遠野とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 遠野の意味・解説 

とおの とほの 【遠野】 ◇

岩手県中東部にある市。遠野盆地中心地近世城下町宿場町として発展古来、馬の産地伝説民話で知られる。酪農製材業が発達

遠野
荒川高原牧場

名称: 遠野
 荒川高原牧場
ふりがな とおの
 あらかわこうげんぼくじょう
種別 重要文化的景観
都道府県 岩手県
市区町村 遠野市
管理団体
選定年月日 2008.03.28(平成20.03.28)
選定基準 選2
追加選定年月日 平成21.02.12
解説文: 柳田國男(1875-1962)の『遠野物語』には、遠野に生きる人々の生活・生業実態示し、特に自然・信仰風習関連する独特の文化的景観が描かれている遠野市北東部位置する荒川高原牧場は、『遠野物語』の原点を成す「馬」・「馬産に関する代表的景観地で、早池峰山周辺準平原広がる牧草地利用しつつ、地域基幹産業として継続的に営まれてきた独特の放牧に関する土地利用在り方示している。特に、近世及び近現代通じて採草のみならず夏季山へ家畜放し冬季に里の畜舎育成する「夏山里方式」の放牧採用されてきた点に特徴がある。荒川高原では、中世に採草地としての利用始まり近世南部藩馬産奨励したことによって発展遂げた。特に江戸時代後半には、大型軍馬生産から輸送運搬適した小型馬の生産へと転換した。また、荒川高原では、近世以来馬産並行して使役牛の飼育も行われていた。昭和41年(1966)に千刈牧場千刈牧場荒川牧場統合され、荒川高原牧場成立した。「遠野」の文化的景観全体保護に向けた第一段階として、重要文化的景観選定して保護を図ろうとするもの。

遠野

読み方:トオノ(toono)

所在 埼玉県北葛飾郡杉戸町


遠野

読み方:トオノ(toono)

所在 熊本県下益城郡美里町


遠野

読み方:トオヤ(tooya)

所在 北海道釧路郡釧路町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

遠野

読み方:トオノ(toono)

所在 岩手県(JR釜石線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

遠野市

(遠野 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/20 04:07 UTC 版)

遠野市(とおのし)は、岩手県内陸部にある都市である。




  1. ^ 各年版の国勢調査による。
  2. ^ カリンちゃん&くるりんちゃんのプロフィール
  3. ^ アスペクト『巨石巡礼 見ておきたい日本の巨石22』アスペクト、2011年、8-13頁。ISBN 9784757218734


「遠野市」の続きの解説一覧



遠野と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遠野」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

遠野のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



遠野のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遠野市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS