DCとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気 > 直流 > DCの意味・解説 

ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

direct current直流電流。⇔AC


ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

decimal classification図書十進分類法


ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

District of Columbia》⇒コロンビア特別区


ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

draft card徴兵カード


ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

Douglas commercial米国マクダネルダグラス社の輸送機旅客機記号DC-8DC-10など。

[補説] マクダネルダグラス社は、マクダネルエアクラフト社とダグラスエアクラフト社が1967年に合併し設立1997年ボーイング社吸収合併された。


ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

dendritic cell》⇒樹状細胞


ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

defined contribution plan》⇒確定拠出年金


ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

developmental care》⇒発達ケア


ディー‐シー【DC】

読み方:でぃーしー

data center》⇒データセンター


ドメインコントローラ

【英】Domain Controller, DC

ドメインコントローラとは、Windowsにおいてネットワーク単位となっている「ドメイン」と呼ばれる論理的まとまり管理するサーバーのことである。

ドメインコントローラは、ネットワーク上の個々のユーザーアカウント情報一元的管理しそれぞれのユーザーに対する認証アクセスの許可行っている。ドメインコントローラによってファイルフォルダ共有が可能となっている。

ドメインコントローラは各ドメイン内に1台のみ設置できる。もしドメインコントローラに障害発生すると、ネットワークへのアクセスができなくなってしまうので、バックアップデータを保存するサーバー予備として複数設置することができるようになっている。このとき、実際にドメインコントローラとして機能しているサーバーは「プライマリドメインコントローラ」と呼ばれ、バックアップデータを持って待機しているサーバーは「バックアップドメインコントローラ」と呼ばれる。バックアップドメインコントローラは、プライマリドメインコントローラが正常に機能しなくなった場合に、その処理を代理することができる。

ドメインコントローラはWindows NT初め搭載された。なおWindows 2000 Serverからは、ドメイン階層構造によって管理するディレクトリサービスであるアクティブディレクトリ採用されている。


参照リンク
Windows Server 2003 ドメイン コントローラのインストール - (Microsoft TechNet
OSのほかの用語一覧
Windows:  ディスククリーンアップ  デスクトップ  チェックディスク  ドメインコントローラ  ドライブレター  UAE  VxD

ドリル・カラー

読み方どりる からー
【英】: drill collar
略語: DC

ビット荷重加えるために掘り管ビット間に挟んで使用される特別に肉の厚いパイプをいう。ドリル・カラーにはその全長にわたって円形断面有するストレート・ドリル・カラーのほか、差圧抑留可能性減らすため管体螺旋{らせん}状の溝を切って坑壁との接触面積減らしたスパイラル・ドリル・カラー坑井曲がり減らすため四角断面にして管体剛性大きくしたスクエア・ドリル・カラーなどがある。ドリル・カラーは、普通、鋼で作られるが、坑井の方位・傾斜測定する必要がある場合には、K モネルなどの非磁性材料作られたドリル・カラーを使用し、そのなかに測定器位置するようにする。

ジフェニルシアノアルシン

分子式C13H10AsN
その他の名称DC、Clark IIクラークIIDiphenylcyanoarsineDiphenyl(cyano)arsine、Diphenylarsino cyanide、Cyanodiphenylarsine
体系名:ジフェニルシアノアルシン、ジフェニル(シアノ)アルシン、ジフェニルアルシノシアニド、シアノジフェニルアルシン


DC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 03:44 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

DC

一般名詞

固有名詞

地名など

企業名・ブランド名等

製品名・商品名・番組名等

タイトル等

その他の固有名詞




「DC」の続きの解説一覧

西暦紀元

(DC から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/20 14:00 UTC 版)

西暦紀元(せいれききげん、羅: 英: anno Domini、略号:AD)および西暦紀元前(英: before Christ、略号:BC)は、ユリウス暦グレゴリオ暦の年を呼称するときに用いられる。通常、伝統的な西暦紀元には0年負数の年は存在しないが、天文学では、0年負数による西暦年を用いる。


  1. ^ annoという言葉は大文字で書かれることがあるが、一般的な辞書によれば正しくない。単に代替的なものとして記載される程度である。
  2. ^ "before"という言葉は大文字で書かれることがあるが、一般的な辞書によれば正しくない。単に代替的なものとして記載される程度である
  3. ^ 紀元の最初の年は「紀元1年」であり、紀元100年までで100年間(第1世紀)となる。したがって第2世紀は紀元101年から始まり、紀元200年に終わる。このように世紀は後ろの桁に「01」と付く数の年から始まる(例えば、1801年、1901年、2001年など)。同様に千年紀も1001年および2001年から始まる。この考えは、世紀・千年紀は末尾の数字が0のときに始まる(1800年、1900年、2000年など)とする、より一般的な概念とは相反する。例えば、千年紀のお祝い英語版は2000年に最も近い1999年の大晦日に行われることも少なくない。
  1. ^ J・D・ブルゴワン 『暦の歴史』池上俊一(監修)、南條郁子(訳)、創元社〈「知の再発見」双書〉、2001年5月20日、66頁。ISBN 978-4-422-21156-5 
  2. ^ Teresi, Dick (July 1997). “Zero”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/past/docs/issues/97jul/zero.htm. 
  3. ^ a b Blackburn & Holford-Strevens 2003, pp. 778–9.
  4. ^ ディオニシウス・ペタヴィウスはラテン語名、ドニ・プトはフランス語名である。
  5. ^ 岡崎(1996), p.191 岡崎は、マイアーの百科事典の記述「キリスト紀元のキリスト生誕以前の時代への適用は、D・ペタヴィウスが十七世紀に創始し十八世紀に一般に使用されるようになった」を引用している。
  6. ^ "Anno Domini". Merriam Webster Online Dictionary. Merriam-Webster. 2003. 2011年10月4日閲覧Etymology: Medieval Latin, in the year of the Lord
  7. ^ "anno Domini". Collins English Dictionary.
  8. ^ "anno Domini". American Heritage Dictionary. Houghton Mifflin Harcourt.
  9. ^ Chicago Manual of Style 2010, pp. 476–7; Goldstein 2007, p. 6.
  10. ^ "BC". Collins English Dictionary.
  11. ^ "before Christ". American Heritage Dictionary. Houghton Mifflin Harcourt.
  12. ^ "BC". Merriam Webster Online Dictionary.
  13. ^ Donald P. Ryan, (2000), 15.
  14. ^ Johannes Kepler (1615) (Latin). Joannis Keppleri Eclogae chronicae: ex epistolis doctissimorum aliquot virorum & suis mutuis, quibus examinantur tempora nobilissima: 1. Herodis Herodiadumque, 2. baptismi & ministerii Christi annorum non plus 2 1/4, 3. passionis, mortis et resurrectionis Dn. N. Iesu Christi, anno aerae nostrae vulgaris 31. non, ut vulgo 33., 4. belli Iudaici, quo funerata fuit cum Ierosolymis & Templo Synagoga Iudaica, sublatumque Vetus Testamentum. Inter alia & commentarius in locum Epiphanii obscurissimum de cyclo veteri Iudaeorum.. Francofurti : Tampach. http://www.worldcat.org/title/joannis-keppleri-eclogae-chronicae-ex-epistolis-doctissimorum-aliquot-virorum-suis-mutuis-quibus-examinantur-tempora-nobilissima-1-herodis-herodiadumque-2-baptismi-ministerii-christi-annorum-non-plus-2-14-3-passionis-mortis-et-resurrectionis-dn-n-iesu-christi-anno-aerae-nostrae-vulgaris-31-non-ut-vulgo-33-4-belli-iudaici-quo-funerata-fuit-cum-ierosolymis-templo-synagoga-iudaica-sublatumque-vetus-testamentum-inter-alia-commentarius-in-locum-epiphanii-obscurissimum-de-cyclo-veteri-iudaeorum/oclc/62188677 2011年5月18日閲覧. "anno aerae nostrae vulgaris" 
  15. ^ Kepler, Johann; Vlacq, Adriaan (1635). Ephemerides of the Celestiall Motions, for the Yeers of the Vulgar Era 1633.... https://books.google.com/books?id=prP9cQAACAAJ&dq=vulgar+era 2011年5月18日閲覧。 
  16. ^ Sliter, Robert (1652). A celestiall glasse, or, Ephemeris for the year of the Christian era 1652 being the bissextile or leap-year: contayning the lunations, planetary motions, configurations & ecclipses for this present year ... : with many other things very delightfull and necessary for most sorts of men: calculated exactly and composed for ... Rochester. London: Printed for the Company of Stationers. https://www.google.com/products?q=Ephemeris+year+Christian+era+1652 
  17. ^ The History of the Works of the Learned. 10. London: Printed for H. Rhodes. (January 1708). p. 513. https://books.google.com/books?id=D_wvAAAAYAAJ&q=%22common+era%22#v=onepage&q=%22common%20era%22&f=false 2011年5月18日閲覧。 
  18. ^ BBC Team (2005年2月8日). “History of Judaism 63BCE–1086CE”. BBC Religion & Ethics. British Broadcasting Corporation. 2011年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月18日閲覧。 “Year 1: CE – What is nowadays called the 'Current Era' traditionally begins with the birth of a Jewish teacher called Jesus. His followers came to believe he was the promised Messiah and later split away from Judaism to found Christianity”
  19. ^ Raphall, Morris Jacob (1856). Post-Biblical History of The Jews. Moss & Brother. オリジナルの11 May 2011時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=r7CbDH5hTe8C&printsec=frontcover&dq=CE+BCE 2011年5月18日閲覧。  The term common era does not appear in this book; the term Christian era [lowercase] does appear a number of times. Nowhere in the book is the abbreviation explained or expanded directly.
  20. ^ Robinson, B.A. (2009年4月20日). “Justification of the use of "CE" & "BCE" to identify dates. Trends”. ReligiousTolerance.org. 2018年7月1日閲覧。
  21. ^ William Safire (17 August 1997). “On Language: B.C./A.D. or B.C.E./C.E.?”. The New York Times Magazine. https://www.nytimes.com/1997/08/17/magazine/bc-ad-or-bce-ce.html. 
  22. ^ Teresi, Dick (July 1997). “Zero”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/past/docs/issues/97jul/zero.htm. 
  23. ^ Doggett, 1992, p. 579
  24. ^ 佐藤正幸 『世界史における時間』(1版1刷)山川出版社、2009年、71頁。ISBN 978-4-634-34966-7 
  25. ^ Blackburn & Holford-Strevens 2003, p. 767.
  26. ^ Nineteen year cycle of Dionysius Introduction and First Argumentum.
  27. ^ Tøndering, Claus, The Calendar FAQ: Counting years
  28. ^ Mosshammer, Alden A (2009). The Easter Computus and the Origins of the Christian Era. Oxford. p. 347. https://books.google.com/books?id=0umDqPOf2L8C&pg=PA347 
  29. ^ Declercq, Georges, "Anno Domini. The Origins of the Christian Era" Turnhout, Belgium, 2000
  30. ^ Wallraff, Martin: Julius Africanus und die Christliche Weltchronik. Walter de Gruyter, 2006
  31. ^ Mosshammer, Alden A.: The Easter Computus and the Origins of the Christian Era. Oxford University Press, 2009, p. 254, p. 270, p. 328
  32. ^ Declercq, Georges: Anno Domini. The Origins of the Christian Era. Turnhout Belgium. 2000
  33. ^ Bede 731, Book 1, Chapter 2, first sentence.
  34. ^ Patrick, 1908
  35. ^ “General Chronology”. New Advent Catholic Encyclopedia. Vol III. New York: Robert Appleton Company. (1908). http://www.newadvent.org/cathen/03738a.htm 2011年10月25日閲覧。 
  36. ^ Werner Rolevinck in Fasciculus temporum (1474) used Anno an xpi nativitatem (in the ...(th) year before the birth of Christ) for all years between Genesis creation narrative|creation and Jesus. "xpi" is the Greek χρι in Latin letters, which is an abbreviation for Christi. This phrase appears upside down in the centre of Recto|recto folios (right hand pages). From Jesus to Pope Sixtus IV he usually used Anno Christi or its abbreviated form Anno xpi (on verso folios—left hand pages). He used Anno mundi alongside all of these terms for all years.
  37. ^ Steel, Duncan (2000). Marking time: the epic quest to invent the perfect calendar. p. 114. ISBN 978-0-471-29827-4. https://books.google.com/?id=fsni_qV-FJoC&pg=PA111#v=onepage&q=1627 2010年6月1日閲覧。 
  38. ^ Hunt, Lynn Avery (2008). Measuring time, making history. p. 33. ISBN 978-963-9776-14-2. https://books.google.com/?id=A6nrL1XxpGYC&pg=PA33&lpg=PA33&dq=petau+%22ante+Christum%22&q=petau%20%22ante%20Christum%22 2010年6月1日閲覧。 
  39. ^ Petau, Denis (1758). search for "ante Christum" in a 1748 reprint of a 1633 abridgement entitled Rationarium temporum by Denis Petau. https://books.google.com/?id=RRv0_NEpl-oC&pg=PA46&lpg=PA46&dq=petau+%22ante+Christum%22&q=ante%20Christum 2010年6月1日閲覧。 
  40. ^ C. R. Cheney (1945–2000). A Handbook of Dates, for students of British history. Cambridge University Press. pp. 8–14. ISBN 9780521778459. http://catdir.loc.gov/catdir/samples/cam032/99027383.pdf 
  41. ^ Dunn, James DG (2003). Jesus Remembered. Eerdmans Publishing. p. 324. 
  42. ^ Doggett 1992, p579: "Although scholars generally believe that Christ was born some years before AD 1, the historical evidence is too sketchy to allow a definitive dating".
  43. ^ Paul L. Maier "The Date of the Nativity and Chronology of Jesus" in Chronos, kairos, Christos: nativity and chronological studies by Jerry Vardaman, Edwin M. Yamauchi 1989 0-931464-50-1 pp. 113–129
  44. ^ New Testament History by Richard L. Niswonger 1992 0-310-31201-9 pp. 121–124
  45. ^ Roger S. Bagnall and Klaas A. Worp, Chronological Systems of Byzantine Egypt, Leiden, Brill, 2004.
  46. ^ Patrick, 1908


「西暦紀元」の続きの解説一覧

DC++

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 13:50 UTC 版)

DC++とはフリーオープンソースP2Pファイル共有クライアントで、ダイレクトコネクトネットワーク英語版ADC英語版プロトコルに接続することができる。主開発者はジャセク・シエカでarnetheduck英語版という愛称を持っている。


  1. ^ Fredrik Ullner (2008年1月). “PC Pitstop and its P2P-report”. DC++: Just These Guys, Ya Know?. 2008年3月19日閲覧。
  2. ^ Annalee Newitz (2001年7月). “Sharing the Data”. Metro, Silicon Valley's Weekly Newspaper. Metro Publishing Inc. 2006年12月21日閲覧。
  3. ^ http://www.adcportal.com/wiki/Client_Software


「DC++」の続きの解説一覧

D.C.(アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/09 04:06 UTC 版)

鷺澤美咲」の記事における「D.C.(アニメ)」の解説

第5話第11話第22話主演第1話から登場。ただし顔は隠れており、自宅である洋館窓から登校する純一音夢の姿を見つめている。このシーンで、膝に乗っていた頼子三毛猫)が窓から急に飛び出してしまう。 第5話人間鷺澤頼子として登場寝坊してしまい、学校サボって散歩していた純一が、公園子供いじめられている頼子見つけ成り行きで助ける。純一に「行く場所がない」と言い朝倉家居候することになる。 第11話では外出恐怖症外に出られない頼子に、純一外の世界楽しさ見出して貰おう画策するが、どれも失敗している。だが、最終的に頼子これを機に外に出る練習を始めるようになる。ただし、原作違って頼子身体の中に美咲意識入っていないため(つまり自我頼子自身あるため)、なぜ外出恐怖症なのかという矛盾生じている(前述の子供いじめられたことに強いショックを受け、外出恐怖症になった可能性もある)。 原作では美咲編の舞台音夢看護学校進学後(純一本校進学後)であったが、アニメでは約1年前倒しされ、純一音夢頼子3人同居している。しかし、第5話以降朝倉家中には純一音夢2人しか存在しないかのように描写されることが度々あった。

※この「D.C.(アニメ)」の解説は、「鷺澤美咲」の解説の一部です。
「D.C.(アニメ)」を含む「鷺澤美咲」の記事については、「鷺澤美咲」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「DC」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「DC」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



DCと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「DC」に関係したコラム

  • バイナリーオプション業者の一覧

    2012年5月現在のバイナリーオプション業者の一覧は次の通りです。▼日本国内のバイナリーオプション業者日本国内のバイナリーオプション業者は、日本国内の法律に基づき金融商品取引業者として登録済みであり信...

  • バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される商品には、通貨ペア以外に日経225などの株価指数、東京証券取引所(東証)やニューヨーク証券取引所に上場している株式、そして、金、銀などの先物商品などがあります。以下は、...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

DCのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリドメインコントローラの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDC (改訂履歴)、西暦紀元 (改訂履歴)、DC++ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鷺澤美咲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS