場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ところ > の意味・解説 

じょう【場】

読み方:じょう

[音]ジョウ(ヂャウ)(呉) [訓]

学習漢字2年

[一]ジョウ

何かが行われる所。「場外場内場裏会場開場漁場劇場式場出場戦場退場登場道場農場満場浴場来場試験場

ひとしきり一回。「一場

[二]〈ば〉「場合・場所・場面/足場市場急場職場相場立場墓場本場

難読弓場(ゆば)


じょう〔ヂヤウ〕【場】

読み方:じょう

場所。会場


ば【場】

読み方:ば

【一】[名]

物や身を置く所。場所。「足の踏み—がない」

ある事が行われる所。「仕事の—」「—を外す」「その—に居合わせる

ある事が行われている所の状況また、その雰囲気。「その—でとっさに答える」「—が白ける」「—をもたせる

機会折り。「話し合いの—をもつ」「—を踏んでなれている」

芝居映画などの場面。特に舞台で一幕のうち、舞台情景変化させず、同じ場面で終始する一区切り部分。「源氏店(げんじだな)の—」

花札トランプなどのゲームで、積んだり並べたりしてゲーム進めていく所。また、マージャンで、東西南北局面

取引所内の売買をする所。立会場のこと。「—が立つ」

ゲシュタルト心理学で、行動反応のしかたに直接影響し関係する環境条件。「—の心理学

物理学で、そのものの力が周囲及んでいると考えられる空間電磁場重力場など。

【二】接尾助数詞演劇で、一幕のうちで一区切りのつく場面を数えるのに用いる。「二幕三—」


ば【場】

品詞名詞
標準語》場所
用例》「俺の場あ、どこだいや」(俺の場所は、どこだい)。
用例》(食堂で)「食う場、あるか」(食べられる場所、あるかい)。

読み方:ば

  1. 取引所内の立会場のこと。
  2. 相場取引所のことをいふ。市場略語。〔相場語〕
  3. バ。取引所立会場

分類 相場相場


読み方:ば

  1. 露天商人店を出す場所のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
えき
つるば
ばさき
ばざき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 07:28 UTC 版)

(ば、: field、工学分野では[1]電界・磁界などとも)とは、物理量を持つものの存在が、その近傍・周囲に連続的に影響を与えること、あるいはその影響を受けている状態にある空間のこと。


  1. ^ 重力場は、人類にとっては今のところ、工学的に作ったり曲げたりする対象ではないこともあり、例外。
  2. ^ John Gribbin (1998), Q is for Quantum: Particle Physics from A to Z, London: Weidenfeld & Nicolson, p. 138, ISBN 0297817523 
  3. ^ John Archibald Wheeler (1998), Geons, Black Holes, and Quantum Foam: A Life in Physics., London: Norton, p. 163 
  4. ^ Feynman 1963, pp. 2–4.
  5. ^ a b Feynman 1963, pp. 9–10.
  6. ^ Giachetta, G., Mangiarotti, L., Sardanashvily, G. (2009) Advanced Classical Field Theory. Singapore: World Scientific, ISBN 9789812838957 (arXiv: 0811.0331v2)
  7. ^ Peskin & Schroeder 1995, p. 198. 実験量子電磁力学の精密テスト英語版も参照のこと。


「場」の続きの解説一覧

場(マックスウェル方程式、インダクタンス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 16:33 UTC 版)

水流モデル」の記事における「場(マックスウェル方程式インダクタンス)」の解説

電子電磁場を介して遠くに離れた電子押したり引いたりすることができる一方で水分子直接接触た分子にのみ力を与えられるこのため水中での波は音速伝わるが、電荷の海を伝わる波の速度音速よりずっと速くなるまた、水流ではエネルギーが波として伝えていくが、電気の場合には、電線のまわり電磁場エネルギー伝えるのであって導線中をエネルギー伝わわけではないまた、加速を受けている電子は、磁気力作用により、周り電子引きずったり引力及ぼしたりする。

※この「場(マックスウェル方程式、インダクタンス)」の解説は、「水流モデル」の解説の一部です。
「場(マックスウェル方程式、インダクタンス)」を含む「水流モデル」の記事については、「水流モデル」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 09:11 UTC 版)

コトバトル 天外の守人」の記事における「場」の解説

戦闘画面においては右側自分左側は敵の場フィールドである。

※この「場」の解説は、「コトバトル 天外の守人」の解説の一部です。
「場」を含む「コトバトル 天外の守人」の記事については、「コトバトル 天外の守人」の概要を参照ください。


場 (table)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 23:56 UTC 版)

トランプ用語一覧」の記事における「場 (table)」の解説

テーブル上の空間。

※この「場 (table)」の解説は、「トランプ用語一覧」の解説の一部です。
「場 (table)」を含む「トランプ用語一覧」の記事については、「トランプ用語一覧」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 09:17 UTC 版)

八雲立つ」の記事における「場」の解説

『気』や『念』が好む特殊な力場の事。

※この「場」の解説は、「八雲立つ」の解説の一部です。
「場」を含む「八雲立つ」の記事については、「八雲立つ」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:59 UTC 版)

大富豪」の記事における「場」の解説

手札から出したカード置かれる場所。概ね卓上中心にある公開情報

※この「場」の解説は、「大富豪」の解説の一部です。
「場」を含む「大富豪」の記事については、「大富豪」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:25 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. )ある一定の空間。特に、人が集まっている所。
  2. 経済証券取引商品取引における取引所取引
    • 場が開く、場がにぎわう。場が荒れる。
  3. 物理学)(物理量を持つものの存在別の場所にある他のもの影響与えること、あるいはその影響を受けている状態にある空間のこと。field訳語工学ではという。

接尾辞

  1. 演劇場面等を数え時の助数詞

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「場」に関係したコラム

  • CFD取引をスマホで行えるCFD業者の一覧

    携帯端末での取引のメリットは、電波を含む通信回線が確保されていれば所を選ばずにどこでも取引ができるという点が挙げられます。朝から夜までオフィスにつめていて取引ができない合でも、スマホがあれば取引が...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水流モデル (改訂履歴)、コトバトル 天外の守人 (改訂履歴)、トランプ用語一覧 (改訂履歴)、八雲立つ (改訂履歴)、大富豪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS