一人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 一人 > 一人の意味・解説 

いち‐じん【一人】

天下にただ一人の意》天子天皇上御一人(かみごいちにん)。

「—を始め進(まゐ)らせて百官椒房(せうばう)の月に涙を落とし」〈太平記三三


いち‐にん【一人】

ひとり。ひとりの人

「代助は人類の—として」〈漱石・それから〉

その土地分野第一であること。

「十ヶ年立たぬうちに五千両の分限にさされ、—の才覚者といはれ」〈浮・永代蔵・二〉

右大臣異称


ひと‐り【一人/独り】

【一】[名]

人数が1であること。一個の人。いちにん。「—に一つずつ配る」「乗客の—」

仲間相手がいなくて、その人だけであること。単独。「—で悩む」「—でいるのが好きだ」

他の人の助け借りず、その人だけですること。独力自力(じりき)。「—ではなに一つ満足にできない」「—で解決する」

配偶者のないこと。独身。「いまだに—でいる」

【二】[副]

物事その人だけでするさま。単独で。「—読書に励む」「—物思いにふける

打消しの語を伴って、ある物事だけに限ったことではないという気持ちを表す。ただ。単に。「—現象とどまらず本質に迫るべきだ」

ひとりでに自然に

むつかしくもぢれたるもの、—さばくるといへり」〈三冊子・黒双紙


いち‐じん【一人】

〔名〕

① =いちにん(一人)

文明本節用集室町中)「万民主不一人(イチジン)

② (天下唯一人者という意から) 天皇をいう。上一人(かみいちじん)。

本朝文粋(1060頃)一三北野天神供御幣并種々物文〈大江匡衡〉「或塩天下、輔導一人

高野平家13C前)一「太政大臣は、一人(ジン)に師範として、四海に儀けいせり」〔書経‐君奭〕


いち‐にん【一人】

〔名〕

① 人、ひとり。また、ひとりの人いちじん

続日本紀宝亀一一年(780六月戊戌「勅〈略〉物天下物非一人用

発心集(1216頃か)二「年たけたる僧一人(イチニン)あり」

② ある人。なにがし。〔史記‐商君伝〕

③ その土地領域第一であること。また、その人第一人者

浮世草子日本永代蔵(1688)二「五千両の分限にさされ、一人の才覚者といはれ」

右大臣異称

有職小説江戸中)(古事類苑官位七)「天子を一人(いちじん)、太子を一人(いちんど)、関白一所(いちのところ)、〈略〉と云」

(5) 天皇異称

醍醐寺文書延元三年(1338)五月五日北畠顕家奏状「一人之出百僚卒従威儀

読本昔話稲妻表紙(1806)四「上は一人(イチニン)より下は婆々嫁々にいたるまで」

(6) 一日一人分の作業量や賃金。〔改正増補和英語林集成(1886)〕


いち‐ひと【一人】

〔名〕 最もすぐれた人。第一人者

*虎明本狂言法師が母室町末‐近世初)「いち人の、みめのよひは、田中ごんのかみのまま娘」


ひ‐だり【一人】

〔名〕 =ひとり(一人)(一)

書紀720神武即位前・歌謡「蝦夷(えみし)を毗利(ヒダリ)百(もも)な人」


ひっとり【一人】

〔名〕 「ひとり(一人)」の変化した語。

雑俳軽口頓作(1709)「もたれたがる・ひっとりひとりお通夜の衆」


ひと‐り【一人・独】

1⃣ 〔名〕

① 人を数え数詞一個の人。また、他を伴わない自分だけ、複数の中の一個人をいう。ただひとり。いちにん。→り(人)。

万葉(8C後)五・八一八「春さればまづ咲く屋戸梅の花比等利(ヒトリ)見つつや春日暮らさむ」

② 夫または妻のないこと。独身ひとりみまた、一時的配偶者などが不在時にもいう。

古事記(712)下・歌謡「八田(やた)の 一本菅(ひともとすげ)は 比登理(ヒトリ)居りとも 大君し よしと聞こさば 比登理(ヒトリ)居りとも」

地獄の花(1902)〈永井荷風〉一「姉さんはまだお独身(ヒトリ)なんですか」

2⃣ 〔副〕

単独で。そのものだけで。人に限らずいう。

東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「虚尸荒野残り留まり、魂孤(ヒトり)、三途馳す

古今(905‐914)夏・一三六「あはれてふことをあまたにやらじとや春におくれてひとり咲くらん〈紀利貞〉」

ひとりでに自然に

仮名草子浮世物語(1665頃)一「勝て詮なき博奕(ばくち)なり。心を尽し何かせんと、ひとり博奕止まるべし」

③ 下に否定の語を伴って、「単に…だけではない」意を表わす。ただ。単に。

花柳春話織田純一郎訳〉題言(1878‐79)〈成島柳北〉「独り其情痴吾徒の如きのみならず


一人

読み方:イチジン(ichijin)

天皇


一人

読み方:イチニン(ichinin)

右大臣


一人

読み方:イチノヒト(ichinohito)

世の中で最高という意。


一人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/10 16:33 UTC 版)

一人(いちじん、いちにん、いちひと、かずと、かずひと、ひとり)


[ヘルプ]


「一人」の続きの解説一覧



一人と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「一人」に関係したコラム

  • 株365の相場を動かす経済指標は

    株365の銘柄を構成しているのは、日本、イギリス、ドイツ、中国の各国の主要株式です。そのため、各国の発表する経済指標には敏感に反応して値動きをします。例えば、その国にとってよい経済指標が発表されれば株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一人」の関連用語

一人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS