第1巻とは? わかりやすく解説

第1巻(クレイオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 09:18 UTC 版)

歴史 (ヘロドトス)」の記事における「第1巻(クレイオ)」の解説

作品始まりでは、ヘロドトスがこの作品を書く理由述べている。 「 ギリシア人バルバロイによる、偉大にして驚嘆すべき栄誉なきともいえぬ事績数々について、とりわけギリシア人バルバロイが何故互いに争い合ったかについて、この人間の成し遂げたこと後に忘れ去られぬよう、ハリカルナッソスのヘロドトスはその探求したところを、ここに記す。 」 伝説時代における東西抗争 (1-5) リュディア盛衰 (6-94) 最後のリュディアクロイソス (26-94) アテナイ賢者ソロン (26-33) スパルタ隆盛 (65-70) ペルシア興隆 (95-217)

※この「第1巻(クレイオ)」の解説は、「歴史 (ヘロドトス)」の解説の一部です。
「第1巻(クレイオ)」を含む「歴史 (ヘロドトス)」の記事については、「歴史 (ヘロドトス)」の概要を参照ください。


第1巻(第1話 - 第6話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 12:10 UTC 版)

終末のハーレム」の記事における「第1巻(第1話 - 第6話)」の解説

西暦2040年東京では「細胞硬化症」に罹患した青年水原怜人が、兄・龍、妹・まひる、幼馴染絵理沙に見送られコールドスリープに入る。5年後目覚めた怜人の前に専属担当官周防美来現れ男性99.9%を死滅させた「MKウイルス」の免疫細胞硬化症治療した人たち5人「ナンバーズ」のみが持つことを告げ子作り要請する

※この「第1巻(第1話 - 第6話)」の解説は、「終末のハーレム」の解説の一部です。
「第1巻(第1話 - 第6話)」を含む「終末のハーレム」の記事については、「終末のハーレム」の概要を参照ください。


第1巻(前日譚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 15:53 UTC 版)

トリポッド・シリーズ」の記事における「第1巻(前日譚)」の解説

時代設定は、家庭用ビデオデッキ普及し、また家庭用コンピューターゲーム普及している頃である。従っ発表当時1988年前後もしくはそこから遠くない未来と思われるストーリー サマーキャンプをしていたローリーアンディ前に突如3本足巨大機械襲撃してきた。その時戦闘機によりあっさり破壊されてしまったが、トリポッド3本足)を操る異星人たちテレビ番組『トリッピー・ショー』(トリポッド扱った作品)やキャップ使った洗脳作戦地球人みるみるうちに服従させて行く。ローリー家族アンディと共にキャップ人から逃避行続けスイス山岳地帯へとたどり着き、そこで後に白い山脈」と呼ばれるトリポッドへの抵抗勢力作り上げて行く。

※この「第1巻(前日譚)」の解説は、「トリポッド・シリーズ」の解説の一部です。
「第1巻(前日譚)」を含む「トリポッド・シリーズ」の記事については、「トリポッド・シリーズ」の概要を参照ください。


第1巻(自然学の領域と原理の概説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 14:20 UTC 版)

自然学 (アリストテレス)」の記事における「第1巻(自然学領域原理概説)」の解説

第1巻 - 自然学領域原理概説。全9章第1章 - 自然学対象研究方法上の心得第2章 - 自然の第一原理」の数や種類についての諸難問自然的実在エレア派想定するような「一者」ではない。 第3章 - エレア派論議に対する論理的検討第4章 - 原理についての自然学者たちの諸見解とこれらに対する批判第5章 - 原理反対のものどもである。 第6章 - 原理は数において二つまたは三つ第7章 - 生成過程分析により著者見解 --- 原理の数は二つ質料と形相)または三つ質料と形相と欠除であること --- の正しさ示される第8章 - この正しい見解によって原理についての諸難問が解決される第9章 - 「第一原理」(質料と形相と欠除)についての補説

※この「第1巻(自然学の領域と原理の概説)」の解説は、「自然学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第1巻(自然学の領域と原理の概説)」を含む「自然学 (アリストテレス)」の記事については、「自然学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第1巻(戦うボーイ・ミーツ・ガール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:32 UTC 版)

フルメタル・パニック!」の記事における「第1巻(戦うボーイ・ミーツ・ガール)」の解説

いかなる国家にも属さず、『軍事力による平和の維持』を目的とする対テロ極秘傭兵組織ミスリルは、軍事的な緊張状態にある紛争地帯などに出没し強襲揚陸潜水艦トゥアハー・デ・ダナン」や最新鋭人型強襲兵器アーム・スレイブ」などを送り込みテロリスト紛争起こす独裁政権極秘裏に殲滅していた。 ミスリル特別対応班に所属する最年少エージェント相良宗介は、都立陣代高校生徒として潜入し仲間と共に千鳥かなめ秘密裏にボディーガードするという特殊任務与えられる幼少時からゲリラ傭兵として激戦地渡り歩いてきた宗介は、平和な日常での常識皆無で日本の生活に全く馴染め失敗を繰り返すが、二人次第打ち解けていく。 そんな中宗介かつての仇敵でありミスリル敵対組織アマルガムのガウルンが、沖縄への修学旅行中のかなめを拉致すべく学年全員巻き込んでハイジャック決行し北朝鮮へ着陸する。なぜ、かなめが狙われるのかさえ分からない絶望的な状況下で、援軍到着を待つ宗介はひとり決死反撃を開始する享楽的戦闘楽しむガウルンの駆る謎の特殊兵器ラムダ・ドライバ」を持つ新型アームスレイブとの戦闘により負傷した宗介らは、かなめを連れて逃亡するが、次第に敵の包囲網狭まっていき包囲されてしまう。絶体絶命の窮地陥ったその時ダナンからの緊急展開ブースターにより射出されミスリル最新型アーム・スレイブアーバレスト」が、その姿現すであった

※この「第1巻(戦うボーイ・ミーツ・ガール)」の解説は、「フルメタル・パニック!」の解説の一部です。
「第1巻(戦うボーイ・ミーツ・ガール)」を含む「フルメタル・パニック!」の記事については、「フルメタル・パニック!」の概要を参照ください。


第1巻(スカベンジャーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:59 UTC 版)

テラフォーマーズ」の記事における「第1巻(スカベンジャーズ)」の解説

来るアネックス計画準備が進む中U-NASA研究施設からクローン作製されテラフォーマー卵鞘盗まれる事件が発生するM.O.手術不完適合者であるトーヘイ・タチバナとエリザベスリジー)・ルーニーテラフォーマーが解放たれるのを未然に防ぐことを命じられ調査進めていくが、それに連れて内通者存在だけでなく、科学者ヤマバ計画を知ることになる。

※この「第1巻(スカベンジャーズ)」の解説は、「テラフォーマーズ」の解説の一部です。
「第1巻(スカベンジャーズ)」を含む「テラフォーマーズ」の記事については、「テラフォーマーズ」の概要を参照ください。


第1巻(序説、幸福)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:02 UTC 版)

ニコマコス倫理学」の記事における「第1巻(序説、幸福)」の解説

第1巻 - 全13章序説第1章 - あらゆる人間活動何らかの「善(アガトン)」を追求している。諸々の「善(アガトン)」の間に従属関係がある。 第2章 - 「人間的善」「最高善ト・アリストン)」を目的とする活動政治的活動である。我々の研究政治学的な活動と言える第3章 - 素材が許す以上の厳密性期待べきではない聴講者条件。 【幸福(エウダイモニア)】第4章 - 「最高善ト・アリストン)」が「幸福(エウダイモニア)」であることは万人容認せざるを得ないところだが、「幸福」が何であるかについては異論がある(聴講者条件としての善き習慣付け」の重要性)。 第5章 - 「善」とか「幸福」とかは「快楽ヘードネー)」や「名誉(ティメー)」や「富(プルートス)」には存しない。 第6章 - 「善のイデア」。 第7章 - 「最高善」は究極的な意味における目的であり自足的なものでなくてはならない。「幸福」はこのような性質を持つ。「幸福」とは何か、「人間機能」から導く「幸福」の規定第8章 - この規定は「幸福」に関する従来の諸々見解適合する第9章 - 「幸福」は「学習」や「習慣付け」によって得られるものか、それとも神与のものか。 第10章 - 人は生存中に「幸福」な人と言われ得るか。 第11章 - 生きている人々の運・不運死者の「幸福」に影響を持つか。 第12章 - 「幸福」は「賞賛すべきもの」に属するか「尊ぶべきもの」に属するか。 第13章 - 「卓越性(徳、アレテー)」論の序説 --- 人間の「機能」の区分。それに基づ人間の「卓越性(徳、アレテー)」の区別。「知性的卓越性」と「倫理的卓越性」。

※この「第1巻(序説、幸福)」の解説は、「ニコマコス倫理学」の解説の一部です。
「第1巻(序説、幸福)」を含む「ニコマコス倫理学」の記事については、「ニコマコス倫理学」の概要を参照ください。


第1巻(序説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 04:23 UTC 版)

トピカ (アリストテレス)」の記事における「第1巻(序説)」の解説

第1巻 - 序説。全18章第1章 - 序説 --- この論考意図推論性質と種類 -1. 演繹的推論論証)。 2. 弁証術推論。 3. 見かけだけ推論論争的推論)。 4. 誤謬推理第2章 - この論考用途 -知的訓練他人との会談哲学的知識に対する有用性第3章 - 提起された方法の限界第4章 - 論議主題問題)と材料命題)。 第5章 - 4つ述語形態 -1. 定義。 2. 特性。 3. 類。 4. 付帯性。(※本書では2巻以降この分類を逆順に取り上げていく。) 第6章 - 述語形態どこまで別々に取り扱われ得るか。 第7章 - 「同じ」という言葉の種々の用法 -1. 数的。 2. 種的。 3. 類的。 第8章 - 述語形態の4分類正当性帰納立証推論立証第9章 - 十のカテゴリー述語形態との関係。 第10章 - 弁証術的な命題第11章 - 弁証術的な問題弁証術的な提言第12章 - 弁証術的な推論 --- 帰納演繹的推論第13章 - 推論をうまく遂行するための4つ道具第14章 - 命題確保倫理的論理的自然学的な命題問題第15章 - 名の多義性区別 -相反。 種の違い現存不在中間矛盾欠如所持屈折同名異義同類の上下位反対類の上位下位複合語による定義。 定義の多義性程度種差。 第16章 - 種差への注目。 第17章 - 類似性考察。 第18章 - 多義性発見有用性種差発見有用性類似性発見有用性

※この「第1巻(序説)」の解説は、「トピカ (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第1巻(序説)」を含む「トピカ (アリストテレス)」の記事については、「トピカ (アリストテレス)」の概要を参照ください。


第1巻(国家の定義・共同体性)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 08:38 UTC 版)

政治学 (アリストテレス)」の記事における「第1巻(国家の定義・共同体性)」の解説

第1巻 - 全13章【国の定義とその構成第1章 - 最高の共同体としての国家、その目的である最高善第2章 - 分析的発生的探求概説。国←村々家々男女主人奴隷の関係。 【家的共同体とその要素第3章 - 家の部分主人と奴隷夫と妻親と子、及び取財術)。 第4章 - 奴隷について。 第5章 - 自然的なものとしての奴隷。 第6章 - 自然的・非自然的な奴隷第7章 - 奴隷支配する術。 第8章 - 財産の種類とその獲得手段取財術)。 第9章 - 貨幣登場蓄財目的化した取財術。自然的取財術と反自然的取財術。 第10章 - 財産の使用法としての家政術。反自然的取財術の最たるものとしての高利貸し第11章 - 各種の取財術。 第12章 - 市民支配類似した夫婦関係、王の臣民支配類似した親子関係第13章 - 家における各構成員役割と徳。

※この「第1巻(国家の定義・共同体性)」の解説は、「政治学 (アリストテレス)」の解説の一部です。
「第1巻(国家の定義・共同体性)」を含む「政治学 (アリストテレス)」の記事については、「政治学 (アリストテレス)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第1巻」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

第1巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第1巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの歴史 (ヘロドトス) (改訂履歴)、終末のハーレム (改訂履歴)、トリポッド・シリーズ (改訂履歴)、自然学 (アリストテレス) (改訂履歴)、フルメタル・パニック! (改訂履歴)、テラフォーマーズ (改訂履歴)、ニコマコス倫理学 (改訂履歴)、トピカ (アリストテレス) (改訂履歴)、政治学 (アリストテレス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS