だいしゃとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 造園工具事典 > だいしゃの意味・解説 

だい‐しゃ【代車】

修理車検などに出し自動車代わりとして使う車。


だい‐しゃ【台車】

鉄道車両車体支え走行する装置台枠車軸車輪などからなる

荷台車輪取っ手をつけた、運搬の手押し車。


たい‐しゃ【大赦】

古くは「だいしゃ」とも》

恩赦の一。政令定めた罪について、有罪判決を受けた者に対して判決効力を失わせ、まだ有罪判決を受けていないに対して公訴権消滅させるもの。

律令制刑罰免除の一。死罪などの重罪をも許したこと。


だい‐しゃ【題者】

題を出す人。特に、詩歌の会のとき、題を選定する人。


だいしゃ

現場内で、石や樹木建築材料などを運搬するには、人力で動かせる、地車使用すると便利である。地車には、いろいろな形式のものがあり、エンジンついている動力式のものもある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「だいしゃ」の関連用語

だいしゃのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



だいしゃのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2020 All rights reserved

©2020 Weblio RSS