部下とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 部下の意味・解説 

ぶ‐か【部下】


部下

読み方:ブサゲ(busage)

貢租米届の運賃の上下などが距離の遠近によって変わること。


部下

作者今野敏

収載図書神南署安積班新・安警部補シリーズ
出版社勁文社
刊行年月1998.11
シリーズ名ケイブンシャノベルス

収載図書ザ・ベストミステリーズ推理小説年鑑 1999
出版社講談社
刊行年月1999.6

収載図書神南署安積班
出版社角川春樹事務所
刊行年月2001.12
シリーズ名ハルキ文庫

収載図書密室+アリバイ=真犯人ミステリー傑作選 40
出版社講談社
刊行年月2002.2
シリーズ名講談社文庫


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 04:24 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「部下」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「部下」を含むページの一覧/「部下」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「部下」が役に立つかも知れません。

関連項目



部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 14:25 UTC 版)

SDガンダムフォースの登場人物」の記事における「部下」の解説

轟雷騎士 メリクリウス 声 - 野島裕史 分類MS族自在に操る風系魔法騎士である。身長:153.89cm、体重:142.14kg。冷静沈着勇猛果敢な性格ダークアクシズ侵攻以前に起こした反乱失敗し双子の兄弟であるヴァイエイトと共にラクロア地下深くダークホール封印されていたが、トールギスによって封印から解かれたことで彼に忠誠を誓うデスサイズ策略により、魔剣エピオンにその身を食われてしまった。必殺技はプラネイト・サンダーエイジ。 暴風騎士 ヴァイエイト 声 - 陶山章央 分類MS族。風を操る力をもつ風系魔法騎士身長:153.49cm、体重:137.39kg。礼儀正しい性格で、常に丁寧語で話す。双子の兄弟であるメリクリウスと共に封印されていたが、トールギスによって復活しネオトピアへと侵攻してきた。最後メリクリウス共々魔剣エピオンの餌食されてしまった必殺技はデュアル・ストームペイン。なお、どちらが兄か弟かについては詳細不明になっている。 ポーンリーオー 声 - 長嶝高士近藤孝行古島清孝 魔力帯びたダイスら変化した兵士鶏冠のついた隊長格と一般兵の2パターンがいる。剣やボーガン武装する他、魔法用いることで姿を隠すことができる。語尾に「ポーン」をつけて喋るのが特徴不安定な存在あるため一定のショックを受ける元のダイスに戻る。デスサイズ配下として黒いポーンリーオー(通称:ダークポーンリーオー)が存在する

※この「部下」の解説は、「SDガンダムフォースの登場人物」の解説の一部です。
「部下」を含む「SDガンダムフォースの登場人物」の記事については、「SDガンダムフォースの登場人物」の概要を参照ください。


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 02:26 UTC 版)

ジミー・ドーリットル」の記事における「部下」の解説

ジェイコブ・デシェーザー軍曹 - 後に宣教師として日本派遣された。

※この「部下」の解説は、「ジミー・ドーリットル」の解説の一部です。
「部下」を含む「ジミー・ドーリットル」の記事については、「ジミー・ドーリットル」の概要を参照ください。


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 21:56 UTC 版)

明石賢生」の記事における「部下」の解説

佐山哲郎ex.エルシー企画) - エルシー企画群雄社出版編集局長編集者文筆家歌人住職浄土宗僧侶官能小説家漫画原作者スタジオジブリ製作の長編アニメーション映画コクリコ坂から』の原作者匿名はS(エス)。 大賀匠津(ex.エルシー企画) - グラフィックデザイナー。『Jam創刊号より表紙デザイン担当その後一般誌からエロ本広告まで幅広くデザイン手がけた大賀表紙手がけた『ザ・ベストマガジン』の創刊号では大原麗子の顔にぶっかけその瞬間表紙にするという斬新なデザイン100万部の金字塔記録した。現在も各社雑誌アートディレクターとして活躍中安田邦也(ex.エルシー企画) - エルシー企画合併アリス出版群雄社VIPアトラス21明石関わった全ての会社渡り歩いた唯一の編集者太田出版発行サブカルチャー雑誌Quick Japan15号にインタビュー掲載。 岡克己ex.エルシー企画) - 月刊誌おかあさんなぜ?』写真部エルシー企画専属のヌードカメラマンなどを経て1980年からフリーランス以後エディトリアル中心に活動現在に至るライフワークで「日本の灯台」を撮り続けており、著書に『ニッポン灯台紀行』(世界文化社)がある。 川本耕次ex.みのり書房) - みのり書房官能劇画』『Peke編集長合併アリス出版第五編集部編集長群雄社編集者1980年代ロリコンブームおよび三流劇画ブーム仕掛け人アリス出版ではロリコンブーム先駆けとなった伝説的自販機本『少女アリス』編集長務め群雄社退社後にロリータ専門誌ロリコンHOUSE』(三和出版)の監修も行う。みのり書房時代大学時代からの知人ある日日出志を復活させ、内山亜紀さべあのま商業誌デビューさせる。また吾妻ひでおを『Peke』や『少女アリス』起用して吾妻ブーム」を作るなど漫画界ニューウェーブ基盤築いた川本耕次名義著書に『ポルノ雑誌昭和史』(ちくま新書)がある。 高杉弾ex.ジャム出版) - 伝説的自販機本Jam』『HEAVEN初代編集長。ライター評論家写真家旅行家AV監督。現在は定職持たずメディアマン」というコンセプトのもと国際的な隠居生活送りながら編集者企画家、観光家、ステレオ写真家、臨済禅研究家蓮の花愛好家として多方面活躍していない)。競馬散歩昼寝駄ボラ趣味粋人年間のうち3か月南の島過ごす。著書に『メディアなりたい』(JICC出版局)がある。雑誌Quick Japan19号インタビュー掲載本名佐内順一郎山崎春美ex.群雄社) - 『Jam編集者のち『HEAVEN3代目編集長1979年解散したロックバンドガセネタ」のボーカル。オルタナティブ・ロックバンド「TACO主宰1980年代初頭に「自殺未遂ライブ」「天国注射の昼」など様々な事件”を音楽シーン巻き起こす著書に『天國のをりものが 山崎春美著作集1976-2013』(河出書房新社)がある。雑誌Quick Japan11・16号にインタビュー掲載中野D児(ex.群雄社) - 本名中野敏栄。最初期ペンネーム中野泥児。ローリング・ストーンズの元世界的コレクター。『笑点』の元座布団運び役、山田隆夫在籍していた音楽バンドずうとるび」の元マネージャー群雄社勤務自販機本編集長経てVIC出版スーパー変態マガジンBilly』(白夜書房)の名物編集者として勇名を馳せる。同誌の廃刊後は良美季に代わり月刊ボディプレス』(白夜書房3代目編集長に就任。また並行してAV監督転身し監督出演手掛けたシスターL』(主演菊池えり)はAV史上に残る大ヒット記録する以来業界屈指のSM男優ないしAV監督としてアダルトビデオ黎明期黄金期カリスマ的な人気を博した隅田川乱一ex.ジャム出版) - 本名美沢真之助。『Jam』『HEAVEN』『X-MAGAZINE編集者経てオルタナティブ・ロックバンド「TACO」に参加後にFMラジオ局ニュース原稿を書くなどフリーライター翻訳家として活躍。プロレス・ドラッグ・パンク・イスラム・スーフィズム・ビートニク・サイケデリック・ロック・印籠神秘学造詣深く高杉弾が日時代刊行していたミニコミ誌BEE-BEE』や伝説的自販機本Jamをはじめ雑誌宝島』『本の雑誌』『Quick Japan』『HEAVEN』『家庭画報』に原稿寄稿クリス・マルケルドキュメンタリー映画サン・ソレイユ』にゲーマー役で出演したこともある。1998年逝去没後寄稿文章を集めた遺稿集『穴が開いちゃったりして』(石風社)が刊行された訳書に『スーフィー物語 ダルヴィーシュ伝承』(イドリース・シャー著、平河出版社)がある。 八木眞一郎ex.群雄社) - 『Jam』『HEAVEN』『X-MAGAZINE編集者1号廃刊した幻のパロディ雑誌冗談王』(日本文華社編集長オカルト雑誌迷宮編集部経て群雄社参加その後画家フィルムメーカーとしても活躍した山本土壺ex.アリス出版) - 京大中退後、『HEAVEN編集部TACOミュージシャン群雄社勤務経て白夜書房の『ビデオ・ザ・ワールド』や集英社の『週刊プレイボーイ』を中心に無頼派辛口ビデオライターとして活躍した2008年くも膜下出血逝去田中一策(ex.アリス出版) - 東大中退後、ニューヨーク放浪ゲイ雑誌『MLWM』編集部、『HEAVEN編集部群雄社勤務スカトロ専門誌『スカトピア』編集長経てワインソムリエになる。 小形克宏ex.ふゅーじょんぷろだくと) - ロリコン漫画誌の草分け的存在漫画ブリッコ』(白夜書房)の名物編集者群雄社では『ロリコン大全集』『アリスくらぶ』『コレクター』を編集池田俊秀ex.白夜書房) - 1976年後の白夜書房となるセルフ出版入社し『ウイークエンドスーパー』『写真時代編集長末井昭出会う退社後は群雄社マザコン雑誌マザー』『スクリュー』やVIC出版で『ピーエックス』などの創刊手がける1997年没。著書に『エロ本水滸伝私的エロメディア懐古録―巨乳とは思い出ならずや』(人間文庫)がある。 竹熊健太郎ex.アリス出版) - アリス出版発行自販機本少女激写編集者明石賢生佐山哲郎企画で初単行本となる『色単─現代単語辞典』を群雄社より上但馬オサムex.群雄社) - 群雄社編集部員明石没後雑誌Quick Japan12号から19号18号を除く)にかけてエルシー企画アリス出版群雄社歴史追った特集天国桟敷人々」を竹熊健太郎共同で連載した森藤吉(ex.群雄社) - 明石従兄弟にして群雄社営業部長群雄社解散後AVメーカーレッツ」を主宰しアダルトアニメ女子大生 聖子ちゃん』『オフィスレディー 明菜ちゃん』を企画制作後に縄文時代遮光器土偶模したキャラクターグッズGOUX」をプロデュース木村昭二(ex.群雄社) - 群雄社営業部員雑誌Quick Japan19号インタビュー掲載神崎夢現ex.エルシー企画) - 装丁家エルシー企画アリス出版編集者自販機本少女激写末期編集長退社後はフリーで群雄社レイアウト担当青山正明データハウス刊『危ない薬』『危ない1号編著者)にドラッグレクチャーした経験があり、編集者時代の部下であった竹熊健太郎神崎について「日本最後ヒッピー」と評している。 宇佐美源一郎(ex.エルシー企画) - 編集プロダクションレッカ社」「カンゼン主宰近藤十四郎ex.アリス出版) - 『HEAVEN2代目編集長VIPエンタープライズ初代社長独立教養娯楽講座ペチゼミ主催アリス出版群雄社にて『陽炎座』(シネマ・プラセット)などを編集映像制作雑誌編集印刷物制作デザイナーのほか、バンド荒野水槽楽団」でミュージシャンとしても活動雑誌Quick Japan13号インタビュー掲載愛称オム明石哲生ex.ステラ) - 明石賢生実兄。「ビップ」(旧・VIPエンタープライズ)の元子会社「ステラ」社長。 他多数

※この「部下」の解説は、「明石賢生」の解説の一部です。
「部下」を含む「明石賢生」の記事については、「明石賢生」の概要を参照ください。


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/08 05:29 UTC 版)

ローンダミス」の記事における「部下」の解説

特務部隊隊長-ロマール王国軍師ルキアル策謀追っていた。バブリーズに手もなく捻られる。

※この「部下」の解説は、「ローンダミス」の解説の一部です。
「部下」を含む「ローンダミス」の記事については、「ローンダミス」の概要を参照ください。


部下(二人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/20 14:14 UTC 版)

冷食捜査官」の記事における「部下(二人)」の解説

主任」の部下。一人面長もう一人サングラスをかけている。共に名前は不明モデル米田裕鹿野司

※この「部下(二人)」の解説は、「冷食捜査官」の解説の一部です。
「部下(二人)」を含む「冷食捜査官」の記事については、「冷食捜査官」の概要を参照ください。


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 09:43 UTC 版)

悪代官 (ゲーム)」の記事における「部下」の解説

家臣 『1』『2』登場実写ムービーには登場しないリストラ怯えながら刀の錆になっていく、仕え相手間違えた可哀想な男達戦闘要員の他、罠や用心棒配置役割担っていたが、『3』には登場しなかった。 『2』では正義の味方襲来悪代官知らせる役目でもあるが、その間悪代官やっている帯回し次第エスカレートしていく様子途中からキャバクライメクラSMプレイなどに変わり帯回しですら無くなる)に呆れ表情を見せる。 お町(おまち):永木貴代子 『2』登場弁天堂組織した西江連邦軍軍人第四補給部隊補給船美丁亜(みであ)丸船長。階級中尉白基地丸修理最中に黒い三弁慶強襲を受け、死亡してしまう。 その後は展開次第で地獄救出に向かう事となり、その場合はエンディング復活し美丁亜丸に乗って登場するオペレーター:坂巻佑 願仏に乗り込んだ悪代官支援するオペレーター。しかし悪代官操縦腕前信用していないらしく、「あなたなら出来る…わ」と目を背け言った。しかも任務達成後は悪代官に「コンビニ買い物して来て」と頼んでいる。 先生:福本清三 『3』に登場悪代官捨て身で守る筆頭用心棒ながら、時給50文と極めて薄給粗末な扱いを受けている。戦闘力は相当のもので、ミニゲームではたった一人で何十人もの岡っ引き倒している。しかし斬られ役という立場上、本編中に活躍出来ない。 展開によっては悪代官裏切り強力な敵として立ちはだかることもあるが、気力ゼロなので罠だけで十分対抗出来る。 『CR悪代官』にも登場丁稚:バカ野坂 『3』に登場恵比寿屋一声でどこからでも現れ奇声上げて雑務をこなす奉公人用心棒としても雇えるが、戦闘力皆無専ら倒され時に多くの小判落と役割である(金の使い方知らない為、賃金をほとんど持ち歩いている為との事)。 恵比寿屋への不満が鬱積しており、ミニゲームでは恵比寿屋の金をばら撒くという行為走った

※この「部下」の解説は、「悪代官 (ゲーム)」の解説の一部です。
「部下」を含む「悪代官 (ゲーム)」の記事については、「悪代官 (ゲーム)」の概要を参照ください。


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/22 08:07 UTC 版)

ファージアスの邪皇帝」の記事における「部下」の解説

12の種族中から3人を選ぶ。重複も可。各種族には妖・属・機・人4つ属性数値設定されており、3人分の合計値がそのパーティー戦力となる。

※この「部下」の解説は、「ファージアスの邪皇帝」の解説の一部です。
「部下」を含む「ファージアスの邪皇帝」の記事については、「ファージアスの邪皇帝」の概要を参照ください。


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 01:24 UTC 版)

異世界建国記」の記事における「部下」の解説

ロン アルムスに会うまでは、捨てられていた子供たちリーダー的存在であった。剣の腕前高くリーダーシップ発揮するが、アホなところがあり、たまに変な方向に向かう身長はアデルニア人の平均身長同等髪の毛黒色ロズワード アルムスに会うまでは、捨てられていた子供たちの副リーダー的存在だった。槍使い。髪は茶色グラム 弓使い。馬に乗ったまま長弓射るという曲芸が出来る、冷静沈着な性格髪の毛黒色ソヨン ロンと同じ出身幼馴染。頭もいいが、たまにアホ言動を取る。動物好き。魂乗せが得意。身長はアデルニア人の平均身長同等髪の色茶色ルル 呪術が得意。髪の色灰色リア ゲルマニス人の女性奴隷騎乗スキルみんなに教えるために出場したが、お役御免となり解放された。ゲルマニス人の女性として平均くらいの身長髪の色赤味掛かった茶髪

※この「部下」の解説は、「異世界建国記」の解説の一部です。
「部下」を含む「異世界建国記」の記事については、「異世界建国記」の概要を参照ください。


部下(本名不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:30 UTC 版)

すすめ!!ダイナマン」の記事における「部下(本名不明)」の解説

ダイナマン刑事長の部下。階級不明ダイナマン刑事長の事を尊敬し信頼してはいるが、時々くだらない事原因(食べ物の事など)でケンカし、爆破され事も多々ある作者に名前を付けてもらえなかったキャラの1人(番外編では彼のみ)。

※この「部下(本名不明)」の解説は、「すすめ!!ダイナマン」の解説の一部です。
「部下(本名不明)」を含む「すすめ!!ダイナマン」の記事については、「すすめ!!ダイナマン」の概要を参照ください。


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:05 UTC 版)

結界師の登場人物」の記事における「部下」の解説

紫島(しじま) 七郎側近角刈り眼鏡青年

※この「部下」の解説は、「結界師の登場人物」の解説の一部です。
「部下」を含む「結界師の登場人物」の記事については、「結界師の登場人物」の概要を参照ください。


部下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 03:44 UTC 版)

バトル警視」の記事における「部下」の解説

忘られぬ死』(Sparkling Cyanide) に登場するケンプ主任警部は、かなりのバトル警視の下で働いていたと紹介されている。レイス大佐からは、1本の木を彫りこんで作り上げたような感じバトル思わせるところがあり、バトルチークのような材質思わせケンプはもっと派手なマホガニーとか上質の紫檀古木思わせる、と評されている。

※この「部下」の解説は、「バトル警視」の解説の一部です。
「部下」を含む「バトル警視」の記事については、「バトル警視」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「部下」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

部下

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 00:55 UTC 版)

名詞

(ぶか)

  1. ある人物あるいはある組織下にし、命令受け行動する人。

発音

類義語

対義語

翻訳

脚注

  1. 「ぶか【部下】」『大辞林松村明 編、三省堂1988年 ISBN 4-385-14000-6

「部下」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



部下と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「部下」の関連用語

部下のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



部下のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの部下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSDガンダムフォースの登場人物 (改訂履歴)、ジミー・ドーリットル (改訂履歴)、明石賢生 (改訂履歴)、ローンダミス (改訂履歴)、冷食捜査官 (改訂履歴)、悪代官 (ゲーム) (改訂履歴)、ファージアスの邪皇帝 (改訂履歴)、異世界建国記 (改訂履歴)、すすめ!!ダイナマン (改訂履歴)、結界師の登場人物 (改訂履歴)、バトル警視 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの部下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS