河童とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 小説 > 河童の意味・解説 

かっぱ 【河童】

小説芥川竜之介作。1927年昭和2)「改造」に発表。河童の世界借り風刺小説。死を決意した人間の眼でみた現実世界作者心象風景戯画化されている。

かっぱ [0] 【河

〔「かはわらは」の転〕
水界にすむと考えられている動物くちばしがとがり、甲羅があり、頭の頂にをたたえた皿がある。人間相撲を挑んだとか、人馬水中引き入れたとか、田植え手伝ってくれたとか、人間界との交渉説く話が多い。水神もしくはそのお使い零落したものかといわれている。かわっぱ。かわこ。かわたろう。みずち。しばてん。
水泳の上手な人。また、水泳ぎをしている子供
子供髪形。髪を下げ、耳のあたりで切りそろえたもの。江戸時代は頭のてっぺんを丸く剃った。 → おかっぱ
〔河童の好物だからという〕 キュウリまた、キュウリをしんに巻いた海苔のり巻き。かっぱ巻き
見世物劇場などの木戸口にいて客を呼び込む人。呼び込み合羽カツパ)。
〔川に浮かべた舟に客を引き込むので〕 船饅頭ふなまんじゆう)の別名。下級私娼
[句項目] 河童の川流れ 河童の屁

河童

読み方:カッパkappa

水界にすむと考えられている動物


河童

読み方:カッパkappa

川・池などの水中にすむとされ、全国的に語られる妖怪


河童

作者篠原ナオミ

収載図書ショートショートの広場 '86
出版社講談社
刊行年月1986.7


河童

作者山下濶子

収載図書八月薔薇
出版社書房
刊行年月2007.9


河童―皿女

作者碓井静照

収載図書中世恥丘みだら―中世ロマン主義短編小説
出版社ガリバープロダクツ
刊行年月2001.11
シリーズ名ガリバープロダクツベストヒットシリーズ


河童(コボッチ)

作者鈴木智之

収載図書木洩れ陽向こう少年譜“秋葉の里”
出版社論創社
刊行年月1998.12


河童

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 6
出版社筑摩書房
刊行年月1987.3
シリーズ名ちくま文庫

収載図書昭和文学全集 1
出版社小学館
刊行年月1987.5

収載図書芥川龍之介小説集 4 怪奇小説
出版社岩波書店
刊行年月1987.9

収載図書ちくま日本文学全集 001 芥川龍之介
出版社筑摩書房
刊行年月1991.2

収載図書河童
出版社集英社
刊行年月1992.9
シリーズ名集英社文庫

収載図書芥川龍之介全集 第9巻 トロツコ 六の宮の姫君
出版社岩波書店
刊行年月1996.7

収載図書芥川龍之介全集14玄鶴山房 河童
出版社岩波書店
刊行年月1996.12

収載図書羅生門 蜘蛛の糸 杜子春十八
出版社文芸春秋
刊行年月1997.2
シリーズ名文春文庫

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書大導寺信輔の半生
出版社岩波書店
刊行年月2001.9
シリーズ名岩波文芸書初版本復刻シリーズ

収載図書或阿呆の一生
出版社岩波書店
刊行年月2001.12
シリーズ名岩波文芸書初版本復刻シリーズ

収載図書芥川龍之介妖術伝奇集伝奇ノ匣 3
出版社学習研究社
刊行年月2002.7
シリーズ名学研M文庫

収載図書河童―他二篇 改版
出版社岩波書店
刊行年月2003.10
シリーズ名岩波文庫

収載図書羅生門 蜘蛛の糸
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.2
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書河童・或阿呆の一生
出版社舵社
刊行年月2005.8
シリーズ名デカ文字文庫

収載図書大活字版 ザ・龍之介―全小説全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書羅生門・鼻他
出版社日本文学館
刊行年月2007.3
シリーズ名日本名作選

収載図書芥川龍之介全集 第9巻 トロツコ六の宮の姫君
出版社岩波書店
刊行年月2007.9

収載図書芥川龍之介―1892-1927
出版社筑摩書房
刊行年月2007.11
シリーズ名ちくま日本文学

収載図書芥川龍之介全集14玄鶴山房・河童
出版社岩波書店
刊行年月2008.2

収載図書河童 戯作三昧
出版社角川書店
刊行年月2008.7
シリーズ名角川文庫


河童

作者森博嗣

収載図書地球儀のスライス
出版社講談社
刊行年月1999.1
シリーズ名講談社ノベルス

収載図書地球儀のスライス
出版社講談社
刊行年月2002.3
シリーズ名講談社文庫

収載図書僕は秋子に借りがある森博嗣自選短編集
出版社講談社
刊行年月2008.8


河童

作者ひろみ

収載図書大人のための面白童話
出版社郁朋社
刊行年月2001.4


河童

作者ヤン・ネルダ

収載図書フェイエトン―ヤン・ネルダ短篇集
出版社未知谷
刊行年月2003.12


河童

作者はやみねかおる

収載図書僕と先輩のマジカル・ライフ
出版社角川書店
刊行年月2003.12

収載図書僕と先輩のマジカル・ライフ
出版社角川書店
刊行年月2006.12
シリーズ名角川文庫


河童

作者ひろのみずえ

収載図書首七つ
出版社大日本図書
刊行年月2006.11


河童

作者斉藤洋

収載図書花ふぶきさくら姫妖怪ハンター・ヒカル 4
出版社あかね書房
刊行年月2007.4


河童

作者荻野アンナ

収載図書と彼と私
出版社集英社
刊行年月2007.8


河童


河童

読み方:かっぱ

  1. 本類「どしやながし」(※「どしゃながし」)同意。〔第三類 犯罪行為
  2. 詐欺一種で「おてんきし、どしやながし」に同意最初路傍贋札束(ドサ)を落して置いて金のありそうな通行人待受けその者と二人で拾ふ様に見せかけ警察へ行く途中札束をその者に預けすつかり信用せしめて置いて「一寸煙草を買たいのですが持合せがないから貸し下さい」などと云つて口ぐるみ金を受取り其侭逃走する詐欺を云ふ。共犯者主犯者を「だき」、共犯者を「もち」、被害者を「太郎」又は「椋鳥」、見張役を「うわ」と云ふ。仕事詐欺)をなす際には「だき」単独にする場合と「うわ」「もち」を使用してなす場合とある後者場合は「うわ」は唖者又は白痴を装ふが常である。
  3. 詐欺一種で「お天気師、どしゃ流し」に同意。同項を参照のこと。

河童

読み方:かっぱ

  1. 水練巧みなる者、游ぎ上手をいふ。「-の河流れ」。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

河童

読み方:カッパkappa

作者 芥川竜之介

初出 昭和2年

ジャンル 小説


河童

読み方:カッパkappa

作者 唐十郎

初出 昭和53年

ジャンル 戯曲


河童

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/14 18:18 UTC 版)

河童(かっぱ)は、日本妖怪伝説上の動物、または未確認動物。標準和名の「かっぱ」は、「かわ()」に「わらは(童)」の変化形「わっぱ」が複合した「かわわっぱ」が変化したもの。河太郎(かわたろう)とも言う。ほぼ日本全国で伝承され、その呼び名や形状も各地方によって異なる。類縁にセコなどがいる。水神、またはその依り代、またはその仮の姿ともいう。天狗と並んで日本の妖怪の中で最も有名なものの一つとされる[1][2]。具体例としては各地に残る河童神社、河童塚(鯨塚、道具塚と同じ)がある。


  1. ^ 京極夏彦多田克己編著 『妖怪図巻』 国書刊行会2000年、147頁。ISBN 978-4-336-04187-6
  2. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、110頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  3. ^ 香川 2014, pp. 55-60.
  4. ^ 香川 2014, pp. 60-69.
  5. ^ 合羽橋など、地名の由来となっている例もある
  6. ^ などの内臓を意味するという説もある。
  7. ^ 『広辞苑』 尻子玉 - コラム・イナモト 2006-12-21 尻子玉参照。
  8. ^ 石川純一郎 『河童の世界』 時事通信社1985年、新版、129–131頁。ISBN 978-4-7887-8515-1
  9. ^ 吉川豊 『ドキドキ! 妖怪めぐり』 理論社2000年、22頁。ISBN 4-652-01534-8
  10. ^ 『河童の世界』、231–237頁。
  11. ^ 日本書紀』には「時天皇夢有神 誨之曰 武臟人強頸 河內人茨田連衫子 衫子 此云 於河伯 必獲塞 則覓二人而得之 因以禱於河神」の河伯、河神」(仁徳天皇11年(323年))や、「於吉備中國川島河派 有大虯令苦人」の虯令(みづち)(仁徳天皇67年(379年))など河神の記述がある。
  12. ^ 折口信夫『古代研究II』223–252項、中公クラシックス、2003年
  13. ^ 柳田國男遠野物語
  14. ^ 第3章 珍禽奇獣異魚 - 描かれた動物・植物”. 国会図書館 (2005年). 2012年6月10日閲覧。
  15. ^ 中山市朗『妖怪現る』(遊タイム出版、1994年)など。
  16. ^ 1991年 河童が人家に入りこんだ?『ムーSPECIAL 戦後日本オカルト事件FILE』(学研プラス)
  17. ^ 本堂清『河童物語』 批評社 2015年 ISBN 9784826506304 pp.18,36.
  18. ^ 石川純一郎『河童の世界』新版 時事通信社 1985年 ISBN 978-4788785151 pp.83-84.
  19. ^ 佐久教育会歴史委員会編『限定復刻版 佐久口碑伝説集 南佐久篇』佐久教育会、1978年、93 - 94ページ。
  20. ^ 宮本幸枝・熊谷あづさ 『日本の妖怪の謎と不思議』 学習研究社〈GAKKEN MOOK〉、2007年、33頁。ISBN 978-4-05-604760-8
  21. ^ 北野天満宮の歴史”. コスモスの町きたの. 北野町商工会. 2009年1月31日閲覧。
  22. ^ 松浦一酒造HP”. 2010年2月6日閲覧。
  23. ^ 河童連邦共和国(2018年4月30日閲覧)
  24. ^ "カッパ捕獲許可証"が岩手県で発行!! カッパは捕獲できるのか!?
  25. ^ この夏は「カッパ捕獲許可証」を手に入れてカッパを探す旅に出よう!
  26. ^ 写真入りカッパ捕獲許可証ゴールドのお客様へ
  27. ^ かっぱ捕獲許可証を取得しカッパ淵で捕獲大作戦?【岩手県】
  28. ^ 「かっぱハウス:14年ぶり再開 銚子、土日祝日に」『毎日新聞』朝刊2017年7月25日(千葉県版)、『産経新聞』朝刊2018年4月27日「【大人の遠足】千葉・銚子 大内かっぱハウス/グッズ4000点が並ぶ異空間」。
  29. ^ おもしろかっぱ館(2018年4月30日閲覧)
  30. ^ 大石南小だより 8・9月号 (PDF) p. 2 - 上尾市(上尾市立大石南小学校)、2015年8月25日、2016年5月22日閲覧。
  31. ^ 広辞苑
  32. ^ 【写真で見るきょうは何の日】「鹿島のカッパ」アルシンド活躍 - zakzak 2010.06.16
  33. ^ かっぱ伝説 - 色麻町役場ホームページ、2016年6月9日閲覧。
  34. ^ 「Old meets New 東京150年」事業について東京都報道発表(2018年1月5日)
  35. ^ 志木とカッパ - 志木市ホームページ、2016年5月22日閲覧。





河童と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「河童」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



河童のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの河童 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS