常磐線とは? わかりやすく解説

じょうばん‐せん〔ジヤウバン‐〕【常磐線】

読み方:じょうばんせん

東北本線日暮里(にっぽり)から水戸経て宮城県岩沼に至るJR線明治30年1897全通全長343.1キロ


常磐線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/19 09:21 UTC 版)

常磐線(じょうばんせん)は、東京都荒川区日暮里駅[1][2]から千葉県北西部、茨城県福島県太平洋側(浜通り)を経由して宮城県岩沼市岩沼駅[1][2]までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線幹線)である。「本線」および「新幹線」を名乗らないJR線の中では、最も長い路線である。


注釈

  1. ^ 東海道線直通列車のみ。
  2. ^ 運行系統としては東海道本線東北本線列車線の品川駅 - 東京駅 - 上野駅 - 日暮里駅間も含む。品川駅・上野駅 - 取手駅間の営業上の呼称は「常磐快速線」(快速電車と同一線路を走行するため)。
  3. ^ 運行系統としては品川駅 - 日暮里駅間も含む。
  4. ^ 駅番号は上野駅から付番。
  5. ^ 交通新聞社の『全国小型時刻表』2015年3月号に「品川―上野―土浦―水戸―いわき(常磐線)」「いわき―原ノ町―仙台(常磐線)」との記載がある。
  6. ^ 常磐自動車道も同様。
  7. ^ 実際には快速線において上野駅 - 綾瀬駅近辺で表記よりも大幅に低い最高速度が設定されている。
  8. ^ 震災前の大野 - 双葉間は複線だったが、単線での復旧となっている。
  9. ^ その関係で友部駅付近は常磐線が分岐する線形であるほか、石岡駅から水戸駅にかけては並行する国道6号に比べて大廻りとなっている。
  10. ^ 震災前の計画では、いわき - 仙台間に新設特急をE653系で走らせる予定であったが、震災による路線の分断のために中止となっている
  11. ^ 前述した沿線火災の影響によってダイヤが乱れていた。
  12. ^ 被災した時、上り線の橋脚が折れ、下り線の橋脚にヒビが入っていた[139]
  13. ^ なお、まずは12月18日から12月20日まで線路や電力、信号設備などを確認を行い、その後、乗務員の習熟を目的とした訓練運転を行うとのこと[90][91]
  14. ^ レールは大部分が再利用されている[139]
  15. ^ 夜ノ森駅の新駅舎完成後には、旧駅舎の面影を残す待合室、広場も整備されることになっており[167]、2020年11月30日には、東口に旧駅舎を模した待合室が開設された[168]
  16. ^ 夜ノ森駅周辺は2023年春に避難区域解除予定となっており、それまではバリケード防犯カメラが設置され、昼夜パトロールも実施されるという[179]
  17. ^ 小高区の避難指示解除に合わせて、当初は予定通り同年春頃を予定していたが、避難指示解除延期に伴い7月12日からの再開となった。
  18. ^ 当初は上り1本のみ。2017年(平成29年)3月4日ダイヤ改正以降、下り列車も運転開始。
  19. ^ 同区間が水戸支社の管轄区間であるため。
  20. ^ a b c 震災前は単線区間のすべての駅で列車交換が可能だったが、2016年(平成28年)12月10日に営業再開した坂元駅では列車交換が不可となった。
  21. ^ ただし、運賃変更後に運賃が低廉となる、新地・坂元といわき方面の相互発着については運転再開日から変更日までそれぞれ営業キロから0.2 km、0.1 km差し引いた変更後の運賃を適用した。
  22. ^ これにより全区間でスピードアップが図られている。普通列車では、2022年3月12日改正時点で上野駅 - 取手駅間は38分、取手駅 - 土浦駅間は23分(上野駅 - 土浦駅間での最速は62分、特別快速は57分)、土浦駅 - 水戸駅間は42分がそれぞれ最速となっている。
  23. ^ なお、この停車駅は我孫子駅を通過する点を除けば、1985年3月14日ダイヤ改正時点での普通停車駅と同じである。
  24. ^ ただし、同一ホームで乗り継げる日暮里駅の方が便利である。
  25. ^ 2007年のダイヤ改正で、上野発着列車の北限は高萩駅に短縮された。
  26. ^ 朝の草野駅始発の1本を除く全普通列車がワンマン運転を行う。
  27. ^ 『交通公社の時刻表』復刻版の1987年4月号には記載あり(上野発23時20分過ぎ)、1988年3月号では、上野発23時過ぎに繰り上げて、全区間各駅停車に変更。
  28. ^ 『JTB時刻表』1989年1月号[216]には記述なし、1989年3月号[217]には記述あり(平日夜下り3441Mと平日朝上り3430M)。なお登場当時『JTB時刻表』には通快マークなし、1991年5月号[218]には当該列車に通快マークあり。
  29. ^ 後に、廃車となっている。
  30. ^ ただし、置き換えの過程では一部で混乱が生じ、いったんE721系2両に置き換えられた列車が455系電車6両に戻され、その後改めてE721系電車4両に編成変更されるという事態も起きている。
  31. ^ 各駅停車の走行する北千住駅の駅施設はJRの管理対象ではないが、緩行線・快速線相互の連絡駅であり、JR(亀有駅以東)・東京地下鉄(千代田線町屋駅・日比谷線南千住駅方面)の運賃計算上の境界駅である(運賃計算については「常磐緩行線#運賃計算の特例」を参照)。
  32. ^ 偕楽園駅は観梅時期の日中の下り列車(特急含む)のみ停車し、それ以外の期間および上り列車は全列車通過。
  33. ^ a b 震災前は大野 - 双葉間は複線だったが、非常時の避難道として活用するため単線化。同時に1面1線化し、交換不可となった。
  34. ^ 土浦駅は1991年から2009年7月31日までは「ロンドK.V485」(モーツァルト作曲)を使用。「風の贈り物」は2009年8月1日から使用中。
  35. ^ 2016年12月10日からは川崎駅1・2番線でも使用されているが、川崎駅で使われているものとはバージョンが異なる。
  36. ^ 1991年から2016年9月30日までは「ます(第4楽章)」(シューベルト作曲)を使用

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 国土交通省鉄道局(監修)『平成28年度 鉄道要覧』、電気車研究会・鉄道図書刊行会、2016年9月30日、26-27頁。 
  2. ^ a b c 会社要覧 2019-2020』(PDF)東日本旅客鉄道、88頁https://www.jreast.co.jp/youran/pdf/2019-2020/jre_youran_shogen_p88.pdf。"常磐線 (日暮里)〜(岩沼)〔土浦経由〕"。 
  3. ^ 日本国有鉄道電気局『鉄道電報略号』1959年9月17日、22頁。 
  4. ^ 宮脇俊三、原田勝正 編『全線全駅鉄道の旅 2東北 JR私鉄3000キロ』小学館、1991年、124頁。ISBN 4093953023 
  5. ^ 東日本大震災による列車影響と運転見込みについて - 東日本旅客鉄道水戸支社、2017年10月22日閲覧
  6. ^ 石野哲 編『停車場変遷大事典』 国鉄・JR編、JTB、1998年10月。ISBN 4533029809 
  7. ^ a b c d e 「新たな歴史へ一歩・きょう開業百年」常磐線100年特集(下)『茨城新聞』、1996年12月25日付日刊、11面、特集。
  8. ^ a b 「活況呈した石炭産業・陳情重ね鉄路の完成」常磐線100年特集(下)『茨城新聞』、1996年12月25日付日刊、13面、特集。
  9. ^ 白土貞夫『ちばの鉄道一世紀』崙書房出版、1996年7月10日、164頁。ISBN 4845510278 
  10. ^ 「経済発展の基礎を築く」常磐線100年特集(下)『茨城新聞』、1996年12月25日付日刊、12面、特集。
  11. ^ 女性の野菜行商隊に常磐線が二両増結『東京朝日新聞』昭和10年11月28日夕刊(『昭和ニュース事典第5巻 昭和10年-昭和11年』本編p365 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  12. ^ 三宅俊彦『日本鉄道史年表(国鉄・JR)』グランプリ出版、2005年、pp.70-71
  13. ^ 常磐線上野・松戸間電車開通記念の古絵葉書 - 表の家
  14. ^ 雨量新記録、東京の浸水十戸万戸に『東京日日新聞』昭和13年6月30日(『昭和ニュース事典第6巻 昭和12年-昭和13年』本編p220)
  15. ^ 省線金町駅におし寄せた避難者の群『朝日新聞』昭和22年(1947年)9月20日朝刊5版
  16. ^ 鉄道各線に大被害『朝日新聞』昭和22年(1947年)9月17日、4版、1面
  17. ^ 日外アソシエーツ編集部編 編『日本災害史事典 1868-2009』日外アソシエーツ、2010年、120頁。ISBN 9784816922749 
  18. ^ “常磐線 上野-取手間 列車無線あすから使用”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1966年3月4日) 
  19. ^ 「通報 ●常磐線草野・四ツ倉間増設線路の使用開始について(運転局)」『鉄道公報日本国有鉄道総裁室文書課、1967年7月21日、4面。
  20. ^ 「常磐線 草野-四ツ倉間が複線開通」『交通新聞』交通協力会、1967年7月23日、1面。
  21. ^ 「通報 ●常磐線草野・岩沼間の電気運転開始について(運転局)」『鉄道公報』日本国有鉄道総裁室文書課、1967年8月19日、4面。
  22. ^ 『朝日新聞』昭和42年9月16日、12版、15面
  23. ^ 東京地下鉄道千代田線建設史 帝都高速度交通営団
  24. ^ 増補 葛飾区史 年表 P280
  25. ^ 大雨北上、東北で被害 常磐線、また普通『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月21日朝刊 12版 23面
  26. ^ 「通報 ●常磐線綾瀬・金町間増設線路の使用開始について(運転局)」『鉄道公報』日本国有鉄道総裁室文書課、1971年2月27日、10面。
  27. ^ 「通報 ●常磐線金町・北柏間増設線路の使用開始について(運転局)」『鉄道公報』日本国有鉄道総裁室文書課、1971年3月10日、8面。
  28. ^ 「通報 ●常磐線北柏・我孫子間増設線路の使用開始について(運転局)」『鉄道公報』日本国有鉄道総裁室文書課、1971年3月31日、15面。
  29. ^ 「通報 ●常磐線広野・木戸間増設線路の使用開始について(運転局)」『鉄道公報』日本国有鉄道総裁室文書課、1976年1月24日、2面。
  30. ^ 「通報 ●常磐線大野・双葉間増設線路の使用開始について(運転局)」『鉄道公報』日本国有鉄道総裁室文書課、1976年2月20日、4面。
  31. ^ 「通報 ●常磐線我孫子・取手間増設線路の使用開始について(運転局)」『鉄道公報』日本国有鉄道総裁室文書課、1982年8月13日、1面。
  32. ^ a b “14日、取手駅で出発式 15日から常磐線複々線化”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1982年11月11日) 
  33. ^ 池田光雅『鉄道総合年表1972-93』中央書院、1993年、p.84
  34. ^ “常磐線の中電 15両運転がスタート”. 交通新聞 (交通協力会): p. 2. (1986年1月19日) 
  35. ^ 池田光雅『鉄道総合年表1972-93』中央書院、1993年、p.123
  36. ^ JR東日本 会社要覧2006 JR東日本発足からのあゆみ p.90 (PDF)インターネットアーカイブの2006年12月2日のアーカイブ)
  37. ^ 「JR年表」『JR気動車客車情報 89年版』ジェー・アール・アール、1989年8月1日、144頁。ISBN 4-88283-110-4 
  38. ^ “ATS-P 東京圏中心に導入 工事急ピッチ JR東日本”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1990年7月16日) 
  39. ^ a b “常磐線日暮里-土浦間「ATS-P」使用”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1991年2月18日) 
  40. ^ 「JR年表」『JR気動車客車編成表 '93年版』ジェー・アール・アール、1993年7月1日、183頁。ISBN 4-88283-114-7 
  41. ^ “JR東日本が12月1日ダイヤ改正 東北新幹線抜本見直し”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1995年9月19日) 
  42. ^ 「JR年表」『JR気動車客車編成表 '96年版』ジェー・アール・アール、1996年7月1日、183頁。ISBN 4-88283-117-1 
  43. ^ “常磐線岩間~いわき間 CTC・PR導入”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1997年2月28日) 
  44. ^ “JR6社が秋のダイヤ改正”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1997年7月29日) 
  45. ^ 「JR年表」『JR気動車客車編成表 '99年版』ジェー・アール・アール、1999年7月1日、183頁。ISBN 4-88283-120-1 
  46. ^ a b 2001年11月18日(日)「Suica(スイカ)」デビュー!』(プレスリリース)東日本旅客鉄道、2001年9月4日http://www.jreast.co.jp/press/2001_1/20010904/index.html 
  47. ^ a b Suicaご利用可能エリア” (PDF). 東日本旅客鉄道 (2001年9月4日). 2014年1月28日閲覧。
  48. ^ a b 「RAILWAY TOPICS」『鉄道ジャーナル』第36巻第4号、鉄道ジャーナル社、2002年4月1日、96頁。 
  49. ^ 『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、19頁。 
  50. ^ 「JR年表」『JR気動車客車編成表 '02年版』ジェー・アール・アール、2002年7月1日、187頁。ISBN 4-88283-123-6 
  51. ^ E655系使用のお召列車運転 - 鉄道ファン(交友社)「railf.jp」鉄道ニュース、2008年11月13日
  52. ^ E233系2000番台が営業運転を開始 - 鉄道ファン(交友社)「railf.jp」鉄道ニュース、2009年9月10日
  53. ^ a b c 常磐線の運転計画について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2011年10月21日). 2011年10月21日閲覧。
  54. ^ 常磐線 列車と代行バスを乗り継がれるお客さまへのご案内 - 東日本旅客鉄道仙台支社(2014年12月15日13時更新 2015年1月31日閲覧)
  55. ^ 2012年3月ダイヤ改正について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2011年12月16日). 2011年12月21日閲覧。
  56. ^ a b 2013年3月ダイヤ改正について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2012年12月21日). 2012年12月21日閲覧。
  57. ^ a b 常磐線(広野〜竜田間)の運転再開について” (PDF) (2014年5月30日). 2014年5月31日閲覧。
  58. ^ 常磐線竜田駅〜原ノ町駅間代行バスの運行について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2015年1月22日). 2015年1月24日閲覧。
  59. ^ 我孫子始発の“踊り子”運転 - 鉄道ファン・railf 鉄道ニュース、2015年3月22日
  60. ^ 石岡駅で不発弾 常磐線1万5000人に影響 - 産経ニュース、2016年2月19日
  61. ^ a b 常磐線(小高駅〜原ノ町駅間)の運転再開について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道水戸支社、2016年5月31日http://www.jrmito.com/press/160531/press_01.pdf2016年6月2日閲覧 
  62. ^ a b “JR東日本、常磐線小高〜原ノ町間は7月12日再開…避難指示解除受け”. レスポンス. (2016年6月1日). http://response.jp/article/2016/06/01/276190.html 2016年6月2日閲覧。 
  63. ^ “JR常磐線が運転再開 福島、原ノ町―小高間”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2016年7月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H1W_S6A710C1CR0000/ 2016年7月13日閲覧。 
  64. ^ a b 山元町役場総務課 (2016年10月5日). “JR東日本 水戸・仙台支社からのお知らせ JR常磐線 相馬駅〜浜吉田駅間の試運転が開始されます” (PDF). 広報やまもと No.443. 山元町. 2016年10月15日閲覧。
  65. ^ a b 草町義和 (2016年10月24日). “常磐線の相馬~浜吉田間、11月5日から試運転”. レスポンス. イード. 2016年10月27日閲覧。
  66. ^ a b 常磐線浜吉田-相馬間で試運転が始まる”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年11月6日). 2016年11月7日閲覧。
  67. ^ a b 常磐線相馬〜浜吉田間の運転再開日の決定について” (PDF). 東日本旅客鉄道仙台支社 (2016年7月28日). 2016年7月28日閲覧。
  68. ^ a b c 常磐線相馬〜浜吉田間運転再開に伴う営業キロの変更及び運賃の適用等について” (PDF). 東日本旅客鉄道仙台支社/水戸支社 (2016年10月12日). 2016年10月12日閲覧。
  69. ^ a b 列車代行バス浪江駅停車について”. 東日本旅客鉄道水戸支社 (2017年1月30日). 2017年1月30日閲覧。
  70. ^ a b 列車代行バス富岡駅停車について”. 東日本旅客鉄道水戸支社 (2017年2月14日). 2017年2月18日閲覧。
  71. ^ a b “JR浪江駅6年ぶりの電車 常磐線・小高間で試運転”. みんゆうNet(福島民友新聞) (福島民友新聞社). (2017年3月8日). http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170308-154607.php 2017年3月9日閲覧。 
  72. ^ a b c d 富岡町、浪江町の避難指示解除に伴う常磐線の運行について”. 東日本旅客鉄道 水戸支社 (2017年3月10日). 2017年3月11日閲覧。
  73. ^ “運転再開は来月1日 JR常磐線小高-浪江駅間”. 福島民報 (福島民報社). (2017年3月11日). http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/03/post_14845.html 2017年3月9日閲覧。 
  74. ^ a b 2017年3月ダイヤ改正および新駅開業等について”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2016年12月16日). 2016年12月16日閲覧。
  75. ^ 2017年10月ダイヤ改正について (PDF) (東日本旅客鉄道株式会社 2017年7月7日)
  76. ^ “JR東、常磐線 品川発着を増加 14日にダイヤ改正”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年10月6日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21946630V01C17A0L60000/ 2016年10月15日閲覧。 
  77. ^ a b c 常磐線竜田駅~富岡駅間の運転再開日決定について”. 東日本旅客鉄道水戸支社 (2017年7月7日). 2017年7月19日閲覧。
  78. ^ “ドア開閉通年ボタン式”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2017年11月30日) 
  79. ^ “常磐線 「ポケモン列車」出発進行! ピカチュウ埋め尽くす車両”. 福島民友 みんゆうNet. (2017年12月10日). http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171210-226869.php 2017年12月10日閲覧。 
  80. ^ 209系1000番台による団臨運転 - 鉄道ファン(交友社)「railf.jp」鉄道ニュース、2018年10月14日
  81. ^ 自転車を持って常磐線で「つくば霞ヶ浦りんりんロード」に行ってみませんか(プレスリリース)” (PDF). JR水戸支社プレスリリース一覧. 東日本旅客鉄道株式会社 水戸支社 (2019年2月15日). 2019年4月4日閲覧。
  82. ^ 常磐線(仮称)Jヴィレッジ駅の設置を認可しました” (PDF). 国土交通省東北運輸局 (2018年3月28日). 2019年8月3日閲覧。
  83. ^ “Jヴィレッジまで徒歩2分、「玄関口」新駅開業”. 読売新聞. (2019年4月20日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190420-OYT1T50158/ 2019年8月3日閲覧。 
  84. ^ “Jヴィレッジ駅開業 記者が見た“平成最後の新駅””. 日刊スポーツ. (2019年4月20日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201904200000239.html 2019年8月3日閲覧。 
  85. ^ a b 富岡町『広報とみおか』 (PDF) 2019年5月号、p.20
  86. ^ a b 線路付近の感電にご注意ください - 大熊町、2019年4月23日
  87. ^ a b (感電注意) (PDF) - 双葉町、2019年5月29日閲覧
  88. ^ a b c 福島)常磐線全線再開は来年3月 JR東が復旧作業公開 - 朝日新聞、2019年3月8日
  89. ^ a b 常磐線(富岡駅~浪江駅間)の試運転の実施について (PDF) - 東日本旅客鉄道水戸支社、2019年12月4日
  90. ^ a b c 常磐線全線再開へ向けてのカウントダウン…富岡-浪江間で12月18日から試運転 - レスポンス、2019年12月5日
  91. ^ a b c 常磐線・富岡-浪江間、18日から試運転 20年3月全線再開目指す、福島民友新聞、2019年12月5日
  92. ^ a b JR常磐線、18日に試運転 福島の区間、全線再開へ - 産経新聞、2019年12月5日
  93. ^ a b 常磐線不通区間で試運転 20年3月全線再開へ―福島 - 時事通信、2019年12月18日
  94. ^ a b c d “JR常磐線の富岡-浪江間 全線再開へ試運転開始”. 河北新報. (2019年12月19日). オリジナルの2019年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191225021038/https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201912/20191219_63017.html 2020年1月20日閲覧。 
  95. ^ a b JR常磐線、9年ぶり全線運転再開 富岡-浪江間復旧、東京にも直行 - 毎日新聞、2020年3月14日
  96. ^ 常磐線、14日に全線再開 9年ぶり富岡―浪江間運行 - 河北新報、2020年3月13日
  97. ^ a b c 「常磐線」9年ぶり全線再開 首都圏と仙台結ぶ特急列車も運行. みんゆうNet(福島民友新聞社). 2020年3月15日配信, 2020年3月19日閲覧.
  98. ^ 鈴木博喜. 【108カ月目の常磐線はいま】汚染への懸念残るなか全線再開。駅のすぐ前にバリケード、少し離れれば65万ベクレル。祝賀ムードの裏にある現実と住民の葛藤 (1/2). BLOGOS. 2020年3月16日配信, 2020年3月19日閲覧.
  99. ^ a b JR常磐線再開へ進む復旧 大野 - 双葉間、沿線除染や橋架け替え”. 福島民友新聞社 (2017年2月17日). 2018年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月17日閲覧。
  100. ^ a b c 常磐線(富岡駅~浪江駅間)の運転再開について”. 東日本旅客鉄道 (2020年1月17日). 2020年1月17日閲覧。
  101. ^ “「震災や原発事故を乗り越えて本当によかった」 常磐線全線復旧 仙台駅で祝う”. 毎日新聞. (2020年3月15日). https://mainichi.jp/articles/20200315/k00/00m/040/057000c 2020年3月15日閲覧。 
  102. ^ a b 2020年3月ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道水戸支社 (2019年12月13日). 2019年12月14日閲覧。
  103. ^ JR常磐線佐貫駅の駅名改称日確定に伴う龍ケ崎市長コメント (PDF) - 龍ケ崎市、2019年12月13日
  104. ^ JR佐貫駅→龍ケ崎市駅に改称 コロナ感染拡大 記念イベント中止. TOKYO Web(東京新聞). 2020年3月15日配信, 2020年3月19日閲覧.
  105. ^ Suicaご利用可能エリアの拡大について ~2020年春より常磐線の一部区間で新たにSuicaをご利用いただけるようになります~ (PDF) 東日本旅客鉄道(2019年10月29日)
  106. ^ JR東日本で初めてとなる自動列車運転装置(ATO)の使用開始について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道東京支社、2021年2月16日。 オリジナルの2021年2月16日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210216072618/https://www.jreast.co.jp/press/2020/tokyo/20210216_t01.pdf2021年2月16日閲覧 
  107. ^ “常磐線、綾瀬―取手で有人自動運転を実施へ…JR東では初”. 読売新聞. (2021年3月9日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315195337/https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210309-OYT1T50125/ 2021年3月15日閲覧。 
  108. ^ a b c 2022年3月ダイヤ改正について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道水戸支社、2021年12月17日。 オリジナルの2021年12月17日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20211217050758/https://www.jreast.co.jp/press/2021/mito/20211217_mt01.pdf2021年12月19日閲覧 
  109. ^ JR常磐線 ホームや橋が損傷 再開の見通し立たず”. NHK福島 (2022年3月17日). 2022年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月18日閲覧。
  110. ^ “生活の足復旧に利用者ら安堵 JR在来線、一部区間除き運転再開”. 河北新報 (河北新報社). (2022年3月18日). https://kahoku.news/articles/20220318khn000030.html 2022年3月26日閲覧。 
  111. ^ a b 地震で運休のJR常磐線、一部再開…24日に全線再開へ”. 読売新聞 (2022年3月21日). 2022年3月25日閲覧。
  112. ^ “JR常磐線が全線運転再開 品川―仙台間、5時間~5時間半で直通運転”. 河北新報 (河北新報社). (2022年3月24日). https://kahoku.news/articles/20220324khn000015.html 2022年3月26日閲覧。 
  113. ^ a b 2023年3月ダイヤ改正について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道水戸支社、2022年12月16日、5頁https://www.jreast.co.jp/press/2022/mito/20221216_mt01.pdf2023年4月11日閲覧 
  114. ^ a b c 2024年3月ダイヤ改正について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道水戸支社、2023年12月15日、5頁https://www.jreast.co.jp/press/2023/mito/20231215_mt01.pdf2024年3月16日閲覧 
  115. ^ a b c d e f 第2編 各鉄道の被災と復旧 第2章 JR東日本(在来線)”. よみがえれ!みちのくの鉄道. 国土交通省東北運輸局 (2012年9月). 2016年12月13日閲覧。
  116. ^ 朝日新聞(大阪)、2011年4月22日朝刊1面。
  117. ^ 朝日新聞(大阪)、2011年4月22日夕刊1面。
  118. ^ 福島第1原発事故 緊急時避難準備区域、30日夕方に解除へ 除染などさまざまな問題も”. FNNニュース (2011年9月30日). 2011年9月30日閲覧。[リンク切れ]
  119. ^ 常磐線の運転計画について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2011年10月3日). 2011年10月3日閲覧。
  120. ^ 広野町公式フェイスブックより
  121. ^ 常磐線「竜田駅新駅舎」20年6月使用開始 広場や自由通路整備 - 福島民友新聞、2018年10月18日
  122. ^ 常磐線竜田駅東西自由通路及び橋上駅舎の供用開始について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2020年11月20日). 2021年1月25日閲覧。
  123. ^ 帰還困難区域等の主な被災状況(2015年2月26日現在)(富岡・浪江間)” (PDF). 東日本旅客鉄道 (2015年2月26日). 2015年11月27日閲覧。
  124. ^ a b 原子力被災者生活支援チーム水・大気環境局・環境省 (2015年3月27日). “資料3-1 JR常磐線の空間線量調査結果”. 浜通りの復興に向けたJR常磐線復旧促進協議会 第2回 議事次第. 国土交通省. 2016年12月13日閲覧。
  125. ^ “帰還困難区域の国道6号、車に限って通行再開”. 読売新聞. (2014年9月15日). オリジナルの2014年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140915100926/http://www.yomiuri.co.jp/national/20140915-OYT1T50000.html 2014年9月15日閲覧。 
  126. ^ 常磐線竜田駅〜原ノ町駅間代行バスの運行について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2015年1月22日). 2015年1月24日閲覧。
  127. ^ 代行バスのご案内 (PDF) - 2016年5月31日 東日本旅客鉄道水戸支社
  128. ^ JR常磐線(富岡~浪江駅「一部原ノ町駅」間)代行バス時刻表”. 東日本旅客鉄道水戸支社 (2017年9月29日). 2017年10月1日閲覧。
  129. ^ 代行バスに「さよなら」 14日、常磐線全線再開 - 福島民報、2020年3月14日
  130. ^ 富岡駅解体に着手 JR東”. 福島民報社 (2015年1月17日). 2016年12月14日閲覧。
  131. ^ “広野-富岡の現ルートを維持 津波対策施し、復旧検討”. 47NEWS. 福島民友. (2013年4月10日). オリジナルの2013年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20130625124138/http://www.47news.jp/localnews/hukushima/2013/04/post_20110410110103.html 2013年6月9日閲覧。 
  132. ^ 富岡町復興まちづくり計画(素案) (PDF) - 富岡町(2014年1月)
  133. ^ 防潮堤30年度完成 旧警戒区域、県が整備計画”. 福島民報社 (2014年7月23日). 2016年12月14日閲覧。
  134. ^ a b c d e JR常磐線の全線開通に向けた見通し等について』(プレスリリース)国土交通省、2015年3月10日https://www.mlit.go.jp/report/press/tetsudo01_hh_000092.html2015年3月18日閲覧 
  135. ^ a b “<常磐線>竜田-富岡 再開前倒し”. 河北新報. (2016年2月24日). オリジナルの2016年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160227052254/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160224_62026.html 2016年2月28日閲覧。 
  136. ^ a b 常磐線(竜田駅~富岡駅間)運転再開時期の前倒しについて”. 東日本旅客鉄道水戸支社 (2017年3月10日). 2017年3月10日閲覧。
  137. ^ 広報とみおか(2017年3月 No.653) (PDF) - 富岡町(2017年3月)
  138. ^ a b “<全町避難>浪江町3月31日解除 国が提示”. 河北新報. (2017年1月19日). オリジナルの2017年1月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170121033114/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170119_61005.html 2017年1月27日閲覧。 
  139. ^ a b JR常磐線再開へ進む復旧 大野 - 双葉間、沿線除染や橋架け替え - 福島民友新聞、2018年2月17日
  140. ^ 常磐線大野・双葉間 第一前田川橋りょう撤去工事の着手について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2015年6月26日). 2015年11月27日閲覧。
  141. ^ JR常磐線の全線開通の見通しについて』(プレスリリース)国土交通省、2016年3月10日https://www.mlit.go.jp/report/press/tetsudo05_hh_000074.html2016年3月10日閲覧 
  142. ^ a b 常磐線の全線運転再開の見通しについて』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道、2016年3月10日http://www.jreast.co.jp/press/2015/20160307.pdf2016年3月10日閲覧 
  143. ^ “常磐線、20年3月までに全線再開 JR東が発表”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2016年3月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H85_Q6A310C1CR8000/ 2016年3月14日閲覧。 
  144. ^ 常磐線復旧工事着手のお知らせ”. 双葉町 (2016年6月1日). 2016年12月13日閲覧。
  145. ^ a b “常磐線「富岡-浪江間」12月にも試運転 大野-双葉間も復旧へ”. 福島民友新聞 (福島民友新聞社). (2019年3月8日). オリジナルの2019年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190308095324/http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190308-357639.php 2019年12月7日閲覧。 
  146. ^ 常磐線 富岡駅〜浪江駅間の試運転等開始に伴う注意のお願い - 双葉町公式ホームページ
  147. ^ a b JR常磐線が3月14日全線復旧 震災で不通、最後の区間再開”. 共同通信. 共同通信社 (2019年12月14日). 2019年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月15日閲覧。
  148. ^ JR常磐線富岡 - 浪江駅間 運行再開3月14日軸 - 福島民報、2019年12月15日
  149. ^ 常磐線富岡・浪江駅間における除染試験施工の実施について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2015年8月18日). 2016年10月13日閲覧。
  150. ^ JR試験除染を開始 常磐線・夜ノ森-双葉駅間”. 福島民報社 (2015年8月21日). 2016年12月14日閲覧。
  151. ^ 毎時3.8マイクロシーベルト以下に 除染で常磐線富岡―浪江間 JR東日本試算”. 福島民報社 (2016年2月24日). 2016年12月14日閲覧。
  152. ^ 消える富岡のシンボル 夜ノ森駅のツツジ撤去へ”. 福島民報社. p. 東日本大震災「福島第一原発事故」アーカイブ (2016年10月4日). 2016年12月14日閲覧。
  153. ^ <夜ノ森駅>ツツジ伐採 富岡町受け入れ”. 河北新報社 (2016年11月25日). 2017年10月28日閲覧。
  154. ^ 夜ノ森駅ツツジ現地再生 除染伐採後の幹活用 JRに要望”. 福島民報社 (2016年11月25日). 2016年12月14日閲覧。
  155. ^ 夜ノ森駅 ツツジ、また咲くか…除染で伐採、住民ら再生へ”. 毎日新聞 (2017年1月28日). 2017年10月28日閲覧。
  156. ^ 【電子版】JR常磐線、不通区間の復旧工事進む 20年3月運転再開へ - 日刊工業新聞、2018年2月28日
  157. ^ 東日本大震災:福島第1原発事故 富岡-浪江間7割除染 JR東日本、常磐線復旧工事進む /福島 - 毎日新聞、2018年2月24日
  158. ^ a b 本誌は見た!帰還困難区域の「常磐線復旧工事」 - FACTA ONLINE 2018年4月号
  159. ^ JR常磐線、復旧工事を公開=20年3月までに全線再開 - 時事通信、2019年3月7日
  160. ^ a b JR常磐線の復旧状況公開 年内の試運転目指す、福島 - 産経新聞、2019年3月7日
  161. ^ <JR常磐線>富岡-浪江間、復旧へ準備着々 年内の試運転目指す - 河北新報、2019年3月8日
  162. ^ a b JR常磐線、上野―仙台全通へ「復旧8割終了」 - 読売新聞、2019年3月7日
  163. ^ a b 復旧状況公開、JR常磐線 福島、19年度の再開目指す - 産経フォト、2018年2月16日
  164. ^ 東日本大震災8年 JR常磐線 全線再開20年3月までに - 公明党、2019年3月8日
  165. ^ “<常磐線>20年春全線再開へ 双葉駅整備に本格着手、住民帰還へ弾み”. 河北新報 (河北新報社). (2018年8月7日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201808/20180807_63014.html 2018年8月31日閲覧。 
  166. ^ “<富岡・夜ノ森駅>自由通路 来年度末までに整備”. 河北新報 (河北新報社). (2018年6月8日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201806/20180608_61059.html 2018年9月3日閲覧。 
  167. ^ 高速道など『交通網』整備加速 常磐線は20年3月・全線再開通へ - 福島民友新聞、2019年9月12日
  168. ^ JR夜ノ森駅東口に待合室 福島・富岡、旧駅舎の面影残す - 河北新報、2020年12月1日
  169. ^ 福島県大熊町議会だより『おおくま』 No.44 2018年2月1日 (PDF)
  170. ^ 常磐線、14日に全線再開 9年ぶり富岡―浪江間運行 - 河北新報、2020年3月13日
  171. ^ 福島 NEWS WEB 夜ノ森駅と地域との通路設置へ”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2018年6月8日). 2018年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月27日閲覧。
  172. ^ 常磐線9年ぶり再開へ試運転開始 最後の不通区間、富岡 - 浪江 - 東京新聞、2019年12月18日発行
  173. ^ 「双葉・避難指示一部」3月4日先行解除 役場業務の一部再開 - 福島民友新聞、2020年3月3日
  174. ^ a b 大熊の一部避難解除 住民らの利便性向上 大野駅周辺など - 福島民報、2020年3月5日
  175. ^ 来年3月10日に避難解除 富岡町の駅周辺、帰還困難区域 - 福島 - 時事通信、2019年12月20日
  176. ^ 福島県双葉町、避難指示を一部解除…帰還困難区域で初 - 読売新聞、2020年3月4日
  177. ^ 富岡町一部で避難解除 常磐線再開前、夜ノ森駅周辺 - 東京新聞、2020年3月10日
  178. ^ 帰還困難区域が一部先行解除 富岡・夜ノ森駅周辺 - 河北新報、2020年3月10日
  179. ^ 富岡の避難指示...3月10日「先行解除」 常磐線・夜ノ森駅周辺 - 福島民友、2020年3月9日
  180. ^ JR常磐線9年ぶり全線開通 仙台出発の特急復活 - 河北新報、2020年3月14日
  181. ^ 常磐線、震災から全線復旧イベント中止 コロナ影響 - 日刊スポーツ、2020年3月6日
  182. ^ 常磐線(富岡駅〜浪江駅間)の運転再開及びおトクなきっぷの発売等について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道水戸支社、2020年1月17日http://www.jrmito.com/press/200117/press_02.pdf2020年2月19日閲覧 
  183. ^ JR東日本ニュース
  184. ^ <常磐線>浪江-小高 復旧工事来月着手”. 河北新報社 (2015年12月26日). 2016年12月14日閲覧。
  185. ^ 復旧工事6日から JR常磐線小高 - 浪江駅間”. 東日本大震災「福島第一原発事故」アーカイブ. 福島民報社 (2015年12月27日). 2016年12月14日閲覧。
  186. ^ JR常磐線、復旧工事を開始 浪江―小高”. 日本経済新聞社 (2016年1月6日). 2016年12月14日閲覧。
  187. ^ 栗田慎一 (2016年1月7日). “JR常磐線小高〜浪江間、復旧工事始まる 来年3月運転再開目指し /福島”. 毎日新聞社. 2016年12月14日閲覧。
  188. ^ 3・11からずっと…取り残された「スーパーひたち」 - zakzak 2012年12月14日
  189. ^ 震災と原発事故…5年放置 被災特急さよなら - 河北新報ONLINE NEWS 2016年3月18日
  190. ^ “JR水戸支社 原ノ町駅留置車両撤去”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年3月23日) 
  191. ^ 常磐線の運転計画について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2011年12月14日). 2012年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月14日閲覧。
  192. ^ “常磐線、内陸迂回検討 宮城県・山元町亘理駅以南”. 河北新報. (2011年5月3日). オリジナルの2012年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120420145715/http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110503_21.htm 2011年5月7日閲覧。 
  193. ^ “常磐線、内陸移設 宮城―福島・被災の3駅 JRと2町合意”. 河北新報. (2011年9月22日). オリジナルの2011年9月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110926032852/http://www.kahoku.co.jp/news/2011/09/20110922t72016.htm 2011年9月23日閲覧。 
  194. ^ 常磐線の復旧について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2012年3月5日). 2012年3月7日閲覧。
  195. ^ 常磐線の復旧について”. 東日本旅客鉄道仙台支社 (2012年3月5日). 2013年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月11日閲覧。
  196. ^ 2013年3月ダイヤ改正について” (PDF). 東日本旅客鉄道 (2012年12月21日). 2016年10月13日閲覧。
  197. ^ “JR常磐線 浜吉田-亘理、来春再開「津波避難対策にめど」”. 河北新報. (2012年7月27日). オリジナルの2012年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120819200036/http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20120727_06.htm 2012年9月29日閲覧。 
  198. ^ a b 草町義和 (2016年9月25日). “再開まで3カ月…常磐線の移設3駅を訪ねてみた”. レスポンス. イード. 2016年10月15日閲覧。
  199. ^ 常磐線(駒ヶ嶺〜浜吉田間)の復旧について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2012年9月27日). 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月27日閲覧。
  200. ^ “JR常磐線:震災不通区間、本格的復旧工事始まる”. 毎日新聞. (2014年5月15日). http://mainichi.jp/select/news/20140515k0000e040207000c.html 2014年5月15日閲覧。 
  201. ^ “JR常磐線、2017年春までに全線復旧へ”. 日経コンストラクション. (2014年5月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2202L_S4A520C1000000/ 2014年5月22日閲覧。 
  202. ^ “JR常磐線・相馬 - 浜吉田間に「合格書」 東北運輸局が交付”. 福島民友(みんゆうNet) (福島民友新聞社). (2016年10月5日). オリジナルの2016年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161006140320/http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161005-116937.php 2016年10月10日閲覧。 
  203. ^ a b <常磐線>福島・宮城沿岸 鉄路再び - 河北新報オンライン”. 河北新報社 (2016年12月11日). 2016年12月10日閲覧。
  204. ^ 2016年12月ダイヤ改正について” (PDF). 東日本旅客鉄道仙台支社 (2016年9月29日). 2016年10月13日閲覧。
  205. ^ 2016年12月ダイヤ改正について” (PDF). 東日本旅客鉄道水戸支社 (2016年9月29日). 2016年10月13日閲覧。
  206. ^ <常磐線>チーム常磐 困難乗り越え工期短縮 - 河北新報オンライン”. 河北新報社 (2016年12月11日). 2016年12月11日閲覧。
  207. ^ 2023年3月ダイヤ改正について(水戸支社)”. 東日本旅客鉄道. 2023年3月18日閲覧。
  208. ^ a b 常磐線特急に新型車両を導入!” (PDF). 東日本旅客鉄道 (2010年12月7日). 2010年12月7日閲覧。
  209. ^ 常磐線全線運転再開にあわせた特急列車の直通運転について” (PDF). 東日本旅客鉄道 (2019年7月5日). 2019年7月6日閲覧。
  210. ^ JR常磐線が来春 全区間、直通特急復活へ 仙台へのアクセス改善も - 東京新聞2019年7月20日
  211. ^ 五嶋健次「大都市圏輸送の花形 快速電車考」『鉄道ジャーナル』第41巻第1号、鉄道ジャーナル社、2007年1月、43頁、ISSN 0288-2337 
  212. ^ 2017年10月ダイヤ改正について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道水戸支社、2017年7月7日http://www.jrmito.com/press/170707/press_01.pdf2017年7月8日閲覧 
  213. ^ 常磐線普通電車(中距離電車)におけるグリーン車サービス開始及び宇都宮線・高崎線におけるグリーン車サービス拡大について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道、2006年3月7日http://www.jreast.co.jp/press/2005_2/20060303.pdf2012年11月17日閲覧 
  214. ^ 常磐線(富岡駅~浪江駅間)の運転再開について』(PDF)(プレスリリース)東日本旅客鉄道、2020年1月17日。 オリジナルの2020年1月17日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200117080118/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200117_ho01.pdf2020年1月17日閲覧 
  215. ^ “常磐線・3月14日全線復旧 特急ひたち3往復、普通列車11往復”. 福島民友新聞. (2020年1月18日). オリジナルの2020年1月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200118045110/https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200118-451477.php 2020年1月21日閲覧。 
  216. ^ 『JTB時刻表』第65巻第1号、JTB、1989年1月、全国書誌番号:00070463 
  217. ^ 『JTB時刻表』第65巻第3号、JTB、1989年3月、全国書誌番号:00070463 
  218. ^ a b 『JTB時刻表』第67巻第5号、JTB、1991年5月、全国書誌番号:00070463 
  219. ^ 『JTB時刻表』第66巻第3号、JTB、1990年3月、全国書誌番号:00070463 
  220. ^ 猪口信「首都圏の国鉄〜JR 通勤ライナー運転変遷史」『鉄道ピクトリアル』第54巻第6号、電気車研究会、2004年6月、61-62頁、ISSN 0040-4047 
  221. ^ 地震に伴う列車の延長運転について - JR東日本”. 東日本旅客鉄道株式会社. 2022年3月12日閲覧。
  222. ^ a b c d 『JR貨物時刻表』平成26年3月ダイヤ改正、鉄道貨物協会、2014年3月、全国書誌番号:22402235 
  223. ^ 『JR貨物時刻表』平成23年3月ダイヤ改正、鉄道貨物協会、2011年3月、全国書誌番号:21915458 
  224. ^ 平成24年3月時刻改正 新しい輸送サービスのご案内』(PDF)(プレスリリース)日本貨物鉄道、2011年12月16日http://www.jrfreight.co.jp/common/pdf/news/201112daiya.pdf2012年11月17日閲覧 
  225. ^ E501系の運用範囲が広がる”. 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース. 交友社 (2018年9月13日). 2018年9月19日閲覧。
  226. ^ E721系 1000代新造車両の投入について (PDF) - JR東日本仙台支社 (2016年5月26日)
  227. ^ 「JR貨物機関車運用区間一覧(2012年3月17日改正現在)」『鉄道手帳2013』、創元社、46-47頁。 
  228. ^ 特急「いなほ」の車両を一新します!” (PDF). 東日本旅客鉄道新潟支社 (2013年6月26日). 2015年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月26日閲覧。
  229. ^ 特急「しらゆき」の運転に伴うE653系投入について (PDF) - 2014年8月27日 東日本旅客鉄道新潟支社
  230. ^ 常磐線(いわき駅〜竜田駅間)一部列車の車両を変更します”. 東日本旅客鉄道水戸支社 (2017年6月23日). 2017年6月23日閲覧。
  231. ^ 特急スーパーひたち、普通列車で再登場 1日2往復”. 朝日新聞デジタル (2017年7月23日). 2017年8月15日閲覧。
  232. ^ 特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例”. 東日本旅客鉄道. 2014年1月1日閲覧。
  233. ^ 路線別のラッシュ時における混雑率の推移”. 千葉県総合企画部交通計画課. 2014年1月1日閲覧。
  234. ^ a b 「上野東京ライン」開業により、南北の大動脈が動き出します〜開業時期、直通運転の概要について〜” (PDF). 東日本旅客鉄道 (2014年10月30日). 2014年11月5日閲覧。
  235. ^ 各駅の乗車人員”. 東日本旅客鉄道. 2023年10月10日閲覧。



常磐線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 13:50 UTC 版)

ギャル鉄」の記事における「常磐線」の解説

#15登場(#11少しだけ登場)。ミオ、ウルシオが日田彦を誘い我孫子駅名物ミオたちは唐揚げうどん、「ゆりてつ」では石塚まろん唐揚げそば)を食する

※この「常磐線」の解説は、「ギャル鉄」の解説の一部です。
「常磐線」を含む「ギャル鉄」の記事については、「ギャル鉄」の概要を参照ください。


常磐線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 21:38 UTC 版)

通勤五方面作戦」の記事における「常磐線」の解説

詳細は「常磐緩行線#複々線化沿革問題」を参照 常磐線では、北千住駅 - 取手駅間(うち北千住駅 - 綾瀬駅間は営団千代田線として建設)を複々線化し、快速電車中距離電車特急列車各駅停車それぞれ常磐快速線常磐緩行線とに分け常磐緩行線電車はすべてが新規に建設される営団地下鉄(現・東京地下鉄千代田線相互直通運転することとされた。 1971年昭和46年4月我孫子駅までの複々線化と、霞ケ関駅まで開通していた営団地下鉄千代田線との直通運転実施され1982年昭和57年11月には緩行線我孫子駅 - 取手駅駅間の開業となっている。しかし、各駅停車列車上野駅直通しないことや、営団にまたがる運賃割高であったことなどから「迷惑乗り入れといわれる社会問題引き起こし運行面の問題は現在に至ってもほとんど改善されていない

※この「常磐線」の解説は、「通勤五方面作戦」の解説の一部です。
「常磐線」を含む「通勤五方面作戦」の記事については、「通勤五方面作戦」の概要を参照ください。


常磐線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 20:13 UTC 版)

東日本大震災による鉄道への影響」の記事における「常磐線」の解説

常磐線では新地駅坂元駅津波により崩壊新地駅では4両編成E721系電車脱線大破したが、乗客・乗員事前に全員避難し死傷者はなかった。浜吉田駅 - 山下駅間では当該区間走行していた日本貨物鉄道JR貨物)のコンテナ貨物列車牽引機ED75形電気機関車除き脱線したが、機関車車内居た機関士は無事であった勝田駅 - 水戸駅間で盛り土変形しレール100メートル以上にわたってゆがんでいた。また、3月12日日暮里駅 - 取手駅間が再開、同18日取手駅 - 土浦駅間が再開、同31日土浦駅 - 勝田駅間が再開4月7日勝田駅 - 高萩駅間が再開、同11日高萩駅 - いわき駅間が再開、同12日亘理駅 - 岩沼駅間が再開、同17日いわき駅 - 四ツ倉駅間が再開5月14日四ツ倉駅 - 久ノ浜駅間が再開10月10日久ノ浜駅 - 広野駅間が再開12月21日原ノ町駅 - 相馬駅間が再開2013年3月16日浜吉田駅 - 亘理駅間が再開2014年6月1日広野駅 - 竜田駅間が再開2016年7月12日小高駅 - 原ノ町駅間が再開12月10日相馬駅 - 浜吉田駅間が再開2017年4月1日浪江駅 - 小高駅間が再開10月21日竜田駅 - 富岡駅間が再開2020年3月14日富岡駅 - 浪江駅間が再開し全線再開。この運転再開をもって東日本大震災の影響による鉄道路線運休はすべて解消された。

※この「常磐線」の解説は、「東日本大震災による鉄道への影響」の解説の一部です。
「常磐線」を含む「東日本大震災による鉄道への影響」の記事については、「東日本大震災による鉄道への影響」の概要を参照ください。


常磐線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 01:37 UTC 版)

青春鉄道」の記事における「常磐線」の解説

身長166cm、体重58kg。

※この「常磐線」の解説は、「青春鉄道」の解説の一部です。
「常磐線」を含む「青春鉄道」の記事については、「青春鉄道」の概要を参照ください。


常磐線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 04:48 UTC 版)

JR東日本651系電車」の記事における「常磐線」の解説

登場時から特急スーパーひたち」にのみ使用されていたが、2002年平成14年12月1日ダイヤ改正勝田駅始発終着の「スーパーひたち」は「フレッシュひたち」に変更された。その後E653系から651系へ「フレッシュひたち」の運用替えた列車多数登場した以前は7両・4両(4両編成での運行勝田駅 - いわき駅間の一部のみ)での運転する列車設定されていた。2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生するまでは、いわき駅 - 原ノ町駅仙台駅間では4両編成原ノ町駅夜間留置列車7両編成日によって11編成)で運行されていた。基本編成+基本編成14両)と付属編成+付属編成(8両)での運転は定期列車では行われていない。 2010年平成22年12月JR東日本E657系2012年平成24年春に導入し同年秋に651系をすべて置き換える計画明らかにした。置き換え後の651系処遇については他線区臨時列車への転用示唆されており、一部波動車両転用された。 2013年平成25年3月15日に「スーパーひたち」「フレッシュひたち」の全運用E657系となったが、E657系改造工事のため同年10月1日から2015年平成27年3月13日まで「フレッシュひたち」1往復運用されることとなった。なお、この運用ではLED表示式のヘッドサインは使用されていないE657系2014年平成26年11月10両編成1本が追加投入されたが、本系列による運転はダイヤ改正前日まで実施された。 2017年平成29年7月22日より、4両編成がいわき - 竜田間(同年10月21日からはいわき - 富岡間)の普通列車2往復充当されていたが、2020年令和2年3月14日ダイヤ改正E531系統一されたため、運用終了した付属編成のみ(4両)(2010年3月14日 磐城太田駅基本編成のみ(7両)(2008年12月16日 友部 - 内原基本編成+付属編成11両)(2008年7月26日 柏駅

※この「常磐線」の解説は、「JR東日本651系電車」の解説の一部です。
「常磐線」を含む「JR東日本651系電車」の記事については、「JR東日本651系電車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「常磐線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



常磐線と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「常磐線」の関連用語


2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

常磐線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



常磐線のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの常磐線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギャル鉄 (改訂履歴)、通勤五方面作戦 (改訂履歴)、東日本大震災による鉄道への影響 (改訂履歴)、青春鉄道 (改訂履歴)、JR東日本651系電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS