台車とは? わかりやすく解説

だい‐しゃ【台車】


台車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 05:22 UTC 版)

台車だいしゃは、荷物をのせて運搬移動するための、車輪が付いた台のことである。荷車の一種でもある。




「台車」の続きの解説一覧

台車(先行試作車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 06:29 UTC 版)

JR西日本681系電車」の記事における「台車(先行試作車)」の解説

台車は、ボルスタレス台車 WDT300(電動車両)・WTR300(付随台車)で、車輪径は860 mm軸距は2,100 mmである。軸箱支持方式は、JR西日本初めてとなる軸式となり、軸箱台車枠との間に軸ばねのほかに軸ダンパ装備されている。軽量化観点から台車枠横梁内部空気ばね補助空気室とし、軸受は複列円錐ころ軸受採用する160 km/h走行対応するために基礎ブレーキ装置強化されており、対向油圧キャリパ車輪ディスクブレーキによって車輪踏面への熱影響防止し踏面清掃装置によって粘着力の向上を図っている。牽引装置はZリンク式とし、高速走行時安定性確保するため、ヨーダンパとアンチローリング装置採用する歯車比は5.22である。

※この「台車(先行試作車)」の解説は、「JR西日本681系電車」の解説の一部です。
「台車(先行試作車)」を含む「JR西日本681系電車」の記事については、「JR西日本681系電車」の概要を参照ください。


台車(山車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 15:45 UTC 版)

おかえり祭り」の記事における「台車(山車)」の解説

11の町(新町東西2町)と船職組昔の船大工)、家方組建築職組)から出る13台の台車(だいぐるま)は、京都祇園祭鉾山模して造られたとされ、前輪直径約90cmの1輪後輪は約1m80cmの大きな2輪3輪車である。車輪の上には、1台桜の花満開老木模した台車、7台が大きな傘を開いた傘鉾型台車、5台が4本唐破風屋根屋台型(1台船形)台車となっている。各台車には、堆黒ついこく)の漆絵金箔金工彫刻など、美川伝統工芸である美川仏壇技術注ぎ込まれている。また車輪からは大きな軋み音が出るが、わざわざ車軸車輪間に油を塗布した小端を挟んでいるからである夜になる提灯付けられ灯り灯される。また町角曲がるときは前輪持ち上げて曲がる。なお、13分の山倉御旅所となる高浜宮殿境内にある。 毎年、台車の巡行順はくじで決められるが、今町は一番山決まっている。また末広町十三番山(最後尾)と決められていたが、現在はくじを引いている。

※この「台車(山車)」の解説は、「おかえり祭り」の解説の一部です。
「台車(山車)」を含む「おかえり祭り」の記事については、「おかえり祭り」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「台車」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

台車

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 07:11 UTC 版)

名詞

だいしゃ

  1. 荷物載せる台に小さな車輪付けた運搬用具
  2. 鉄道鉄道車両車体重量レールの上支え走行装置車軸車輪その他からなる。動力を持つものもある。

関連語

語義1

語義2

翻訳

語義1

語義2

関連項目


「台車」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

台車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



台車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの台車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJR西日本681系電車 (改訂履歴)、おかえり祭り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの台車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS