山下とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 山下 > 山下の意味・解説 

やま‐した【山下】

山のした。山のふもと。

山の茂みの下かげ。

石走る—たぎつ山川の心くだけて恋ひや渡らん」〈金槐集・中〉


やました【山下】


さん‐か【山下】

山のした。ふもと。さんげ。


やま‐もと【山元/山下/山本】

山のふもと。

山元)山の所有者

山元鉱山炭鉱所在地


さん‐か【山下】

〔名〕 山のした。麓(ふもと)。さんげ。

新撰万葉(893‐913)上「山下夏何事悲、郭公処々数鳴詩」〔史記‐樊噲伝〕


さん‐げ【山下】

〔名〕 =さんか(山下)

太平記14C後)一四「八日八幡(やはた)の山下(サンゲ)に陣を取る


やま‐した【山下】

1 〔名〕 山の下の方。山のふもと。山すそなど。やまもとまた、山の木繁みの下。

万葉(8C後)一〇・二一六二「神名火の山下(やました)とよみ行く水にかはづ鳴くなり秋と言はむとや」

2 東京都台東区上野上野台地のふもとの地域通称江戸時代岡場所があり、火除(ひよけ)の空地見世物などが並び盛り場として知られた。

[語誌](一)について) (1)万葉集」では、本来あまり人目つかない所で激しく音を立てて流れつややか咲き誇る花、美しく色づいたもみじなどに着目して詠まれている。
(2)古今和歌集以降では、人目にふれないでいることに、主眼が置かれるようになり、特に、木々の影で、激しく流れを、ひそかな恋情にたとえる例が多くなるが、また、季節表わす風物として、山下の風の冷たさなどが詠まれる例も見られる。→山下風山下水


やました【山下】

姓氏一つ


やま‐もと【山本・山下・山元】

〔名〕

① 山のふもと。山のした。

播磨風土記715頃)揖保「社(やしろ)を山本(やまもと)に立てて敬(ゐやま)ひ祭(まつ)りき」

俳諧蕪村句集(1784)春「山もとに米踏む音や藤のはな

② (山元) 山の持主鉱山炭坑持主経営者

③ (山元) 山や鉱山炭坑所在地。または、鉱山炭坑現場水力発電所所在地をいうこともある。〔新語新知識(1934)〕

④ (山元入会地地元にある共同事務管理し、他村から山手銭とるものもある。


山下

読み方:サンカ(sanka)

所在 富山県高岡市


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 島根県鹿足郡津和野町


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 大分県中津市


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 大分県宇佐市


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 大分県玖珠郡玖珠町


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 鹿児島県阿久根市


山下

読み方:サンゲ(sange)

所在 岡山県津山市


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 福島県東白川郡矢祭町


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 千葉県南房総市


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 神奈川県平塚市


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 富山県南砺市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 宮城県(JR常磐線)


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 東京都(東京急行電鉄世田谷線)


山下

読み方:ヤマシタ(yamashita)

所在 兵庫県(能勢電鉄日生線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒963-5117  福島県東白川郡矢祭町山下
〒294-0816  千葉県南房総市山下
〒254-0911  神奈川県平塚市山下
〒939-1262  富山県高岡市山下
〒932-0215  富山県南砺市山下
〒699-5635  島根県鹿足郡津和野町山下
〒708-0022  岡山県津山市山下
〒871-0062  大分県中津市山下
〒879-0474  大分県宇佐市山下
〒879-4522  大分県玖珠郡玖珠町山下
〒899-1604  鹿児島県阿久根市山下

山下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 08:32 UTC 版)

山下(やました、やまのした、やまもと、やまのもと、やましも、やまのしも、さんか、さんげ)


  1. ^ a b c d e 高澤等、森岡浩 著『日本人の名字と家紋』プレジデント社、2017、p.27。
  2. ^ 太田, 亮, 1884-1956. 丹羽, 基二, 1919-2006. (1979). 新編姓氏家系辞書. 秋田書店. OCLC 674255148. http://worldcat.org/oclc/674255148 
  3. ^ 太田, 亮, 1884-1956. 丹羽, 基二, 1919-2006. (1979). 新編姓氏家系辞書. 秋田書店. OCLC 674255148. http://worldcat.org/oclc/674255148 


「山下」の続きの解説一覧



山下と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山下」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山下のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS