chとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > FA用語 > chの意味・解説 

ヒドリド炭素カチオン

分子式CH
その他の名称:Hydridecarboncation
体系名:ヒドリド炭素カチオン


メタントリイル

分子式CH
その他の名称:Methanetriyl
体系名:メタントリイル


メチリジンラジカル

分子式CH
その他の名称:メチリジン、Methylidyne、Methanetriyl radical、Methyne、Carbyneradical】、Methyne radicalCarbon hydrideメチンカルビンラジカル】、メチンラジカル、Methylidyne radical、カーボンヒドリド
体系名:メチリジンラジカル、メタントリイルラジカル


α,α-ジデヒドロメタンイリウム

分子式CH
その他の名称:α,α-Didehydromethaneylium
体系名:α,α-ジデヒドロメタンイリウム


物質
1,2-ジメチルブタン
慣用名
ジイソプロピル
英語名
1,2-Dimethyl-butane
化学式
CH
原子量
86.17
融点(℃)
58
沸点(℃)
-135

無色液体引火性持ち、熱や炎、酸化剤とも激しく反応する。

Ch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/14 08:14 UTC 版)

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

Chは、


CH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/01 04:19 UTC 版)

CH, Ch, ch


.ch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/18 01:53 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.ch
スイスの旗
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 SWITCH Information Technology Services
後援組織 SWITCH Information Technology Services
利用地域 スイスに関連する団体・個人
使用状況 スイスではよく使われている。
登録の制限 なし
階層構造 第二レベルに直接登録することが認められている。
関連文書 登録規約
方針 Dispute Resolution Proceedings
ウェブサイト Switch
テンプレートを表示

.chは、インターネットドメイン名システムにおける国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、スイスに割り当てられている[1]。このドメインは、SWITCH Information Technology Services英語版が管理している。1987年から使用できるようになった[2]

ドメイン名の.chは、他のccTLDsと同様、ISO 3166-2でスイスに割り当てられたコードに基づいている。これはラテン語Confœderatio Helveticaヘルヴェティア(スイス)人の連合)に由来するが[注釈 1][3]、4つのスイスの公用語に関する中立性のためである。

また、「ch」の文字列が「チャンネル」の略称であるため、「○○チャンネル」という名称のウェブサイトでの使用例もある[要出典]

国際化ドメインの登録は、2004年3月から始まった[4]

中国のドメインマーケット

.chは、いくつかの理由から中国のドメイン投資家の注目を集めている。EuropeID.comによれば、.chには価値のある英語のキーワードや略記とその数字との組み合わせのドメイン名が多数残されている。この要因としては、.chを扱うレジストラの多くがドイツにあるため、英語が残されている。また、200万のドメインが.chの下に登録されているが、その多くはヨーロッパのマーケットを目的としたもので、中国語など他の言語をラテン文字で表記した際に価値の高いドメイン名が普通の価格で登録できるためである[5]

ドメインのハック

英語の単語は"ch"で終わるものが多いため、最後の1音節を表すために.chドメインがよく使用される。たとえば、Techcrunchのはtcrn.chドメインを持つ。.chドメインは他の言語のドメイン名登録にも使用され、たとえば、ドイツ語の「チェス」を表す単語のために使われている[6]

.swiss

スイスの環境交通郵政省英語版(OFCOM)は、.swissドメインの登録を2015年9月7日に開始した[7]。これは伝統的な.ch TLDを補助するためのものである。ドメイン登録の申し込みをするためには「スイスで法人登録を行い、法人の物理的な管理主体がスイスにあること("registered place of business and a physical administrative base in Switzerland")」が必要とされる[8]

外部リンク

脚注

注釈

  1. ^ スイスで使われている公用語での「スイス」(die Schweiz, Suisse, Svizzera, Svizra) ではない。また、スイスのコインにもこの名前が刻印されている。

出典

  1. ^ Legal Info - Internet Domains” (英語). www.nic.ch. 2017年4月22日閲覧。
  2. ^ EuropeID. “.CH's Growing Popularity as Domain for China | EuropeID” (英語). europeid.com. 2017年4月22日閲覧。
  3. ^ From the online Historical Dictionary of Switzerland
  4. ^ Fragen & Antworten - Internet Domains”. www.nic.ch. 2019年2月18日閲覧。
  5. ^ EuropeID. “.CH's Growing Popularity as Domain for China | EuropeID” (英語). europeid.com. 2017年4月22日閲覧。
  6. ^ “Domain Hacks - BestNa.me” (英語). BestNa.me. http://bestna.me/domain-hacks/ 2017年4月22日閲覧。 
  7. ^ Launch of the new .swiss internet domain”. dot.swiss (2015年9月9日). 2016年1月8日閲覧。
  8. ^ Facts”. dot.swiss. 2016年1月8日閲覧。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ch」の関連用語

chのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



chのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2019. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCh (改訂履歴)、CH (改訂履歴)、.ch (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS