放射線量とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 線量 > 放射線量の意味・解説 

ほう しゃせん りょう はう -りやう [4] 【放射線量】

線量せんりよう

放射線量

放射線の量の大きさのことをいい,表示単位として,放射線自身強さをもとにしたクーロン/キログラム(C/kg),物質与え効果をもとにしたグレイGy),シーベルトSv)があります
クーロン/キログラムとはγ線Ⅹ線どれだけ当たったかを表す単位です。
グレイとは,物質どれだけ放射線吸収したかを計る単位であり,物質放射線が当たるとき,その量が同じでも吸収される量は物質によって異なります。
シーベルトとは,放射線人体に及ぼす影響計る単位であり,吸収された線量が同じであっても放射線種類によって人体に及ぼす影響異なります。
なお,ベクレルとは,放射能強さを示す単位であり,1秒間に1個の原子核崩壊する放射能強さ1ベクレルといいます。

吸収線量

(放射線量 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/06 20:44 UTC 版)

吸収線量(きゅうしゅうせんりょう、absorbed dose[注釈 1])とは、放射線の照射によって単位質量あたりの物質が吸収するエネルギー量を言う。吸収線量の単位はグレイ(Gray、記号:Gy)が用いられる[注釈 2]




  1. ^ 草間 2005, p. 19.
  2. ^ 草間 2005, p. 22.
  3. ^ 森下 2007.


「吸収線量」の続きの解説一覧



放射線量と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「放射線量」の関連用語

放射線量のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



放射線量のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吸収線量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS