アルファ線とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アルファ線の意味・解説 

アルファ‐せん【α線/アルファ線】

放射線の一。放射性元素α崩壊放出されるα粒子流れ人工的には、サイクロトロンなどを用いてヘリウムイオンを加速して発生させる。β(ベータ)線・γ(ガンマ)線より電離作用強く透過力は小さい。数センチメートル空気の層や紙一枚で容易に遮蔽することができるが、α線放出する放射性物質体内に取り込んだ場合内部被曝により人体悪影響もたらす


アルファ線(α線)

放射線一種。正(プラス)の電気帯びヘリウム原子核流れで,ものを通す力(透過性)は弱く,薄い紙1でも止められます。 
アルファ線を出す放射性物質として,ラジウム-226ウラン-238等があります

アルファ線(α線)

読み方あるふぁせん
英語表記alpha rays

放射線一種で、アルファ(α)崩壊によって放出されるアルファ(α)粒子流れビーム)。
この粒子は、2個の中性子と2個の陽子からなるヘリウム原子核であり、また+2の電荷帯びている荷電粒子であるので、電場磁場屈曲される。
アルファ線は電離作用強く物質中を通りぬける力は弱くcm空気層、薄い紙一枚程度止まる
アルファ線は電離作用が強いので、その内被ばくには十分注意しなければならない

アルファ線(α線)

アルファ線は、放射線一種で、陽子2個と中性子2個からなるヘリウム原子核と同じ構造粒子である。物質通り抜ける力は弱く衝突した相手電離する能力が高いため、自分の持つエネルギーを急速に失ない空気中では数センチメートルしか進めず、紙一枚程度止めることができる。 アルファ線を人体外部で受けた場合、アルファ線は皮膚の表面で止まってしまうため、人体への影響ほとんどない。しかし体内にアルファ線を放出する放射性物質摂取した場合その物質の沈着した組織細胞集中してアルファ線の全エネルギーを受けるため人体が受ける影響大きい。 アルファ線

α線 (アルファ線)

原子核から放出される高速ヘリウム原子核。物を透過する能力は低く、紙1程度遮蔽できる。特にα線を放出する核種については、経口摂取等による体内被ばく防止が重要。

アルファ粒子

(アルファ線 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 18:20 UTC 版)

アルファ粒子(アルファりゅうし、α粒子、: alpha particle)は、高い運動エネルギーを持つヘリウム4原子核である。陽子2個と中性子2個からなる。放射線の一種のアルファ線(アルファせん、α線、: alpha ray)は、アルファ粒子の流れである。






「アルファ粒子」の続きの解説一覧

「アルファ線」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アルファ線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルファ線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2022 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2022 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルファ粒子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS