運搬とは? わかりやすく解説

うん‐ぱん【運搬】

読み方:うんぱん

[名](スル)物品運び移すこと。「建築材を—する」


運搬

作者大江健三郎

収載図書大江健三郎全作品
出版社新潮社
刊行年月1994.11


運搬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 05:10 UTC 版)

運搬(うんぱん)とはある物を他の場所へ移す事である。




「運搬」の続きの解説一覧

運搬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 19:24 UTC 版)

特種用途自動車」の記事における「運搬」の解説

特種物品運搬するための特種物品積載設備有する自動車で、車体の形状次に掲げ自動車15形状)。 粉粒体運搬車 タンク車危険物高圧ガスなど液状物品輸送するものをいう現金輸送車 アスファルト運搬車 コンクリートミキサー車 冷蔵冷凍活魚運搬車 保温車 販売車 散水車 塵芥車 糞尿車(いわゆるバキュームカー) ボートトレーラ(被牽引車) オートバイトレーラ(被牽引車) スノーモービルトレーラ(被牽引車現金輸送車 レディミクストコンクリート運搬車ミキサー車タンク車タンクローリーごみ収集車 移動販売車移動スーパー寿屋ママサン号」) 活魚運搬車

※この「運搬」の解説は、「特種用途自動車」の解説の一部です。
「運搬」を含む「特種用途自動車」の記事については、「特種用途自動車」の概要を参照ください。


運搬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 14:36 UTC 版)

トリシラン」の記事における「運搬」の解説

トリシランは、プラズマガン用のシリコンキャリアとして研究されている。このプロセス半導体同様の用途に対して薄膜シリコン適用することができる。より有望な用途1つは、ソーラーパネル造るための安価なプロセスであろうトリシラン20°C液体あるため気体のシリコンキャリアよりも流量あたりのシリコン量が多い用途により気体液体および/または固体混合物望ましであろうキャリア組成変化させることにより、膜厚変化材料上で固化することのできるスプレーからの液滴得られ、これはコイン呼ばれるコイン形成キャリア慎重に選ばれなければならない理由であり、コイン間のギャップ材料へのシリコン不完全な適用につながる可能性がある

※この「運搬」の解説は、「トリシラン」の解説の一部です。
「運搬」を含む「トリシラン」の記事については、「トリシラン」の概要を参照ください。


運搬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 16:06 UTC 版)

石見銀山街道」の記事における「運搬」の解説

中世日本海側) 運搬状況記録資料残っていない。通行安全や病気平癒祈った石碑石仏点在してる。 大田市温泉津清水地区に「清水の岩海」がある。これは天文8年1539年8月豪雨襲い床山崩落巨石流出したことで形成された。この堂床山北側中腹温泉津沖泊道が通っており、その当時通行不能になったと推定されている。街道行き来する馬子休憩際に将棋指したという伝承が残る「将棋岩」はその時にできたもの。 近世瀬戸内海側) 産出された銀は大森の御銀蔵に一旦集められたそこから毎年旧暦10月下旬から旧暦11月初旬新暦11月下旬から12月にかけて九日市・三次甲山・尾道と3泊4日陸路運ばれ尾道で船に積替え大阪銀座運ばれそこから京都銀座運ばれた。 運搬には規則設けられていた。灰吹銀10貫目(約40kg)入る木箱収め、それを包みしたものを2箱づつ馬に背負わせその上に1尺四方小旗立てて運搬した編成は馬250から300頭と400人からなり、近郷村々助郷課せられ、大名行列並の厳重な警備体制敷かれた。宿場では運上奉行町年寄商人たち羽織袴到着待ち、宿での接待銀蔵での警備など藩から通達されていた。 やなしお坂・半駄が峡・赤名峠など所々に難所中の難所存在した。特に赤名では「赤名愁訴」という公議に対して助郷改善懇願した記録残っている。 運搬に際し何度か渡河している。なお街道沿いである島根県美郷町粕淵から広島県三次市三良坂町付近までは江の川とその支流馬洗川田総川繋がり明治時代には河川舟運発達していたが、江戸時代銀の運搬には用いられていない石見天領内の川沿いには荷抜けや抜け売りを防ぐため川舟番所口番所)が点在し、また国境を超える輸送自体制限されていた。

※この「運搬」の解説は、「石見銀山街道」の解説の一部です。
「運搬」を含む「石見銀山街道」の記事については、「石見銀山街道」の概要を参照ください。


運搬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 05:40 UTC 版)

炭鉱」の記事における「運搬」の解説

主要炭鉱では19世紀半ばから機械化進んでいった。それまで児童女性成人男性や馬がワゴン運んでいた。

※この「運搬」の解説は、「炭鉱」の解説の一部です。
「運搬」を含む「炭鉱」の記事については、「炭鉱」の概要を参照ください。


運搬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 11:58 UTC 版)

コンクリート工」の記事における「運搬」の解説

練り混ぜたばかりフレッシュコンクリートは、時間が経つにつれその性質変化するため、速やかに打ち込みを行う場所まで運ばなければならない現場内を運搬する場内運搬においてはコンクリートポンプベルトコンベアなどが使われレディーミクストコンクリート工場から現場などの場外運においてはアジテータ車ダンプトラックなどが使われるコンクリート標準示方書では、この時経過による性質変化を防ぐため、練混ぜ後から打ち込み終了まで90あるいは120以内という制限規定している(外気温によって変化する)[要出典]。また場外運搬の場合は、練混ぜから現場で荷卸しまでの限度時間JISにより定められており、アジテーター車90分、ダンプトラック60分とされている

※この「運搬」の解説は、「コンクリート工」の解説の一部です。
「運搬」を含む「コンクリート工」の記事については、「コンクリート工」の概要を参照ください。


運搬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 00:56 UTC 版)

エレクトーン」の記事における「運搬」の解説

ELシリーズまでの機種は分解・組立ができないために本体重量80~110kg程度大型冷蔵庫並みなおかつ精密機械あるため設置輸送には楽器搬送専門業者依頼して慎重な取扱実践する必要があった。 ELS-01シリーズ分解組立出来ユーザによる持ち運び可能なユニット構造採用されたが、分解後の番重いキーボードユニットが38kg前後(カスタムモデル)と、大人2人でやっと持ち運べる重さであったため、演奏者自身楽器会場持込み演奏する場合は、メインユニットが20kgを切るD-DECKSTAGEA D-DECK PACKAGE使われる事が多かった。 ELS-02シリーズではユーザによる分解組立が再びできなくなりコンパクト持ち運びもできるカジュアルなエレクトーンとしてELC-02が発売されELS基本的に据置型ELC可搬型という位置付けとなった

※この「運搬」の解説は、「エレクトーン」の解説の一部です。
「運搬」を含む「エレクトーン」の記事については、「エレクトーン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「運搬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

運搬

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:24 UTC 版)

この単語漢字
うん
第三学年
ぱん
常用漢字
音読み 音読み

発音

名詞

(うんぱん)

  1. 他の場所運ぶこと。

類義語

翻訳

動詞

活用


「運搬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

運搬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



運搬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの運搬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの特種用途自動車 (改訂履歴)、トリシラン (改訂履歴)、石見銀山街道 (改訂履歴)、炭鉱 (改訂履歴)、コンクリート工 (改訂履歴)、エレクトーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの運搬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS