人力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 人力 > 人力の意味・解説 

じん‐りき【人力】

読み方:じんりき

じんりょく(人力)

人力車」の略。


じん‐りょく【人力】

読み方:じんりょく

人間の力。人間のもつ肉体的精神的能力じんりき。「—の及ばぬところ」


人力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/26 06:08 UTC 版)

人力: Human power)とは人間を動力源とする動力。


  1. ^ International Submarine Races”. 2020年9月23日閲覧。
  2. ^ European International Submarine Races”. 2020年9月23日閲覧。


「人力」の続きの解説一覧

人力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 03:06 UTC 版)

動力」の記事における「人力」の解説

手、足などで、ハンドルペダルを回すことにより運動エネルギーを得る。 自転車は足でペダルをこぐことで得られる運動エネルギー動力として走行する発電機を人力で回し電力を得る場合人力発電といい、他の動力得られない場合最終的な発電手段となる。

※この「人力」の解説は、「動力」の解説の一部です。
「人力」を含む「動力」の記事については、「動力」の概要を参照ください。


人力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:12 UTC 版)

武器」の記事における「人力」の解説

伝統的武器ほとんどは人間の力をエネルギー源として武器運動させる多くは体やひじ・手を軸とした回転運動で、てこの働きより大きな力となる長い武器回転半径長くなるため効果もまた大きなものとなる棍棒や剣を「振るう動作この回転運動を利用する攻撃方法といえる。 これに対しなどの「突く」動作は「振るう動作に比べると回転小さく動作から生まれエネルギー小さい。しかし、使用者もしくは攻撃対象直線運動効率よく加えることが可能となっている。騎兵での突撃と、騎兵に対するでの防御思い浮かべるわかりやすい。また突く動作動作小さく「点」での攻撃のため防御されにくいという利点もある。また一点に力が集中するため、エネルギー自体小さくてもあまり問題はない。 これら伝統的な武器は、単純に言えば重く硬く長い武器高速で運動させれば強力な攻撃行える。ただし、大型の武器モーメント大きくなるため扱い辛く充分にい場所必要になり疲労もまた大きい。また安定した足場必要になるものも多い。またこのような武器射撃武器などにもいえる)はできる限り構造単純に構成するほうが強力になりやすく、利点も多い(機械構造を持つナイフボタン一つ三叉なるものがあったが実用性信頼性ともに悪かった)。 また、伝統的な武器はその見た目から、その痛み想像しすいもの多く相手恐怖与えることが射出武器などよりも容易であり、心理戦においてこれは絶大な効果を持つ。 弾性によって射撃する弓、空気によって矢を飛ばす吹き矢などもあるが、根本が人力であるため大きな変わりはない武術 このような自身の体や武器効率よく操るための技術体系として発展したものが武術である。特に一つ武器修練絞ったものは、その武器の名を冠して○○術」あるいは「○○道」と言った呼び名与えられる。剣であれば剣道・剣術であれば槍術などと日本ではこれらの槍術の場合、上流階級代々継承していることも多い。剣術の場合、“間合い”等の関係から全ての武術基本考えられているので、厳密に武器を持つほとんどの人修練していることが多い。またこれら以外にも投石器火縄銃等を習う武士もいた)。流派によっては武器操法とどまらず精神修練含めて修練納める流派や、技そのもの学び個別武器操法重視しない流派あり内容は様々である他にも色々な武術がある。代表的なものとして、柔術水術古式水泳)、砲術組討術など。 投射する武器では、射出あるいは投擲した後のコントロールできないそのため精神的なものを除けば構え射出方法がその技術大半占めている。特に銃は射出方法機械式あるため武術的な修練成立しがたいと考えられている。銃を使用する武術としてはCQBCQC用いられる現代軍隊近接戦闘術が近い。ただしCQCが行われる至近距離で銃器はむしろ使用されない。また銃を用い銃剣術は銃と銃剣用いた格闘術なので発砲をその技術含んでいない。

※この「人力」の解説は、「武器」の解説の一部です。
「人力」を含む「武器」の記事については、「武器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「人力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人力

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:57 UTC 版)

名詞

じんりきじんりょく

  1. じんりきじんりょく人間
  2. じんりき)「人力車」の

発音(?)

語義1) じ↗んりょくじ↘んりょくじ↗んりきじ↘んりき語義2) じ↗んりき

関連語

翻訳


「人力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



人力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

人力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの動力 (改訂履歴)、武器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS