磁場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > 磁場の意味・解説 

じ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【磁場】

読み方:じじょう

磁界(じかい)


じ‐ば【磁場】

読み方:じば

磁界


磁場

【英】:Magnetic Field

磁荷作用する力の場のこと。磁界ともいう。単位SI単位系ではアンペア毎メートル[A/m]、CGS単位系ではエルステッド[Oe]。記号Hで表す。1[A/m]=4π・10-3[Oe]。地球上で地磁気呼ばれる磁場が存在する

磁場

2つの磁尺の間に存在する又は元素関連して引力又は反発力存在する領域地球の磁場は、その存在するーニッケルによると考えられている。この磁場が、高エネルギー帯びた粒子絶え間ない爆撃から地球守っている。

磁場

読み方:じば

電流流れているとその周りに磁場ができる。地磁気は,地球内部に流れ電流でできる。磁場は方向をもち,地磁気では,南北の方向である。磁場の方向を線で表したのが,磁力線である。磁場の単位には,ガウスまたはテスラ用いられ,1テスラ1万ガウス対応する地磁気強さは約0.5ガウスであり,永久磁石磁場の強さ数百ガウスである。トカマク型核融合実験装置では,コイル用いて数千ガウスから数十ガウス数十テスラ)の磁場を作りプラズマ閉じ込める

磁場

作者澤井繁男

収載図書鮮血沢井繁男短篇集
出版社未知谷
刊行年月2004.2


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/16 15:08 UTC 版)

磁場(じば、英語: Magnetic field)は、電気的現象・磁気的現象を記述するための物理的概念であり、電流が作り出すとして定義される。工学分野では、磁界(じかい)ということもある。


  1. ^ 国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 産業技術総合研究所、計量標準総合センター、p.108 表5、2020年4月
  2. ^ The International System of Units BIPM, p.139, Table 5


「磁場」の続きの解説一覧

磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 21:10 UTC 版)

LB 11146」の記事における「磁場」の解説

LB 11146bの磁場の強度は、およそ670メガガウスと見積もられており、これは既知の白色矮星の中で最も強いものの一つである。一方でLB 11146aの方は、検出できる程の強さの磁場は持っておらず、LB 11146bと比較すると、少なくとも数千倍は弱い。LB 11146以前には接触連星質量移動がある連星外で、強磁場白色矮星みつかった例はほとんどなかった。このような奇妙な対の連星が、どのようにしてできるのかについて、個々の恒星進化連星進化いずれに原因があるのかは不明である

※この「磁場」の解説は、「LB 11146」の解説の一部です。
「磁場」を含む「LB 11146」の記事については、「LB 11146」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:56 UTC 版)

トカマク型」の記事における「磁場」の解説

これら3種類のコイルによってプラズマドーナツ状形状保持されるプラズマ中の磁場はまずトロイダルフィールドコイルによって作られたトロイダル磁場によって単純なトロイダル方向の、つまりドーナッツ輪の中ぐるぐる回方向に磁場が形成される。 センターソレノイドコイルの作り出す磁場によってプラズマトロイダル方向力を受ける。既にトロイダル磁場があるのでこの磁場に沿う形で内部プラズマドーナッツの中を流れる。流れ方向プラスの原子核イオン)とマイナスの電子では逆方向なのでこの流れ電流として働く。 この電流ポロイダル方向に、つまりドーナツ片側断面方向まとわり付くように新たな磁場が生じる。この新たな磁場をポロイダル磁場と呼ぶ。既にあるトロイダル磁場とこの新たなポロイダル磁場の合成によりねじれた磁場がプラズマ中の電流中心として周囲を囲む。 このドーナツ型にねじれた磁場は長ネギの皮のように層をなしており、この仮想的な層を磁気と呼ぶプラズマに近い磁気面は強くプラズマに遠い磁気面で弱くなる。またこの磁気同士ではねじれ方に違いがありこの違いシア呼ばれプラズマ散逸を防ぐ働きをする。 ドーナツ外周側では内周側に比べてトロイダル磁場が弱くなるので、このままではプラズマ漏れ大きくなる。これを防ぐためにもドーナッツ平行なポロイダルフィールドコイルによって外周の上下方向の磁場を強くして漏れ最小にする。

※この「磁場」の解説は、「トカマク型」の解説の一部です。
「磁場」を含む「トカマク型」の記事については、「トカマク型」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 16:03 UTC 版)

オシリス (惑星)」の記事における「磁場」の解説

2014年に、HD 209458 b から水素蒸発していく様子から、惑星周りの磁場に関する示唆与えられた。これは系外惑星の磁場の初めての (間接的な) 検出である。この研究からは、この惑星の磁場は木星のおよそ10分の1強さであると推定された。

※この「磁場」の解説は、「オシリス (惑星)」の解説の一部です。
「磁場」を含む「オシリス (惑星)」の記事については、「オシリス (惑星)」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/12 08:23 UTC 版)

さそり座タウ星」の記事における「磁場」の解説

さそり座τ星は明瞭な磁界持ち、その表面磁場はゼーマンドップラーイメージング(英語: Zeeman-Doppler imaging)によってマップ化されている。この星の強い磁場は、主系列星前主系列星合体することで生成されたものと考えられている。

※この「磁場」の解説は、「さそり座タウ星」の解説の一部です。
「磁場」を含む「さそり座タウ星」の記事については、「さそり座タウ星」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 00:25 UTC 版)

白色矮星」の記事における「磁場」の解説

白色矮星はその表面でおよそ100万ガウス (100テスラ) の磁場を持つことが、1947年パトリック・ブラケットによって予言された。これは彼が提唱した電荷持たず自転している天体はその角運動量比例する磁場を生成するはずであるという物理法則基づものであるときおりブラケット効果英語版)とも呼ばれたこの仮説一般に受け入れられず、1950年代までにはブラケット自身もこの説は反駁されたと感じていた:39431960年代には、白色矮星その前駆体である恒星存在していた全表面磁束の保存に起因する磁場を持つという説が提唱された。元の恒星表面磁場がおよそ100ガウス (0.01テスラ) であった場合恒星白色矮星となって半径100分の1になることで表面磁場は集約されておよそ 100×1002 = 100万ガウス (100テスラ) になる:§8:484初め発見された磁場を持つ白色矮星はGRW +70 8247(英語版) (GJ 742) であり、1970年放射光円偏光検出によって磁場を持つことが確認された。この天体表面磁場はおよそ3ガウス (30キロテスラ) であると考えられている:§8。 1970年以降200個を大幅に超える白色矮星で磁場が発見されており、その強度は 2×103 ガウスから 109 ガウス (0.2テスラから100キロテスラ) の範囲である。ほとんどの白色矮星は低解像度分光観測によってその存在同定されているが、この手法は白色矮星の1メガガウス以上の磁場の存在明らかにすることができるため、磁場を持つことが知られている白色矮星個数は多い。そのため、白色矮星基本的な同定過程時折磁場が発見される白色矮星少なくとも10%は、100万ガウス (100テスラ) を超える磁場を持つと推定されている。 2016年には、さそり座AR星連星系に強い磁場を持った白色矮星存在特定されている。この天体は、コンパクト星中性子星ではなく白色矮星であるパルサーとしては初めての例である。

※この「磁場」の解説は、「白色矮星」の解説の一部です。
「磁場」を含む「白色矮星」の記事については、「白色矮星」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:35 UTC 版)

太陽系外惑星」の記事における「磁場」の解説

2014年惑星表面からの水素蒸発観測した結果惑星HD 209458 b周りに磁場が存在する推測された。これが初めて(間接的に検出され太陽系外惑星の磁場となった。この磁場の強さ木星の約10分の1になるとされている主星近く惑星の間で作用する、磁場の相互作用ガリレオ衛星木星表面上オーロラ形成させると同様原因で引き起こされるオーロラによる電波放射LOFARなどの電波望遠鏡検出することができる。電波放射は、他の観測方法では求められない惑星自転速度求めれ可能性示されている。 地球の磁場は、液体金属コア流れに起因するが、より内部が高圧スーパー・アースでは、地球での条件作られた化合物異なるものが形成されるかもしれない化合物は、より大きな粘度と高い融点を持つ可能性があり、内部異なる層に分類するのを避けコアの無い未分化のマントル形成しているかもしれない。MgSi3O12のような酸化マグネシウム形態は、スーパー・アース内部圧力温度では、液体金属となり、スーパー・アースマントルに磁場を発生させる可能性があるホット・ジュピター予想以上に大きなサイズ有していることがある。これは、恒星風と惑星の磁場との間で作用する相互作用によって引き起こされ惑星加熱によって生じ電流により、惑星膨張される磁気活動が強い恒星ほど恒星風強く大気に生じ電流により、惑星加熱膨張より大きくなる。この理論は、恒星活動膨張した惑星半径相関性があるという観測結果一致している。 2018年8月科学者達気体状の重水素液体金属への形態の変化発表した。これは、観測され強力な磁場の要因となる可能性のある液体金属水素多く含んでいると考えられているため、研究者木星土星などの巨大ガス惑星をより深く理解するのに役立とされている

※この「磁場」の解説は、「太陽系外惑星」の解説の一部です。
「磁場」を含む「太陽系外惑星」の記事については、「太陽系外惑星」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:59 UTC 版)

水星」の記事における「磁場」の解説

水星59日という遅い自転速度であるにもかかわらず地球の磁気圏の約1.1%に相当する比較的強い4.9×1012T磁気圏を持つことがマリナー10号観測発見された。この磁場は、地球同じく双極子であるが、地球みられるような磁場の軸と自転軸とのずれはほとんど無い探査機マリナー10号メッセンジャー観測によって、この磁場は安定的なものであることが分かった詳しくは明らかにはなっていないが、この磁場は地球と同様流体循環運動によるダイナモ効果生まれている可能性がある水星純粋なニッケル融解するほどの高温維持していないと考えられているが、硫黄などの不純物0.2 - 5 % ほど混入する融点適度に低下し地球と同様固体内核液体外核分離する可能性がある。仮にこのメカニズムで磁場が発生しているならば、液体外核はおよそ 500 km厚さを持つと推定されるまた、水星公転軌道離心率が高いことから太陽及ぼ潮汐力影響考えられる他にもマントル境界生じ熱電作用や、過去に起きていたダイナモ効果消えてしまった後も名残の磁場が固体磁性体物質に「凍結」しているという理論もある。後者では液体である必要はないが、水星磁場は現在も生み出されていると考えられているため、21世紀初頭時点ではこの説はあまり支持されていない

※この「磁場」の解説は、「水星」の解説の一部です。
「磁場」を含む「水星」の記事については、「水星」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:14 UTC 版)

太陽圏電流シート」の記事における「磁場」の解説

太陽圏電流シートは、太陽とともに27日ごとに回転しており、その間スカートの頂と溝は地球の磁気圏通過し相互作用する。太陽の近傍では、シート回転電流によって励起される磁場は5×10-6テスラのである。 太陽表面の磁場は約10-4テスラである。もし磁場が双極子の形だと、その強さは距離の3乗比例して弱まり地球軌道では10-11テスラになる。太陽圏電流シートそれより遙かに強く太陽による地球軌道での真の磁場はそれより100倍大きい。

※この「磁場」の解説は、「太陽圏電流シート」の解説の一部です。
「磁場」を含む「太陽圏電流シート」の記事については、「太陽圏電流シート」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 07:24 UTC 版)

ミューオンg-2実験」の記事における「磁場」の解説

磁気モーメントppbレベル精度測定するためには、同レベル精度を持つ一様な平均磁場が必要となる。g-2実験目標としたのは、時間ミュー粒子分布平均して磁気不確かさレベルを70ppbにすることだった。超伝導磁石使って蓄積リングに7000145000000000000♠1.45 Tの均一な磁場を作り移動式トロリー搭載したNMRプローブ使って、(真空破らずに)リング全体に磁場値を積極的にマッピングする。トロリー校正は、基準温度(34.7)における球状サンプル中の陽子ラーモア周波数基準とし、新規のヘリウム3磁力計との相互校正を行う。

※この「磁場」の解説は、「ミューオンg-2実験」の解説の一部です。
「磁場」を含む「ミューオンg-2実験」の記事については、「ミューオンg-2実験」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 03:00 UTC 版)

天王星」の記事における「磁場」の解説

ボイジャー2号によって、天王星に磁場の存在確認された。その強さ地球ほぼ同じである。しかし地球木星とは大きく異なる特徴として、磁場の中心惑星中心から大幅にずれており、また地場の軸が自転軸から60゜も傾いているそのため、地球の磁場よりずっと大きく変動するとされる放射線帯土星並みに強い。その強さゆえに、内側衛星や環に存在するメタン化学的変化を受けて黒っぽく変色してしまう。 2011年11月ハッブル宇宙望遠鏡天王星オーロラ嵐を2度にわたって観測した

※この「磁場」の解説は、「天王星」の解説の一部です。
「磁場」を含む「天王星」の記事については、「天王星」の概要を参照ください。


磁場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/03 09:48 UTC 版)

Ap/Bp星」の記事における「磁場」の解説

Ap/Bp星通常のA型星B型星と比べて、数kGから数十kGと強い磁場を持つ。例えHD 215441では、33.5kG (3.35T) に達する。多くの場合単純な双極子モデル化される磁場は、自転軸一致する方向でなければ自転につれて強さ変わるため、周期的に変化する。この理論では、磁場の変化自転速度逆相関する。この双極子場のモデルでは、磁軸が自転軸相殺し斜め自転モデルとして知られるAp星のこのような強い磁場の起源は未だ分かっておらず、2つ理論提唱されている。1つめは、「化石理論」と呼ばれ、この磁場は星間物質時代の磁場の名残であると説明するものである星間物質には、このような強い磁場を形成するのに十分な磁場が存在し実際に通常の恒星程度に磁場を弱めるための両極性拡散理論考案された。この理論では、長期に渡って磁場が安定する必要があるが、このような斜め自転で磁場が安定するかはよく分かっていない。この理論のもう1つ問題はA型星極一部しかこのような強い磁場を持たないことである。強い磁場の形成説明するもう1つ理論は、自転するAp星の核内発電作用生じているとするものである。しかし、このモデルでは磁軸は傾かず、一端は常に自転軸一致する直交するまた、恒星の自転が遅いため、この説明必要な大きな双極子場が形成され得るのかも不明である

※この「磁場」の解説は、「Ap/Bp星」の解説の一部です。
「磁場」を含む「Ap/Bp星」の記事については、「Ap/Bp星」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「磁場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

磁場

出典:『Wiktionary』 (2021/10/06 17:48 UTC 版)

この単語漢字

第六学年

第二学年
重箱読み

発音(?)

名詞

(じば)

  1. (電磁気学) 磁力作用している空間磁界

翻訳


「磁場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



磁場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「磁場」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



磁場のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
信越レア・アースマグネット信越レア・アースマグネット
Copyright © 2023 Shin-Etsu Chemical Co.,Ltd. All rights reserved.
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2023.
核融合エネルギーフォーラム核融合エネルギーフォーラム
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency, All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのLB 11146 (改訂履歴)、トカマク型 (改訂履歴)、オシリス (惑星) (改訂履歴)、さそり座タウ星 (改訂履歴)、白色矮星 (改訂履歴)、太陽系外惑星 (改訂履歴)、水星 (改訂履歴)、太陽圏電流シート (改訂履歴)、ミューオンg-2実験 (改訂履歴)、天王星 (改訂履歴)、Ap/Bp星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの磁場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS