電磁相互作用とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 電磁相互作用の意味・解説 

でんじ‐そうごさよう〔‐サウゴサヨウ〕【電磁相互作用】

自然界存在する四つ基本的な力相互作用)の一。電磁場から荷電粒子が受ける力を指し光子仮想光子)が力を媒介する。電荷符号正負であれば引力となり、同じであれば反発力斥力)となる。電磁気力


電磁相互作用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/12 06:14 UTC 版)

電磁相互作用でんじそうごさようは、電場あるいは磁場から電荷が力を受ける相互作用のことをいい、基本相互作用の一つである。電磁気学によって記述される。場の理論においてラグランジアンに対して1次のユニタリ群(U(1))ゲージ対称性を付与することで現れるU(1)ゲージ場の成分が電磁気学におけるいわゆるスカラーポテンシャル及びベクトルポテンシャルと対応し、また自身についても対応する自由ラグランジアンを持っている。ラグランジュ形式で議論することで、物質に対応する変数でオイラー=ラグランジュ方程式を解くことで電磁場から物質に対しての影響を、逆に電磁場に対応する変数でオイラーラグランジュ方程式を解くことで物質側から電磁場に与える影響を導き出すことができ、それぞれ、通常の力学でのローレンツ力マクスウェル方程式のうちのガウスの法則とアンペールマクスウェル方程式を導出することになる。




「電磁相互作用」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電磁相互作用」の関連用語

電磁相互作用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電磁相互作用のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電磁相互作用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS