ガンマ線とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 光学 > ガンマ線 > ガンマ線の意味・解説 

ガンマ線(γ線)

放射性元素から出る電磁波であるγ線は,物質透過する力がα線β線比べて強いので,原子力発電所では厚いコンクリート原子炉囲いγ線が外へ出ないようにしています。

ガンマ線

読み方がんません
英語表記gamma rays

ガンマ(γ)線は、電磁波と同じ種類のもので、励起エネルギー状態にある原子核がより低い状態または基底状態に移るとき、または粒子消滅するときに生ず電磁波である。その波長10121014m、エネルギーにして0.1~100MeV程度である。γ線α崩壊またはβ崩壊あるいは核反応付随して放出され、核種固有一定のエネルギーをもっている。
性質は、X線と同じであるがエネルギーが強いことから物質透過する力はX線より強い。また、生物影響与え電離作用アルファ線ベータ線比べ小さい。
原子核基因するのがγ線であり、原子基因するのはX線である。
GMサーベメイータ、シンチレーションカウンター電離箱等によって測定することができる。

ガンマ線(γ線)

原子核壊変によって原子核から放出される電磁波をガンマ線という。不安定原子核アルファ線ベータ線放出した後に、さらにガンマ線を放出してより安定原子核移行する。 ガンマ線は物質透過する力がアルファ線ベータ線比べ強く遮へいをするには、厚い鉛板コンクリート壁が必要である。

γ線 (ガンマ線)

原子核からα線β線が出たあとに残ったエネルギー電磁波(光の仲間)の形で出てくるもの。物を透過する能力が高く、この放射線止めるには鉛板分厚いコンクリート壁を必要とする。外部被ばく内部被ばくによる人体内への影響があるため、両者避けることが重要。

ガンマ線

非常に高周波貫通性の短波電磁放射

ガンマ線


ガンマ線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/12 17:06 UTC 版)

ガンマ線(ガンマせん、γ線、: gamma ray)は、放射線の一種。その実体は、波長がおよそ 10 pm よりも短い電磁波である。




注釈

  1. ^ 核異性体遷移では測定可能ではるかに長い半減期を持つ抑制されたガンマ崩壊が起こりうることが現在ではわかっている。

出典

  1. ^ P. Villard (1900) "Sur la réflexion et la réfraction des rayons cathodiques et des rayons déviables du radium", Comptes rendus, vol. 130, pages 1010–1012. See also: P. Villard (1900) "Sur le rayonnement du radium", Comptes rendus, vol. 130, pages 1178–1179.
  2. ^ L'Annunziata, Michael F. (2007). Radioactivity: introduction and history. Amsterdam, Netherlands: Elsevier BV. pp. 55–58. ISBN 978-0-444-52715-8. 
  3. ^ Rutherford named γ rays on page 177 of: E. Rutherford (1903) "The magnetic and electric deviation of the easily absorbed rays from radium", Philosophical Magazine, Series 6, vol. 5, no. 26, pages 177–187.
  4. ^ a b Rays and Particles”. Galileo.phys.virginia.edu. 2013年8月27日閲覧。
  5. ^ 日本海側の冬の雷雲が40秒間放射した10 MeVガンマ線を初観測 -冬の雷雲が天然の粒子加速器である証拠をつかむ- 独立行政法人 理化学研究所
  6. ^ David J. Brenner et al. (2003). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761–13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "This work was supported in part by the U.S. Department of Energy Low-Dose Radiation Research Program." 
  7. ^ 翻訳:調麻佐志, 【翻訳論文】「低線量被ばくによるがんリスク:私たちが確かにわかっていることは何かを評価する」PNAS (2003), “海外癌医療情報リファレンス”, 一般社団法人 サイエンス・メディア・センター, http://smc-japan.org/?p=2037 2011年8月26日閲覧。 


「ガンマ線」の続きの解説一覧



ガンマ線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンマ線」の関連用語

ガンマ線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガンマ線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2019 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2019 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2019 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガンマ線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS