入場料とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 競艇大辞典 > 入場料の意味・解説 

にゅうじょう‐りょう〔ニフヂヤウレウ〕【入場料】

施設催し物会場などへ入るときに支払料金。「展望台の入場料」


入場料

入場料

ボートレース場入場する際に必要な料金基本的に100円だがボートレース場によっては異な場合がある。


入場券

(入場料 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 04:44 UTC 版)

入場券(にゅうじょうけん)とは、切符の一種で、入場に何らかの制限が加わっている施設において、その施設に入場するために必要となる切符のことである。


注釈

  1. ^ かつては主催者がこの半券を税務調査のために取っておく必要があり、主にクラシックコンサートの主催者がこれを行なっていた。半券そのものに入場券の値段が書いてあることから、それを枚数と掛け合わせることによって当日のコンサートの収益がわかる仕組みだったため、合理性を求める上では必要不可欠なものであった。
  2. ^ 改札内店舗の従業員が購入し利用することも見られたが、近年では自社の従業員証での入場を認めることが多い。
  3. ^ JR四国では、例年10月の鉄道の日前後に開催される多度津工場の一般公開イベントで、来場者のアクセスとして多度津駅から工場内に直通するシャトル列車を運行しているが、多度津駅からの乗車の場合は多度津駅の入場券での乗車を便宜的に認めている(多度津工場は多度津駅の構内とみなす。多度津以外の駅からの利用の場合は多度津駅発着の乗車券で乗車可能)。
  4. ^ かつて、JR東海名古屋駅では改札内の飲食店のみの利用客が非常に多く、入場券専用の自動券売機が設置されていたことがあった。

出典

  1. ^ “クラシックコンサートのチケット、“半券”はなんのためにある?意外に重要な役割が…”. Business Journal. (2020年8月8日). https://biz-journal.jp/2020/08/post_172928.html 2020年8月10日閲覧。 
  2. ^ 改札分離前の和歌山市駅の場合、窓口では業務を受託していた南海電気鉄道の様式ながらJR西日本の料金で発売された一方、自動券売機では南海電気鉄道により同社の料金で発売され、それぞれの収入として扱われていた。
  3. ^ 市営地下鉄に、見送りなどで入場したい場合にはどうすればいいですか”. 横浜市. 2016年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月5日閲覧。
  4. ^ 例・きっぷの取扱い・購入方法”. IRいしかわ鉄道. 2020年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月6日閲覧。 - 入場券の節参照。
  5. ^ “IC入場サービス「タッチでエキナカ」の開始について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2021年1月19日), https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210119_ho02.pdf 2021年1月19日閲覧。 
  6. ^ 京都駅開業140周年記念イベント開催(記念入場券の販売など) 
  7. ^ 町田駅改札内のフードコンビニ「フー&ハート」にて「FC町田ゼルビア」応援キャンペーンを開催 (2016年4月27日)
  8. ^ 変わる駅の「入場券」 小田急は全駅で返金制度も導入 背景に何が(乗りものニュース 2018年3月12日)
  9. ^ タイムズプレイス大和西大寺「Times Placeサービス券付」の入場券ご利用方法 [1](2018年8月29日閲覧)
  10. ^ 入場券でお越しのお客様へ [2] (2018年8月29日閲覧)
  11. ^ Southwark Station platform ticket cut to 20p for Waterloo East passengers
  12. ^ 例:よこはまコスモワールドの入場料




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入場料」の関連用語

入場料のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入場料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITEBOAT RACE OFFICIAL WEB SITE
COPYRIGHT© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入場券 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS