福島第一原子力発電所事故とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 福島第一原子力発電所事故の意味・解説 

福島第一原子力発電所事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 03:14 UTC 版)

福島第一原子力発電所事故(ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょじこ)は、2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震による地震動津波の影響により、東京電力福島第一原子力発電所で発生した炉心溶融(メルトダウン)など一連の放射性物質の放出を伴った原子力事故である。国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される。2015年(平成27年)3月現在、炉内燃料のほぼ全量が溶解している[4]東日本大震災の一環として扱われる[5]




  1. ^ 賠償金7.9兆円、中間貯蔵施設費1.6兆円、除染費4兆円、廃炉・汚染水対策費8兆円。2016年12月時点での経済産業省による試算。朝日新聞2016年12月21日朝刊、総合5面。
  2. ^ 倒壊した鉄塔は、福島第一原発山側の、夜ノ森線第27号鉄塔である。
  3. ^ 1日のうち屋内に16時間、屋外に8時間いると仮定し、屋内(木造家屋)での線量は屋外の40%になると考えた場合
  4. ^ a b 原典では、「集中RW」で「集中環境施設」・「集中廃棄物処理建屋」とされることがある。
  5. ^ ただし、福島第一原子力発電所よりも強い地震加速度を計測している東北電力女川原子力発電所では、3系統6回線の外部電源で鉄塔の倒壊は皆無であり、地震直後も松島幹線 (275kV/50Hz) 2号の給電は続いていた。避雷器の損傷で受電不可となった牡鹿幹線 (275kV/50Hz) は3月12日中に、碍子に損傷を受けた松島幹線1号は3月17日までに復旧している。残る1系統の塚浜支線 (66kV/50Hz) は原発設備の損傷はなかったが、広域停電のため給電停止していた。
  6. ^ 東京電力の原子力発電所はすべて東北電力管内にある(東京電力管内の原子力発電所は日本原電東海発電所(震災発生前の1997年に営業運転終了、現在廃炉作業中)と東海第二発電所のみ)。
  7. ^ 大津波による敷地や施設の冠水については特に大きな問題とはしていない。
  1. ^ 原子力災害対策本部 2011, 21-22
  2. ^ a b c d e f g 地震被害情報(第169報)[2011年06月14日15時30分現在](2013年2月5日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  3. ^ 【オピニオン】原子力の安全性めぐるパラダイムシフト、誇張された被ばくリスク” (2015年12月7日). 2017年3月28日閲覧。
  4. ^ 東京電力による19日の調査結果。炉内燃料、ほぼ全量溶融 福島第1原発1号機 調査で初の確認 北海道新聞電子版、2015年3月19日。
  5. ^ 東日本大震災の被害状況”. 内閣府. 2017年3月28日閲覧。
  6. ^ a b 原子力災害対策本部 2011, III.30.
  7. ^ 原子力災害対策本部 2011, III.28-III.29.
  8. ^ 福島第一原子力発電所内外の電気設備の被害状況等に係る記録に関する報告を踏まえた対応について(指示)に対する報告について(2012年9月20日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  9. ^ “メルトダウン「5時間後」=1号機、保安院が解析―東電推定より早く・福島第1”. 時事ドットコム. (2011年6月6日). http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011060600456 2011年6月6日閲覧。 
  10. ^ a b 1・2号機 格納容器に穴か”. NHK (2011年5月25日). 2017年3月28日閲覧。
  11. ^ 圧力容器、地震当日破損か=配管部に蒸気漏れの可能性―福島第1原発1号機・東電”. 時事通信 (2011年5月25日). 2017年3月28日閲覧。
  12. ^ 内閣事故調 2012, pp. 76-80
  13. ^ 地震被害情報(第74報) [2011年04月05日08時00分現在](2013年2月5日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  14. ^ a b “2号機の水、放射線量高く、炉内から漏出か 海への排出も検討”. msn産経ニュース. (2011年3月30日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110330/dst11033010110014-n1.htm 2011年4月4日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ a b 東京電力(株)福島第一原子力発電所及び東京電力(株)福島第二原子力発電所における2011年東北地方太平洋沖地震により発生した津波の調査結果を踏まえた対応について(指示)(2013年1月15日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  16. ^ a b c 福島第一原子力発電所事故における放射性物質の大気中への放出量の推定について (pdf)”. 東京電力 (2012年5月). 2017年3月28日閲覧。
  17. ^ a b c d 第4部 被害状況と被害拡大の要因 (その1)(2012年10月25日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  18. ^ “東電:放射線放出量、毎時2億ベクレル-事故直後比1000万分の1”. bloomberg. (2011年8月17日). http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=axO6ia7XC6Bc 2011年8月17日閲覧。 [リンク切れ]
  19. ^ 原子力災害対策本部 2011, III.27.
  20. ^ “東日本大震災における原子力発電所の影響と現在の状況について” (PDF) (プレスリリース), 東京電力, (2011年5月2日), http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/f12np-gaiyou.pdf 2011年9月12日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ NHK「福島第一原発 3基で想定を超える揺れ」[リンク切れ]
  22. ^ 阪神・淡路大震災の概要内閣府[リンク切れ]
  23. ^ 岩手宮城内陸地震:一関市の揺れ「世界一」 ギネスが認定[リンク切れ] 毎日jp
  24. ^ 平成20年(2008年)岩手・宮城内陸地震において記録されたきわめて大きな強震動について (pdf)”. 防災科学技術研究所. 2017年3月28日閲覧。
  25. ^ 原子力災害対策本部 2011, IV.82.
  26. ^ 読売新聞「原発作業員の恐怖証言」[リンク切れ]
  27. ^ 原子力災害対策本部 2011, III.28.
  28. ^ 「地下に非常電源」米設計裏目に ハリケーン対策だった”. 朝日新聞 (2011年6月11日). 2017年3月28日閲覧。
  29. ^ 原子力災害対策本部 2011, IV.37.
  30. ^ 福島第一原子力発電所 被災直後の対応状況について (pdf)”. 東京電力. 2017年3月28日閲覧。
  31. ^ a b 緊急提言 福島第一原子力発電所事故対応に向けて (pdf)”. 日本原子力技術協会最高顧問 石川迪夫 (2011年4月13日). 2017年3月28日閲覧。
  32. ^ 足立旬子; 奥山智己 (2011年5月16日). “福島第1原発:地震直後データ公表 現場、極度の混乱”. 毎日jp. http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/archive/news/2011/05/16/20110517k0000m040129000c.html 2011年9月12日閲覧。 [リンク切れ]
  33. ^ 原子力災害対策本部 2011, III.36.
  34. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 81.
  35. ^ 東電事故報告 2012, p. 124.
  36. ^ 東電事故報告 2012, p. 125, 129.
  37. ^ 55%炉心損傷は14日07時18分「炉心溶融基準 把握せず」読売新聞2016年2月25日朝刊38面
  38. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 143.
  39. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 150.
  40. ^ 国会事故調 2012, p. 259.
  41. ^ 国会事故調 2012, p. 152.
  42. ^ 東電事故報告 2012, p. 119.
  43. ^ 原子力災害対策本部 2011, IV.37-38.
  44. ^ 原子力災害対策本部 2011, IV.38.
  45. ^ 原子力災害対策本部 2011, IV.43-44.
  46. ^ a b c 国会事故調 2012, p. 154.
  47. ^ 東電事故報告 2012, p. 179.
  48. ^ a b 国会事故調 2012, p. 155.
  49. ^ a b 3号機 大部分の燃料が溶融落下の解析結果”. NHK (2014年8月6日). 2017年3月28日閲覧。
  50. ^ “核燃料ほぼ全量落下 福島3号機 廃炉一層困難”. 東京新聞. (2014年8月7日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014080702100003.html 2016年4月9日閲覧。 [リンク切れ]
  51. ^ 3号機の30%炉心損傷は14日05時03分、2号機の35%炉心損傷は15日16時22分「炉心溶融基準 把握せず」読売新聞2016年2月25日朝刊38面
  52. ^ 国会事故調 2012, p. 195.
  53. ^ a b c 国会事故調 2012, p. 175.
  54. ^ 東電事故報告 2012, p. 157.
  55. ^ 東電事故報告 2012, p. 258-259.
  56. ^ 東電事故報告 2012, p. 258.
  57. ^ 東電事故報告 2012, p. 256-259.
  58. ^ 東電事故報告 2012, p. 164-165.
  59. ^ 国会事故調 2012, p. 176.
  60. ^ 2号機はなぜ過酷事故に陥ったか”. 東京電力. 2017年3月28日閲覧。
  61. ^ a b 東電事故報告 2012, p. 204.
  62. ^ 原子力災害対策本部 2011, IV.76.
  63. ^ 原子力災害対策本部 2011, IV.77.
  64. ^ 原子力災害対策本部 2011, IV.84.
  65. ^ 福島第一原子力発電所 津波来襲状況[2011年3月11日 撮影場所:固体廃棄物貯蔵庫東側法面(5号機近傍 いわき側から海側を撮影)]ほか複数位置からの撮影画像あり[リンク切れ]
  66. ^ a b “「英雄フクシマ50」欧米メディア、原発の作業員ら称賛”. asahi.com. (2011年3月18日). http://www.asahi.com/national/update/0318/TKY201103180477.html 2011年4月15日閲覧。 [リンク切れ]
  67. ^ 2011年東北地方太平洋沖地震と原子力発電所に対する地震の被害 (PDF)”. 原子力安全・保安院、原子力安全基盤機構 (2011年4月4日). 2011年4月15日閲覧。[リンク切れ]
  68. ^ 地震被害情報(第94報)[2011年04月15日08時00分現在](2013年2月5日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  69. ^ a b 福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋”. 東京電力 (2011年4月17日). 2017年3月28日閲覧。
  70. ^ 地震被害情報(第98報) [2011年04月17日15時00分現在](2013年2月6日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  71. ^ “福島第一原発 すべての冷却システム復旧”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年3月20日). オリジナル2013年3月23日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0320-0800-33/www3.nhk.or.jp/news/html/20130320/t10013326961000.html 2013年3月23日閲覧。 
  72. ^ 多核種除去設備の設置について (pdf)”. 東京電力 (2012年1月23日). 2017年3月28日閲覧。
  73. ^ 多核種除去設備 (ALPS)”. 東京電力. 2017年3月28日閲覧。
  74. ^ 原子力規制委員会 東京電力福島第一原子力発電所多核種除去設備(A系)のホット試験開始に関する評価について(案) (PDF) 平成25年3月19日
  75. ^ 東京電力(株)福島第一原子力発電所多核種除去設備(A系)のホット試験開始に関する評価について (資料2-1)(2013年4月5日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  76. ^ 福島第一原子力発電所でのトリチウムについて (pdf)”. 東京電力 (2013年2月28日). 2017年3月28日閲覧。
  77. ^ 六ヶ所再処理工場から放出されるトリチウムの危険性 (pdf)” (2014年3月7日). 2017年3月28日閲覧。
  78. ^ ヘレン・カルディコットは次のように説明する。福島原発前の湾の水はトリチウムで高度に汚染されていて、その濃度はずっと上昇しており、今や1リットルあたり4,700ベクレルもの値となっており、海水中で記録されたものとして最高である。トリチウムは、DNA内で分子と結合し、突然変異を引き起こす。様々な動物実験で、トリチウムは、先天性異常、脳や卵巣を含む様々な器官の癌を引き起こし、驚くほどの低線量で、精巣萎縮や知能発育不全を誘発する。トリチウムは、有機的に食物中に取り込まれ、魚、野菜や、他の食品の中で濃縮するが、放射能寿命は120年以上ある。汚染された食品を摂取すると、10パーセントが人体中で結合し、そのまま残り、長年細胞を照射し続ける可能性がある。
    RT Endless Fukushima catastrophe: Many generations’ health at stake September 13, 2013 09:33
  79. ^ “福島第1原発、「核燃料ほぼ全て溶融」 東電が1号機透視”. 日本経済新聞. (2015年3月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19H9L_Z10C15A3CR8000/ 2016年4月9日閲覧。 
  80. ^ “福島第一2号機、核燃料7割以上が溶融か 名大など発表”. 朝日新聞デジタル. (2015年9月26日). http://www.asahi.com/articles/ASH9V574ZH9VULBJ005.html 2016年4月9日閲覧。 
  81. ^ “<福島第1>2号機溶融燃料 ほぼ炉内残存”. 河北新報 ONLINE NEWS. (2016年7月14日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201607/20160715_63061.html 2016年8月20日閲覧。 
  82. ^ “福島第1原発2号機 溶融燃料を初観測”. 日本経済新聞. (2016年7月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG28H1W_Y6A720C1000000/ 2016年8月20日閲覧。 
  83. ^ “福島第1原発:1号機と2号機の格納容器に穴の可能性”. 毎日jp. (2011年5月25日). http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110525k0000m040135000c.html 2011年6月1日閲覧。 [リンク切れ]
  84. ^ “半年後も燃料発熱続く 東電が計算結果を公表”. msn産経ニュース. (2011年5月26日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110526/dst11052613210017-n1.htm 2011年9月11日閲覧。 [リンク切れ]
  85. ^ “福島の3号機はプルサーマル”. WSJ. (2011年3月22日). http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/03/22/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E3%81%AE3%E5%8F%B7%E6%A9%9F%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB/ 2011年9月11日閲覧。 [リンク切れ]
  86. ^ a b c d 朝日新聞朝刊2011年11月21日。
  87. ^ 東京電力福島第一原子力発電所事故によるプラント北西地域の線量上昇プロセスを解析(お知らせ)”. 日本原子力研究開発機構 (2011年6月13日). 2016年3月20日閲覧。
  88. ^ NHK「『初期被ばくを追え』」(ヨウ素131の被爆シミュレーション)の放送(2012/03/11-12:49)
  89. ^ “地震による原子力施設への影響について(7時00分現在)(第11報)” (プレスリリース), 原子力安全・保安院, (2011年3月12日), http://kinkyu.nisa.go.jp/kinkyu/2011/03/700-11.html 2011年3月22日閲覧。 [リンク切れ]
  90. ^ a b 高いレベルの放射性廃液の集中廃棄物処理施設への移送について”. 東京電力 (2011年4月19日). 2017年3月28日閲覧。
  91. ^ “福島原発の地下水汚染、海に流出の可能性 建屋の壁が破損か”. msn産経ニュース. (2011年4月1日). オリジナル2011年7月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110727043928/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040110050022-n1.htm 2011年9月11日閲覧。 
  92. ^ “取水口でストロンチウム 地下水からも初検出”. msn産経ニュース. (2011年6月12日). オリジナル2011年12月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111213195316/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110612/dst11061222010025-n1.htm 2011年9月11日閲覧。 
  93. ^ 放射線量等分布マップ拡大サイト”. 文部科学省. 2016年4月2日閲覧。
  94. ^ 放射性物質汚染対処特措法に基づく汚染廃棄物対策地域、除染特別地域及び汚染状況重点調査地域の指定について(お知らせ)”. 環境省 (2011年12月19日). 2016年4月2日閲覧。
  95. ^ プロメテウスの罠〔4〕 東電は述べた「放射性物質は無主物である」”. 朝日新聞 (2012年3月2日). 2017年3月28日閲覧。
  96. ^ 福島ゴルフ場の仮処分申請却下=「営業可能」と賠償認めず-東京地裁[リンク切れ](時事通信 2011年11月14日)
  97. ^ 福島第一原子力発電所3号機タービン建屋における協力企業作業員の被ばくに関する調査結果について (pdf)”. 東京電力 (2011年3月25日). 2017年3月28日閲覧。
  98. ^ 原子力災害対策本部 2011, VI.3.
  99. ^ “東電、低レベルの放射線汚染水を海に放出へ 法定濃度の100倍”. msn産経ニュース. (2011年4月4日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110404/dst11040416330025-n1.htm 2011年4月16日閲覧。 [リンク切れ]
  100. ^ 原子力災害対策本部 2011, VI.5.
  101. ^ 福島第一原子力発電所からの低レベルの滞留水などの海洋放出について(第二報)”. 東京電力 (2011年4月4日). 2017年3月28日閲覧。
  102. ^ “汚染水放出は「国際犯罪」 チェルノブイリ関係者らが批判”. msn産経ニュース. (2011年4月11日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110411/erp11041122330008-n1.htm 2011年9月11日閲覧。 [リンク切れ]
  103. ^ INES: The International Nuclear and Radiological Event Scale User's Manual 2008 Edition p.158 TABLE-16
  104. ^ 高濃度汚染水、海洋流出は4700兆ベクレル 福島2号機”. 日本経済新聞 (2011年4月21日). 2017年3月28日閲覧。
  105. ^ 露に供与の液体放射性廃棄物処理施設、福島に 国際 YOMIURI ONLINE(読売新聞)[リンク切れ]
  106. ^ 汚染水を移送する作業 再開へ NHKニュース[リンク切れ]
  107. ^ “高濃度汚染水、10万トン強=放射能は計72万テラベクレル―福島第1”. asahi.com. (2011年6月3日). http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201106030053.html 2011年6月6日閲覧。 [リンク切れ]
  108. ^ 東京電力(株)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含む水の保管・処理に関する計画の受領について(2013年1月15日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  109. ^ 汚染土再利用の方針決定=管理方法なお検討―環境省[リンク切れ] 時事通信 6月30日(木)18時17分配信
  110. ^ 内閣事故調 2012, p. 191.
  111. ^ 内閣事故調 2012, p. 192-193.
  112. ^ 内閣事故調 2012, p. 193-194.
  113. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 264.
  114. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 264-265.
  115. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 146-147.
  116. ^ 官房長官発表平成23年3月12日(土)午前
  117. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 149.
  118. ^ 官房長官発表平成23年3月12日(土)午前
  119. ^ NHK総合テレビジョン(原発危機 第一回)2011年6月13日2:00
  120. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 56.
  121. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 55,60.
  122. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 60.
  123. ^ 毎日新聞2011年9月7日11新版1, 14-15面、東日本大震災:原発事故対応…菅前首相に聞く[リンク切れ]
  124. ^ 読売新聞2011年9月8日13S版2面、前首相の東電乗り込み、危急存亡の理由が[リンク切れ]
  125. ^ 産業経済新聞社4月13日東電・清水社長会見(8)「民営でありたいが、言及できる状況ではない」[リンク切れ]
  126. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 69.
  127. ^ 産経新聞 2011年10月7日
  128. ^ 浜岡原発:全面停止へ 「唐突」「英断」…戸惑う地元[リンク切れ] 毎日jp 2011年5月6日
  129. ^ 浜岡原子力発電所の運転停止要請への対応について”. 中部電力 (2011年5月9日). 2017年3月28日閲覧。
  130. ^ 東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会の開催について (pdf)”. 首相官邸 (2011年5月24日). 2017年3月28日閲覧。
  131. ^ 東日本大震災:福島第1原発事故 事故調初会合 首相出席「私自身も被告」[リンク切れ] 毎日jp 2011年6月7日
  132. ^ 福島第1原発:安全委、原発指針抜本改定へ 見直し着手[リンク切れ] - 毎日jp 2011年6月22日
  133. ^ 海江田氏、2年前に遮水壁先送りを容認していた”. 読売新聞 (2013年9月18日). 2013年9月18日閲覧。[リンク切れ]
  134. ^ 読売新聞2012年1月27日夕刊3版1面及び翌28日朝刊13S版1,2,3,4面、震災関連会議、10組織で議事録作らず
  135. ^ 原発事故の議事録ほとんどなし 枝野長官「多分、記憶に基づく証言求められる」[リンク切れ]産経ニュース2011年5月11日
  136. ^ 平成24年1月27日(金)午前”. 首相官邸 (2012年1月27日). 2017年3月28日閲覧。
  137. ^ 読売新聞2012年3月10日13S版「スキャナー」3面、13版特別面11面全面、5組織の議事録概要(詳報)
  138. ^ 読売新聞2013年8月9日13S版2面
  139. ^ 国会事故調 2012, p. 415.
  140. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 258.
  141. ^ 国会事故調 2012, p. 416.
  142. ^ 国会事故調 2012, p. 423.
  143. ^ “データ公表せず住民に危機 米紙「省庁の責任逃れ」”. 47NEWS. (2011年8月9日). https://megalodon.jp/2011-0809-1721-01/www.47news.jp/CN/201108/CN2011080901000721.html 2017年2月11日閲覧。 
  144. ^ “SPEEDI:予測非公表、「避難活用の発想なし」指摘”. 毎日jp. (2011年8月17日). https://megalodon.jp/2011-1012-0025-24/mainichi.jp/select/today/archive/news/2011/08/17/20110817k0000e040073000c.html 2017年2月11日閲覧。 
  145. ^ a b 不吉な放射能拡散予測―住民避難に生かせなかった日本政府”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2011年8月17日). 2017年3月28日閲覧。
  146. ^ SPEEDI情報 米軍に提供
  147. ^ 汚染拡大予測、政府生かせず 2号機破損時、対応後手”. 朝日新聞 (2011年5月4日). 2017年3月28日閲覧。
  148. ^ “「ヨウ素10兆ベクレル」未公表=世界版SPEEDI試算-文科省、安全委連携不足”. 時事ドットコム. (2012-04-03-12:49). オリジナル2012年9月5日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120905163433/www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012040300430 
  149. ^ 3月15日事故直後のヨウ素131 被曝線量分布(2011年3月15日)[リンク切れ]
  150. ^ 世界版SPEEDIに「未公表資料」 原子力機構が320枚公開”. J-CASTニュース (2012年7月11日). 2017年3月28日閲覧。
  151. ^ WSPEEDIによる計算結果について”. 日本原子力研究開発機構 (2012年7月11日). 2017年3月28日閲覧。
  152. ^ ヨウ素131の沈着積算量シミュレーション(3月12日から3月23日)国立環境研究所
  153. ^ 国会事故調 2012, sec3.5.1.1).
  154. ^ 国会事故調 2012, sec3.2.2.3.
  155. ^ a b 国会事故調 2012, sec3.2.2.2b.
  156. ^ 東京電力株式会社福島第一・第二原子力発電所事故を踏まえた他の発電所の緊急安全対策の実施について[リンク切れ] - 経済産業省
  157. ^ 非常用ディーゼル発電機の保安規定上の追加措置について[リンク切れ] - 経済産業省
  158. ^ 東京電力株式会社福島第一原子力発電所における事故を踏まえた既設の発電用原子炉施設の安全性に関する総合評価の実施について[リンク切れ] - 経済産業省
  159. ^ “原発事故2年前、津波対策拒む 保安院要請に東電担当者”. 47news. (2015年9月25日). http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015092501001643.html [リンク切れ]
  160. ^ “福島第一原発事故、政府がIAEAに報告”. YOMIURI ONLINE. (2011年3月13日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110313-OYT1T00010.htm 2011年3月15日閲覧。 [リンク切れ]
  161. ^ “IAEA 国際支援へ動く 事務局長が緊急ビデオ声明”. msn産経ニュース. (2011年3月13日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110313/erp11031317330008-n1.htm 2011年3月15日閲覧。 [リンク切れ]
  162. ^ “福島第一1号機事故の対応、IAEA一定評価”. YOMIURI ONLINE. (2011年3月13日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110313-OYT1T00185.htm 2011年3月15日閲覧。 [リンク切れ]
  163. ^ “福島第一原発爆発 IAEAが説明会開催へ”. 日テレNEWS24. (2011年3月14日). http://www.news24.jp/articles/2011/03/14/10178269.html 2011年3月15日閲覧。 
  164. ^ “東日本大震災:福島第1原発爆発 政府、IAEAに支援要請”. 毎日jp. (2011年3月15日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110315dde003040033000c.html 2011年3月15日閲覧。 [リンク切れ]
  165. ^ 原発事故の展開は「予測困難」、日本は迅速な情報伝達を=IAEA”. ロイター (2011年3月16日). 2017年3月28日閲覧。
  166. ^ “IAEA 日本からの情報不足に不満表明”. msn産経ニュース. (2011年3月16日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031623300111-n1.htm 2011年3月17日閲覧。 [リンク切れ]
  167. ^ a b “福島第1原発事故 IAEA・天野事務局長が日本で情報収集へ”. www.fnn-news.com. (2011年3月17日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00195430.html 2011年3月17日閲覧。 [リンク切れ]
  168. ^ “東日本大震災:IAEA事務局長 放射能監視態勢築く意向”. 毎日jp. (2011年3月16日). http://mainichi.jp/select/world/news/20110316k0000e030031000c.html 2011年3月17日閲覧。 [リンク切れ]
  169. ^ “飯舘村に避難勧告を=IAEA”. 時事ドットコム. (2011年3月31日). http://www.jiji.com/jc/eqa/c?g=soc_30&rel=j7&k=2011033100027 2011年4月1日閲覧。 [リンク切れ]
  170. ^ 読売新聞2015年9月1日夕刊3版12面
  171. ^ “原発関連死1368人に 本紙集計 1年で136人増”. 東京新聞. (2016年3月6日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201603/CK2016030602000127.html 2016年12月16日閲覧。 [リンク切れ]
  172. ^ 双葉病院長「避難迫られた。責任ない」 患者21人死亡”. 朝日新聞 (2011年3月19日). 2017年3月28日閲覧。
  173. ^ 原子力災害対策本部 2011, 21-22.
  174. ^ a b c d 原子力災害対策本部 2011, 21.
  175. ^ “東日本大震災:福島第1原発爆発 「スリーマイル以上」-仏原子力機関”. 毎日jp. (2011年3月15日). http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110315dde003040020000c.html 2011年3月15日閲覧。 [リンク切れ]
  176. ^ “東京新聞:仏当局「福島事故はレベル6」 ラコスト局長が見解”. 東京新聞 TOKYO Web. (2011年3月15日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011031501000982.html 2011年3月16日閲覧。 [リンク切れ]
  177. ^ “「レベル7」到達の恐れ=福島原発事故-米シンクタンク”. 時事ドットコム. (2011年3月16日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031600432 2011年3月16日閲覧。 [リンク切れ]
  178. ^ “米民間機関「チェルノブイリに次ぐレベル」”. TBS Newsi. (2011年3月16日). http://news.tbs.co.jp/20110316/newseye/tbs_newseye4675483.html 2011年3月17日閲覧。 [リンク切れ]
  179. ^ “スリーマイル島を上回る規模 仏当局者が見解”. CNN.co.jp. (2011年3月16日). http://www.cnn.co.jp/world/30002159.html 2011年3月17日閲覧。 [リンク切れ]
  180. ^ 東北太平洋沖地震による東京電力(株)福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所の事故・トラブルに対するINES(国際原子力・放射線事象評価尺度)の適用について(2012年4月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  181. ^ “「レベル6」への引き上げ提言=福島原発事故で米シンクタンク”. 時事ドットコム. (2011年4月2日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011040200145 2011年4月3日閲覧。 [リンク切れ]
  182. ^ 東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故・トラブルに対するINES(国際原子力・放射線事象評価尺度)の適用について (PDF)”. 原子力安全・保安院 (2011年4月12日). 2011年4月12日閲覧。
  183. ^ a b “福島第1原発:「チェルノブイリ超える」東電担当者が発言”. 毎日jp. (2011年4月12日). http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/archive/news/2011/04/12/20110413k0000m040104000c.html 2011年9月23日閲覧。 [リンク切れ]
  184. ^ “「津波災害を過小評価」=調査団、報告書要旨を提出-福島第1原発事故でIAEA”. 時事ドットコム. (2011年6月1日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011060100399 2011年6月3日閲覧。 [リンク切れ]
  185. ^ “津波の想定「過小評価」…IAEA報告書概要”. YOMIURI ONLINE. (2011年6月1日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110601-OYT1T00493.htm 2011年6月3日閲覧。 [リンク切れ]
  186. ^ 国会事故調 2012, p. 57, 82.
  187. ^ 福島第一原子力発電所及び福島第二原子力発電所における平成 23 年東北地方太平洋沖地震により発生した津波の調査結果に係る報告(その2)【概要版】 (pdf)”. 東京電力 (2011年7月8日). 2017年3月28日閲覧。
  188. ^ “福島原発「多重防護」の甘さ露呈 「想定外」連鎖で深刻化”. msn産経ニュース. (2011年3月28日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110328/dst11032819280054-n2.htm 2011年4月22日閲覧。 [リンク切れ]
  189. ^ 国会事故調 2012, p. 83-85.
  190. ^ 発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針 (PDF)”. 原子力安全委員会 (2006年9月19日). 2011年8月25日閲覧。[リンク切れ]
  191. ^ a b 国会事故調 2012, p. 86.
  192. ^ 三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価について (pdf)”. 地震調査研究推進本部 (2002年7月31日). 2017年3月28日閲覧。
  193. ^ 福島第1原発、10メートル超の津波想定 東電が08年試算”. 日本経済新聞 (2011年8月24日). 2017年3月28日閲覧。
  194. ^ 国会事故調 2012, p. 85, 90.
  195. ^ a b c 読売新聞2011年8月25日13S版37面、東電、15m超の津波も予測…想定外主張崩れる[リンク切れ]
  196. ^ 2011年8月23日畑村委員長記者会見;調査状況についての説明(2013年3月4日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  197. ^ a b 10m津波想定 副社長も把握”. NHK (2011年8月25日). 2017年3月28日閲覧。
  198. ^ a b 読売新聞2011年8月26日13S版1面および13版3面、津波試算、副社長に報告…東電取締役会議論せず[リンク切れ]
  199. ^ 国会事故調 2012, p. 83.
  200. ^ 10m超の津波試算も対策取らず”. NHK (2011年12月26日). 2017年3月28日閲覧。
  201. ^ “「十分に対応する時間的余裕があった」 東電の津波被害試算で枝野氏”. msn産経ニュース. (2011年8月25日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110825/dst11082512430018-n1.htm 2011年8月27日閲覧。 [リンク切れ]
  202. ^ 澤田哲生 2012, p. 95-96.
  203. ^ 岡村行信; 宍倉正展et al. (2007年9月28日). “活断層・地震研究センターホーム>研究成果>活断層・古地震研究報告 第7号(2007年)・石巻平野における津波堆積物の分布と年代 (PDF)”. 産業技術総合研究所. 2011年3月27日閲覧。[リンク切れ]
  204. ^ 毎日新聞2011年3月27日14新版1面「大津波再来」の指摘軽視、および福島第1原発:東電「貞観地震」の解析軽視(2011年3月26日)[リンク切れ]
  205. ^ 東京新聞2011年3月24日11版S 18面「国会で津波議論済み」
  206. ^ 大津波、2年前に危険指摘 東電、想定に入れず被災[リンク切れ] 京都新聞 2011年3月26日
  207. ^ a b 読売新聞2011年4月10日13版5面「東日本大震災4月9日対策強化指示・大津波の脅威ようやく直視」
  208. ^ 東電、06年に福島第一の大津波対策費を試算[リンク切れ]読売新聞2012年6月14日13S版37面
  209. ^ 東電、06年にも大津波想定 福島第一、対策の機会逃す”. 朝日新聞 (2012年6月13日). 2017年3月28日閲覧。
  210. ^ 読売新聞2011年4月12日13S版9面記者団との一問一答「津波対策 国の基準通りやった」
  211. ^ “東電・清水社長 一問一答”. YOMIURI ONLINE. (2011年4月12日). オリジナル2011年4月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110412040757/www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/manda/20110412-OYT8T00305.htm 2011年4月16日閲覧。 
  212. ^ “東電副社長“事故は人災””. NHK. (2011年4月11日). オリジナル2011年12月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110503062435/www3.nhk.or.jp/news/html/20110501/t10015651011000.html 
  213. ^ 東電事故報告 2012, p. 4.
  214. ^ (日本語) (asx) 2011年4月27日 衆議院経済産業委員会 議題:産業活力再生・産業活動革新特別措置法改正法案 質疑者:吉井英勝 質疑開始時刻:16時40分. 衆議院TV.. http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40942&media_type=wb&lang=j&spkid=20399&time=04:17:42.4 2011年9月12日閲覧。 
  215. ^ 外部電源喪失 地震が原因”. しんぶん赤旗 (2011年4月30日). 2017年3月28日閲覧。
  216. ^ “東日本大震災(福島原発)(ニュース特集)”. 一般社団法人 共同通信社. (2011年10月21日). http://www.kyodonews.jp/feature/news05/2011/10/post-3764.html 2012年2月26日閲覧。 [リンク切れ]
  217. ^ 福島第一原発は地震では壊れなかったのか? (pdf)”. 岡本良治. 2017年3月28日閲覧。
  218. ^ 国会事故調 2012, p. 13.
  219. ^ 国会事故調 2012, p. 31.
  220. ^ a b 国会事故調 2012, p. 28.
  221. ^ 英文:カーネギー国際平和財団 (Carnegie Endowment for International Peace)、Home >Publications >Why Fukushima Was Preventable、Carnegie Paper – Tuesday, March 6, 2012, James M. Acton, Mark Hibbs
  222. ^ “原発事故防げたと米専門家 津波リスクを過小評価”. 産経ニュース. (2012年3月6日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120306/amr12030619200008-n1.htm 2012年3月11日閲覧。 [リンク切れ]
  223. ^ 女川原子力発電所の概要および東日本大震災時の対応状況 (pdf)”. 東北電力 (2014年11月11日). 2017年3月28日閲覧。
  224. ^ “IAEA元事務次長「防止策、東電20年間放置 人災だ」”. msn産経ニュース. (2011年6月11日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/110611/erp11061120200006-n1.htm 2011年6月20日閲覧。 [リンク切れ]
  225. ^ フィルターベントの設置を見送った背景は澤田哲生 2012, p. 119-120
  226. ^ a b 第165回国会 内閣委員会 第3号”. 国会 (2006年10月27日). 2017年3月28日閲覧。
  227. ^ 福島第1原発事故、昨年議員が同様な事故の可能性警告”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2011年3月28日). 2017年3月28日閲覧。
  228. ^ 巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書”. 吉井英勝 (2006年12月13日). 2017年3月28日閲覧。
  229. ^ 衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書”. 内閣総理大臣 安倍晋三 (2016年12月22日). 2017年3月28日閲覧。
  230. ^ チリ地震が警鐘 原発冷却水確保できぬ恐れ”. しんぶん赤旗 (2010年3月1日). 2017年3月28日閲覧。
  231. ^ 第174回国会 経済産業委員会 第7号”. 国会 (2010年4月9日). 2017年3月28日閲覧。
  232. ^ “Fukushima: Mark 1 Nuclear Reactor Design Caused GE Scientist To Quit In Protest, Damaged Japanese Nuclear Plant Has Five Mark 1 Reactors [MarkI原子炉の設計欠陥に抗議しGE科学者退社]” (英語). ABCニュース. (2011年3月15日). http://abcnews.go.com/Blotter/fukushima-mark-nuclear-reactor-design-caused-ge-scientist/story?id=13141287 2011年3月24日閲覧。 
  233. ^ 75年に同僚2人とともにGEを退職すると、米原子力規制委員会と共同戦線を張ってマークIの製造中止を訴えてきた。[リンク切れ]
  234. ^ 上司は「電力会社に操業を続けさせなければGEの原子炉は売れなくなる」と議論を封印。ブライデンバーさんは76年、約24年間勤めたGEを退職した。直後、米議会で証言[リンク切れ]
  235. ^ 原発の源流と日米関係(3)”. しんぶん赤旗 (2011年6月9日). 2017年3月28日閲覧。
  236. ^ a b Experts Had Long Criticized Potential Weakness in Design of Stricken Reactor”. ニューヨークタイムズ (2011年3月15日). 2017年3月28日閲覧。
  237. ^ ブルームバーグ【福島原発の事故、米NRCが20年前に警鐘】 2011年3月16日[リンク切れ]
  238. ^ 読売新聞「露は「人災説」展開」2011年3月17日13S版9面チェルノブイリ経験露専門家、日本入国足止め[リンク切れ]
  239. ^ “東日本大震災 チェルノブイリ、教訓生かされず 被害者団体代表”. Sankei Biz. (2011年3月19日). http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/110319/cpb1103190502000-n1.htm 2011年3月25日閲覧。 [リンク切れ]
  240. ^ チェルノブイリの教訓生かされず 福島原発事故で被害者団体[リンク切れ]共同通信社2011年3月18日
  241. ^ “「大津波やM9、想定却下」 福島原発 設計者ら証言”. 東京新聞 TOKYO Web. (2011年3月23日). オリジナル2011年3月23日時点によるアーカイブ。. http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/592.html 2011年9月26日閲覧。  - 阿修羅アーカイブ
  242. ^ NHK ETV アメリカから見た福島原発事故
  243. ^ 原発の源流と日米関係(3)軍事優先の開発/原潜からはじまった”. しんぶん赤旗. 日本共産党 (2011年6月9日). 2011年10月8日閲覧。
  244. ^ ECO JAPAN 動画で見る炉心溶融 求められる実態の解明[リンク切れ]
  245. ^ 『電通と原発報道 巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ』本間龍
  246. ^ 『電通と原発報道 巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ』(亜紀書房)本間龍
  247. ^ “福島原発事故調 中間報告”. 東京新聞 TOKYO Web. (2011年12月27日). http://www.tokyo-np.co.jp/feature/tohokujisin/nucerror/report1226/ 2012年2月26日閲覧。 [リンク切れ]
  248. ^ 国会事故調 2012, p. 13-14.
  249. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 98-100.
  250. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 105.
  251. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 106-107.
  252. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 107-108.
  253. ^ a b 内閣事故調中間 2011, p. 102.
  254. ^ 内閣事故調中間 2011, p. 108-109.
  255. ^ a b 内閣事故調中間 2011, p. 109.
  256. ^ 国会事故調 2012, p. 151.
  257. ^ 国会事故調 2012, p. 14, 236-239.
  258. ^ “福島第1原発:東電、水素爆発予測せず ベント手順書なし”. 毎日jp. (2011年8月17日). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110817k0000m040142000c.html 2011年8月27日閲覧。 [リンク切れ]
  259. ^ 隠されていた決定的ミス 東電はベントの方法を間違った!”. 現代ビジネス (2011年6月3日). 2017年3月28日閲覧。
  260. ^ 原子力安全・保安院>院長、改善意見を黙殺 原発防災「現行体制で」--06年 - 毎日新聞 [リンク切れ]
  261. ^ 福島原発事故、徹底した原因の検証が必要=菅首相”. ロイター (2011年4月18日). 2017年3月28日閲覧。
  262. ^ 福井新聞 原発事故で検証委設置へ 枝野氏「客観性が必要」[リンク切れ]
  263. ^ 東電社長会見のやり取り全文”. 朝日新聞 (2011年4月14日). 2017年3月28日閲覧。
  264. ^ 福島原発、危機は克服されると確信=IAEA事務局長”. 朝日新聞 (2011年3月22日). 2017年3月28日閲覧。
  265. ^ 読売新聞2011年4月22日13S版37面
  266. ^ 柏崎刈羽原発に防潮堤設置へ「15メートルの津波に対応」[リンク切れ] 産業経済新聞社2011年4月21日
  267. ^ “「首相 浜岡原発すべて停止を要請」”. NHK. (2011年5月6日). オリジナル2011年5月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110509025631/www3.nhk.or.jp/news/html/20110506/t10015733951000.html 
  268. ^ 英文サイト:Commissioner Dale E. Klein
  269. ^ 福島原子力事故調査報告書<概要版 別添> (pdf)”. 東京電力 (2012年6月20日). 2017年3月28日閲覧。、7/26ページ 引用末尾文 『我が国(日本)のどの地震関連機関も考えていなかったことから、知見を超えた巨大地震・巨大津波であったといえる。』
  270. ^ 東電、津波対策の不備を初めて認める[リンク切れ]読売新聞2012年10月13日13S版9面、および翌14日13S版2面
  271. ^ 大前研一氏らメンバー…東電に原子力改革監視委[リンク切れ]読売新聞2012年9月10日
  272. ^ 東電の原子力改革監視委が初会合 柏崎再稼働目指し、信頼回復図る[リンク切れ]産経Biz、2012年10月12日
  273. ^ 産経新聞、2013年9月2日。
  274. ^ 東電幹部・菅元首相ら42人 原発事故 全員不起訴[リンク切れ]東京新聞、2013年9月10日。
  275. ^ a b 東電元会長ら再び不起訴 東京地検、原発事故「予測は困難」”. 日本経済新聞 (2015年1月23日). 2017年3月28日閲覧。
  276. ^ “東電元会長ら3人を強制起訴 福島原発事故の責任問う”. 朝日新聞デジタル. (2016年2月29日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2V4TNLJ2VUTIL03N.html 2016年6月7日閲覧。 [リンク切れ]
  277. ^ 「死んだと思った」 チャイナシンドロームと「東日本壊滅」”. 産経ニュース (2014年8月27日). 2017年3月28日閲覧。
  278. ^ 独立検証委 2012, p. 89.
  279. ^ NHKスペシャル -メルトダウン- 取材班『メルトダウン 連鎖の真相』講談社、2015年、138-140頁。
  280. ^ NHKスペシャル -メルトダウン- 取材班『メルトダウン 連鎖の真相』講談社、2015年、141、159頁。
  281. ^ NHKスペシャル -メルトダウン- 取材班『メルトダウン 連鎖の真相』講談社、2015年、159頁。
  282. ^ 独立検証委 2012, p. 90-91.
  283. ^ 近藤駿介 (2011年3月25日). “福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描”. 藤崎良次. 2012年3月4日閲覧。
  284. ^ 藤崎良次のホームページ
  285. ^ 福島事故直後に「最悪シナリオ」 半径170キロ強制移住[リンク切れ]東京新聞
  286. ^ 菅直人 (2013年11月8日). “福島原発事故に遭遇して”. ハフィントン・ポスト. http://www.huffingtonpost.jp/naoto-kan/post_6098_b_4237799.html 2013年11月8日閲覧。 
  287. ^ “福島4号機のプール冷却が停止 第1原発、警報作動”. 共同通信社. 47News. (2012年4月12日). http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012041201001482.html 2012年4月25日閲覧。 [リンク切れ]
  288. ^ 読売新聞2012年3月10日13S版「スキャナー」3面
  289. ^ “直後に炉心溶融を懸念 米国民の退避拡大も NRCが内部文書公表”. 産経ニュース (東京). (2012年2月22日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/120222/amr12022214440002-n1.htm 2012年3月10日閲覧。 [リンク切れ]
  290. ^ “Wider U.S. Evacuation at Fukushima Supported in NRC Transcripts [NRC筆記文書録によれば福島のより広範囲退避区域を後押ししていた]” (英語). ニューヨーク: ビジネスウィーク. (2012年2月24日). http://www.businessweek.com/news/2012-02-24/wider-u-s-evacuation-at-fukushima-supported-in-nrc-transcripts.html 2012年3月10日閲覧。 
  291. ^ テレビは原発事故をどう伝えたのか (平凡社新書) – 伊藤 守 (著)
  292. ^ 海水注入遅れたと米紙指摘 東京電力、廃炉を懸念[リンク切れ]
  293. ^ 米紙指摘 東京電力 廃炉の懸念で海水注入遅れた「60%が人災だ」[リンク切れ]
  294. ^ 1号機海水注入、官邸指示で中断TBS 2011年5月20日
  295. ^ 1号機の海水注入を55分間中断 再臨界恐れ首相指示[リンク切れ]共同通信 2011年5月20日
  296. ^ 菅直人氏、読売新聞に謝罪求める 「首相意向で海水注入中断の報道は二重の意味で誤り」”. J-CASTニュース (2014年9月2日). 2017年3月28日閲覧。
  297. ^ 現地視察「吉田所長に迷惑かけたかも」 菅元首相、ブログで釈明[リンク切れ]産経新聞 2014年9月12日
  298. ^ 原発対策、信頼失う 東電、注水中断確認せず”. 日本経済新聞 (2011年5月27日). 2017年3月28日閲覧。
  299. ^ 福島第1原発の吉田所長の注水継続判断”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2011年5月27日). 2017年3月28日閲覧。
  300. ^ 東京電力 清水社長 参考人招致」
  301. ^ 第3部 事故対応の問題点(2012年10月25日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  302. ^ 東電社長が一時は「全面撤退」申し入れ 枝野氏「今だから明かす」混乱の内幕”. J-CASTニュース (2011年9月8日). 2017年3月28日閲覧。
  303. ^ 電気新聞ー福島第一「全面撤退検討」は誤解 東電顧問が証言 - 主要ニュース - ニュース [リンク切れ]
  304. ^ 菅首相指示、社内共有せず…東電前副社長認める [リンク切れ]
  305. ^ 東京電力がマスコミに反撃 事故直後の「全面撤退」めぐりバトル”. J-CASTニュース (2011年9月14日). 2017年3月28日閲覧。
  306. ^ 最悪時は残留10人と「認識」 国会事故調で東電前社長ー朝日新聞[リンク切れ]
  307. ^ 東京電力(株)福島原子力発電所事故調査委員会第18回委員会 プレゼン資料(2012年10月25日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  308. ^ 第19回事故調査委員会 「東京電力に全面撤退の形跡無し」と事故調査委員 野村氏が結論。(24分40秒)
  309. ^ カウントダウン・メルトダウン 上巻 第8章「運命の日」
  310. ^ カウントダウン・メルトダウン 上巻 第8章「運命の日」p308-p310
  311. ^ 「撤退するか残るか」。東電と菅首相が直面した究極の選択”. WEBRONZA (2012年3月21日). 2017年3月28日閲覧。
  312. ^ a b 「吉田調書」”. 朝日新聞. 2017年3月28日閲覧。
  313. ^ “福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明”. 朝日新聞. (2014年5月20日). http://digital.asahi.com/articles/ASG5L51KCG5LUEHF003.html 2014年5月20日閲覧。 [リンク切れ]
  314. ^ “原発事故調、当初は開示方針 吉田調書など全772人分”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG5R7D7XG5RUTFK01V.html?iref=comtop_6_01 2014年5月24日閲覧。 [リンク切れ]
  315. ^ “門田隆将 朝日新聞「吉田調書」報道の罪 全文掲載【4/6】”. Newsポストセブン. (2014年9月12日). http://www.news-postseven.com/archives/20140912_276517.html 2017年3月29日閲覧。. 
  316. ^ a b c d “吉田調書をめぐる朝日新聞社報道 経緯報告”. 朝日新聞. (2014年9月12日). オリジナル2014年9月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140912001552/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140912/k10014546801000.html 2014年9月15日閲覧。 
  317. ^ “吉田所長、「全面撤退」明確に否定 福島第1原発事故”. 産経新聞. (2014年8月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140818/plc14081805000001-n1.htm 2014年8月18日閲覧。 [リンク切れ]
  318. ^ “朝日の「命令違反・撤退」報道、吉田調書とズレ”. 読売新聞. (2014年8月30日). オリジナル2014年9月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140901205749/http://www.yomiuri.co.jp/science/20140830-OYT1T50006.html 2014年8月30日閲覧。 
  319. ^ 朝日の吉田調書報道「なぜここまで日本人貶めるのか」と作家”. NEWS ポストセブン (2014年6月9日). 2017年3月28日閲覧。
  320. ^ “週刊ポスト記事に朝日新聞社抗議 吉田調書めぐる報道”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG695J36G69UUPI00C.html [リンク切れ]
  321. ^ “FLASHに朝日新聞社抗議 吉田調書めぐる記事”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG6B4TZ6G6BUUPI001.html [リンク切れ]
  322. ^ “週刊ポスト2014年9月5日号”. http://www.weeklypost.com/140905jp/index.html 
  323. ^ “サンデー毎日2014年6月29日号”. http://sunday.mainichi.co.jp/blog/2014/06/2014629-b073.html 
  324. ^ “週刊文春2014年9月4日号”. http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4292 
  325. ^ 読売新聞2014年8月31日13S版39面
  326. ^ “吉田調書「命令違反で撤退」の記事取り消し 朝日新聞”. 朝日新聞. (2014年9月11日). http://www.asahi.com/articles/ASG9C63FTG9CUTIL04Q.html?iref=com_alist_6_01 [リンク切れ]
  327. ^ 吉田調書を公開 官房長官「非公開、遺志に反する」”. 日本経済新聞 (2014年9月11日). 2017年3月28日閲覧。
  328. ^ 政府事故調査委員会ヒアリング記録”. 内閣官房. 2017年3月28日閲覧。
  329. ^ “朝日新聞が「吉田調書」記事を訂正へ”. NHK. (2014年9月11日). オリジナル2014年9月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140911212638/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140912/k10014546801000.html 2014年9月11日閲覧。 
  330. ^ “「吉田調書」報道で誤り認め訂正へ…朝日新聞”. 読売新聞. (2014年9月11日). オリジナル2014年9月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140911155932/http://www.yomiuri.co.jp/national/20140911-OYT1T50120.html 2014年9月11日閲覧。 
  331. ^ “朝日新聞 「吉田調書」記事取り消し”. NHK. (2014年9月11日). オリジナル2014年9月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140911113259/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140911/k10014539401000.html 2014年9月11日閲覧。 
  332. ^ “朝日新聞:吉田調書の報道で誤り認める…社長、引責辞任へ”. 毎日新聞. (2014年9月11日). オリジナル2014年9月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140911115528/http://mainichi.jp/select/news/20140912k0000m040046000c.html 2014年9月11日閲覧。 
  333. ^ “「吉田調書」報道で朝日新聞社長が今夕会見、事実関係説明へ”. MSN産経ニュース. (2014年9月11日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140911/crm14091111460011-n1.htm 2014年9月11日閲覧。 [リンク切れ]
  334. ^ “吉田調書「命令違反で撤退」の記事取り消し 朝日新聞”. 朝日新聞. (2014年9月11日). http://www.asahi.com/articles/ASG9C63FTG9CUTIL04Q.html 2014年9月11日閲覧。 
  335. ^ “信頼回復へ社内委員会を設置 朝日新聞”. 朝日新聞. (2014年9月12日). http://www.asahi.com/articles/ASG9C72PHG9CUTIL06G.html 2014年9月12日閲覧。 [リンク切れ]
  336. ^ 朝日新聞 「吉田調書」記事を取り消し謝罪”. 日テレNEWS24 (2014年9月12日). 2017年3月28日閲覧。
  337. ^ “報道と人権委員会、朝日新聞報道を審理へ 吉田調書”. 朝日新聞. (2014年9月12日). http://www.asahi.com/articles/ASG9C5QYVG9CUTIL03M.html 2014年9月12日閲覧。 [リンク切れ]
  338. ^ a b c d “朝日新聞 朝刊で記事取り消し謝罪”. NHK. (2014年9月12日). オリジナル2014年9月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140912001552/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140912/k10014546801000.html 2014年9月12日閲覧。 
  339. ^ 牧野宏美、古関俊樹 (2014年9月13日). “朝日新聞:作家や週刊誌に「おわび」 吉田調書報道で”. 毎日新聞. オリジナル2014年9月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140913081210/http://mainichi.jp/select/news/20140913k0000e040213000c.html 2014年9月13日閲覧。 
  340. ^ a b “吉田調書報道巡り、抗議撤回しおわび 朝日新聞社”. 朝日新聞. (2014年9月13日). http://www.asahi.com/articles/ASG9D6W0MG9DULZU00M.html 2014年9月13日閲覧。 [リンク切れ]
  341. ^ a b “朝日、社説や天声人語でも謝罪…吉田調書など”. 読売新聞. (2014年9月13日). オリジナル2014年9月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140913145101/http://www.yomiuri.co.jp/national/20140913-OYT1T50065.html 2014年9月13日閲覧。 
  342. ^ “朝日、夕刊1面コラムも謝罪「過剰な表現撤回」”. 読売新聞. (2014年9月13日). オリジナル2014年9月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140913222051/http://www.yomiuri.co.jp/national/20140913-OYT1T50157.html 2014年9月14日閲覧。 
  343. ^ a b c 朝日新聞、産経新聞社などに謝罪「抗議したこと自体が誤り」”. サンスポ (2014年9月14日). 2017年3月28日閲覧。
  344. ^ a b c “朝日、東電に改めておわび…訪問意向示し紙面で”. 読売新聞. (2014年9月17日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140917-OYT1T50048.html?from=ycont_top_txt 2014年9月17日閲覧。 [リンク切れ]
  345. ^ a b 朝日、今度は東電におわび 17日付朝刊で謝罪記事掲載”. 夕刊フジ (2014年9月17日). 2017年3月28日閲覧。
  346. ^ a b “東京電力と関係者の皆様に改めておわびします 「吉田調書」報道で朝日新聞社”. 朝日新聞. (2014年9月17日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11353673.html?iref=comtop_pickup_01 2014年9月17日閲覧。 [リンク切れ]
  347. ^ “Nuclear Experts Explain Worst-Case Scenario at Fukushima Power Plant” (英語). Scientific American. (2011年3月13日). http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=fukushima-core 2011年3月13日閲覧。 
  348. ^ “Modified version of original post written by Josef Oehmen”. (2011年3月13日). http://mitnse.com/2011/03/13/why-i-am-not-worried-about-japans-nuclear-reactors/ 2011年3月15日閲覧。 [リンク切れ]
  349. ^ “MIT原子力理工学部による改訂版・福島第一原発事故解説”. (2011年3月16日). http://d.hatena.ne.jp/arc_at_dmz/20110316/fukushima_nc_power_plants 2011年3月28日閲覧。 
  350. ^ “京大教授に聞く 福島第一原発放射能漏れ問題”. UNN関西学生報道連盟. (2011年3月16日). http://www.unn-news.com/shinsai-special/article/201103162637 2011年3月26日閲覧。 [リンク切れ]
  351. ^ 第178回国会 本会議 第5号(平成23年9月29日(木曜日))”. 衆議院 (2011年9月29日). 2017年3月28日閲覧。
  352. ^ 第178回国会 本会議 第4号”. 国会 (2011年9月30日). 2017年3月28日閲覧。
  353. ^ 第179回国会 本会議 第14号(平成23年12月2日(金曜日))”. 衆議院 (2011年12月2日). 2017年3月28日閲覧。
  354. ^ 第179回国会 本会議 第10号”. 国会 (2011年12月2日). 2017年3月28日閲覧。
  355. ^ “福島原発事故は「人災」と国会事故調、「日本製」の災害とも”. CNN.co.jp. (2012年7月5日). http://www.cnn.co.jp/world/30007246.html 2012年7月5日閲覧。 [リンク切れ]
  356. ^ 国会事故調 2012.
  357. ^ 発信箱:原発事故は文化のせい? 毎日新聞 2012年07月20日[リンク切れ]
  358. ^ 読売新聞2012年2月28日13S版2面
  359. ^ “【原発民間事故調報告書】しがらみなし 官邸や東電の責任ばっさり 当事者責任に深く踏み込む”. msn産経ニュース. (2012年2月28日). http://sankei.jp.msn.com/science/news/120228/scn12022800510008-n1.htm 2012年3月7日閲覧。 [リンク切れ]




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「福島第一原子力発電所事故」の関連用語

福島第一原子力発電所事故のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



福島第一原子力発電所事故のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福島第一原子力発電所事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS