国際単位系とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 単位系 > 国際単位系の意味・解説 

国際単位系

読み方こくさいたんいけい
別名:SI
【英】The International System of Units

国際単位系とは、数量表現する際単位表現として国際的に用いられている単位体系である。1960年国際度量衡委員会によって決定された。

国際単位系は、基本単位組立単位補助単位SI単位)と、10進数基づいて倍量分量を表す接頭辞SI接頭辞)の組み合わせによって表される

国際単位系における基本単位は7種類規定されており、それぞれメートル長さ)、キログラム質量)、秒(時間)、アンペア電流)、ケルビン温度)、モル物質量)、カンデラ光度)となっている。

SI接頭辞には、1024乗を表す「ヨタ」から、10のマイナス24乗を表す「ヨクト」まで、20種類SI接頭辞が定義されている

なお、国際単位系は、フランス語の「Le Système International d'Unités」の略称として、「SI」と表記されることが多い。


参照リンク
国際単位系 - (独立行政法人産業技術総合研究所
情報処理のほかの用語一覧
単位:  キロバイト  ギガ  キロ  国際単位系  MHz  MFLOPS  Mbps

国際単位系(SI単位系)

国際度量衡総会公的地位与えられた単位で、この単位構成する単位の組を国際単位系という。放射線関る単位例えば、放射能単位Bqベクレル)、線量単位Svシーベルト)、吸収線量単位Gyグレイ)等は、SI単位系表現されたものである国際単位系

国際単位系(略称SI)

国際単位系(SI)は、1960年国際度量衡総会新し単位系として決議されたもの。ひとつの量にひとつの単位、という系統的単位をめざしたものである。
日本においては1974年JIS Z 8203「国際単位系(SI)及びその使い方」が制定され、1990年の日本工業標準調査会399標準会議で「すべての規格SIのみを規格値とする」と決定された。(天気予報気圧の単位を、以前使用していたmbarミリバール》からhPaヘクトパスカル》に変更したのは、この一連の動きよるもの。)

≫ 総合カタログ 技術資料編「国際単位系(SI)」
  (PDFファイル 279KB/2ページ)

国際単位系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 09:50 UTC 版)

国際単位系(こくさいたんいけい、: Système International d'unités: International System of Units、略称: SI)は、メートル法の後継として国際的に定められ、世界中で広く使用されている単位系である。


注釈

  1. ^ 国際電気標準会議(International Electrotechnical Commission、IEC)の前身である。
  2. ^ 今回の改定は、2018年11月に開催された国際度量衡総会で合意に達し、2019年5月20日に発効した。この日が選ばれた理由は、5月20日が1875年にメートル条約が締結された日で「世界計量記念日」となっているためである。
  3. ^ 基本単位の列挙順序は、秒、メートル、キログラム、アンペア、……の順である。SI文書第8版(2006)までは、メートル、キログラム、秒、アンペア、……の順であった。
  4. ^ BIPMによる原表では当初はCODATA2014の数値が掲げられていたが、その後、CODATA2018の数値に差し替えられた。
  5. ^ は計量法上は計量単位ではなく、の単位と位置づけられている。
  6. ^ 国際標準化機構(ISO)による ISO 1000 を翻訳した物。ISO 1000 は2009年に ISO 80000-1 に置き換えられ、JIS Z 8203 も2014年に ISO 80000-1 を翻訳した JIS Z 8000-1 に置き換えられた。

出典

  1. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019)p.122, pp.129-134
  2. ^ 「図解入門 よくわかる最新単位の基本と仕組み」p67 伊藤幸夫・寒川陽美著 秀和システム 2004年8月10日第1版第1刷
  3. ^ 「図解入門 よくわかる最新単位の基本と仕組み」p23 伊藤幸夫・寒川陽美著 秀和システム 2004年8月10日第1版第1刷
  4. ^ 佐藤文隆・北野正雄、「新SI単位と電磁気学」、p.148、岩波書店、2018-06-19、ISBN 978-4-00-061261-6
  5. ^ 佐藤文隆・北野正雄、「新SI単位と電磁気学」、p.148、岩波書店、2018-06-19、ISBN 978-4-00-061261-6
  6. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019) p.91 第9版への緒言
  7. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019) p.122
  8. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019) p.173
  9. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019) p.175
  10. ^ SI Brochure: The International System of Units (SI)
  11. ^ >#国際単位系(SI)第9版(2019) p.93 本文に関する注釈
  12. ^ 国際単位系 (SI) は世界共通のルールです SIパンフレット、産業技術総合研究所 計量標準総合センター 計量標準普及センター 計量標準調査室、2020年4月
  13. ^ 国際単位系 (SI) は世界共通のルールです SIパンフレット、産業技術総合研究所 計量標準総合センター 計量標準普及センター 計量標準調査室、2020年4月、最終の第8ページ下段
  14. ^ Previous editions of the SI Brochure SI Brochure: The International System of Units (SI), BIPM
  15. ^ 国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 p.98、「2018年に七つの定義定数の数値を定めることによって SIを定義することになり、この基本単位と組立単位の区別の必要が原則として不要となった。あらゆる単位、すなわち基本単位と組立単位は定義定数から直接構築できるようになったためである。とは言え、基本単位と組立単位という概念は保持されている。これは、この概念が有用かつ歴史的に定着したものであるためのみならず、ISO/IEC80000規格シリーズが、ここで定義されるSIの基本単位と組立単位に必然的に対応する基本量と組立量を規定しているからである。」産業技術総合研究所、計量標準総合センター、2020年4月
  16. ^ a b The InternationalSystem of Units (SI) 9th ed. Text in English 2.2 Definition of the SI, p.127
  17. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019)pp.99-103
  18. ^ 表1 SIの七つの基本単位 国際単位系(SI)第9版(2019)要約 日本語版、計量標準総合センター、産総研、経済産業省
  19. ^ 国際単位系(SI)国際文書第8版(2006) p.15
  20. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019) p.104,表3
  21. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019)p.105
  22. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019)p.114
  23. ^ The International System of Units(SI) 9th edition 2019 Bureau International des Poids et Mesures, 2019-05-20, pp.145-146
  24. ^ unified atomic mass unit The NIST Reference on Constants, Units, and Uncertainty. US National Institute of Standards and Technology. 2019-05-20. 2018 CODATA recommended values
  25. ^ The International System of Units (SI) 9th ed. Text in English 5.4 Rules and style conventions for expressing values of quantities, pp.149-150
  26. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019)pp.116-120
  27. ^ AltCodeUnicode.com ALT Codes for CJK Squared Latin Abbreviations
  28. ^ CJK Compatibility
  29. ^ The Unicode Standard, Version 14.0 Chapter 22 Symbols p.839 p.865 p.896
  30. ^ Unicode Technical Report #25 UNICODE SUPPORT FOR MATHEMATICS p.11
  31. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019)p.118
  32. ^ #国際単位系(SI)第9版(2019)p.119
  33. ^ 「図解入門 よくわかる最新単位の基本と仕組み」p23 伊藤幸夫・寒川陽美著 秀和システム 2004年8月10日第1版第1刷
  34. ^ 「図解入門 よくわかる最新単位の基本と仕組み」p24 伊藤幸夫・寒川陽美著 秀和システム 2004年8月10日第1版第1刷



「国際単位系」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



国際単位系と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際単位系」の関連用語

国際単位系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国際単位系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ国際単位系の記事を利用しております。
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2022 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
日本板硝子日本板硝子
(C) 2022 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際単位系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS