USAトゥデイとは? わかりやすく解説

ユーエスエー‐トゥデー【USAトゥデー】


USAトゥデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 10:09 UTC 版)

USAトゥデイ(USA Today)は、ガネット・カンパニーが発行するアメリカ合衆国で初めての一般大衆紙で、1982年に創刊された。米国における発行部数は近年まで首位であり(211万部)[1][2]、全米50州すべてで販売されている、"National newspaper"(全国的な新聞)の一つである。しかし、昨今の新聞不況により190万部まで減少し、部数首位をウォール・ストリート・ジャーナルに譲った[3]日本では産経新聞社が販売代理店契約を結んでおり、衛星版(英語)を販売していたが、2009年で取り扱いは終了した模様。産経新聞社ホームページでの紹介もリンク切れとなっている。創業者はアレン・ニューハース。


  1. ^ a b c 石川幸憲 (2009年10月6日). “米国メディア危機”. 週刊エコノミスト (毎日新聞社): p.79. 
  2. ^ a b c 部数は平日版、2008年10月 - 2009年3月平均
  3. ^ 半年で10%超減少、米新聞発行部数の減少が加速
  4. ^ Wolff Olins creates new USA Today branding
  5. ^ “米ゲートハウス、ガネットを14億ドルで買収”. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48255420W9A800C1000000/ 
  6. ^ “NBC News” (英語). https://www.nbcnews.com/tech/tech-news/usa-today-criticized-printing-trump-op-ed-despite-inaccuracies-n918536 
  7. ^ Rumor: Amazon set to buy Electronic Arts”. USA TODAY SPORTS (2022年8月26日). 2022年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月29日閲覧。
  8. ^ Palmer, Annie (2022年8月26日). “Amazon not expected to bid for Electronic Arts”. CNBC. 2022年8月29日閲覧。
  9. ^ a b 山口健太 (2022年8月27日). “米紙が記事を取り下げ「アマゾンがEA買収の噂」報道で混乱”. Yahoo!ニュース. 2022年8月29日閲覧。


「USAトゥデイ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

USAトゥデイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



USAトゥデイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのUSAトゥデイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS