ヤード・ポンド法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > ヤード・ポンド法の意味・解説 

ヤードポンド ほう -はふ [0] [6] 【ヤードポンド法】 〔yard-pound〕

長さの単位ヤード質量単位ポンド体積の単位ガロンを,時間の単位に秒,温度単位華氏温度を用いる単位系ガロン英米異なり,1英ガロンは1.20095米ガロン。主にイギリス・アメリカなど英語圏諸国で用いられている。 → メートル法

ヤード・ポンド法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/30 02:50 UTC 版)

ヤード・ポンド法(ヤード・ポンドほう)とは、アメリカ合衆国を中心に使用されている単位系である。世界の国々の中で、メートル法(又は国際単位系)を用いずに、ヤード・ポンド法を用いている国は、2019年現在では特にアメリカ合衆国[Note 1]のほかは、ミャンマーリベリアのみである[1]。ただし、リベリアでは民間主導でメートル法への移行が行われ、今日ではヤード・ポンド法はほとんど使用されていない。ミャンマーでも2013年に、メートル法への移行を準備していると宣言された[2][3][4]


長さの単位

  1. ^ 米国では「国際マイル」(international mile)として知られる。

面積の単位

  1. ^ 定義値
  2. ^ 1 測量フィート = 約1.000 002 国際フィート、国際フィート = 正確に 0.999 998 測量フィート
  3. ^ a b c d 測量フィート

体積の単位

  1. ^ a b 測量フィート

質量の単位

  1. ^ これがガロンの定義であり、正確な値である。

固有の名前を持つエネルギー・力・温度の単位

  1. ^ これがガロンの定義であり、正確な値である。

その他の単位

  1. ^ 1879年1月に施行された1878年の度量衡法により、英国内で取引のためにトロイポンドを使用することは禁止された。2012年4月24日現在、トロイオンスは貴金属の販売のために使用できる。


「ヤード・ポンド法」の続きの解説一覧

ヤード・ポンド法

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 00:22 UTC 版)

名詞

  1. 計測単位体系、即ち単位系一つであり、イギリス発祥し、現在、主にイギリス及びアメリカ合衆国等旧植民地において用いられているもの。

語源

翻訳

関連語

代表的な単位

ヤードポンド法

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 00:22 UTC 版)

名詞

  1. 計測単位体系、即ち単位系一つであり、イギリス発祥し、現在、主にイギリス及びアメリカ合衆国等旧植民地において用いられているもの。

語源

翻訳

関連語

代表的な単位


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヤード・ポンド法」の関連用語

ヤード・ポンド法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヤード・ポンド法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤード・ポンド法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヤード・ポンド法 (改訂履歴)、ヤードポンド法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS