朝とは? わかりやすく解説

あさ【朝】

読み方:あさ

夜が明けて間もない時。また、夜明けから正午ごろまでの間。「―が来る」「―から夜まで」

[補説] 気象庁天気予報等では、午前6時頃から午前9時頃までを指す。→未明明け方
作品名別項。→朝


あさ【朝】

読み方:あさ

原題、(イタリア)Mattinoイタリア詩人パリーニの詩。4部作一日」の第1作1763年刊。


あした【朝】

読み方:あした

夜の明けるころ。あさ。⇔夕べ

「吾を呼び醒ませし―の使は彼なりけるよと」〈蘆花不如帰

次の日の朝。翌朝

野分(のわき)の―こそをかしけれ」〈徒然一九


ちょう【朝】

読み方:ちょう

[音]チョウテウ)(漢) [訓]あさ あした

学習漢字2年

[一]チョウ

あさ。「朝食朝夕朝礼一朝元朝(がんちょう)・今朝(こんちょう)・早朝明朝(みょうちょう)」

天子政治をとる所。「朝議朝臣(ちょうしん)・朝廷朝野王朝参朝天朝

宮中参内して天子お目にかかる。「朝賀朝見

天子統治する期間。「明朝(みんちょう)・歴朝奈良朝

日本の朝廷また、日本のこと。「帰朝入朝本朝来朝

朝鮮」「朝鮮民主主義人民共和国」の略。「日朝米朝

[二]〈あさ〉「朝寝朝日朝夕毎朝

名のり]かた・さ・つと・とき・とも・のり・はじめ

難読朝臣(あそん)・後朝(きぬぎぬ)・今朝(けさ)


ちょう〔テウ〕【朝】

読み方:ちょう

あさ。あした。

朝廷

一人君主が国治めている期間。また、ある系統君主たちの治めていた期間。御代(みよ)。御宇(ぎょう)。「桓武の―」「ビクトリア―」

君主治めている国。

「―の政をつかさどり」〈平家・二〉

人の集まる所。にぎやかな所。まちなか

かだましきも―にあって罪ををかす」〈平家・六〉


分野
継続の用語
意味:
午前6時頃から午前9時頃まで。 別図 参照
備考
a)「朝方」、「朝のあいだ」も同じ意味だが、これらは予報用語としては用いない。                       
b)「朝の最低気温」と用いるときは0時から9時

作者広津和郎

収載図書広津和郎全集 第1巻 小説 1 〔新装普及版
出版社中央公論社
刊行年月1988.6



作者堀田善衛

収載図書歯車至福千年堀田善衛作品集
出版社講談社
刊行年月2003.1
シリーズ名講談社文芸文庫


作者大石美雪

収載図書フーコー短編小説傑作選 14
出版社フーコー
刊行年月2004.1


作者沈従文

収載図書瞥見沈従文翻訳集
出版社サッポロ書店
刊行年月2004.7


作者竹久夢二

収載図書童話集
出版社小学館
刊行年月2004.8
シリーズ名小学館文庫

収載図書春―童話
出版社日本図書センター
刊行年月2006.4
シリーズ名わくわく!名作童話館


作者梅田千津

収載図書瀬戸際オンナたち
出版社熊本日日新聞社
刊行年月2005.11


作者東文彦

収載図書東文彦全集 第1巻
出版社太陽書房
刊行年月2006.11


作者井脇博之

収載図書おとなの話―三十三物語
出版社文芸社
刊行年月2008.8


朝―霧島あい

作者後藤竜二

収載図書12歳たちの伝説 1
出版社ジャイブ
刊行年月2007.1
シリーズ名ピュアフル文庫


作者太宰治

収載図書太宰治全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治全集 8
出版社筑摩書房
刊行年月1990.8

収載図書太宰治全集 10 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1999.1

収載図書大活字版 ザ・太宰治全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10

収載図書グッド・バイ 改版
出版社新潮社
刊行年月2008.9
シリーズ名新潮文庫


作者田山花袋

収載図書短編愉楽 3 近代小説のなかの家族
出版社有精出版
刊行年月1991.8

収載図書定本 花袋全集 第1巻復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1993.4


作者林真理子

収載図書怪談男と女の物語はいつも怖い
出版社文芸春秋
刊行年月1994.9

収載図書怪談男と女の物語はいつも怖い
出版社文芸春秋
刊行年月1997.8
シリーズ名文春文庫


作者北条民雄

収載図書定本 北条民雄全集
出版社東京創元社
刊行年月1996.9
シリーズ名創元ライブラリ


作者尾崎翠

収載図書定本 尾崎翠全集 上巻
出版社筑摩書房
刊行年月1998.9


作者北川

収載図書組曲―めぐり来る夏のために
出版社近代文芸社
刊行年月1998.10


作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集 第8巻 我子の家二十四五
出版社八木書店
刊行年月2000.3


作者根本洋志

収載図書フーコー短編小説傑作選 7
出版社フーコー
刊行年月2001.4


読み方
あさ
あさざき
ちょう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/04 00:13 UTC 版)

(あさ、あした)は、陽が昇ってから正午までの間のある程度の範囲の時間帯のこと。時には午前と一致する。一般的に人間はこの時間帯に起き、活動を始める。また、この朝という概念は地球上のほとんどの民族に存在する。


注釈

  1. ^ 一般に呼ばれる「天気予報」のこと。「府県予報区」を地域ごとに細分した「一次細分区域」単位で、毎日5時、11時、17時に発表する予報である[1]

出典

  1. ^ 府県天気予報”. 気象庁. 2022年6月10日閲覧。
  2. ^ 1日の時間細分図(府県天気予報の場合)”. 2022年6月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e 時に関する用語”. 2022年6月9日閲覧。


「朝」の続きの解説一覧

朝 (Matin)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 20:18 UTC 版)

地獄の季節」の記事における「朝 (Matin)」の解説

フランス語版ウィキソース本記事に関連した原文ありますMatin 過去語り始まり、「地獄手を切った」、「いかにも地獄だった」と語り最後に新しい仕事新し叡智」への旅立ち示唆される

※この「朝 (Matin)」の解説は、「地獄の季節」の解説の一部です。
「朝 (Matin)」を含む「地獄の季節」の記事については、「地獄の季節」の概要を参照ください。


朝(あさ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 22:14 UTC 版)

朝 (曖昧さ回避)」の記事における「朝(あさ)」の解説

エドヴァルド・グリーグ劇付随音楽ペール・ギュント』より、第1組曲作品46)第1曲「朝」。 フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲第6番通称Le matin” の和訳。 朝 (ヤブロンスカヤ)(ロシア語版) - タチアナ・ヤブロンスカヤ(英語版)の絵画。 朝 (ルンゲ)(ドイツ語版) - フィリップ・オットー・ルンゲ絵画朝 (クルアーン) - クルアーンにおける第93目のスーラ

※この「朝(あさ)」の解説は、「朝 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「朝(あさ)」を含む「朝 (曖昧さ回避)」の記事については、「朝 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。


朝(ちょう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 22:14 UTC 版)

朝 (曖昧さ回避)」の記事における「朝(ちょう)」の解説

朝廷」の略語朝政朝儀廃朝臨朝称制など。 「治世」を表す接尾辞推古朝天武朝ヴィクトリア朝など。 「王朝」を表す接尾辞清朝アケメネス朝プランタジネット朝など。 「国」を表す接尾辞本朝日本)、異朝外国)など。 「朝鮮」の略語日朝修好条規など。特に第二次世界大戦後を扱う場合は「朝鮮民主主義人民共和国」(北朝鮮)の略語日朝国交正常化など。 元琉球王族尚氏とその臣籍降下者・向氏名乗頭屋良朝苗など。

※この「朝(ちょう)」の解説は、「朝 (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「朝(ちょう)」を含む「朝 (曖昧さ回避)」の記事については、「朝 (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「朝」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:05 UTC 版)

発音(?)

造語成分

  1. あさの。
  2. 朝廷の。王朝の。
  3. 朝鮮」の略称。

翻訳

熟語

語義1系
語義2系
語義3系

名詞

  1. あさ

備考

沖縄臣籍降下した琉球王族向氏)の名乗頭用いる。


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「朝」の例文・使い方・用例・文例




朝と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「朝」に関係したコラム

  • CFD取引をスマホで行えるCFD業者の一覧

    携帯端末での取引のメリットは、電波を含む通信回線が確保されていれば場所を選ばずにどこでも取引ができるという点が挙げられます。から夜までオフィスにつめていて取引ができない場合でも、スマホがあれば取引が...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「朝」の関連用語


2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



朝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの地獄の季節 (改訂履歴)、朝 (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS