電流とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 現象 > 電流の意味・解説 

でん‐りゅう〔‐リウ〕【電流】

読み方:でんりゅう

電気導体の中を流れ現象電位の高い方から低い方へ流れる。その大きさは、単位時間単位断面通過する電気量で表す。単位アンペア


でんりゅう 電流 electric current


電流

読み方でんりゅう

負(マイナス)の電気をもつ電子や,正(プラス)の電気をもつイオン運動すると電流になる。電子の方軽く小さいため,通常電子流れが電流となる。電流があるとその周り磁場ができる。モーター中には電流をコイル流した電磁石があるが,これの作る磁場引力反発力モーターを回す。

電流

作者佐々木淑子

収載図書重い肉
出版社碧天舎
刊行年月2002.12


電流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/29 05:37 UTC 版)

電流(でんりゅう、: electric current)は、電荷の流れのこと。また、それを表す物理量


注記

  1. ^ たしかに電子の電荷を とする流儀は存在するが、それはあくまでも「電荷の正負の定め方」であって直接的には「電流の流れる向きの定め方」ではない。
  2. ^ は「電流の強さ」を意味する intensité du courant の頭文字から来ている。電気工学では電流を i で表すことがあり、誤解のないように虚数単位を j と書く慣習がある。
  3. ^ 電荷素片は実在するが電流素片は実在しない。詳しくは前野 (2010) の pp. 198-199 を参照せよ。
  4. ^ これを利用する電流センサや架線電流計計器用変流器などは、電流計検流計とは違って回路の特性を変えずに電流を測ることができる。
  5. ^ 「高圧電流」は誤用であり、それぞれ「高電圧」「大電流」と表現する。そもそも「高電圧で流れる電流」は大電流とは限らない。

出典

  1. ^ The Truth About Electricity”. William Kibbe. 2021年7月29日閲覧。
  2. ^ de Grotthuss, C. J. T. (1806). Sur la décomposition de l'eau et des corps qu'elle tient en dissolution à l'aide de l'électricité galvanique. Ann. Chim. 58: 54–73.
  3. ^ Watanabe, N.; Sameera, W.M.C.; Hidaka, H.; Miyazaki, A.; Kouchi, A. (2019-12). “Ultraviolet-photon exposure stimulates negative current conductivity in amorphous ice below 50 K” (英語). Chemical Physics Letters 737: 136820. doi:10.1016/j.cplett.2019.136820. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0009261419308012. 
  4. ^ 渡部, 直樹 (2019年11月21日). “氷はマイナスの電気を流す半導体? – 紫外線で電子の移動を制御 | academist Journal”. 2021年7月28日閲覧。
  5. ^ electricity - Why is the charge naming convention wrong?”. Physics Stack Exchange. 2021年7月30日閲覧。
  6. ^ 国際度量衡局(BIPM). “国際単位系(SI)第 9 版(2019)日本語版”. 国立研究開発法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター. 2021年7月29日閲覧。
  7. ^ Landau, L. D.; Lifshitz, E. M. (1975). The Classical Theory of Fields (4th ed.). Pergamon Press 
  8. ^ 新井, 2003, p. 296.
  9. ^ 谷村, 省吾 (2015). “電磁気の幾何学と単位系” (PDF). QUATUO研究会 4. http://www.sceng.kochi-tech.ac.jp/koban/quatuo/lib/exe/fetch.php?media=第4回quatuo研究会:quatuo2014_tanimura.pdf. 
  10. ^ 北野, 正雄. “電磁気学におけるパリティについて”. 2021年8月8日閲覧。
  11. ^ 前野, 2010, p. 280.
  12. ^ 前野, 2010, p. 296.
  13. ^ 北野, 正雄 (2021). “変位電流をめぐる混乱について”. 大学の物理教育 27 (1): 22-25. http://kir018304.kir.jp/nc/htdocs/?action=common_download_main&upload_id=197. 
  14. ^ 武内, 修. “静止物体中の Maxwell の方程式”. 2021年7月31日閲覧。
  15. ^ 岡部, 洋一. “電磁気学”. 2021年7月31日閲覧。
  16. ^ 清水, 2007, p. 300.
  17. ^ 田崎, 晴明 (2008). “非平衡定常系の熱力学と統計力学にむけて (線形応答理論から50年――非線形・非平衡の物理学)”. 日本物理学会誌 63 (10): 797–804. doi:10.11316/butsuri.63.10_797. https://www.jstage.jst.go.jp/article/butsuri/63/10/63_KJ00005047211/_article/-char/ja/. 
  18. ^ 清水, 2007, p. 217.
  19. ^ 清水, 明. “noneqsm_gakkai08s.pdf”. 2021年7月31日閲覧。
  20. ^ 藤本, 純治. “線形応答理論の簡単な例:Drudeの公式 (PDF)”. 2021年7月31日閲覧。
  21. ^ 伏屋, 雄紀; 福山, 秀敏 (2017). “久保公式とグリーン関数法の実践的基礎(その2)” (PDF). 固体物理 52 (1): 1-21. http://www.kookai.pc.uec.ac.jp/kotaibutsuri/practical_guide_vol_2.pdf. 
  22. ^ 前野, 2010, p. 169.
  23. ^ 井野, 明洋. “固体物理学 I 講義ノート:第4章”. 2021年7月31日閲覧。
  24. ^ グローバルノート - 国際統計・ランキング専門サイト 統計データ配信



電流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 03:45 UTC 版)

電気」の記事における「電流」の解説

詳細は「電流」を参照 電荷持った粒子の移動によって、電流が発生し、その強さアンペア単位として計られる。どんな荷電粒子でも移動することで電流を形成できるが、電子が最も一般的である。 歴史的な慣習により、電流の流れ向き正の電荷流れ向きとされており、電源正極から負極流れとされる負の電荷を持つ電子電荷担体としては最も一般的だが、電気回路での電流の流れ向き電子移動する向き反対である。しかし、状況によっては電流の向き荷電粒子移動する向き一致する場合もあるし、荷電粒子両方向同時に移動することもある。様々な状況電流の流れ方向便宜的に定めるために、このような規定がある。 物質電流が流れる過程電気伝導呼び、その性質流れ荷電粒子物質の性質によって様々である金属の場合電子流れ電気分解においては電荷帯びた原子液体中を流れる。粒子自体移動速度極めて遅くせいぜい毎秒ミリメートルだが、それによって形成される電場光速に近い速度伝播するそのため、電気信号導線上で極めて高速に伝送される。 電流はいくつかの目に見える現象引き起こし歴史的にはそれらが電流の存在確認する手段でもあった。に電流を流す分解されるという現象1800年ウィリアム・ニコルソンアンソニー・カーライル発見した。これがいわゆる電気分解である。そこからさらに研究進み1833年マイケル・ファラデー電気分解の法則解明した電気抵抗のある物質電流が流れるとき、局所的な発熱がある。これを研究したのがジェームズ・プレスコット・ジュールで、1840年数学的に定式化したジュールの法則導き出した。電流に関する最も重要な発見をしたのはハンス・クリスティアン・エルステッドで、1820年導線に電流を流したときに近くにあった方磁針振れることに気づいた。これが電気と磁気基本的相互作用発見であり、そこから電磁気学発展することになった工学実用的観点では、電流を直流交流分類することが多い。これは電流が時間と共に変化するかしないかを示した用語である。直流電池などが発する電流であり、常に一方向流れる電流である。交流電流の流れ向き定期的に逆転する場合を指す。交流の電流の強さ時間変化正弦波を描くことが多い。したがって、交流流れ導体内では電荷一方向に進むことはなく、短い距離行ったり来たりすることになる。交流の電流の強さある程度以上の時間平均するとゼロになるが、エネルギーはある方向運搬され次に反対方向に運搬される交流には定常的直流では見られない特性があり、インダクタンス静電容量影響を受けるそういった特性電源入れた直後など回路過渡現象主題となる場合に重要となる。

※この「電流」の解説は、「電気」の解説の一部です。
「電流」を含む「電気」の記事については、「電気」の概要を参照ください。


電流(正式名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:27 UTC 版)

勇者指令ダグオン」の記事における「電流(正式名称不明)」の解説

機首から放つ電流。サバラス星人宇宙船攻撃する際に使用

※この「電流(正式名称不明)」の解説は、「勇者指令ダグオン」の解説の一部です。
「電流(正式名称不明)」を含む「勇者指令ダグオン」の記事については、「勇者指令ダグオン」の概要を参照ください。


電流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 18:43 UTC 版)

電荷」の記事における「電流」の解説

単位時間当たりにある場所(もしくは面)を通過する電荷量のことを電流という。電流のSI単位アンペア[A]である。これはSI基本単位である。電流の定義より明らかに電荷は電流を時間積分したものである。したがって、電荷SI組み立て単位アンペア・秒[A s]である。この単位クーロン[C]という。すなわち、1[C]=1[A s]である。

※この「電流」の解説は、「電荷」の解説の一部です。
「電流」を含む「電荷」の記事については、「電荷」の概要を参照ください。


電流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:14 UTC 版)

太陽圏電流シート」の記事における「電流」の解説

太陽圏電流シート内の電流は内向き放射状で、太陽の極地方磁場沿った外向きの電流と近接している。電流の強さは、3×109アンペアである。他の天文物理学的な電流と比較して地球オーロラもたらすビルケランド電流は約1000倍も弱い。シートの最も電流密度が高い部分は、10-10 A/m2のである。

※この「電流」の解説は、「太陽圏電流シート」の解説の一部です。
「電流」を含む「太陽圏電流シート」の記事については、「太陽圏電流シート」の概要を参照ください。


電流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 09:02 UTC 版)

RC回路」の記事における「電流」の解説

この回路は直列回路なので、電流はどの箇所でも同じであり次の式で得られる。 I ( s ) = V i n ( s ) R + 1 / C s = C s 1 + R C s V i n ( s ) {\displaystyle I(s)={\frac {V_{in}(s)}{R+1/Cs}}={Cs \over 1+RCs}V_{in}(s)}

※この「電流」の解説は、「RC回路」の解説の一部です。
「電流」を含む「RC回路」の記事については、「RC回路」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電流」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「電流」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



電流と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

電流のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電流のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
核融合エネルギーフォーラム核融合エネルギーフォーラム
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency, All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電気 (改訂履歴)、勇者指令ダグオン (改訂履歴)、電荷 (改訂履歴)、太陽圏電流シート (改訂履歴)、RC回路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS