論議とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 論議 > 論議の意味・解説 

ろん‐ぎ【論議/論義】

[名](スル)

互いに意見を述べて理非を論じ合うこと。「論議を尽くす」「論議を呼ぶ」「健康法について論議する」

仏語

教義明らかにするために問答すること。また、それが形式化された儀式法会のほか、法楽などのためにも行われる

十二分経の一。教義解説注釈をした書。優婆提舎(うばだいしゃ)。

声明(しょうみょう)の一種2形式化され、一定の唱え方が定められたもの。

(ふつう「ロンギ」と書く)能で、地謡(じうたい)もしくはワキツレシテ問答形式交互に謡い合う部分また、その謡。


ろんぎ 【論義・論議】

仏教で、教え明らかにするため行う問答議論のこと。インド・チベット・中国でも行われたが、日本では儀式化されており、その方法から番論義(講師一人・問者一人)、向論義(講師と問者が入れ替わる)、二十一日論義、五日十座論義などがあり、場所から内論義宮中)、殿上論義、仙洞論義(上皇御所)などの呼称もあった。問答といった場合は、儀式化されない宗派上の論争宗論)をもいう。→ 宗論

優婆提舎

(論議 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/12 06:17 UTC 版)

優婆提舎(うばだいしゃ)は、サンスクリット語の「upadeśa उपदेश」の音写語である。「論議」と漢訳される。






「優婆提舎」の続きの解説一覧

論議

出典:『Wiktionary』 (2017/03/06 08:42 UTC 版)

名詞

(ろんぎ)

  1. ある問題について互い意見を述べ、論じ合うこと。



論議と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「論議」の関連用語

論議のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



論議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの優婆提舎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの論議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS