ヤード・ポンド法とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ヤード・ポンド法の意味・解説 

ヤードポンド‐ほう〔‐ハフ〕【ヤードポンド法】

基本単位として長さヤード質量ポンド用い単位系英国統一米国などでも用いられ体積ガロン温度カ氏温度時間に秒を用いるが、ガロンについては英米異なる。


ヤード・ポンド法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 07:18 UTC 版)

(ヤード・ポンドほう、: Imperial units(イギリス)、: United States customary units(アメリカ合衆国))とは、アメリカ合衆国を中心に使用されている単位系である。世界の国々の中で、メートル法(又は国際単位系)を用いずに、ヤード・ポンド法を用いている国家は、2019年現在では特にアメリカ合衆国[Note 1]のほかは、ミャンマーリベリアのみである[1]。ただし、リベリアでは民間主導でメートル法への移行が行われ、今日ではヤード・ポンド法はほとんど使用されていない。ミャンマーでも2013年に、メートル法への移行を準備していると宣言された[2][3][4]。日本では少数の例外(後述)を除き、計量法の第8条第1項により「取引又は証明」に使用することが禁止されている[5]


長さの単位

  1. ^ 米国では「国際マイル」(international mile)として知られる。

面積の単位

  1. ^ 定義値
  2. ^ 1 測量フィート = 約1.000 002 国際フィート、国際フィート = 正確に 0.999 998 測量フィート
  3. ^ a b c d 測量フィート

体積の単位

  1. ^ a b 測量フィート

質量の単位

  1. ^ これがガロンの定義であり、正確な値である。

固有の名前を持つエネルギー・力・温度の単位

  1. ^ これがガロンの定義であり、正確な値である。

その他の単位

  1. ^ 1879年1月に施行された1878年の度量衡法により、英国内で取引のためにトロイポンドを使用することは禁止された。2012年4月24日現在、トロイオンスは貴金属の販売のために使用できる。


「ヤード・ポンド法」の続きの解説一覧

ヤード・ポンド法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/13 08:37 UTC 版)

ヤード・ポンド法では、1⁄16 フィート = 3⁄4 インチ定義された。「2キュビット = 1ヤードとされる換算率使って古代風にキュビットで表すと、1⁄24 キュビットとなる。 国際インチによれば正確に 1.905 センチメートルとなる。 他に下のような腕に関する単位があるが、どれも現在では使用されていないfingerフィンガー) -- 7/6 ディジット palmパーム) -- 4 ディジット handハンド) -- 16/3 ディジット shaftment(シャフトメント) -- 8 ディジット spanスパン) -- 12 ディジット cubitキュビット) -- 24 ディジット ellエル) -- 60 ディジット ディジットネイルほぼ等しいが、ネイルそれ以外に、1/16ヤードや、長さ以外の物理量意味することもある。

※この「ヤード・ポンド法」の解説は、「ディジット」の解説の一部です。» 「ディジット」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ヤード・ポンド法

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 00:22 UTC 版)

名詞

  1. 計測単位体系、即ち単位系一つであり、イギリス発祥し、現在、主にイギリス及びアメリカ合衆国等旧植民地において用いられているもの。

語源

翻訳

関連語

代表的な単位

ヤードポンド法

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 00:22 UTC 版)

名詞

  1. 計測単位体系、即ち単位系一つであり、イギリス発祥し、現在、主にイギリス及びアメリカ合衆国等旧植民地において用いられているもの。

語源

翻訳

関連語

代表的な単位

「ヤード・ポンド法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヤード・ポンド法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤード・ポンド法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヤード・ポンド法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのディジット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヤード・ポンド法 (改訂履歴)、ヤードポンド法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS