真空とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 真空 > 真空の意味・解説 

しん‐くう【真空】

読み方:しんくう

工学的技術的に周囲に比べて十分圧力が低い状態。物質が全く存在しない空間完全真空という。

実質のないからっぽの状態。また、働き活動停止し外部からの影響作用なども全く及んでいない状態。「頭が―になる」「―地帯

仏語一切の現象を空(くう)であり無であると観じた、そうした空さえも超えた空。宇宙万物の本体である真如(しんにょ)の姿。

「真空」に似た言葉

しんくう 真空 vacuum

大気圧より低い圧力をいう。完全にガス圧力のないときを完全真空という。真空は大気圧との差を真空度として水銀柱表わし真空mmHgと書く。完全真空真空度760mmHgとなる。

真空

作者小山内薫

収載図書
出版社国文学研究資料館
刊行年月2008.3
シリーズ名リプリント日本近代文学


真空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:44 UTC 版)

真空(しんくう、: vacuum)は、通常の大気圧より低い圧力の気体で満たされた空間の状態[1]


注釈

  1. ^ 26,900,000,000,000,000,000個。2,690京個。
  2. ^ この考え方に基いて、天体運動は真空の生じない天球回転運動でなくてはならず、楕円運動直線運動ではありえないと論じられた。
  3. ^ 実際には低圧によって蒸発した水銀の気体で満たされている

出典

  1. ^ JIS Z 8126-1:1999「真空技術−用語−第 1 部:一般用語」日本産業標準調査会経済産業省
  2. ^ 広瀬立成・細田昌孝 『真空とはなにか』講談社、1984年、115頁。ISBN 4-06-118155-6 
  3. ^ 広瀬立成・細田昌孝 『真空とはなにか』講談社、1984年、105頁。ISBN 4-06-118155-6 



真空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:37 UTC 版)

ピギーバック衛星」の記事における「真空」の解説

真空空間では筐体内に不用意に閉鎖空間作ると、宇宙上がってから膨張によって破裂するこのような技術的な注意困難さ地上での製品とは異なって発生する放熱 対流起きない真空中では、放熱構造体への伝導宇宙へ赤外線放射によって行なわれる

※この「真空」の解説は、「ピギーバック衛星」の解説の一部です。
「真空」を含む「ピギーバック衛星」の記事については、「ピギーバック衛星」の概要を参照ください。


真空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/23 07:45 UTC 版)

シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の記事における「真空」の解説

自然なあり方として人は自己増大させようとする。自らをすり減らすいうのは自然なことではなく超自然的なことである。自己無化に貫かれるヴェイユ思索根底で神と結びつくヴェイユ残したノートを彼女の友人ティボン編集した本『重力恩寵』の冒頭にはこうある。 魂の自然な動きはすべて、物質における重力法則類似の法則支配されている。恩寵だけが、そこから除外されるこの世ひたすら下落へと向か重力支配されており、それから免れようにも重力支配された魂は誤りを犯す。だから自分から高まろうとするのではなく待望こそ必要とされるのである。すべてをもぎ取られた真空としての待望である。そして真空とは自然なことではない。ヴェイユによれば下落から逃れて高み昇るのは恩寵によってのみ可能であるが、重力下降運動恩寵の上昇運動とともに恩寵の二乗としての下降運動があり、これは重力無関係に自ら下降するヴェイユ自己否定としての神を語る。キリストの受難そのように捉えられている。神から最も離れており、神に立ち戻るのは絶対に不可能なほどの地点ある人のもとに、神が人としてやってきて十字架かかったということは神の自己否定であるという。 ヴェイユによれば世界の創造自己否定である。神は世界創造以前にはすべてであり、完全であった。しかし神は創造によって自分以外のものが世界存在することに同意し、自ら退いたのである。神と神以外のものの総計は、神だけが存在する状態よりも小さい。創造とは拡大ではなく収縮である。神の代わりに世界支配するようになった原理は、人格自律性物質必然性である。神の自己否定によって存在与えられた我々は神の模倣、つまり自己否定によって神に応えることができるという。そして応答としての自己否定とは具体的に隣人愛世界の美への愛なのである。この愛とは、神がそのように創造した世界受け入れることと言ってもよい。つまりそれ自身のために、自己の支配力否定することである。 世界が善だから愛するというのではなく、悪をみつめ、悪を憎悪しつつも善と悪造った神と、神が創ったこの世界愛すること説くヴェイユ偽りの慰め退け想像上の神を信じる者より神を否定するの方が神に近いという。全く神が欠けているということでこの世界は神そのものであり、この奥義に触れることで人ははじめて安らぐことができると、ヴェイユノート書き残している。

※この「真空」の解説は、「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の解説の一部です。
「真空」を含む「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の記事については、「シモーヌ・ヴェイユ (哲学者)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「真空」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

真空

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 08:57 UTC 版)

名詞

しんくう

  1. 気体全く存在しない状態

翻訳


「真空」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



真空と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真空」の関連用語

真空のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



真空のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのピギーバック衛星 (改訂履歴)、シモーヌ・ヴェイユ (哲学者) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの真空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS