首都ワシントンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 首都ワシントンの意味・解説 

首都ワシントン(米国中央気象台)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 01:13 UTC 版)

田村哲」の記事における「首都ワシントン(米国中央気象台)」の解説

1903年明治36年9月田村コロンビア大学恩師ウッドワード紹介当時ワシントンにあったアメリカ合衆国中央気象台当時U.S. Weather Bureau、現在はメリーランド州シルヴァースプリングにあるアメリカ国立気象局 NWS: U.S. National Weather Service)の技師専門官)となった:p.44-49中央気象台米国連邦機関なので日本の気象庁に当たる。 これには、ちょうどその頃コロンビア大学教授であったクリーヴランド・アッベ(Cleveland Abbe)が自分の助手ないしは後継者探していたという幸運もあった。アッベ博士そのとき既に64歳で、アイザック・アシモフ後にアメリカ国立気象局の父 (the father of the National Weather Service)」と呼んだ気象学重鎮だった。 アッベ教授誰にでも親切で面倒見がよいという評判だったが実際に1905年明治38年11月25日土曜日田村結婚に際しては媒酌人努めた田村自伝の中で、その変わらぬ人柄述懐しアッベ教授同窓生による言次のように英文のまま引用している。"Everybody liked Abbe thirty years ago, as everybody likes him now.":47 アッベの下での一連の研究は主にアメリカ気象学会AMS: American Meteorological Society発行Weather Review誌(現・Monthly Weather Review ISSN 0027-0644)に掲載され前述のごとく学位請求における主論文・副論文となった。その主なる論文下記主要著作」節のとおり。

※この「首都ワシントン(米国中央気象台)」の解説は、「田村哲」の解説の一部です。
「首都ワシントン(米国中央気象台)」を含む「田村哲」の記事については、「田村哲」の概要を参照ください。


首都ワシントン(カーネギー研究所と学界社交)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 01:13 UTC 版)

田村哲」の記事における「首都ワシントン(カーネギー研究所学界社交)」の解説

1904年明治37年になると1902年創立カーネギー研究所:p.183 (当時Carnegie Institution of Washington、現・Carnegie Institution for Science)の2代目所長コロンビア大学恩師ウッドワード選ばれた。これを機会に田村同年1904年)に新設されカーネギー研究所地磁気学部門Department of Terrestrial Magnetism):p.192のバウアー部長Louis Agricola Bauer付き顧問となり:p.48、論文発表した前述のとおり田村結婚生活含めこの頃公私ともに充実した時期で、経済的に名声的に恵まれワシントン学士院出入りし:p.264、カーネギー研究所依頼1905年明治38年5月欧州視察にも出かけた:p.48。出張先スイス主としてイギリスドイツ、フランスに及んだ:p.206-284同年11月にはジョージ・ワシントン大学GWU: George Washington University)より理学博士Doctor of Science)の学位を受ける。

※この「首都ワシントン(カーネギー研究所と学界社交)」の解説は、「田村哲」の解説の一部です。
「首都ワシントン(カーネギー研究所と学界社交)」を含む「田村哲」の記事については、「田村哲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「首都ワシントン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「首都ワシントン」の関連用語

首都ワシントンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



首都ワシントンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの田村哲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS