ニューヨーク・タイムズとは? わかりやすく解説

ニューヨーク‐タイムズ【The New York Times】


ニュー・ヨーク・タイムズ(NYSE:NYT)

住所: 229 West 43rd StreetNew York, NY 10036United States
電話: 1- (212) 556-1234
FAX: 1- (212) 556-7389
ウェブサイト: http://www.nytco.com/
業種: サービス
業界: 出版

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

ニューヨーク・タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 01:19 UTC 版)

ニューヨーク・タイムズThe New York Times)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置くニューヨーク・タイムズ・カンパニーが発行している高級日刊新聞紙アメリカ合衆国内での発行部数はUSAトゥデイ(162万部)、ウォール・ストリート・ジャーナル(101万部)に次いで第3位(48万部)[3]


  1. ^ a b NYタイムズはデジタル収入8億ドルの野心的な目標に近づいている 2019年2月15日配信 Onebox News
  2. ^ The New York Times Co. Reports $709 Million in Digital Revenue for 2018 2019年2月6日配信 ニューヨーク・タイムズ
  3. ^ Top 10 U.S. Daily Newspapers
  4. ^ WNYC Radio, "WNYC to Launch WQXR on 105.9 FM on October 8 at 8pm," Sept. 10, 2009, (http://www.wnyc.org/about/media/media_41.html), viewed Oct. 8, 2009.
  5. ^ NYタイムズ、購読者数1千万超え目指す 電子版が好調:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年2月9日閲覧。
  6. ^ トランプ政権、連邦政府機関に米2紙の購読停止促す”. CNN (2019年10月27日). 2019年12月3日閲覧。
  7. ^ ニューズウィーク:2007年/3/22号
  8. ^ そのとき、記者は......逃げた<全文>、ニューズウィーク、2011年04月05日
  9. ^ 古森義久 (2014年3月22日). “NYタイムズ「安倍たたき」「反日」支える日本人学者”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140322/amr14032208540001-n1.htm 2014年3月22日閲覧。 
  10. ^ ジパング編集部編 『笑われる日本人 : ニューヨーク・タイムズが描く不可思議な日本(Japan made in U.S.A.)』 ジパング(New York), 1998. ISBN 9784812306154
  11. ^ 大竹 秀子, Charles Burress (サンフランシスコ・クロニクル), Jocelyn Ford (en:Marketplace (radio program)) 他 "パネルディスカッションから 米国メディアが歪めて伝える「日本人」", 論座, 1998年12月号 (通号 44), P.140-154.
  12. ^ "米国 なぜか米国でゲイシャ復活--誤解される日本像", AERA, 12(18) (通号 588), p. 25-27, 1999年4月19日. ISSN 0914-8833
  13. ^ "日本政府、NYT紙に反論文送付へ", 朝鮮日報, 2008年10月1日.
  14. ^ "経済的に困窮した日本人が右翼化、ネットで外国人排斥-米紙", サーチナ, 2010/08/31.
  15. ^ マーティン・ファックラー "New Dissent in Japan Is Loudly Anti-Foreign", New York Times, August 28, 2010.
  16. ^ "「大阪は沈滞の象徴!?」報道の米紙に日本総領事館が反論を寄稿", 産経新聞, 2010.11.4.
  17. ^ "「津波が捕鯨打倒」に抗議=米紙記事受けNY日本総領事館"時事通信, 2011.3.27.
  18. ^ [1],2011.3.24.
  19. ^ https://opcofamerica.org/Awardarchive/hal-boyle-award-2011/
  20. ^ 2020年の夏期五輪招致をめぐり、猪瀬直樹東京都知事が他の候補都市を酷評現代ビジネス 2013年5月2日
  21. ^ 猪瀬知事の謝罪受け入れ=「日本との長年の友情重視」-トルコ 時事通信 2013年5月1日
  22. ^ 猪瀬知事「真意なかった」毎日新聞 2013年5月2日
  23. ^ Women Forced Into WWII Brothels Served Necessary Role, Osaka Mayor SaysNYTimes 2013年5月14日
  24. ^ 天皇陛下即位描いた「ニューヨーク・タイムズ」風刺画に抗議の声” (日本語). ライブドアニュース. 2020年2月22日閲覧。
  25. ^ メーガン妃の「王室離れ」が至極まっとうな理由 | The New York Times” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年1月19日). 2020年2月22日閲覧。
  26. ^ Morgan, Piers (2020年1月13日). “PIERS MORGAN: Shame on Meghan and Harry for this gross 'racism' smear”. Mail Online. 2020年2月22日閲覧。
  27. ^ “Inside China's audacious global propaganda campaign” (英語). ガーディアン. (2018年12月7日). https://www.theguardian.com/news/2018/dec/07/china-plan-for-global-media-dominance-propaganda-xi-jinping 2018年12月9日閲覧。 
  28. ^ “Daily Telegraph stops publishing section paid for by China” (英語). ガーディアン. (2018年12月7日). https://www.theguardian.com/media/2020/apr/14/daily-telegraph-stops-publishing-section-paid-for-by-china 2021年6月14日閲覧。 
  29. ^ Why the New York Times is Free”. 2008年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年9月17日閲覧。
  30. ^ Perez-Pena, Richard (2006年9月17日). “Times to End Charges on Web Site”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/09/18/business/media/18times.html 
  31. ^ a b Bahr, Sarah (2020年8月28日). “A Final Episode for the TV Listings”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/08/28/insider/TV-listings-ending.html 2020年9月1日閲覧。 
  32. ^ a b ニューヨークタイムズ紙、81年続けたテレビ欄終了”. AV Watch (2020年9月1日). 2020年9月1日閲覧。
  33. ^ テレビ欄、紙面から消える~米 ニューヨーク・タイムズ紙”. TBS NEWS (2020年9月2日). 2020年9月3日閲覧。
  34. ^ ニコ生×BLOGOS番外編「3.14頂上決戦 上杉隆VS町山智浩 徹底討論」 - BLOGOS(ブロゴス)



ニューヨーク・タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 01:53 UTC 版)

アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の記事における「ニューヨーク・タイムズ」の解説

ニューヨーク・タイムズ紙は「(今回暴露情報米国内外の人々が知るに値する政策明らかにしており貴重」と肯定している。

※この「ニューヨーク・タイムズ」の解説は、「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の解説の一部です。
「ニューヨーク・タイムズ」を含む「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の記事については、「アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件」の概要を参照ください。


ニューヨーク・タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 19:45 UTC 版)

A・G・サルツバーガー」の記事における「ニューヨーク・タイムズ」の解説

サルツバーガー2009年2月ニューヨーク・タイムズ・カンパニー入社して地方面記者となり、同年3月2日最初の記事掲載されたその後全米特派員となり、カンザスシティ支局長として中西部地域取材した。コダクロームフィルムを現像する最後の街を取材した2010年サルツバーガー記事は、2017年のマーク・ラソ(英語版監督映画コダクローム英語版)』の原作となった2013年には、当時編集長ジル・エイブラムソンによって、デジタル時代のニューヨーク・タイムズが直面する課題についての社内評価チーム抜擢された。サルツバーガー97ページに及ぶ報告書「タイムズ・イノベーション・レポート」の主執筆者であり、報告書ではニューヨーク・タイムズが「動き早い競合他社」にいかに劣勢に立たされているかを客観的に詳細にまとめ、「革命的な変化求められている」とした。この報告書2014年3月BuzzFeed Newsによりリークされた。 2015年8月サルツバーガーニュース編集室戦略担当編集長補佐(associate editor)に任命された。この役職は、2020年までに報道分野デジタル収益倍増させ、部門間の連携強化するというニューヨーク・タイムズの計画"Our Path Forward"の一部であった2016年10月には副発行人(deputy publisher)に就任し将来は父の跡を継いで発行人に就任することがほぼ確定した。彼のいとこのサム・ドルニック(現 編集主幹補佐)やデイビッド・パーピック(現 取締役)も、次期発行人の候補として検討されていた。 2017年12月14日2018年1月1日をもってサルツバーガー発行人に就任することが発表された彼はオックスサルツバーガー家が『ニューヨーク・タイムズ』紙のオーナーとなってから6代目発行人となる。ニューヨーク・タイムズ・カンパニー公開企業ではあるが、全ての議決権株式オックス=サルツバーガー・ファミリー・トラスト(SEC)によって管理されている。SEC報告書によると、この信託主な目的は、ニューヨーク・タイムズ紙が「独立した新聞として、完全に恐れ知らず下心影響受けず公共の福祉無欲に専念すること」であるとされている発行人としての初日サルツバーガーは、引き続き刺激的な革新成長時代」であるとともに、「重大な挑戦時代でもあるとの文章発表した彼はニューヨーク・タイムズを「独立性厳格さ公正さ最高水準の状態に保つ」ことを約束した彼は独立した報道機関は「リベラルな理想でも進歩的な理想でも民主党の理想でもないアメリカ理想だ」と述べている。2020年には、サルツバーガー地方報道機関消滅懸念を表明し、「地方ジャーナリズムのための前進道筋見つけなければ社会がより偏極化し、共感失い、より強力な利権操られやすくなり、真実からより結びつかなくなるのを見続けることになるだろうと思う」と述べている。

※この「ニューヨーク・タイムズ」の解説は、「A・G・サルツバーガー」の解説の一部です。
「ニューヨーク・タイムズ」を含む「A・G・サルツバーガー」の記事については、「A・G・サルツバーガー」の概要を参照ください。


ニューヨーク・タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 19:44 UTC 版)

アドルフ・オックス」の記事における「ニューヨーク・タイムズ」の解説

1896年38歳の時、『ニューヨーク・タイムズ』の記者ヘンリー・アロウェイ(英語版)から、財務上の損失ニューヨーク市内の競合他社多さから、同紙を格安で買収することができると助言受けたオックスは75千ドルで『ニューヨーク・タイムズ』紙を買収したニューヨーク・タイムズ・カンパニー設立して、その過半数株式保有し強固な財務基盤築いた。 『タイム1924年9月1日号の表紙 1976年アメリカ郵政公社切手 1904年オックスはカー・ヴァン・アンダ(英語版)を編集主幹(managing editor)として雇った当時新聞公然と党派性の高い記事掲載していた中で、『ニューヨーク・タイムズ』は客観的なジャーナリズム英語版)を重視する姿勢示しまた、価格を3セントから1セント下げたことで、ほぼ忘れ去られていた新聞から脱却した。『ニューヨーク・タイムズ』の読者数は、買収時の9,000人から1920年代には78万人にまで増加した。『ニューヨーク・タイムズ』が1面掲げているモットーである"All the News That's Fit to Print"(印刷値するニュース全て掲載する)を考案したのもオックスである。 1904年オックスはニューヨーク・タイムズの本社マンハッタンのロングエーカー・スクエアに新しく建設されビル現在のワン・タイムズスクエア)に移転した同年、この広場の名称はタイムズスクエア変更された。同年の年越しのときに、オックスビルライトアップするために花火打ち上げさせ、毎年恒例となった1921年8月18日組織改編から25年迎えた『ニューヨーク・タイムズ』のスタッフは1,885名だった。独立した民主党系出版物として分類されていたが、ウィリアム・ジェニングス・ブライアン大統領選挙運動には一貫して反対していた。ニュース公平性編集の節度、充実した海外報道などにより、アメリカジャーナリズムの中で高い地位確保し全米広く読まれ影響力を持つようになった1901年オックスフィラデルフィアの『タイムズ』紙の経営者編集者となり、後に同州の『パブリック・レジャー』(Public Ledger)紙と合併した1912年サイラスH・Kカーティス英語版)に売却した。 ヴォルフガング・ディッシュによると、「広告費やされお金50%以上が浪費されており、印刷のインク無駄遣いであると私は断言する」というオックスの最も有名な言葉は、1916年なされたものである。これは、ジョン・ワナメイカーのものとされるマーケティングに関する言葉である「広告費半分が金の無駄使い終わっている事はわかっているが、どっちの半分無駄なのかが分からない」に由来するもの見られている

※この「ニューヨーク・タイムズ」の解説は、「アドルフ・オックス」の解説の一部です。
「ニューヨーク・タイムズ」を含む「アドルフ・オックス」の記事については、「アドルフ・オックス」の概要を参照ください。


ニューヨーク・タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 19:44 UTC 版)

オービル・ドライフース」の記事における「ニューヨーク・タイムズ」の解説

1941年7月8日『ニューヨーク・タイムズ』発行人アーサー・ヘイズ・サルツバーガーの娘マリアン・サルツバーガーと結婚したアーサーまた、アドルフ・オックス一人娘結婚してオックスの跡を継いでいた。アーサーは、「私はボスの娘と結婚するのに十分に賢明だった。そして君もそうだ」とドライフースに言った1942年、ドライフースはウォール街離れ将来『ニューヨーク・タイムズ』紙を率い人材となるための訓練として、ニューヨーク・タイムズ・カンパニー入社した1年間執筆スタッフとして数多く仕事こなしたが、彼が書いたものが記事になることはなかった。翌年には発行人補佐(assistant publisher)に就任した。 ドライフースは、母校ダートマス大学評議員フォーダム大学一般評議員ロックフェラー財団評議員執行委員ニューヨーク観光局理事五番街協会理事1964年ニューヨーク万国博覧会理事会社メセナ事業であるニューヨーク・タイムズ財団理事長務めた1957年ダートマス大学から名誉修士号を、1962年にはオーバリン大学から名誉法博士号授与された。 ドライフースは1954年副社長取締役に、1957年社長に就任した1958年アーサー脳卒中倒れてからは、ドライフースは会社経営日常業務大部分担当するようになった1961年4月25日アーサー発行人退任し、ドライフースがその跡を継いだ。 ドライフースは直ちにジョン・バートラム・オークス(英語版)(義祖父アドルフ・オックスの甥)を社説面編集者任命したまた、1961年10月31日にニューヨーク・タイムズ西部版創刊発表した

※この「ニューヨーク・タイムズ」の解説は、「オービル・ドライフース」の解説の一部です。
「ニューヨーク・タイムズ」を含む「オービル・ドライフース」の記事については、「オービル・ドライフース」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニューヨーク・タイムズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ニューヨーク・タイムズ」の例文・使い方・用例・文例

  • 私のニューヨーク・タイムズの予約が来月で切れる.
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ニューヨーク・タイムズと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニューヨーク・タイムズ」の関連用語

ニューヨーク・タイムズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニューヨーク・タイムズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2023 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューヨーク・タイムズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ外交公電ウィキリークス流出事件 (改訂履歴)、A・G・サルツバーガー (改訂履歴)、アドルフ・オックス (改訂履歴)、オービル・ドライフース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS