list02a.html
  68. ^ https://web.archive.org/web/20080108055038/http://www.tbs.co.jp/sunday/list03a.html
  69. ^ https://web.archive.org/web/20071230034718/http://www.tbs.co.jp/sunday/list04a.html
  70. ^ https://web.archive.org/web/20160710125023/http://www.tbs.co.jp/sunday/list10a.html
  71. ^ 産経新聞2010年9月7日
  72. ^ 東京新聞1997年10月3日15面
  73. ^ 桜井誠 2007, pp. 20–21.
  74. ^ a b c マイケル宮内 『笑えるけど超ヤバい! テレビ放送事故&ハプニング』廣済堂出版、2007年5月、58–59頁。ISBN 9784331512432 
  75. ^ 桜井誠 2007, pp. 21–23.
  76. ^ “張本氏、箱根駅伝逃した伝統校・中大に喝!”. デイリースポーツ. (2016年10月16日). https://www.daily.co.jp/general/2016/10/16/0009585710.shtml 
  77. ^ “サンデーモーニングが張本発言を謝罪 箱根駅伝逃した中大から指摘”. デイリースポーツ. (2016年10月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/10/20/0009597258.shtml 
  78. ^ 張本の「ハ」の字もない サンモニ「中大内紛発言」での謝罪文” (日本語). J-CAST ニュース (2016年10月21日). 2022年12月13日閲覧。
  79. ^ 女性ボクサーについての張本氏発言 連盟がTBSに抗議:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2021年8月11日). 2022年12月13日閲覧。
  80. ^ ボクシング連盟の抗議にTBSが謝罪文…張本氏の「嫁入り前のお嬢ちゃんが殴り合って」発言” (日本語). 読売新聞オンライン. 読売新聞社 (2021年8月12日). 2022年12月13日閲覧。
  81. ^ 南海放送株式会社 編 『夢にはじまる : 南海放送五十年史』2005年、193頁。 
  82. ^ 2000年10月15日
  83. ^ https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/01/08/kiji/K20110108000008590.html
  84. ^ https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120108-886621.html
  85. ^ https://www.softbankhawks.co.jp/news/media/201401/index.html
  86. ^ https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/01/18/kiji/K20150118009650000.html
  87. ^ https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801070000253.html
  88. ^ https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201901060000118.html
  89. ^ https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/573329/
  90. ^ https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/218707
  91. ^ https://web.archive.org/web/20050125100238/http://www.tbs.co.jp/sunday/beautiful/part1/beautiful.html
  92. ^ https://web.archive.org/web/20070603184919fw_/http://www.tbs.co.jp/sunday/beautiful/part2/beautiful.html



サンデー・モーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 07:55 UTC 版)

サンデー・モーニング (Sunday Morning) は、日曜日の朝。




「サンデー・モーニング」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サンデーモーニング」の関連用語

サンデーモーニングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サンデーモーニングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンデーモーニング (改訂履歴)、サンデー・モーニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS