身長とは? わかりやすく解説

み‐たけ【身丈/身長】

読み方:みたけ

身の丈。身長。

洋服で、肩から裾までの丈。→着丈

和服で、長着身頃(みごろ)の長さ肩山から裾までの丈。→着丈


しん‐ちょう〔‐チヤウ〕【身長】

読み方:しんちょう

からだの高さ。背丈身の丈。「—が伸びる」「—がある」


身長

読み方:シンチョウ(shinchou)

背の高さ


身長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 01:41 UTC 版)

身長(しんちょう)は、人間ヒト)が直立した時の、又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法[1][2]を使用する場合はセンチメートルで[3]インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される[4][5]


注釈

  1. ^ 身長と並んで、身体の大きさを示すためにしばしば用いられる指標が体重である。
  2. ^ 健康診断などで行う身体測定などでは、一般に、足裏をべたにつけた状態で測定したものを「身長」と呼ぶように規定されている。forefoot(つま先)だけをつけた状態で立つと頭頂の位置が上がる。女性はハイヒールを履いて活動している状態では、実際にはつま先だけを地面につけた状態(つま先立ちの状態)になっているのと同等で、かなり頭頂の位置は高くなっている。犯罪現場付近での容疑者の便宜的な特定、監視カメラ映像の人物同定などでは、(便宜的に)健康診断での身長とは異なって(足裏をべたにつけるとする規定とは異なった)数値が用いられている場合もある。
  3. ^ 体表面積は体の大きさ、例えば身長もしくは全長の2乗に比例して増減するが、体積は3乗に比例するので、体が大きくなると表面積より体積の増加量が増え、体温の保持に都合が良い。
  4. ^ 近現代以前には身長の測定は行なわれていなかったから、これらの数字は発掘された古人骨からの推定値である[58]
  5. ^ 近現代になって照明器具が発達し、夜間も昼間と同じように明るい環境となった事により、昼間の時間が長くなったと同じ作用が人体に働き、それに伴って内分泌が変化して身長の伸びを促進したとする考え。成長ホルモンは睡眠中に活発に分泌されるという説と矛盾するが、身長を決定する因子が非常に複雑に入り組んでいる可能性を考えれば、あり得ない説ではない。
  6. ^ 1966年(昭和42年)に尺貫法は全面的に禁止された。
  7. ^ しかし、国民の平均身長が世界一とされるオランダの代表チームの平均身長は、国民の平均よりも低いくらいでW杯出場国の中では低い部類に入っており、またリオネル・メッシディエゴ・マラドーナなど身長160 cm台でありながらスター選手となった選手も少なからず存在しているなど、サッカーでは長身であるほど有利というわけではない事が窺える。
  8. ^ 第一検査は173 cm以上、第二検査は167 cm以上。
  9. ^ モータースポーツではラリードライバーのケン・ブロックが、高身長 (183 cm) が原因でF1マシンの運転席に収まらず走行を断念した事例がある[113]
  10. ^ アリエリーによれば、5'4"フィート (ft, 約163 cm) の男性が6"フィート (ft, 約183 cm) の男性と同等の魅力があると判断されるためには、$229,000多く稼ぐ必要があるという。5'6"フィート (ft, 168cm) の男性の場合は、6"フィートの男性よりも$183,000多く稼ぐ必要がある。5'10"フィート (ft, 178 cm) の男性は$32,000多く稼ぐ必要がある[120]

出典

  1. ^ Using the BMI-for-Age Growth Charts”. cdc.gov. Center for Disease Control. 2014年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月5日閲覧。
  2. ^ Price, Beth (2009). MathsWorld Year 8 VELS Edition. Australia: MacMillan. p. 626. ISBN 9780732992514. https://books.google.com/books?id=t2veDRPjMggC&printsec=frontcover 
  3. ^ Stadiometers and Height Measurement Devices”. stadiometer.com. stadiometer.com. 2019年11月17日閲覧。
  4. ^ Lapham, Robert; Agar, Heather (2009). Drug Calculations for Nurses. USA: Taylor & Francis. p. 223. ISBN 9780340987339. https://books.google.com/books?id=J1_vAgAAQBAJ&printsec=frontcover 
  5. ^ Carter, Pamela J. (2008). Lippincott's Textbook for Nursing Assistants: A Humanistic Approach to Caregiving. USA: Lippincott, Williams & Wilkins. p. 306. ISBN 9780781766852. https://books.google.com/books?id=biM2u4JfxZYC&printsec=frontcover 
  6. ^ a b 国民健康・栄養調査 平成30年国民健康・栄養調査 14 身長・体重の平均値及び標準偏差 - 年齢階級、身長・体重別、人数、平均値、標準偏差 - 男性・女性、1歳以上〔体重は妊婦除外〕 年次 | ファイル | 統計データを探す” (日本語). 政府統計の総合窓口. 2020年9月29日閲覧。
  7. ^ 文科省・学校保健統計(1)身長―5歳から17歳の平均身長、親世代との比較”. 2020年10月16日閲覧。
  8. ^ Baten, Joerg; Matthias, Blum (2012). “Growing Tall: Anthropometric Welfare of World Regions and its Determinants, 1810-1989”. Economic History of Developing Regions 27. doi:10.1080/20780389.2012.657489. 
  9. ^ アルツハイマー病 なりにくいのは「女性より男性」「低身長より高身長」?”. 2020年12月14日閲覧。
  10. ^ 身長と循環器疾患発症リスクとの関連”. 2020年12月14日閲覧。
  11. ^ 遺伝的に身長低い人は心臓病リスク高い...19万人を分析”. 2020年12月14日閲覧。
  12. ^ a b Shorter men live longer, study shows” (英語). ScienceDaily. 2019年11月17日閲覧。
  13. ^ a b Tall height”. 2019年11月17日閲覧。
  14. ^ a b Ganong, William F. (2001) Review of Medical Physiology, Lange Medical, pp. 392-397, 0071605673.
  15. ^ Baten, Jörg (2016). A History of the Global Economy. From 1500 to the Present.. Cambridge University Press. ISBN 9781107507180 
  16. ^ a b 寺田和夫『人種とは何か』 岩波新書 1967年(昭和42年)
  17. ^ 星撞热访. “街头采访:男生身高多少算矮?_哔哩哔哩 (゜-゜)つロ 干杯~-bilibili”. www.bilibili.com. 2020年12月7日閲覧。
  18. ^ 「思春期早発症」とは(武田薬品工業)
  19. ^ 思春期の発現・大山建司
  20. ^ たなか成長クリニック・思春期
  21. ^ Gabrielle Brandenberger,Laurence Weibel (September 2004). “The 24-h growth hormone rhythm in men: sleep and circadian influences questioned”. Journal of Sleep Research (European Sleep Research Society) 13 (3). doi:10.1111/j.1365-2869.2004.00415.x. ISSN 1365-2869. https://doi.org/10.1111/j.1365-2869.2004.00415.x 2013年3月8日閲覧。. 
  22. ^ 額田成. “大切なのは思春期までにいくら伸びるか”. 早熟を防ぎ、成長線閉鎖を遅らせる. ぬかたクリニック. 2009年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月27日閲覧。
  23. ^ 妊娠中に牛乳をたくさん飲むと子どもの背が高くなる―デンマーク研究(2013年(平成26年)9月7日 マイナビウーマン)
  24. ^ Lai, Chao-Qiang (11 December 2006). “How much of human height is genetic and how much is due to nutrition?”. Scientific American. https://www.scientificamerican.com/article/how-much-of-human-height/. 
  25. ^ Lango Allen H, etal (2010). “Hundreds of variants clustered in genomic loci and biological pathways affect human height”. Nature 467 (7317): 832-838. doi:10.1038/nature09410. PMC 2955183. PMID 20881960. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2955183/. 
  26. ^ Wood AR, etal (2014). “Defining the role of common variation in the genomic and biological architecture of adult human height”. Nature Genetics 46 (11): 1173-1186. doi:10.1038/ng.3097. PMC 4250049. PMID 25282103. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4250049/. 
  27. ^ Chan Y, etal (2015). “Genome-wide Analysis of Body Proportion Classifies Height-Associated Variants by Mechanism of Action and Implicates Genes Important for Skeletal Development”. American Journal of Human Genetics 96 (5): 695-708. doi:10.1016/j.ajhg.2015.02.018. PMC 4570286. PMID 25865494. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4570286/. 
  28. ^ Adams, Hieab H H; Hibar, Derrek P; Chouraki, Vincent; Stein, Jason L; Nyquist, Paul A; Rentería, Miguel E; Trompet, Stella; Arias-Vasquez, Alejandro et al. (2016). “Novel genetic loci underlying human intracranial volume identified through genome-wide association”. Nature Neuroscience 19 (12): 1569-1582. doi:10.1038/nn.4398. PMC 5227112. PMID 27694991. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5227112/. 
  29. ^ a b Akiyama, Masato; Ishigaki, Kazuyoshi; Sakaue, Saori; Momozawa, Yukihide; Horikoshi, Momoko; Hirata, Makoto; Matsuda, Koichi; Ikegawa, Shiro et al. (2019-09-27). “Characterizing rare and low-frequency height-associated variants in the Japanese population”. Nature Communications 10 (1). doi:10.1038/s41467-019-12276-5. ISSN 2041-1723. https://doi.org/10.1038/s41467-019-12276-5. 
  30. ^ Bogin, Barry (1998). “The tall and the short of it”. Discover 19 (2): 40-44. http://courses.washington.edu/bioa101/articles/article38.pdf 2013年4月26日閲覧。. 
  31. ^ a b Bogin, B.; Rios, L. (2003). “Rapid morphological change in living humans: Implications for modern human origins”. Comparative Biochemistry and Physiology A 136 (1): 71-84. doi:10.1016/S1095-6433(02)00294-5. PMID 14527631. 
  32. ^ Krawitz, Jan (2006年6月28日). “P.O.V. - Big Enough”. PBS. 2011年1月22日閲覧。
  33. ^ Roberts, D. F.; Bainbridge, D. R. (1963). “Nilotic physique”. American Journal of Physical Anthropology 21 (3): 341-370. doi:10.1002/ajpa.1330210309. 
  34. ^ Stock, Jay (Summer 2006). “Skeleton key”. Planet Earth: 26. オリジナルの10 August 2007時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070810003347/http://www.nerc.ac.uk/publications/planetearth/2006/summer/sum06-skeleton.pdf. 
  35. ^ Chali D (1995). “Anthropometric measurements of the Nilotic tribes in a refugee camp”. Ethiopian Medical Journal 33 (4): 211-7. PMID 8674486. 
  36. ^ 石垣尚男, 高梨泰彦、「中学生長身バレーボール選手の視力と視力矯正率」 『愛知工業大学研究報告』 2013年 第48号, 愛知工業大学
  37. ^ 若年成人女子の人体計測データから見た体格・体型特性”. web.archive.org (2019年11月15日). 2019年11月15日閲覧。
  38. ^ Wade, Tracey D.; Zhu, Gu; Martin, Nicholas G. (2010-10). “Body mass index and breast size in women: same or different genes?”. Twin Research and Human Genetics: The Official Journal of the International Society for Twin Studies 13 (5): 450-454. doi:10.1375/twin.13.5.450. ISSN 1832-4274. PMID 20874466. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20874466. 
  39. ^ どうすればもっと身長を伸ばすことができるのか? 特命リサーチ200X-II Research Report No.087 2003/01/19
  40. ^ [1]
  41. ^ Limpert, E; Stahel, W; Abbt, M (2001). “Lognormal distributions across the sciences: keys and clues”. BioScience 51 (5): 341-352. doi:10.1641/0006-3568(2001)051[0341:LNDATS]2.0.CO;2. 
  42. ^ a b c d e スティーブ・パーカー 『BODY 世にも美しい人体図鑑』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2018年、14頁。 
  43. ^ Laura Blue (2008年7月8日). “Why Are People Taller Today Than Yesterday?”. Time. http://content.time.com/time/health/article/0,8599,1820836,00.html#ixzz2tJdu48CZ 2017年3月28日閲覧。 
  44. ^ a b Michael J. Dougherty. “Why are we getting taller as a species?”. Scientific American. https://www.scientificamerican.com/article/why-are-we-getting-taller/ 2017年3月28日閲覧。 
  45. ^ Komlos, John; Francesco Cinnirella (2007). “European heights in the early 18th century”. Vierteljahrschrift für Sozial-und Wirtschaftsgeschichte 94 (3): 271-284. http://www.ingentaconnect.com/content/fsv/vswg/2007/00000094/00000003/art00001 2013年4月26日閲覧。. 
  46. ^ Engerman, Stanley L.; Gallman, Robert E. (2000). The Cambridge Economic History of the United States. Cambridge University Press. ISBN 978-0-521-55308-7. https://books.google.com/books?id=EasEioJQHk4C 
  47. ^ Baten, Joerg; Blum, Matthias (2012). “Growing tall but unequal: new findings and new background evidence on anthropometric welfare in 156 countries, 1810-1989.”. Economic History of Developing Regions 27: S66-S85. doi:10.1080/20780389.2012.657489. 
  48. ^ Baten, Joerg (2006). “Global Height Trends in Industrial and Developing Countries, 1810-1984: An Overview”. Recuperado el 20. 
  49. ^ Baten, Joerg; Blum, Matthias (2014). “Why are you tall while others are short? Agricultural production and other proximate determinants of global heights.”. European Review of Economic History 18 (2): 144-165. doi:10.1093/ereh/heu003. https://pure.qub.ac.uk/portal/en/publications/why-are-you-tall-while-others-are-short-agricultural-production-and-other-proximate-determinants-of-global-heights(01600055-feb3-4596-9c69-4e66853c2033).html. 
  50. ^ a b Adam Hadhazy (2015年5月14日). “Will humans keep getting taller?”. BBC. http://www.bbc.com/future/story/20150513-will-humans-keep-getting-taller 2017年3月28日閲覧。 
  51. ^ “ヨーロッパ男性は100年で進化?”. ニューズウィーク. (2013年9月3日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2013/09/post-3032.php 2014年2月1日閲覧。 
  52. ^ “欧州男性の平均身長、100年で11センチ伸びる=調査”. Reuters. (2013年9月2日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE98103N20130902 2014年2月1日閲覧。 
  53. ^ Fredriks, Anke Maria (2004). Growth diagrams: fourth Dutch nation-wide survey. Houten: Bohn Stafleu van Loghum. ISBN 9789031343478. https://books.google.com/books?id=8FTtyZmWKZUC&pg=PA19 
  54. ^ Schönbeck, Yvonne; Talma, Henk; Van Dommelen, Paula; Bakker, Boudewijn; Buitendijk, Simone E.; Hirasing, Remy A.; Van Buuren, Stef (2012). “The world's tallest nation has stopped growing taller: The height of Dutch children from 1955 to 2009”. Pediatric Research 73 (3): 371-7. doi:10.1038/pr.2012.189. PMID 23222908. 
  55. ^ Komlos, J.; Baur, M. (2004). “From the tallest to (one of) the fattest: The enigmatic fate of the American population in the 20th century”. Economics & Human Biology 2 (1): 57-74. doi:10.1016/j.ehb.2003.12.006. PMID 15463993. 
  56. ^ Prince, Joseph M.; Steckel, Richard H. (December 1998). “The Tallest in the World: Native Americans of the Great Plains in the Nineteenth Century”. NBER Historical Working Paper No. 112. doi:10.3386/h0112. 
  57. ^ 鈴木尚 『日本人の骨』 岩波新書 1963年(昭和38年)初版
  58. ^ 鈴木尚 『骨』 学生社 1960年(昭和35年)
  59. ^ Demick, Barbara (2004年2月14日). “Effects of famine: Short stature evident in North Korean generation”. Seattle Times (Seattle, Wash.). http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=20040214&slug=korea14 2013年4月26日閲覧。 
  60. ^ Demick, Barbara (2011年10月8日). “The unpalatable appetites of Kim Jong-il”. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/northkorea/8809102/The-unpalatable-appetites-of-Kim-Jong-il.html 2011年10月8日閲覧。 
  61. ^ Baten, Jörg (Jun 2000). “Heights and Real Wages in the 18th and 19th Centuries: An International Overview”. Economic History Yearbook 41 (1). doi:10.1524/jbwg.2000.41.1.61. 
  62. ^ a b Baten, Jörg; Stegl, Mojgan; van der Eng, Pierre: “Long-Term Economic Growth and the Standard of Living in Indonesia
  63. ^ Komlos, John (1998). “Shrinking in a growing economy? The mystery of physical stature during the industrial revolution”. Journal of Economic History 58 (3): 779-802. doi:10.1017/S0022050700021161. 
  64. ^ Komlos, J. (2007). On English Pygmies and giants: The physical stature of English youth in the late 18th and early 19th centuries. Research in Economic History. 25. pp. 149-168. doi:10.1016/S0363-3268(07)25003-7. ISBN 978-0-7623-1370-9 
  65. ^ Drukker, J. W.; Vincent Tassenaar (2000). “Shrinking Dutchmen in a growing economy: the early industrial growth paradox in the Netherlands”. Jahrbuch für Wirtschaftsgeschichte 2000: 77-94. ISSN 0075-2800. http://www.digitalis.uni-koeln.de/JWG/jwg_149_77-85.pdf 2013年4月26日閲覧。. 
  66. ^ 米国人の身長は縮んでいる、北朝鮮とは正反対の「意外な理由」 AFPBB News
  67. ^ The Dutch get ahead for heights - World - Times Online
  68. ^ Peissel, Michel (1967). Mustang: A Lost Tibetan Kingdom. Book Faith India. ISBN 978-81-7303-002-4. https://books.google.com/books?id=JLE2AAAACAAJ 
  69. ^ Subba, Tanka Bahadur (1999). Politics of Culture: A Study of Three Kirata Communities in the Eastern Himalayas. Orient Blackswan. ISBN 978-81-250-1693-9. https://books.google.com/books?id=8wPq9ay0CF8C 
  70. ^ Guinness World Records 2014. The Jim Pattison Group. (2013). pp. 49 
  71. ^ a b c キーワードで分かる臨床栄養(身長)”. ニュートリー. 2014年5月28日閲覧。
  72. ^ a b Ogata, Tsutomu, Toshiaki Tanaka, and Masayo Kagami. "Target height and target range for Japanese children: revisited." Clinical Pediatric Endocrinology., 2007年 16巻 4号 p.85-87, doi:10.1297/cpe.16.85
  73. ^ 国民健康・栄養調査 平成29年国民健康・栄養調査 92-1 身長の平均値の年次推移(男性、年齢階級別) 年次 | ファイル | 統計データを探す” (日本語). 政府統計の総合窓口. 2019年11月16日閲覧。
  74. ^ 国民健康・栄養調査 平成29年国民健康・栄養調査 92-2 身長の平均値の年次推移(女性、年齢階級別) 年次 | ファイル | 統計データを探す” (日本語). 政府統計の総合窓口. 2019年11月16日閲覧。
  75. ^ スポーツ庁 「令和2年度体力・運動能力調査結果の概要(速報)」 2020年
  76. ^ "Society at a Glance 2009: OECD Social Indicators". doi:10.1787/550623158455
  77. ^ a b c d 学校保健統計調査 2 身長の年齢別分布 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口”. web.archive.org (2019年11月16日). 2019年11月16日閲覧。
  78. ^ a b c 学校保健統計調査ー平成30年度(確定値)の結果の概要 2.調査結果の概要 (PDF:466KB)「学校保健統計調査による身体発育値及び発育曲線(分布図による)」”. web.archive.org (2019年11月16日). 2019年11月16日閲覧。
  79. ^ Arno J. Krul; Hein A. M. Daanen; Hyegjoo Choi (2010). “Self-reported and measured weight, height and body mass index (BMI) in Italy, the Netherlands and North America”. European Journal of Public Health 21 (4): 414–419. doi:10.1093/eurpub/ckp228. PMID 20089678. http://eurpub.oxfordjournals.org/content/early/2010/01/20/eurpub.ckp228.full. 
  80. ^ Lucca A, JMoura EC (2010). “Validity and reliability of self-reported weight, height and body mass index from telephone interviews.”. Cadernos de Saúde Pública 26 (1): 110–22. doi:10.1590/s0102-311x2010000100012. PMID 20209215. http://www.scielo.br/pdf/csp/v26n1/12.pdf. 
  81. ^ Methodological Issues in Anthropometry: Self-reported versus Measured Height and Weight”. Proceedings of Statistic s Canada Symposium 2008. Data Collection: Challenges, Achievements and New Directions (2009年). 2020年9月22日閲覧。
  82. ^ Moody, Alison (18 December 2013). "10: Adult anthropometric measures, overweight and obesity". In Craig, Rachel; Mindell, Jennifer (eds.). Health Survey for England – 2012 (PDF) (Report). Volume 1: Health, social care and lifestyles. Health and Social Care Information Centre. p. 20. 2016年7月2日時点のオリジナル (PDF)よりアーカイブ。2014年7月31日閲覧 |volume=にvol.など余分の文字が入力されています。 (説明)
  83. ^ WWC Web World Center GmbH G.R.P. Institut für Rationelle Psychologie KÖRPERMASSE BUNDESLÄNDER & STÄDTE Archived 16 August 2012 at the Wayback Machine. 31. Oktober 2007
  84. ^ Herpin, Nicolas (2003). “La taille des hommes: son incidence sur la vie en couple et la carrière professionnelle”. Économie et Statistique 361 (1): 71–90. doi:10.3406/estat.2003.7355. http://www.insee.fr/fr/ffc/docs_ffc/es361d.pdf. 
  85. ^ Buckler, JM (1978). “Variations in height throughout the day”. Arch Dis Child 53 (9): 762. doi:10.1136/adc.53.9.762. PMC 1545095. PMID 568918. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1545095/. 
  86. ^ Grasgruber, Pavel; Popović, Stevo; Bokuvka, Dominik; Davidović, Ivan; Hřebíčková, Sylva; Ingrová, Pavlína; Potpara, Predrag; Prce, Stipan et al. (2017-04-01). “The mountains of giants: an anthropometric survey of male youths in Bosnia and Herzegovina”. Royal Society Open Science 4 (4): 161054. Bibcode2017RSOS....461054G. doi:10.1098/rsos.161054. ISSN 2054-5703. PMC 5414258. PMID 28484621. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5414258/. 
  87. ^ Viegas, Jen (2017年4月11日). “The Tallest Men in the World Trace Back to Paleolithic Mammoth Hunters”. seeker. https://www.seeker.com/health/the-tallest-men-in-the-world-trace-back-to-prehistoric-mammoth-hunters 2017年4月12日閲覧。 
  88. ^ "Move Over, Dutch Men. Herzegovinians May Be Tallest in World"
  89. ^ The Tutsi”. In and Out of Focus: Images from Central Africa 1885-1960. National Museum of African Art, Smithsonian Institution. 2020年9月22日閲覧。
  90. ^ Roberts, D. F.; Bainbridge, D. R. (1963). “Nilotic physique”. Am J Phys Anthropol 21 (3): 341–370. doi:10.1002/ajpa.1330210309. PMID 14159970. 
  91. ^ 身長が約150 cm未満の人や、約185 cm以上の人は使えないのですか? - フジ医療器
  92. ^ 身長が140センチメートル未満や185センチメートル以上です。使えますか? - パナソニック
  93. ^ “兵庫県警 身長など女性の採用基準を緩和”. 神戸新聞. (2014年2月10日). http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201402/0006699313.shtml 2014年3月1日閲覧。 
  94. ^ 警察官採用試験:広がる「身長・体重不問」 27道府県に - 毎日新聞
  95. ^ a b U.S. Air Force ROTC despite statistical and physical evidence to support the proposition that short people consistently have reduced reaction times.: Admissions requirements”. afrotc.com. 2006年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月22日閲覧。
  96. ^ 日本相撲協会公式サイト” (日本語). 日本相撲協会公式サイト. 2020年1月12日閲覧。
  97. ^ 週刊エキサイト Excite エキサイトニュース(03月07日 共同通信)
  98. ^ 歴史に残る空中戦:零戦とF4F ディスカバリーチャンネル
  99. ^ “客室乗務員の身長制限を維持 大韓航空”. 韓国放送公社. (2014年11月10日). http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?lang=j&id=Dm&No=52536 2014年12月6日閲覧。 
  100. ^ “대한항공, 객실 여승무원 키 작아도 뽑는다…남은 제한 조건은?”. 東亜日報. (2015年1月30日). http://news.donga.com/3/01/20150130/69375181/1 2015年2月4日閲覧。 
  101. ^ “未来の“宇宙兄弟”はキミだ!? 宇宙飛行士になるためのギモン”. リクナビ進学ジャーナル. (2013年3月5日). http://journal.shingakunet.com/career/2822/ 2014年1月6日閲覧。 
  102. ^ a b Samaras TT, Elrick H (2002). “Height, body size, and longevity: is smaller better for the humanbody?”. The Western Journal of Medicine 176 (3): 206-8. doi:10.1136/ewjm.176.3.206. PMC 1071721. PMID 12016250. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1071721/. 
  103. ^ “Cancer risk may grow with height”. CBC News. (2011年7月21日). http://www.cbc.ca/news/health/story/2011/07/21/height-cancer-risk.html 
  104. ^ a b Cavalli-Sforza, L.L., & Cavalli-Sforza, F., 1995, The Great Human Diasporas,
  105. ^ Risk Factors Present Before Pregnancy: Pregnancy at High-Risk: Merck Manual Home Edition”. web.archive.org (2010年11月4日). 2019年11月17日閲覧。
  106. ^ Magnusson PK, Gunnell D, Tynelius P, Davey Smith G, Rasmussen F (2005). "Strong inverse association between height and suicide in a large cohort of Swedish men: evidence of early life origins of suicidal behavior?". The American Journal of Psychiatry. 162 (7): 1373–5. doi:10.1176/appi.ajp.162.7.1373. PMID 15994722
  107. ^ Samaras TT 2014, Evidence from eight different types of studies showing smaller body size is related to greater longevity JSRR 3(16):2150-2160. 2014: article no. JSRR.2014.16.003
  108. ^ 身長差に苦しんだ日本 得意の3点シュート、アメリカが徹底ブロック:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年8月8日閲覧。
  109. ^ a b ミムラユウスケ. “『スラムダンク』宮城リョータはもう生まれない!? “平均身長2m超え”バスケ日本代表に見る「大型化施策」の未来”. 文春オンライン. 2021年8月8日閲覧。
  110. ^ 小学生バレーボール・ルールの変遷 - 日本小学生バレーボール連盟《2017年10月1日閲覧;現在はインターネットアーカイブ内に残存》
  111. ^ メッシはマラドーナの「神域」にどこまで迫ったか” (日本語). 日本経済新聞 (2010年4月26日). 2021年8月8日閲覧。
  112. ^ 金メダル候補にインタビュー: エロワン・ル=ペシュー - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト
  113. ^ ピレリ、ケン・ブロックのF1テストを中止 - F1-Gate.com 2011年(平成24年)8月5日
  114. ^ a b c d Frederick, David A.; Jenkins, Brooke N. (2015-09-01). “Height and Body Mass on the Mating Market: Associations With Number of Sex Partners and Extra-Pair Sex Among Heterosexual Men and Women Aged 18-65” (英語). Evolutionary Psychology 13 (3): 1474704915604563. doi:10.1177/1474704915604563. ISSN 1474-7049. https://doi.org/10.1177/1474704915604563. 
  115. ^ a b Pierce, Charles A. (1996-01-01). “BODY HEIGHT AND ROMANTIC ATTRACTION: A META-ANALYTIC TEST OF THE MALE-TALLER NORM” (英語). Social Behavior and Personality: an international journal 24 (2): 143-149. doi:10.2224/sbp.1996.24.2.143. http://openurl.ingenta.com/content/xref?genre=article&issn=0301-2212&volume=24&issue=2&spage=143. 
  116. ^ a b c d Stulp, Gert; Buunk, Abraham P.; Pollet, Thomas V. (2013-06-01). “Women want taller men more than men want shorter women”. Personality and Individual Differences 54 (8): 877-883. doi:10.1016/j.paid.2012.12.019. ISSN 0191-8869. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0191886913000020. 
  117. ^ a b HILARY BRUECK (2018年4月16日). “Women often say they prefer taller men - but the reality is more complicated”. 2018年8月31日閲覧。
  118. ^ a b Short Persons Support: “Personals Analyzer”.
  119. ^ a b Nettle, Daniel (2002-12). “Height and reproductive success in a cohort of british men”. Human Nature 13 (4): 473-491. doi:10.1007/s12110-002-1004-7. ISSN 1045-6767. https://doi.org/10.1007/s12110-002-1004-7. 
  120. ^ Lori Gottlieb (2010). Marry Him: The Case for Settling for Mr. Good Enough. Penguin, 9781101185209 p. 239
  121. ^ Buss, David M.,. The evolution of desire : strategies of human mating (Revised and Updated edition ed.). New York. p. 54. ISBN 978-0-465-09776-0. OCLC 959200491. https://www.worldcat.org/oclc/959200491 
  122. ^ Cassidy, Claire M. (1991-09). “The good body: When big is better”. Medical Anthropology 13 (3): 181-213. doi:10.1080/01459740.1991.9966048. ISSN 0145-9740. https://doi.org/10.1080/01459740.1991.9966048. 
  123. ^ a b Judge, Timothy A.; Cable, Daniel M. (2004). “The Effect of Physical Height on Workplace Success and Income: Preliminary Test of a Theoretical Model.”. Journal of Applied Psychology 89 (3): 428-441. doi:10.1037/0021-9010.89.3.428. ISSN 1939-1854. https://doi.org/10.1037/0021-9010.89.3.428. 
  124. ^ Murasko, Jason E. (2013-03). “Associations between household income, height, and BMI in contemporary US schoolchildren”. Economics & Human Biology 11 (2): 185-196. doi:10.1016/j.ehb.2011.09.001. ISSN 1570-677X. https://doi.org/10.1016/j.ehb.2011.09.001. 
  125. ^ Ranasinghe, Priyanga; Jayawardana, M.A. Naveen A.A.D.; Constantine, Godwin R.; Sheriff, M.H. Rezvi; Matthews, David R.; Katulanda, Prasad (2011-01). “Patterns and correlates of adult height in Sri Lanka”. Economics & Human Biology 9 (1): 23-29. doi:10.1016/j.ehb.2010.09.005. ISSN 1570-677X. https://doi.org/10.1016/j.ehb.2010.09.005. 
  126. ^ Macgregor, Stuart; Cornes, Belinda K.; Martin, Nicholas G.; Visscher, Peter M. (2006-08-25). “Bias, precision and heritability of self-reported and clinically measured height in Australian twins”. Human Genetics 120 (4): 571-580. doi:10.1007/s00439-006-0240-z. ISSN 0340-6717. https://doi.org/10.1007/s00439-006-0240-z. 
  127. ^ McEvoy, Brian P.; Visscher, Peter M. (2009-12). “Genetics of human height”. Economics & Human Biology 7 (3): 294-306. doi:10.1016/j.ehb.2009.09.005. ISSN 1570-677X. https://doi.org/10.1016/j.ehb.2009.09.005. 
  128. ^ Silventoinen, Karri; Kaprio, Jaakko; Lahelma, Eero; Viken, Richard J.; Rose, Richard J. (2001-02-01). “Sex Differences in Genetic and Environmental Factors Contributing to Body-Height”. Twin Research 4 (1): 25-29. doi:10.1375/twin.4.1.25. ISSN 1369-0523. https://doi.org/10.1375/twin.4.1.25. 
  129. ^ Silventoinen, Karri; Krueger, Robert F.; Bouchard, Thomas J.; Kaprio, Jaakko; McGue, Matt (2004). “Heritability of body height and educational attainment in an international context: Comparison of adult twins in Minnesota and Finland”. American Journal of Human Biology 16 (5): 544-555. doi:10.1002/ajhb.20060. ISSN 1042-0533. https://doi.org/10.1002/ajhb.20060. 
  130. ^ Stulp, Gert; Mills, Melinda; Pollet, Thomas V.; Barrett, Louise (2014-05-12). “Non-linear associations between stature and mate choice characteristics for American men and their spouses”. American Journal of Human Biology 26 (4): 530-537. doi:10.1002/ajhb.22559. ISSN 1042-0533. https://doi.org/10.1002/ajhb.22559. 
  131. ^ Sorokowski, Piotr; Sorokowska, Agnieszka; Fink, Bernhard; Mberira, Mara (2011-05-05). “Variable Preferences for Sexual Dimorphism in Stature (SDS) Might Not Be Universal”. Journal of Cross-Cultural Psychology 43 (1): 32-37. doi:10.1177/0022022110395140. ISSN 0022-0221. https://doi.org/10.1177/0022022110395140. 
  132. ^ Sorokowski, P.; Butovskaya, M.L. (2012-09). “Height preferences in humans may not be universal: Evidence from the Datoga people of Tanzania”. Body Image 9 (4): 510-516. doi:10.1016/j.bodyim.2012.07.002. ISSN 1740-1445. https://doi.org/10.1016/j.bodyim.2012.07.002. 
  133. ^ Courtiol, Alexandre; Raymond, Michel; Godelle, Bernard; Ferdy, Jean-Baptiste (2010-04). “MATE CHOICE AND HUMAN STATURE: HOMOGAMY AS A UNIFIED FRAMEWORK FOR UNDERSTANDING MATING PREFERENCES”. Evolution. doi:10.1111/j.1558-5646.2010.00985.x. ISSN 0014-3820. https://doi.org/10.1111/j.1558-5646.2010.00985.x. 
  134. ^ Pawlowski, Boguslaw (2003-04-07). “Variable preferences for sexual dimorphism in height as a strategy for increasing the pool of potential partners in humans”. Proceedings of the Royal Society of London. Series B: Biological Sciences 270 (1516): 709-712. doi:10.1098/rspb.2002.2294. ISSN 0962-8452. https://doi.org/10.1098/rspb.2002.2294. 
  135. ^ a b Salska, Irmina; Frederick, David A.; Pawlowski, Boguslaw; Reilly, Andrew H.; Laird, Kelsey T.; Rudd, Nancy A. (2008-01). “Conditional mate preferences: Factors influencing preferences for height”. Personality and Individual Differences 44 (1): 203-215. doi:10.1016/j.paid.2007.08.008. ISSN 0191-8869. https://doi.org/10.1016/j.paid.2007.08.008. 
  136. ^ Stulp, Gert; Buunk, Abraham P.; Pollet, Thomas V. (2013-06). “Women want taller men more than men want shorter women”. Personality and Individual Differences 54 (8): 877-883. doi:10.1016/j.paid.2012.12.019. ISSN 0191-8869. https://doi.org/10.1016/j.paid.2012.12.019. 
  137. ^ Stulp, Gert; Pollet, Thomas V.; Verhulst, Simon; Buunk, Abraham P. (2011-11-15). “A curvilinear effect of height on reproductive success in human males”. Behavioral Ecology and Sociobiology 66 (3): 375-384. doi:10.1007/s00265-011-1283-2. ISSN 0340-5443. https://doi.org/10.1007/s00265-011-1283-2. 
  138. ^ Bystydzienski, Jill M. (1985-12). “MINORITY WOMEN OF NORTH AMERICA: A COMPARISON OF FRENCH-CANADIAN AND AFRO-AMERICAN WOMEN”. American Review of Canadian Studies 15 (4): 465-480. doi:10.1080/02722018509480833. ISSN 0272-2011. https://doi.org/10.1080/02722018509480833. 
  139. ^ Long, Valerie A. (1997-02). “Women and Power in Native North America”. American Ethnologist 24 (1): 233-234. doi:10.1525/ae.1997.24.1.233. ISSN 0094-0496. https://doi.org/10.1525/ae.1997.24.1.233. 
  140. ^ Lever, Janet; Frederick, David A.; Laird, Kelsey; Sadeghi-Azar, Leila (2007-02). “Tall Women’s Satisfaction with their Height: General Population Data Challenge Assumptions behind Medical Interventions to Stunt Girls’ Growth”. Journal of Adolescent Health 40 (2): 192-194. doi:10.1016/j.jadohealth.2006.09.004. ISSN 1054-139X. https://doi.org/10.1016/j.jadohealth.2006.09.004. 



身長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 07:02 UTC 版)

藤堂平助」の記事における「身長」の解説

当時でも小柄な体格 阿部十郎阿部隆明)の証言藤堂平助小兵でございますけれども……」 江戸幕末期の成人男性平均身長155〜157cmほど といわれているので、「小兵」と評され平助の身長はおよそ153cm前後であった推測される愛刀の上総介兼重は二尺四寸五分(およそ73cm)もある長寸の打刀で、本来であれば身長180cm前後男性最適な長さの刀である。驚くべきことに平助自分の身長の半分ほどもある長さの刀を手足のように自在に振るい死線くぐり抜けていたことになる。

※この「身長」の解説は、「藤堂平助」の解説の一部です。
「身長」を含む「藤堂平助」の記事については、「藤堂平助」の概要を参照ください。


身長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 19:36 UTC 版)

北斗の拳」の記事における「身長」の解説

『北斗の拳』世界人々は、子供除き平均身長がかなり高い。作中では180cm台のケンシロウでも「チビヤロウ」呼ばわりされている。中には10m以上あるようにしか見えない者(デビル・リバース)が登場することもある。 現実成人男性よりもかなり大きな体格や、逆に小さな体格として描写される人物たちに関しては、作画担当原哲夫は「体のサイズ誇張して描くことで、人物勢い印象がわかるように調節しているだけであり、フィクションとはいえ身長5mや10mの人間作中生活しているような想定は特にしていない」という趣旨のコメントをしている。作中登場する巨大な馬である黒王号作者この類単なる誇張として大きく描いた証言している。

※この「身長」の解説は、「北斗の拳」の解説の一部です。
「身長」を含む「北斗の拳」の記事については、「北斗の拳」の概要を参照ください。


身長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 18:20 UTC 版)

横山隆一」の記事における「身長」の解説

成人してからの身長は147センチメートルと、当時の日本人の成人男性平均から見て大変な短躯だった。横山自伝『わが遊戯的人生』には、低身長に起因する下のエピソード紹介されている。

※この「身長」の解説は、「横山隆一」の解説の一部です。
「身長」を含む「横山隆一」の記事については、「横山隆一」の概要を参照ください。


身長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:24 UTC 版)

バラク・オバマ」の記事における「身長」の解説

身長は6フィート1インチ(約185.4センチメートル)である。

※この「身長」の解説は、「バラク・オバマ」の解説の一部です。
「身長」を含む「バラク・オバマ」の記事については、「バラク・オバマ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「身長」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

身長

出典:『Wiktionary』 (2021/07/26 09:42 UTC 版)

名詞

 しんちょう、みたけ)

  1. しんちょ
  2. みたけ) 語義1と同義ではあるが、古来。「身丈」とも記す身の丈みのたけ

関連語

類義語
派生語

語義1a

その他の関連語

体格距離表す

翻訳


「身長」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

身長のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



身長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの身長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの藤堂平助 (改訂履歴)、北斗の拳 (改訂履歴)、横山隆一 (改訂履歴)、バラク・オバマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの身長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS