論議とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 論議 > 論議の意味・解説 

ろん‐ぎ【論議/論義】

読み方:ろんぎ

[名](スル)

互いに意見述べて理非論じ合うこと。「—を尽くす」「—を呼ぶ」「健康法について—する」

仏語

教義明らかにするために問答すること。また、それが形式化された儀式法会のほか、法楽などのためにも行われる

十二分経の一。教義解説注釈をした書。優婆提舎(うばだいしゃ)。

声明(しょうみょう)の一種2形式化され、一定の唱え方が定められたもの。

(ふつう「ロンギと書く)能で、地謡(じうたい)もしくはワキツレシテ問答形式交互に謡い合う部分また、その謡。


ろんぎ 【論義・論議】

仏教で、教え明らかにするため行う問答議論のこと。インド・チベット中国でも行われたが、日本では儀式化されており、その方法から番論義講師一人問者一人)、向論義(講師問者入れ替わる)、二十一日論義、五日十座論義などがあり、場所から内論義宮中)、殿上論義、仙洞論義(上皇御所)などの呼称もあった。問答といった場合は、儀式化されない宗派上の論争宗論)をもいう。→ 宗論

優婆提舎

(論議 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/12 06:17 UTC 版)

優婆提舎(うばだいしゃ)は、サンスクリット語の「upadeśa उपदेश」の音写語である。「論議」と漢訳される。






「優婆提舎」の続きの解説一覧

論議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 06:12 UTC 版)

弘安源氏論議」の記事における「論議」の解説

もともと「論議」とは、教説問答あるいは論説意味するサンスクリット語由来する言葉で仏教において仏典解釈のために行われる議論のことを意味し十二部経一つとして仏陀あるいは仏弟子たちが教えについて論議し問答によって理を明らかにしたもの指したり、経典註釈書標題としても用いられる本書そのような仏典解釈のために行われた議論模した形で『源氏物語』解釈について議論を行うものになっている

※この「論議」の解説は、「弘安源氏論議」の解説の一部です。
「論議」を含む「弘安源氏論議」の記事については、「弘安源氏論議」の概要を参照ください。


論議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/19 06:20 UTC 版)

恋愛格差」の記事における「論議」の解説

厚生労働省の「第20回 生命表」によると、0歳児の段階で、男性の方女性よりも5.4人ほど多く生まれている。徐々に差は少なくなり、50前後同数高齢者では女性の方多くなる。つまり、結婚が多い年代である20代30代では男性の方多くなっており、単純に全員結婚して女性足らない。但し、これは2000年代の今にはじまったことではない。そのこともあって、改め語られることがこれまで無かっただけで「余る男性がいること」は特に新し現象でもないとする分析もある。近年見られる高齢男性若年女性との結婚などによって、更に先鋭化して格差大きく広がっているのが昨今であるとする分析もある。 恋愛格差論において、中年童貞/中年処女存在は、少子化問題絡めたうえで論じられることがある

※この「論議」の解説は、「恋愛格差」の解説の一部です。
「論議」を含む「恋愛格差」の記事については、「恋愛格差」の概要を参照ください。


論議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 16:15 UTC 版)

非関税障壁」の記事における「論議」の解説

世界恐慌の際、各国保護主義傾きブロック経済形成され英米ほどの規模勢力圏もたない日独伊東欧諸国において侵略志向台頭して第二次世界大戦発生の原因になった。また経済学立場からは自由貿易こそが経済成長最大化する枠組みであり、恐慌時のブロック経済化は恐慌悪化させたものであるとする見方主流になる。そのため、第二次世界大戦後自由貿易西側世界建前となる。しかし企業労働組合農民などは各国政治家有力な支持母体であり、そのうち比較優位にない産業の関係者輸入抑制求めて政治家に圧力をかけることになる。 なお、自由貿易盛んになるほど長距離運輸大量のエネルギー消費必要とするため、自由貿易制限すべきであるとする立場もある(→フードマイレージ)。 これらの背景から、環境保護労働者保護生産者保護政策などを遂行する上で輸入に対して制限を設ける必要があり、非関税障壁必要悪であるという主張生まれた公衆衛生を守るため、一定の規格満たさない食品農産物輸入認めない 労働者酷使によって価格競争力得た製品労働ダンピング商品として排除する(→フェアトレード宗教的理由戒律タブー)によって規範反す製品排除する 政府調達先を事実上国内企業に限る 国内販売製品一定割合以上の部品国内生産品(ローカルコンテンツ)の使用義務付ける 自国文化育成のため、テレビ放映映画上映における輸入コンテンツ割合制限枠設ける(→スクリーンクォータ) などが今まで行われてきており、近年では特に、 障害者保護行わない国家・地域製造され製品排除する 環境汚染対策十分に行わない国家・地域製造され製品排除する 遺伝子工学いわゆるバイオテクノロジー)的手法用いた農/畜産物排除する 資源管理国際協定従わない国家・地域収穫され水産物マグロ好例)を排除する などの例がみられる。 これに対し自由貿易立場からは「自国正当化のために非経済問題悪用している」などの再反論が行われることが多々あり、多くの事例では当事国同士紛争となり、さらには貿易摩擦へと発展している。 一般に非関税障壁撤廃により消費者商品の価格低下コストパフォーマンス向上といったメリットを受ける。一方食品の製造年月日表示義務輸入食品にとって不利な非関税障壁であるとして消費期限のみの表記へと制度変更された事例あるように、その他の面において消費者デメリットを被る可能性がある

※この「論議」の解説は、「非関税障壁」の解説の一部です。
「論議」を含む「非関税障壁」の記事については、「非関税障壁」の概要を参照ください。


論議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 23:42 UTC 版)

BOINCクレジットシステム」の記事における「論議」の解説

クレジット配分は、EONやAstroids@Homeなどのいくつかのプロジェクト意義唱えられている。このような懸念から、時間の経過と共に多くのそのようなプロジェクト閉鎖され、またいくつかの代替配分戦略にもつながった

※この「論議」の解説は、「BOINCクレジットシステム」の解説の一部です。
「論議」を含む「BOINCクレジットシステム」の記事については、「BOINCクレジットシステム」の概要を参照ください。


論議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 01:58 UTC 版)

大化の改新」の記事における「論議」の解説

蘇我入鹿暗殺タイミング三韓朝貢の儀の最中である点。当時常識として外交儀式最中クーデター起こさない外交儀式中にクーデター起こすこと外交使節に対して国が内紛中で攻め込む絶好機会だと宣伝することと同義である)。また、仮に三韓朝貢暗殺者虚構だったとすれば外交政策中心人物である入鹿気付かないはずがないいずれにしても疑問があるとの指摘がある。

※この「論議」の解説は、「大化の改新」の解説の一部です。
「論議」を含む「大化の改新」の記事については、「大化の改新」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「論議」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

論議

出典:『Wiktionary』 (2021/08/18 12:42 UTC 版)

名詞

(ろんぎ)

  1. ある問題について互い意見述べ論じ合うこと。

「論議」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



論議と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

論議のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



論議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの優婆提舎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの弘安源氏論議 (改訂履歴)、恋愛格差 (改訂履歴)、非関税障壁 (改訂履歴)、BOINCクレジットシステム (改訂履歴)、大化の改新 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの論議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS