.ncとは? わかりやすく解説

エヌ‐シー【NC】

numerical control数値制御のこと。


エヌ‐シー【NC】


エヌ‐シー【NC】


エヌ‐シー【NC】

Nordic Council北欧理事会1953年、アイスランド・ノルウェー・デンマーク・スウェーデンの4か国により創設され北欧諸国地域間協力組織1956年フィンランド加盟本部コペンハーゲン


ネットワークコンピュータ

【英】Network Computer, NC

ネットワークコンピュータとは、Windows 95Windows 98Windows NT4.0などが備え機能のひとつで、ネットワーク上の共有リソースアクセスするための機能のことである。あるいは、その機能利用するための専用アイコンのことである。ネットワークコンピュータと同じ機能Windows MeWindows 2000Windows XPでは「マイ ネットワーク」という名称で用意されている

ネットワークコンピュータを実行すると、開かれたウィンドウ中にはネットワーク接続されているWindowsコンピュータアイコン並んでいるコンピュータアイコン中には、そのコンピュータ持っている共有フォルダ情報入っている。ネットワークコンピュータからこれらを辿っていくことで、共有ファイル共有プリンタなどにアクセスすることができる。

なお、Windows機能としての「ネットワークコンピュータ」以外にもネットワーク接続してネットワーク向こうのコンピュータ資源作業を行うコンピュータ指してネットワークコンピュータと呼ぶ場合がある

OSのほかの用語一覧
Windows:  メインストリームサポート  メモ帳  モバイルコード  ネットワークコンピュータ  ネットワークドライブ  OSR2  Palladium

.nc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 09:00 UTC 版)

.nc国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ニューカレドニアに割り当てられている。






「.nc」の続きの解説一覧

NC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 20:19 UTC 版)

NCエヌシー




「NC」の続きの解説一覧

NC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:44 UTC 版)

本作使用されている紀年法表記バーナビー両親殺害された年が「NC1957」、セカンドシーズン(デビューシーズン翌年)が「NC1978」である。

※この「NC」の解説は、「TIGER & BUNNY」の解説の一部です。» 「TIGER & BUNNY」の概要を見る


NC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 13:49 UTC 版)

未接続 (Non Connection)。

※この「NC」の解説は、「DDR3 SDRAM」の解説の一部です。» 「DDR3 SDRAM」の概要を見る


NC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 07:58 UTC 版)

NCは1937年5月から1938年1月にかけて5両が製造された。電装品は、自社製とするには設計間に合わなかったため、ゼネラル・エレクトリック製を使用した車両と、ウェスティングハウス・エレクトリック製を使用した車両があった。台車AARA形台車。本形式には総括制御装置はない。 オリジナルの所有者下記のとおり鉄道両数ロードナンバー備考グレート・ノーザン鉄道 1 5101 →#53001955年にSW1200に改造。 フィラデルフィア・ベスレヘム・アンド・ニュー・イングランド鉄道 2 208209 ヤングスタウン・アンド・ノーザン鉄道 2 201202 #201はエルジン・ジョリエット・アンド・イースタン鉄道#402→ベスレヘム・アンド・ニュー・イングランド鉄道の#55。#202はマリネッテ・トマホーク・アンド・ウェスタン鉄道の#408→サビーン・リバー・アンド・ノーザン鉄道の#408 合計5ミズーリ州セントルイス国立交通博物館に#408保存されている。

※この「NC」の解説は、「EMC製のウィントンエンジン搭載の入換機」の解説の一部です。» 「EMC製のウィントンエンジン搭載の入換機」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「N C」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.ncのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.ncのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリネットワークコンピュータの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.nc (改訂履歴)、NC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのTIGER & BUNNY (改訂履歴)、DDR3 SDRAM (改訂履歴)、EMC製のウィントンエンジン搭載の入換機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS