chとは? わかりやすく解説

シー‐エッチ【CH】

読み方:しーえっち

center halfサッカーなどで、センターハーフ


シー‐エッチ【CH】

読み方:しーえっち

Order of the Companions of Honour英国の名誉勲位1917年制定


α,α-ジデヒドロメタンイリウム

分子式CH
その他の名称α,α-Didehydromethaneylium
体系名:α,α-ジデヒドロメタンイリウム


ヒドリド炭素カチオン

分子式CH
その他の名称Hydridecarboncation
体系名:ヒドリド炭素カチオン


メタントリイル

分子式CH
その他の名称Methanetriyl
体系名:メタントリイル


メチリジンラジカル

分子式CH
その他の名称メチリジン、Methylidyne、Methanetriyl radical、Methyne、Carbyne【radical】、Methyne radicalCarbon hydrideメチンカルビンラジカル】、メチンラジカル、Methylidyne radical、カーボンヒドリド
体系名:メチリジンラジカル、メタントリイルラジカル


物質名
1,2-ジメチルブタン
慣用名
ジイソプロピル
英語名
1,2-Dimethyl-butane
化学式
CH
原子量
86.17
融点(℃)
58
沸点(℃)
-135


Ch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/30 08:54 UTC 版)

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

Ch

一覧

関連項目



CH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 04:55 UTC 版)

CH, Ch, ch




「CH」の続きの解説一覧

.ch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 06:53 UTC 版)

.ch
施行 1987年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 SWITCH Information Technology Services
後援組織 SWITCH Information Technology Services
利用地域 スイスに関連する団体・個人
使用状況 スイスではよく使われている。
登録の制限 なし
階層構造 第二レベルに直接登録することが認められている。
関連文書 Support
紛争解決方針 Dispute Resolution Proceedings
ウェブサイト Switch
テンプレートを表示

.chインターネットドメイン名システムにおける国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つ。スイスに割り当てられている[1]。このドメインは、SWITCH Information Technology Services英語版が管理している。1987年から使用できるようになった[2]

ドメイン名の.chは他のccTLDsと同様、ISO 3166-2でスイスに割り当てられたコードに基づいている。これはラテン語Confœderatio Helveticaヘルヴェティア(スイス)人の連合)に由来するが[注釈 1][3]、4つのスイスの公用語に関する中立性のためである。

また「ch」の文字列が「チャンネル」の略称であるため、「○○チャンネル」という名称のウェブサイトでの使用例もある[要出典]

国際化ドメインの登録は、2004年3月から始まった[4]

中国のドメインマーケット

.chはいくつかの理由から中国のドメイン投資家の注目を集めている。EuropeID.comによれば、.chには価値のある英語のキーワードや略記とその数字との組み合わせのドメイン名が多数残されている。この要因としては、.chを扱うレジストラの多くがドイツにあるためである。また、200万のドメインが.chの下に登録されているが、その多くはヨーロッパのマーケットを目的としたもので、中国語など他の言語をラテン文字で表記した際に価値の高いドメイン名が普通の価格で登録できるためである[5]

ドメインのハック

英語の単語は"ch"で終わるものが多いため、最後の1音節を表すために.chドメインがよく使用される。たとえば、Techcrunchのはtcrn.chドメインを持つ。.chドメインは他の言語のドメイン名登録にも使用され、たとえば、ドイツ語の「チェス」を表す単語のために使われている[6]

.swiss

スイスの環境交通郵政省英語版(OFCOM)は、.swissドメインの登録を2015年9月7日に開始した[7]。これは伝統的な.ch TLDを補助するためのものである。ドメイン登録の申し込みをするためには「スイスで法人登録を行い、法人の物理的な管理主体がスイスにあること("registered place of business and a physical administrative base in Switzerland")」が必要とされる[8]

外部リンク

脚注

注釈

  1. ^ スイスで使われている公用語での「スイス」(die Schweiz, Suisse, Svizzera, Svizra) ではない。また、スイスのコインにもこの名前が刻印されている。

出典

  1. ^ Legal Info - Internet Domains” (英語). www.nic.ch. 2017年4月22日閲覧。
  2. ^ EuropeID. “.CH's Growing Popularity as Domain for China | EuropeID” (英語). europeid.com. 2017年4月22日閲覧。
  3. ^ From the online Historical Dictionary of Switzerland
  4. ^ Fragen & Antworten - Internet Domains”. www.nic.ch. 2019年2月18日閲覧。
  5. ^ EuropeID. “.CH's Growing Popularity as Domain for China | EuropeID” (英語). europeid.com. 2017年4月22日閲覧。
  6. ^ “Domain Hacks - BestNa.me” (英語). BestNa.me. オリジナルの2017年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170423063055/http://bestna.me/domain-hacks/# 2017年4月22日閲覧。 
  7. ^ Launch of the new .swiss internet domain”. dot.swiss (2015年9月9日). 2016年1月8日閲覧。
  8. ^ Facts”. dot.swiss. 2016年1月8日閲覧。

CH+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:47 UTC 版)

V LIVE」の記事における「CH+」の解説

一部アーティストは、加入しないと視聴できないプレミアムチャンネル「CH+」を提供している。CH+チャンネルは、Vコイン30日、3ヶ月、6ヶ月1年単位購入できる。CH+チャンネルは、通常のチャンネルとは異なり隠し撮りされた放送動画投稿見ることができるV LIVE CH+で独占的に放送されリアリティ番組には、『Real GOT7』や『BTS Bon Voyage』などがある。V LIVE専用ドラマの舞台裏は、CH+チャンネルでも見ることができる

※この「CH+」の解説は、「V LIVE」の解説の一部です。
「CH+」を含む「V LIVE」の記事については、「V LIVE」の概要を参照ください。


CH(キャプティブ・ハッチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:12 UTC 版)

繁殖」の記事における「CH(キャプティブ・ハッチ)」の解説

妊娠抱卵している野生の個体捕獲して、ファーム養殖場)で産卵孵化させた個体のこと、漁業いうところの半養殖ほとんど同じものであるWCより負荷少ないものの、野生生物に対する捕獲圧掛けるものである。単に他の方法個体を得るより安上がりだからという理由でこれが行われることも多いが、飼育法繁殖法に不明な点が多いということもある。

※この「CH(キャプティブ・ハッチ)」の解説は、「繁殖」の解説の一部です。
「CH(キャプティブ・ハッチ)」を含む「繁殖」の記事については、「繁殖」の概要を参照ください。


Ch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 21:21 UTC 版)

エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事における「Ch」の解説

テオドール・シャベール(フランス語版)(Théodore Chabert) - 将軍1758年-1845年。 【26列】 ジョセフ・シャブラン(フランス語版)(Joseph Chabran) - 中将1763年-1843年。 【27列】 ローラン・オーギュスタン・ペルティエ・ド・シャンブル(フランス語版)(Laurent Augustin Pelletier de Chambure、1789年-1832年) - 大佐。【18列】 ヴィタル・ジョアシム・シャモラン(フランス語版)(Vital Joachim Chamorin、1773年-1811年) - 少将。カンポ・マイオルの戦いフランス語版)で戦死。【23列】 ピエール・クレメン・ド・シャンポー(フランス語版)(Pierre Clément de Champeaux1767年-1800年) - 少将マレンゴの戦い戦死。【28列】 ジャン・エチエンヌ・ヴァシエ・シャンピオンヌ(フランス語版)(Jean Étienne Vachier dit Championnet1762年-1800年) - 中将。 【3列】 マリー・ピエール・フェリクス・シェスノン・ド・シャンモラン(フランス語版)(Marie Pierre Félix Chesnon de Champmorin、1736年-1808年) - 中将。【7列】 ルイ・シャルボニエ(フランス語版)(Louis Charbonnier1754年-1833年) (orthographe sujette à caution), 中将。【4列】 ジョセフ・クロード・マりー・シャルボネル(フランス語版)(Joseph Claude Marie Charbonnel1775年-1846年) - 中将。【32列】 アンリ・フランソワ・マリー・シャルパンティエ(フランス語版)(Henri François Marie Charpentier1769年-1831年) - 中将。【26列】 シャルル=フランソワ・シャルトン(フランス語版)(Charles-François Charton1765年-1796年) - 少将。カステラッツォ(Castellazzo)の戦いで戦死。【28列】 フランソワ・ド・シャズルー=ローバフランス語版)(François Charles Louis de Chasseloup-Laubat、1754年-1833年) - 中将。【24列】 ルイ・ピエール・エメ・シャステル(フランス語版)(Louis Pierre Aimé Chastel1774年-1826年)【31列】 ルイ・ユーグ=シャトーフランス語版)(Louis Huguet-Chataux、1779年-1814年) - 少将モントローフランス語版)で致命傷負った。【32列】 ジャン=ピエール・フランソワ・ド・シャゾ(フランス語版)(Jean-Pierre François de Chazot、1739年-1797年) - 将軍。【4列】 ジャン・シェミヌー(フランス語版)(Jean Chemineau、1771年-1852年) - 中将。 【11列】 ルイ・ニコラ・ヤシント・シェラン(フランス語版)(Louis Nicolas Hyacinthe Chérin1762年-1799年) - 中将。【15列】 ルイ=クロード・ショーアル(フランス語版)(Louis-Claude Chouard1771年-1843年) - 少将。【12列】 ジョセフ・クリスチアニ(フランス語版)(Joseph Christiani1772年-1840年) - 少将。 【39列】

※この「Ch」の解説は、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の解説の一部です。
「Ch」を含む「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の記事については、「エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ch」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ch」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ch」の関連用語

chのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



chのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCh (改訂履歴)、CH (改訂履歴)、.ch (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのV LIVE (改訂履歴)、繁殖 (改訂履歴)、エトワール凱旋門に名前を記された人物の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS