メリーランド州とは? わかりやすく解説

メリーランド【Maryland】

読み方:めりーらんど

米国東部の州。チェサピーク湾を抱く。州都アナポリスボルティモア中心に各種工業発達独立13州の一。→アメリカ合衆国[補説]

メリーランドの画像
メリーランド州の位置
メリーランドの画像
州会議事堂撮影・Mr.T in DC http://os7.biz/u/nU2jv

メリーランド州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 21:21 UTC 版)

メリーランド州(メリーランドしゅう、: State of Maryland[ˈmɛrələnd] ( 音声ファイル)[1]略号: MD[2][3], Md.[2][3])は、アメリカ合衆国東部[3][4][5]大西洋岸にあり、ワシントンD.C.に隣接して中部大西洋岸地域(Mid-Atlantic States)を構成する。アメリカ合衆国50州の中で陸地面積では第42位、人口では第18位であり、人口密度は全米5番目の高さである。南と西はバージニア州ウェストバージニア州[5]、ワシントンD.C.に[3]、北はペンシルベニア州、東はデラウェア州と接している[5]


  1. ^ For those who distinguish them, Maryland is pronounced as in merry [ˈmɛri], not as in the name Mary [ˈmɛəri]. (Random House Dictionary)
  2. ^ a b プログレッシブ和英中辞典(第3版) コトバンク. 2018年10月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 百科事典マイペディア コトバンク. 2018年10月24日閲覧。
  4. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク. 2018年10月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2018年10月24日閲覧。
  6. ^ Maryland At a Glance. Retrieved on 2007-02-07.
  7. ^ Maryland's Name”. Catholic History of Maryland. Simon & Schuster. 2012年7月20日閲覧。
  8. ^ http://wiki.answers.com/Q/Why_is_Maryland_named_after_the_Virgin_Mary
  9. ^ Manual, State of Maryland. (1900). https://books.google.co.jp/books?id=9y0bAAAAYAAJ&pg=PA103&lpg=PA103&dq=proof+that+maryland+was+named+after+the+virgin+mary&redir_esc=y&hl=ja#v=onepage&q=proof%20that%20maryland%20was%20named%20after%20the%20virgin%20mary&f=false. 
  10. ^ http://www.ncregister.com/site/article/catholics-give-thanks-to-god-in-maryland
  11. ^ State Median Household Income Patterns: 1990-2010”. U.S. Census Bureau. 2012年8月6日閲覧。
  12. ^ MLA Language Map Data Center". Modern Language Association.
  13. ^ a b Neill, Edward Duffield (1871). The English Colonization of America During the Seventeenth Century. Strahan & Co.. pp. 214–215. https://books.google.co.jp/books?id=WrerRiQXet4C&pg=RA1-PA215&lpg=RA1-PA215&dq=%22terra+mariae%22+mariana&redir_esc=y&hl=ja 2007年12月9日閲覧。 
  14. ^ a b Stewart, George R. (1967) [1945]. Names on the Land: A Historical Account of Place-Naming in the United States (Sentry edition (3rd) ed.). Houghton Mifflin. pp. 42–43 
  15. ^ Maryland's Name”. Maryland at a Glance. Maryland State Archives. 2008年1月21日閲覧。
  16. ^ en:Maryland_Toleration_Act
  17. ^ a b c d Hubbard, Bill, Jr. (2009). American Boundaries: the Nation, the States, the Rectangular Survey. University of Chicago Press. pp. 21–23. ISBN 978-0-226-35591-7 
  18. ^ John Esten Cooke (1883). Virginia, a history of the people. Houghton, Mifflin. pp. 208–216. https://books.google.co.jp/books?id=5U4IAAAAQAAJ&pg=PA208&lpg=PA208&dq=%22battle+of+the+severn%22&redir_esc=y&hl=ja 2013年6月22日閲覧。 
  19. ^ History – Seventeenth Century through the Present”. Anne Arundel County—Citizens Information Center (2003年). 2012年9月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月22日閲覧。
  20. ^ "Indentured Servants and the Pursuits of Happiness Archived 2010年1月4日, at the Wayback Machine.". Crandall Shifflett, Virginia Tech.
  21. ^ a b Paul Heinegg. Free African Americans in Virginia, North Carolina, South Carolina, Maryland and Delaware. Retrieved 15 February 2008.
  22. ^ Dilts, James D. (1993). The Great Road: The Building of the Baltimore and Ohio, the Nation's First Railroad, 1828–1853. Palo Alto, CA: Stanford University Press. p. 80. ISBN 0-8047-2235-8 
  23. ^ Stover, John F. (1987). History of the Baltimore and Ohio Railroad. West Lafayette, IN: Purdue University Press. p. 18. ISBN 0-911198-81-4 
  24. ^ a b Peter Kolchin, American Slavery: 1619–1877, New York: Hill and Wang, 1993, pp. 81–82
  25. ^ William Preston Lane Jr. Memorial Bay Bridge – History”. baybridge.com. 2008年2月5日閲覧。
  26. ^ Belgium”. CIA World Factbook. Central Intelligence Agency (2008年5月15日). 2008年5月15日閲覧。 “Area – comparative: about the size of Maryland”
  27. ^ Maryland Facts”. Kids Room. Maryland Office of Tourism. 2008年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月19日閲覧。
  28. ^ アーカイブされたコピー”. 2002年1月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年3月17日閲覧。
  29. ^ Maryland's Lakes and Reservoirs: FAQ”. Maryland Geological Survey (2007年1月24日). 2008年2月3日閲覧。
  30. ^ The South As It's〔ママ〕 Own Nation”. League of the South (2004年). 2008年5月23日閲覧。 “On the other hand, areas beyond these thirteen States maintain their Southern culture to varying degrees. Much of Missouri remains basically Southern, as do parts of southern Maryland and Maryland’s eastern shore.”
  31. ^ Beck, John; Randall, Aaron; and Frandsen, Wendy (2007年6月27日). “Southern Culture: An Introduction (PDF)”. Durham, North Carolina: Carolina Academic Press. pp. 14–15. 2008年5月23日閲覧。 “Kentucky, Missouri, West Virginia [...] and Maryland —slaveholding states and regions before the Civil War that did not secede from the Union – are also often included as part of the South. As border states, these states always were crossroads of values and customs, and today [...] parts of Maryland seem to have become part of the “Northeast.”
  32. ^ U.S. Census Bureau
  33. ^ Regions of the United States”. American Memory. The Library of Congress. 2009年8月11日閲覧。
  34. ^ Region 3: The Mid-Atlantic States”. www.epa.gov. U.S. Environmental Protection Agency. 2009年8月11日閲覧。
  35. ^ Your Local FBI Office”. www.fbi.gov. Federal Bureau of Investigation. 2009年8月11日閲覧。
  36. ^ Routes Serving the Northeast”. National Railroad Passenger Corporation. 2009年8月11日閲覧。
  37. ^ Best Regional Colleges”. www.princetonreview.com. The Princeton Review. 2009年8月11日閲覧。
  38. ^ a b c d Hardiness Zones”. Arbor Day Foundation. 2013年3月5日閲覧。
  39. ^ Snowfall Map”. 2010年10月24日閲覧。
  40. ^ [1] NOAA National Climatic Data Center. Retrieved on October 24, 2006.
  41. ^ NowData – NOAA Online Weather Data”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2012年12月17日閲覧。
  42. ^ Station Name: MD CUMBERLAND 2”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年3月5日閲覧。
  43. ^ Station Name: MD FREDERICK POLICE BRKS”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年3月5日閲覧。
  44. ^ Station Name: MD MD SCI CTR BALTIMORE”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年2月27日閲覧。
  45. ^ Station Name: MD OCEAN CITY MUNI AP”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年3月5日閲覧。
  46. ^ Olson, D. M, E. Dinerstein, et al (2001). “Terrestrial Ecoregions of the World: A New Map of Life on Earth”. BioScience 51 (11): 933–938. doi:10.1641/0006-3568(2001)051[0933:TEOTWA]2.0.CO;2. オリジナルの2011年10月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111014034322/http://gis.wwfus.org/wildfinder/. 
  47. ^ Zone Hardiness Map through Prairie Frontier”. Prairiefrontier.com. 2010年10月24日閲覧。
  48. ^ The History of Maryland, From its first settlement, in 1633, to the restoration, in 1660, with a copious introduction, and notes and illustrations. Books.google.com. (1837). https://books.google.co.jp/books?id=tkwOAAAAIAAJ&pg=PA24&lpg=PA24&dq=palm+trees+in+maryland&redir_esc=y&hl=ja#PPA24,M1 2010年10月24日閲覧。 
  49. ^ Invasive Species of concern in Maryland”. Mdinvasivesp.org. 2010年10月24日閲覧。
  50. ^ Euphydryas phaeton (Drury, 1773) Archived 2010年9月6日, at the Wayback Machine., Butterflies and Moths of North America
  51. ^ Official list of the birds of Maryland”. Maryland/District of Columbia Records Committee. 2009年5月4日閲覧。
  52. ^ a b c アーカイブされたコピー”. 2007年8月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月30日閲覧。 Maryland's Public Information Network Retrieved on 4-9-2008.
  53. ^ Therres, Glenn (2007年). “Lions in our mountains? The mystery of cougars in Maryland (PDF)”. Wildlife and Heritage. Maryland Department of Natural Resources. 2011年4月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年7月6日閲覧。 “Historically bobcats were distributed statewide but during the post colonization period densities began to plummet. By the mid-1900s, populations had probably reached all-time lows, with remnant populations existing only in western Maryland. This prompted the Department of Natural Resources (DNR) to classify them as a state-listed “Species of Special Concern.” During the past quarter century, occupied range and densities have increased markedly. Results from the annual Bowhunter Survey and the Hunter Mail survey have identified bobcat sightings in 14 of Maryland’s 23 counties. Currently, bobcats have dual legal classification in Maryland. In addition to the Species of Special Concern designation, they are also defined as a Game Animal / Furbearer with a closed harvest season.”
  54. ^ Coyotes in Maryland”. Maryland Department of Natural Resources. 2011年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年9月16日閲覧。 “Coyotes were historically a western species with core populations found west of the Mississippi River. Alterations and/or elimination of competing predators during the post-European colonization period facilitated rapid range expansion into eastern North America during the 20th Century. Established populations now occur in every state and province in North America. Coyotes are a relatively new addition to local ecosystems, and were first documented in Maryland during 1972. Initial substantiated sightings occurred in Cecil, Frederick and Washington counties. Since that time population densities and occupied range have expanded incrementally and coyotes now occur statewide.”
  55. ^ Assateague Island National Seashore Wild Ponies”. Assateagueisland.com. 2010年10月24日閲覧。
  56. ^ a b Chesapeake Bay Retriever History”. K9web.com. 2010年10月24日閲覧。
  57. ^ Maryland Government Website – Maryland State Bird”. Msa.md.gov (2010年6月7日). 2010年10月24日閲覧。
  58. ^ – America's Greenest States”. Forbes.com (2007年10月16日). 2010年10月24日閲覧。
  59. ^ M2.0 – Maryland”. 2013年1月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月25日閲覧。
  60. ^ M3.4 – Maryland Potomac-Shenandoah Region”. 2012年11月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年11月25日閲覧。
  61. ^ Resident Population Data. “Resident Population Data – 2010 Census”. 2010.census.gov. 2012年12月24日閲覧。
  62. ^ a b QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年.
  63. ^ Yau, Jennifer (2007年). “The Foreign Born from Korea in the United States”. Migration Policy Institute. 2007年12月23日閲覧。
  64. ^ About Us: Korean Americans in Maryland”. Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health. 2007年12月23日閲覧。
  65. ^ Population and Population Centers by State – 2000”. United States Census Bureau. 2008年12月5日閲覧。
  66. ^ http://quickfacts.census.gov/qfd/states/24000.html
  67. ^ a b Maryland QuickFacts”. U.S. Census Bureau (2011年12月23日). 2012年1月14日閲覧。
  68. ^ Italian American Population in All 50 States”. Niaf.org. 2008年9月22日閲覧。
  69. ^ Maryland – Race and Hispanic Origin: 1790 to 1990”. U.S. Census Bureau. 2012年4月18日閲覧。
  70. ^ Languages in Maryland (PDF)”. U.S.ENGLISH Foundation, Inc. 2013年1月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月22日閲覧。 “Prince George’s County has the highest percentage of Kru/Ibo/Yoruba speakers of any county in the nation.”
  71. ^ Exner, Rich (2012年6月3日). “Americans under age 1 now mostly minorities, but not in Ohio: Statistical Snapshot”. The Plain Dealer. http://www.cleveland.com/datacentral/index.ssf/2012/06/americas_under_age_1_populatio.html 
  72. ^ Department of Legislative Services (2008年6月). “Overview of Hispanic Community in Maryland (PDF)”. pp. 6–7. 2012年7月5日閲覧。
  73. ^ “Minority population surging in Texas”. msnbc.com. Associated Press. (2005年8月18日). http://www.msnbc.msn.com/id/8902484/ 2009年12月7日閲覧。 
  74. ^ census.gov/compendia/statab/2010/tables/10s0077.xls”. 2010年10月24日閲覧。
  75. ^ It became a part of the District of Columbia when that city was created in the 1790s.
  76. ^ Lamy, Rudolf B. (2006). "A Study of Scarlet: Red Robes and the Maryland Court of Appeals." Monograph. (Annapolis, MD: Maryland State Law Library.)
  77. ^ http://www.cnn.com/ELECTION/2008/results/individual/#mapPMD
  78. ^ Steny Hoyer, Fifth Congressional District of Maryland. U.S. House of Representatives. Retrieved December 8, 2006 from http://hoyer.house.gov
  79. ^ アムネスティ・インターナショナル(2013年5月13日)「米国:メリーランド州も死刑を廃止
  80. ^ State Economic Growth Widespread in 2006 (PDF)”. bea.gov. U.S. Department of Commerce: Bureau of Economic Analysis. 2009年8月11日閲覧。
  81. ^ Dolan, Karen (2012年1月30日). “A better way of measuring progress in Maryland”. Baltimore Sun. http://www.baltimoresun.com/news/opinion/oped/bs-ed-measuring-progress-20120130,0,7700054.story 
  82. ^ http://www.thesolutionsjournal.com/node/1070
  83. ^ American FactFinder, United States Census Bureau. “U.S. Census Bureau, September 29, 2010”. Factfinder.census.gov. 2010年10月24日閲覧。
  84. ^ U.S. Poverty Rate Drops; Ranks of Uninsured Grow washingtonpost.com.
  85. ^ Maryland is ranked as richest state baltmioresun.com.(2007年9月30日時点のアーカイブ
  86. ^ US Poverty Rate Declines Significantly FOXNews.com.(2007年10月16日時点のアーカイブ
  87. ^ Bls.gov; Local Area Unemployment Statistics
  88. ^ U.S. Army Corps of Engineers. Waterborne Commerce Statistics Center. New Orleans, LA. "Tonnage for Selected U.S. Ports in 2008." Archived 2010年7月31日, at the Wayback Machine. Revised 2010-02-17.
  89. ^ Maryland State taxes”. BankRate.com. 2008年4月9日閲覧。
  90. ^ Maryland Income Tax Information – Local Tax Rates”. Individuals.marylandtaxes.com. 2008年9月22日閲覧。
  91. ^ Maryland's Bioscience Environment: 2009”. The Maryland Biotechnology Center. 2011年8月19日閲覧。
  92. ^ "MDOT Departments." Maryland Department of Transportation. Retrieved on March 23, 2009.
  93. ^ http://www.collegeparkaviationmuseum.com
  94. ^ Frederick E. Humphreys: First Military Pilot”. New York State Division of Military and Naval Affairs: Military History (2008年12月9日). 2010年11月23日閲覧。
  95. ^ a b CSX Transportation. Jacksonville, FL (2010). "CSX and Maryland." Archived 2011年10月21日, at the Wayback Machine.
  96. ^ Maryland Port Administration. Baltimore, MD. "Seagirt Marine Terminal." Retrieved 2011-10-31.
  97. ^ U.S. Army Corps of Engineers. Philadelphia, PA. "The Chesapeake and Delaware Canal." Archived 2003年8月6日, at the Wayback Machine.. Retrieved 2010-06-27.
  98. ^ "About MSDE Archived 2009年1月6日, at the Wayback Machine.." Maryland State Department of Education. Retrieved on March 22, 2009.
  99. ^ Slicing education?”. gazette.net. The Gazette. p. A-9 (2009年10月30日). 2009年11月12日閲覧。 “As it stands, the $5.5 billion Maryland spends on education makes up about 40 percent of the general fund budget....”
  100. ^ de Vise, Daniel (2009年2月5日). “Md. Leads U.S. in Passing Rates on AP Exams”. Washington Post: pp. B1. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/02/04/AR2009020401459.html 2009年2月18日閲覧。 
  101. ^ Best High Schools: Gold Medal List”. usnews.com. U.S. News & World Report. 2009年11月7日閲覧。
  102. ^ University of Maryland, Baltimore; アーカイブされたコピー”. 2015年3月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年4月2日閲覧。



メリーランド州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 22:28 UTC 版)

スパイダーマン:ホームカミング」の記事における「メリーランド州」の解説

ワシントンD.C.隣接する州。ここの車道で、物資輸送中ダメージ・コントロール局トラックを狙うトゥームスと、妨害現れたピーター対決展開される

※この「メリーランド州」の解説は、「スパイダーマン:ホームカミング」の解説の一部です。
「メリーランド州」を含む「スパイダーマン:ホームカミング」の記事については、「スパイダーマン:ホームカミング」の概要を参照ください。


メリーランド州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 08:33 UTC 版)

北米のチャイナタウン」の記事における「メリーランド州」の解説

ボルティモアパークアベニューPark Ave)沿いに中華街がある。また、ワシントンD.C.程近いMaryland Route 355Rockville Pike近郊ロックビルにも中華街がある。

※この「メリーランド州」の解説は、「北米のチャイナタウン」の解説の一部です。
「メリーランド州」を含む「北米のチャイナタウン」の記事については、「北米のチャイナタウン」の概要を参照ください。


メリーランド州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 22:58 UTC 版)

村 (アメリカ合衆国)」の記事における「メリーランド州」の解説

en:List of incorporated places in Maryland」も参照 メリーランド州で、「Village of ...( ... )」と称されるのは、法人化されていない町 (an incorporated town) か、特定課税地区 (special tax district) のいずれかである。Village of Friendship Heights は、後者の例である。

※この「メリーランド州」の解説は、「村 (アメリカ合衆国)」の解説の一部です。
「メリーランド州」を含む「村 (アメリカ合衆国)」の記事については、「村 (アメリカ合衆国)」の概要を参照ください。


メリーランド州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:48 UTC 版)

同性結婚」の記事における「メリーランド州」の解説

2012年3月1日 メリーランド州のマーティン・オマリー州知事は、同性婚合法化する法案署名し法案が成立した。 2012年11月6日住民投票賛成上回り2013年1月1日施行された。

※この「メリーランド州」の解説は、「同性結婚」の解説の一部です。
「メリーランド州」を含む「同性結婚」の記事については、「同性結婚」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「メリーランド州」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「メリーランド州」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

メリーランド州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メリーランド州のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメリーランド州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスパイダーマン:ホームカミング (改訂履歴)、北米のチャイナタウン (改訂履歴)、村 (アメリカ合衆国) (改訂履歴)、同性結婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS