産経新聞社とは? わかりやすく解説

産業経済新聞社

(産経新聞社 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/15 02:38 UTC 版)

株式会社産業経済新聞社(さんぎょうけいざいしんぶんしゃ、: Sankei Shimbun Co., Ltd.)は、フジサンケイグループ新聞社出版社である。産経新聞サンケイスポーツ夕刊フジの各発行及びニュースサイト産経デジタル」の運営元で、フジ・メディア・ホールディングス持分法適用会社である。通称は産経新聞社(さんけいしんぶんしゃ)。朝日新聞社毎日新聞社とともに大阪発祥の新聞社であるが、現在は登記上の本部・本店を東京に置く。


注釈

  1. ^ 上記設立日は旧・産業経済新聞社(本店は大阪)から分社独立して発足した株式会社産業経済新聞東京本社の設立日。創業は前田久吉が大阪で新聞販売店を開業した1913年(大正2年)。
  2. ^ この当時から片仮名の略称「サンケイ」が採用されている。
  3. ^ その後も系列のフジテレビが球団株を5%程度保有していたが2000年の第三者割当増資に際して、従来保有分を含む20%相当を保有するようになった
  4. ^ 広告など一部ページのカラー化は他紙でも既に行っているが、全ページの常時カラー新聞化は産経新聞が初めて。
  5. ^ 紺地とする説もある。

出典

  1. ^ a b c 『サンケイグラフ』1955年3月27日号、産業経済新聞社。
  2. ^ a b 週刊サンケイ臨時増刊1959年7月号 ミス・ユニバース ミス・ワールド美の祭典 70頁
  3. ^ 旧専売所跡地に女性専用「ホステル」がオープン 東京・神保町に、新たな情報交流・発信の場産業経済新聞社プレスリリース(2018年4月6日閲覧)
  4. ^ 産業経済新聞社「専売所跡地に女性専用「ホステル」オープン 新聞社が「情報交流・発信の場」を建設 東京・神保町、インバウンド需要も照準 - プレスリリース」『PR TIMES』株式会社 PR TIMES、2018年2月23日。2020年2月7日閲覧。
  5. ^ 産経新聞社、約180人の希望退職者を募集 2019年春入社予定の新入社員は2人” (日本語). エキサイトニュース. 2020年6月16日閲覧。
  6. ^ 産経新聞社、大阪放送株の一部をDONUTSに売却」『産経新聞』、2021年10月8日。2021年11月26日閲覧。
  7. ^ 黒川検事長、記者と賭けマージャンか 週刊文春報道 (写真=共同) :日本経済新聞”. web.archive.org (2020年5月20日). 2020年5月20日閲覧。
  8. ^ “黒川検事長、緊急事態宣言中にマージャン 週刊誌報道:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://web.archive.org/web/20200520235316/https://www.asahi.com/articles/ASN5N6H1FN5NUTIL020.html 2020年5月20日閲覧。 
  9. ^ 黒川検事長が今月、産経記者や朝日社員と「賭けマージャン」か…週刊文春報道 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン”. web.archive.org (2020年5月20日). 2020年5月20日閲覧。
  10. ^ “黒川検事長 賭けマージャン報道「事実関係承知せず」官房長官”. NHKニュース. (2020年5月20日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200520/k10012437771000.html 2020年5月20日閲覧。 
  11. ^ 記者ら2人を出勤停止 前検事長と賭けマージャン―産経新聞社”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年6月16日). 2020年6月27日閲覧。
  12. ^ 前検事長と賭け麻雀、産経新聞が記者ら2人懲戒「極めて不適切な行動」”. 読売新聞オンライン. 読売新聞社 (2020年6月16日). 2020年6月27日閲覧。
  13. ^ a b 産経・FNN合同世論調査、委託先社員が不正”. 産経ニュース . 産経デジタル (2020年6月19日). 2020年6月27日閲覧。
  14. ^ 世論調査で架空データ入力 過去14回、フジと産経新聞”. 共同通信社 (2020年6月19日). 2020年6月27日閲覧。
  15. ^ a b フジ・産経の世論調査で不正 委託会社が14回架空データ入力”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年6月19日). 2020年6月27日閲覧。
  16. ^ 産経新聞社、社長ら処分 措置命令後も高額景品提供”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2021年8月3日). 2022年6月5日閲覧。



産経新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 22:38 UTC 版)

住田良能」の記事における「産経新聞社」の解説

1969年3月 サンケイ新聞社入社東京本社編集局1971年12月 東京本社社会部1974年 台北特派員蔣介石秘録編集スタッフ)。 1978年 水戸支局ペリリュー島78執筆)。 1982年8月 ワシントン特派員レフチェンコ事件社内調査で重要証言)。 1986年7月 東京本社政治部次長デスク)。 1989年7月 外信部長兼論説委員1993年2月 東京本社編集局次長経済部長兼論説委員1994年5月 東京本社編集局長1996年6月17日 取締役東京本社編集局長編集論説・「正論担当1998年6月26日 常務取締役主筆東京編局長2000年6月27日 専務取締役主筆大阪代表。 2002年6月27日 専務取締役総括主筆2004年6月29日 代表取締役社長2011年6月22日 取締役相談役2012年6月22日 相談役2013年6月11日多発性骨髄腫のため死去68歳住田編集局長務めていた1995年に「教科書教えない歴史」の連載開始された。この後には「新しい歴史教科書」が扶桑社から出版されたまた、国家基本問題研究所理事務めている。その一方で、佐藤優太平洋戦争大東亜戦争賛美への危惧表明したり、政治思想的に対極にある佐高信長く親交を保つなどした。

※この「産経新聞社」の解説は、「住田良能」の解説の一部です。
「産経新聞社」を含む「住田良能」の記事については、「住田良能」の概要を参照ください。


産経新聞社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:42 UTC 版)

靖国神社問題」の記事における「産経新聞社」の解説

としての式見解は、靖国神社に対する肯定派靖国神社参拝賛成派。『産経新聞』では、社説主張」にて首相の靖国神社参拝(特に終戦の日参拝)を強く要望しており参拝しなかった歴代首相参拝否定的な政治家批判している。2009年平成21年)に麻生太郎首相終戦記念日参拝見送ったことについても批判し、「再考求めたい」と要望していた。同年8月31日おこなわれた第45回衆議院議員総選挙自民党大敗した際には、「麻生首相靖国神社終戦の日参拝しなかったことへの国民失望大きかった」と論評したまた、国立追悼施設建設に対して反対の立場取っている。

※この「産経新聞社」の解説は、「靖国神社問題」の解説の一部です。
「産経新聞社」を含む「靖国神社問題」の記事については、「靖国神社問題」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「産経新聞社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

産経新聞社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



産経新聞社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの産業経済新聞社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの住田良能 (改訂履歴)、靖国神社問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS