麻生太郎とは?

麻生太郎

麻生太郎
総理在職期間
平20.9.24~平21.9.16 358
総理就任時年齢:68歳

麻生太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/16 09:46 UTC 版)

麻生 太郎(あそう たろう、1940年昭和15年〉9月20日 - )は、日本政治家実業家財務大臣(第171819代)、副総理内閣府特命担当大臣(金融担当)デフレ脱却担当志公会(麻生派)会長、自民党たばこ議員連盟顧問。




注釈

  1. ^ 麻生産業から分社した麻生セメントは、麻生と社名変更している。現在の麻生ラファージュセメントは、麻生から更に分社化した麻生セメント(2代目)が社名変更したもの。
  2. ^ ほかに首相として再度就任した吉田茂安倍晋三がいる
  3. ^ 父方の祖父の名前も“麻生太郎”である
  4. ^ 麻生太郎外務大臣に聞く=日伯関係、百周年、デカセギ=本紙が単独インタビュー ニッケイ新聞 2007年8月17日[リンク切れ]。また、麻生太郎の従兄弟に当たる人物がブラジルに移民していたことも近年になって判明した。麻生総理の従兄弟とついに接触! 学移連出身だった忠氏 「人生一度だけ!」と熱弁 VillageJapan 2008年12月31日 [リンク切れ]
  5. ^ この採掘事業を開始したのは、麻生太郎の父親である麻生太賀吉と実弟で専務の麻生典太だったと言われており、同国のダイヤモンド採掘を長らく支配していたイギリス人とレバノン人以外の人に掘ってもらいたい、という現地の意向から麻生家に鉱区が提供されたと麻生典太は語っていたと言われる。その後、同国での内戦勃発に伴って麻生家は事業から撤収した。『No.34 ブラッド・ダイヤモンド』 最首公司のホームページ および、ダイヤモンド・ロードを行く 最首公司著 講談社(1970)より
  6. ^ 2006年1月19日に日本記者クラブにて行われた 外務大臣演説シエラレオネのダイヤモンド採掘業での経験について発言しているほか、当時製作されたニュース映画にも現地の事業を指揮する麻生太郎本人がインタビューに答えて登場している。
  7. ^ 当時の毎日新聞では、「華麗なる落選」という見出しで麻生の落選を報じていた。
  8. ^ 『毎日新聞』 2008年11月27日 麻生のあいさつに「丸投げやめろ」とやじが飛んだとされる一方で「地方分権」を理由に事務を市区町村に委ねたことなどについて政府を批判した民主党幹事長(当時)の鳩山由紀夫は大きな拍手を浴びたと報道した
  9. ^ 正確には、国家安全保障局国家偵察局国防省情報本部、各軍の情報部、財務省情報部、エネルギー省情報部といったインテリジェンスからの情報を、CIAは独自調査とつき合わせフィルタリングしてから大統領に通している。
  10. ^ 中央公論7月号 〜これが外交の品格だ〜対談 麻生太郎×手嶋龍一 対米、対中、対北朝鮮 日本外交の舵をどう切るのか 麻生はインテリジェンスを尊重することがインテリジェンスの開拓につながるとも考えている。なお、出典中の「民主党のガセメール事件」とは堀江メール問題であり、「シャドー・キャビネットの首相」とは前原誠司を指す。手嶋が提起したこの話題を受けて、麻生はインテリジェンスを相手を貶めるためには使わないことも大切だと述べている。しかし、この問題がインテリジェンスの悪用だったことの論証は出典を読む限り見当たらない。
  11. ^ 満州や日本国内で経済活動をするうえで朝鮮名が不利な場合があったという文脈での発言
  12. ^ ドイツのヒトラー政権は全権委任法などの制定によってワイマール憲法を死文化していったため、事実上破棄したに等しいが、同憲法そのものを形式上は破棄していない。また、それに代わる新たな成文憲法を制定することもなかった。したがって、史上「ナチス憲法」なる名称の成文憲法が存在した事実はない。ただ、憲法は英国のように不文法の形で成立することもあり、当時のナチス体制および、全権委任法を始めとするナチス法全体をもって「ナチス憲法」への改変と表現する[要出典]ことはできる。
  13. ^ 11月23日、ペルー・リマでの記者会見
  14. ^ 講談社『メカビ』 Vol.1 P.40

出典

  1. ^ japan.kantei.go.jp/97_abe/meibo/daijin/1208723_10042.html
  2. ^ http://www.asahi.com/special/070912/TKY200709200380.html
  3. ^ JOC - オリンピック歴代日本代表選手全記録
  4. ^ Sports-reference.com profile:Taro Aso
  5. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト
  6. ^ 『麻生太郎の原点 祖父・吉田茂の流儀』 79-80頁
  7. ^ 山本泰夫『加藤芳郎のまっぴら人生愛蔵版』産経新聞出版p.225
  8. ^ 毎日新聞』2004年5月14日 東京朝刊
  9. ^ “新・麻生派、59人で発足 自民党第2派閥に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASK7352KQK73UTFK00P.html?iref=comtop_8_02 2017年7月3日閲覧。 
  10. ^ 麻生太郎 『とてつもない日本』 新潮社、2007年、107−108頁
  11. ^ 財務相戦後最長の麻生太郎氏 副総理も歴代1位更新中 派閥後継は?
  12. ^ 麻生財務相 連続在任、戦後歴代1位…1354日
  13. ^ 麻生太郎財務相、在任戦後1位に 1875日で宮沢喜一氏抜く - 産経ニュース
  14. ^ 「絶好調」安倍政権のアキレス腱はあの男…」 MSN産経ニュース(産経新聞)の記事。2013年2月9日配信、2013年3月15日閲覧。
  15. ^ 型にはまらず頂点へ=オタクの雄、失言癖も-麻生氏」 時事通信社の記事。2008年9月22日配信、2013年3月15日閲覧。
  16. ^ “日本の新聞はなぜ麻生財務相の外遊スタイルが変だと書かないのか”. (2013年2月18日). http://gendai.net/articles/view/syakai/141000 2013年2月21日閲覧。 
  17. ^ a b c “麻生前首相も秋季例大祭の17日に靖国参拝”. 産経新聞. (2009年10月20日). オリジナル2009年10月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091029024230/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091020/stt0910201752011-n1.htm 2010年1月12日閲覧。 
  18. ^ 靖国に弥栄あれ
  19. ^ 著書『自由と繁栄の弧』の著者紹介より。
  20. ^ “首相、受動喫煙防止の法整備「国民各層の意見や議論みていく」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2013年10月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFL240OR_U3A021C1000000/ 2018年5月5日閲覧。 
  21. ^ “麻生大臣執務室は「喫煙可」 法案成立すれば禁煙に”. テレ朝news (テレビ朝日). (2018年6月22日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000130170.html 2018年6月23日閲覧。 
  22. ^ “喫煙可の大臣室、とうとう禁煙に 受動喫煙対策法成立で”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2018年6月22日). https://www.asahi.com/articles/ASL6Q54RSL6QULFA027.html 2018年6月23日閲覧。 
  23. ^ “【政治部デスクの斜め書き】まもなく開く「パンドラの箱」 不信の原因は「自民の姑息さ」”. MSN産経ニュース. (2009年8月29日). オリジナル2010年11月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101118055856/http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090829/elc0908291801009-n1.htm 2012年5月16日閲覧。 
  24. ^ プレジデント 2013年4月29日号 [1]
  25. ^ 文藝春秋2018年二月号、~竹下から安倍まで~ 総理17人のベスト3 御厨貴/後藤謙次、172頁
  26. ^ 朝日新聞』 2008年8月23日
  27. ^ 共同通信 2008年9月10日
  28. ^ 『毎日新聞』 2008年9月11日
  29. ^ 消費税論議、経済成長が前提(『夕刊フジ』連載 「日本の底力」 2007年10月26日)
  30. ^ 日本経済新聞』 2008年9月14日
  31. ^ 「総理」山口敬之 [要ページ番号]
  32. ^ 衆議院予算委員会 2009年1月9日
  33. ^ 読売新聞』 2008年9月13日
  34. ^ “自民が高知で街頭演説会 麻生氏、地方交通網整備を”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年9月13日). オリジナル2014年5月3日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/T9X9L 2017年8月3日閲覧。 
  35. ^ 『毎日新聞』 2008年10月30日
  36. ^ 時事通信 2008年11月25日
  37. ^ 朝日新聞 2009.08.13 『給付金、思ったより消費を刺激 地域独自策に効果』
  38. ^ 静岡新聞 2009年10月2日 『定額給付金・ETC割引など それぞれに一定の効果』
  39. ^ 紀伊民報 『経済波及効果は101億円 定額給付金の県内消費』
  40. ^ 麻生財務相、法人実効税率下げには慎重発言ブルームバーグ2013年06月21日
  41. ^ 5%の法人税下げを、再興戦略の柱に-政府税調の田近委員ブルームバーグ2013/07/18
  42. ^ 「政府税調が法人税率下げへ改革案、恒久財源用意「鉄則」」ニューズウィーク日本版2014年05月16日(金)
  43. ^ 「法人税の15年度下げ、骨太方針に明記 政府・与党 」日本経済新聞2014/6/3 1
  44. ^ NEWSポストセブン 株上昇を喜ぶ麻生副総理にFP「株価に一喜一憂は素人」と指摘 2013.05.28 16:00
  45. ^ Bloomberg 麻生財務相:企業内部留保の追加課税検討も-増え方「異常」 2015/03/26 14:55 JST
  46. ^ みずほフィナンシャルグループは株あたり年配当を7円から7.5円に引き上げる。三井住友フィナンシャルグループは130円から140円に上げる。
    REUTERS UK Japan's top lenders boost shareholder returns after upbeat earnings Fri May 15, 2015 11:43am BST
  47. ^ 麻生太郎「とてつもない日本」(新潮新書)154ページ〜
  48. ^ 上久保誠人「「平和と繁栄の弧」+「戦略的互恵関係」 安倍自民党総裁の国際戦略を再評価する」
  49. ^ 朝日新聞デジタル2012年12月29日「麻生副総理、新年ミャンマー訪問 経済協力強化を協議へ」
  50. ^ http://www.mitsuhashitakaaki.net/2012/12/28/se-3/
  51. ^ ダボス会議における麻生総理大臣特別講演「私の処方箋 ~世界経済復活に向けて~」”. 2017年10月3日閲覧。
  52. ^ 産経新聞 2010.4.5 18:17 馬総統と会談へ 訪台の麻生前首相 - 産経新聞(2010年4月9日のアーカイブ)
  53. ^ “【インド政治】麻生・シン両首相、戦略的協力関係の前進で合意” (日本語). インドニュース (インドチャネル). (2008年10月23日). http://news.indochannel.jp/news/nws0000866.html 2008年10月23日閲覧。 [リンク切れ]
  54. ^ “[インド]シン首相 訪日日程を終了、安全保障協力で成果” (日本語). サーチナ. http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008 2008年10月23日閲覧。 
  55. ^ マンモハン・シン・インド首相の訪日” (日本語). 外務省. 2008年10月23日閲覧。
  56. ^ 『読売新聞』2006年12月14日
  57. ^ 首相の「樺太」訪問、誤ったシグナル送ることにならないか 産経新聞 2009年2月11日付、
  58. ^ 首相のサハリン訪問後の記帳、総務相「微妙な問題」
  59. ^ 衆議院 (2007年1月26日). “第166回国会 本会議 第2号”. 2007年10月6日閲覧。
  60. ^ 政府、米に小型核保有促す 麻生政権時代「核の傘」堅持狙う - 共同通信 2009/11/23 20:44
  61. ^ “国際交流会議「アジアの未来」2006 麻生太郎外相スピーチ「ネットワーク型アジア」の未来を構想する(外務大臣演説)” (プレスリリース), 外務省, (2006年9月18日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/18/easo_0526.html 2007年10月6日閲覧。 
  62. ^ 『毎日新聞』 2008年10月2日
  63. ^ 空幕長論文「適切でない」=麻生首相-民主も批判 時事通信2008年11月1日[リンク切れ]
  64. ^ 新党日本(2010年1月2日のアーカイブ)
  65. ^ 衆議院 (2007年2月19日). “第166回国会 予算委員会 第11号”. 2007年10月6日閲覧。
  66. ^ “質問主意書 第171回国会(常会) 答弁書” (プレスリリース), 参議院, (2009年1月31日), http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/171/touh/t171001.htm 2010年1月23日閲覧。 
  67. ^ 時事通信 (平成19年03月11日) "慰安婦決議案、謝罪の必要なし=「日米離間工作」と指摘-麻生外相"[リンク切れ]
  68. ^ 麻生太郎 (2006年8月11日), “靖国にいやさかあれ(新聞投稿)” (プレスリリース), 麻生太郎オフィシャルサイト, http://www.aso-taro.jp/lecture/talk/060811.html 
  69. ^ 『時事通信』 2008年10月7日
  70. ^ 『読売新聞』 2006年8月4日
  71. ^ 『日本経済新聞』 2008年10月7日
  72. ^ 『時事通信』 2006年3月8日
  73. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト 靖国に弥栄(いやさか)あれ
  74. ^ 『日本経済新聞』 2008年9月15日
  75. ^ 『共同通信』 2006年1月31日
  76. ^ 『日本経済新聞』 2006年5月26日夕刊
  77. ^ “【麻生ぶら下がり】靖国参拝「政治とかマスコミの騒ぎから遠くに置かれてしかるべきもんですよ」(10日夜)”. 産経新聞. (2009年8月10日). オリジナル2009年8月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090813074410/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090810/plc0908102050006-n1.htm 2010年1月31日閲覧。 
  78. ^ “【主張】靖国神社参拝 指導者の務めはどうした”. 産経新聞. (2009年8月12日). オリジナル2009年8月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090814133349/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090812/plc0908120315002-n1.htm 2009年10月2日閲覧。 
  79. ^ “麻生前首相が17日に靖国神社一般参拝”. 日刊スポーツ(共同通信社). (2009年10月20日). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20091020-557665.html 2010年1月12日閲覧。 
  80. ^ a b 麻生太郎 (2002年11月17日). “半世紀経て問いなおす時期に”. 朝日新聞: p. 19 
  81. ^ 高橋哲哉 『反・哲学入門』 白澤社、2004年、90頁。ISBN 4768479103
  82. ^ a b “<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ”. 西日本新聞. (2016年4月30日). オリジナル2016年5月2日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/HzRab 2016年7月21日閲覧。 
  83. ^ 野田聖子「政治が変わる、女性が変える」
  84. ^ 政策CPプロジェクト - 衆議院選挙2005プログラム
  85. ^ “「ゲンより禁止すべき成人向け漫画がある」麻生副総理”. 朝日新聞. (2013年8月27日). http://web.archive.org/web/20130827140322/http://www.asahi.com/politics/update/0827/TKY201308270216.html 2015年9月2日閲覧。 
  86. ^ “児童ポルノ規制法について、安倍総理と麻生副総理に迫りました!”. 参議院議員 山田太郎 オフィシャル Web サイト. (2013年5月10日). http://taroyamada.jp/?p=2879 2015年7月14日閲覧。 
  87. ^ “「ローゼン閣下」麻生太郎副総理に失望の声 日本のマンガ、アニメを児童ポルノ禁止法から守ってくれそうにない!”. J-CASTニュース. (2013年5月10日). http://www.j-cast.com/2013/05/10174857.html?p=all 2015年7月14日閲覧。 
  88. ^ “「児ポ規制」で麻生“ローゼン閣下”が危ない!?”. 東京スポーツ. (2013年6月6日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/149147/ 2015年7月14日閲覧。 
  89. ^ “首相、受動喫煙防止の法整備「国民各層の意見や議論みていく」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2013年10月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFL240OR_U3A021C1000000/ 2018年5月5日閲覧。 
  90. ^ a b “「たばこってそんな関係あんの?」 喫煙者減っても肺がん増えた 愛煙家・麻生財務相が言及”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2017年2月22日) 
  91. ^ 「自民党たばこ議員連盟」役員(2017/3/7現在)及び役員へのタバコ販売&耕作者政治連盟からの6年間の献金額(万円)”. 2018年4月11日閲覧。
  92. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  93. ^ 日韓協力委員会 概要
  94. ^ 神政連レポート -意(こころ)- No.171 より
  95. ^ 正論 (2008年8月1日). “「麻生幹事長」打診 きょう内閣改造 町村長官留任へ”. 産経新聞社. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月17日閲覧。
  96. ^ 毎日新聞. (2008年9月3日). オリジナル2008年9月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080905192538/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080903k0000m010069000c.html+2012年5月16日閲覧。 
  97. ^ 日本経済新聞 2008年9月11日
  98. ^ 補助金受け650万献金 麻生総務相関連会社”. 共同通信 (2004年8月6日). 2008年9月14日閲覧。
  99. ^ 違法ではないが返金受ける 麻生総務相関連会社”. 共同通信 (2004年8月6日). 2008年9月14日閲覧。
  100. ^ “東電、10議員を「厚遇」 パーティー券を多額購入”. 朝日新聞. (2012年1月8日). http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY201201070496.html 2012年3月28日閲覧。 
  101. ^ 産経新聞 2008年9月12日
  102. ^ 魚住昭野中広務 差別と権力
  103. ^ 角岡伸彦『はじめての部落問題
  104. ^ 東京新聞 2008年9月26日 朝刊1面
  105. ^ 共同通信 2008年1月19日配信記事
  106. ^ 「麻生外相が陳謝――アルツハイマー発言」『朝日新聞』2007年7月21日 34面。
  107. ^ 『毎日新聞』 2007年7月20日
  108. ^ 「自民・麻生氏、ナチス引用し審議促す=「民主を冒涜」鳩山氏反発」”. 時事ドットコム. 時事通信 (2008年8月4日). 2008年10月13日閲覧。 [リンク切れ]
  109. ^ “「豪雨、岡崎だったからいいけど」麻生氏、名古屋駅前の演説で発言”. 中日新聞. (2008年9月16日). オリジナル2008年9月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080928091535/http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2008091602000068.html 2012年5月16日閲覧。 
  110. ^ “「豪雨が安城や岡崎だったからいいけど」 麻生氏失言 怒り渦巻く”. 中日新聞. オリジナル2008年9月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080918124846/http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080917/CK2008091702000040.html 2008年9月17日閲覧。 
  111. ^ “麻生氏から岡崎市に謝罪文 豪雨めぐる発言で”. 朝日新聞. (2008年9月17日). オリジナル2008年9月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080920013709/http://www.asahi.com/politics/update/0917/NGY200809170001.html 2008年9月17日閲覧。 
  112. ^ 毎日新聞 2008年9月24日 東京朝刊
  113. ^ 「給付なんていらない人、いっぱいいる」[リンク切れ]
  114. ^ “「さもしく1万2千円欲しい人も…」定額給付金で首相発言”. (2008年12月7日). オリジナル2008年12月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081207192910/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081207-OYT1T00088.htm 2012年5月16日閲覧。 
  115. ^ 毎日新聞 2008年11月19日 東京朝刊
  116. ^ 平成20年第25回経済財政諮問会議議事要旨 (PDF)
  117. ^ 2008年11月27日 読売新聞
  118. ^ 産経新聞 2008年11月23日 朝刊
  119. ^ a b 麻生首相:また「問題発言」(2008年12月19日のアーカイブ) 毎日新聞 2008年12月16日
  120. ^ 麻生首相、ハローワークを視察News i TBS[リンク切れ]
  121. ^ 「就職は目的意識ないと」 首相、ハローワークで若者に 朝日新聞 2008年12月20日
  122. ^ 『時事通信』2008年12月25日22時53分配信
  123. ^ 給付金「皆さんに使ってほしいな」首相が辞退期待から転換(2009年1月6日 読売新聞)[リンク切れ]
  124. ^ a b 「失言癖の首相に『相手を傷付けない配慮を』――釈明続き官房長官苦言」「朝日新聞」No.44155、2009年3月24日、4p。
  125. ^ a b 「『日本のスーパースターは天皇陛下だけ』麻生首相が『?』発言」『「日本のスーパースターは天皇陛下だけ」麻生首相が「?」発言 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年6月7日、2009年6月10日のアーカイブ。
  126. ^ 「『世襲がんばれ』首相が都議選応援で立候補予定者の子供に持論?」『「世襲がんばれ」首相が都議選応援で立候補予定者の子供に持論? - MSN産経ニュース産経デジタル2009年6月9日、2009年6月12日のアーカイブ。
  127. ^ a b 「『惜敗期して』麻生首相、都議選応援で言い間違え」『「惜敗期して」麻生首相、都議選応援で言い間違え :東京都議選2009 :特集 :YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞2009年6月20日
  128. ^ 「都議選に『惜敗を期す』?=『必勝』を言い間違え-麻生首相」『時事ドットコム:都議選に「惜敗を期す」?=「必勝」を言い間違え-麻生首相時事通信社2009年6月20日
  129. ^ 「麻生首相『都議選は惜敗を期して』――あいさつ言い間違え」『asahi.com(朝日新聞社):麻生首相「都議選は惜敗を期して」 あいさつ言い間違え - 政治朝日新聞社2009年6月20日、6月23日のアーカイブ。
  130. ^ “静岡知事選では麻生首相の応援断る”. スポーツ報知. (2009年6月21日). オリジナル2009年6月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090622110346/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090621-OHT1T00057.htm 2012年5月16日閲覧。 
  131. ^ “麻生首相:高齢者「働くことしか才能がない」…会合で発言”. 毎日新聞. (2009年7月25日). http://megalodon.jp/2009-0725-1415-10/mainichi.jp/select/seiji/aso/archive/news/2009/07/25/20090725k0000e010033000c.html 2010年5月21日閲覧。 
  132. ^ “麻生首相言っちゃった“キョ〜烈高齢者侮辱発言””. スポーツニッポン. (2009年7月26日). http://web.archive.org/web/20090726231342/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/07/26/01.html 2010年5月21日閲覧。 
  133. ^ 「『金ないなら結婚しない方がいい』=麻生首相が発言、河村官房長官は釈明」『時事ドットコム:「金ないなら結婚しない方がいい」=麻生首相が発言、河村官房長官は釈明時事通信社2009年8月24日
  134. ^ 「首相『金ないなら結婚勧めず』発言――官房長官が釈明」『NIKKEI NET(日経ネット)2009年8月27日のアーカイブ』日本経済新聞社2009年8月24日
  135. ^ Japan PM in gaffe on poor couples
  136. ^ Japan's PM makes poor marriage gaffe
  137. ^ Aso on the defensive again with gaffe ahead of vote
  138. ^ 延命治療「死にません、なかなか」=麻生副総理が発言、すぐに撤回
  139. ^ 「さっさと死ねるように」暴言に抗議 京都年金者組合
  140. ^ 産経新聞「朝日が日本を国際社会の笑い物に…歪曲された麻生発言」(2013.8.5)[2]
  141. ^ ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演
  142. ^ 『ナチスの手口学んだら・・・憲法改正で麻生氏講演』
  143. ^ 『改憲「狂騒、狂乱の中で決めるな」・・・麻生副総理』
  144. ^ 『改憲「狂騒、狂乱の中で決めるな」・・・麻生副総理』
  145. ^ 『憲法改正でナチス引き合い/麻生副総理、都内の講演で』
  146. ^ Japan Deputy PM Taro Aso retracts Nazi comments
  147. ^ Japan Minister’s ‘Weimar Constitution’ Comment Draws Fire
  148. ^ Japan’s Aso Refuses to Resign Over Nazi Comment
  149. ^ Taro Aso, Japan's Deputy Prime Minister, Says Tokyo Could Learn From Nazis' Tactics
  150. ^ 2013年7月30日 Simon Wiesenthal Center to Japanese Vice Prime Minister: Which 'Techniques' of the Nazis Can We 'Learn From'"?[3]
  151. ^ 『ナチスの憲法改正「手口学んだら」 麻生副総理が発言』
  152. ^ 日韓、閣僚発言巡り非難合戦
  153. ^ 韓国、麻生副総理の発言を批判「多くの人を傷つける」
  154. ^ 中国外務省、麻生氏発言を批判
  155. ^ 麻生副総理談話全文 ナチス政権発言「撤回したい」”. 日本経済新聞 (2013年8月1日). 2016年7月29日閲覧。
  156. ^ 麻生氏ナチス肯定発言の集中審議 野党が改めて求める
  157. ^ 麻生副総理:ナチス発言、ドイツで批判
  158. ^ "「予算を国会に出せない内閣」 〜選挙も断念。政策も断念〜". 時事放談. TBSテレビ. 2008年11月30日放送.
  159. ^ 「麻生夫人が漏らした悲しみ」、『AERA』第22巻第39号、朝日新聞社2009年9月7日、 21頁。
  160. ^ 毎日新聞 2010年5月9日 東京朝刊「反射鏡:今再び、首相公選制への誘惑オリジナルの2010年5月13日のアーカイブ
  161. ^ 朝日新聞 2008年11月10日22時9分 「村山談話をフシュウ?」首相誤読 議事録は「踏襲」(藤田直央)[4][リンク切れ]
  162. ^ 共同通信 2009/07/24 23:34 「国民の程度」低い? 細田幹事長発言、直後に謝罪 [5]
  163. ^ 肥留間正明の芸能斜め斬り 麻生首相原稿に仮名を振ってもらえ 内外タイムス 2008年12月24日 閲覧
  164. ^ 地元議員からも首相批判 選挙区の地盤沈下
  165. ^ 小学校の太郎ちゃん
  166. ^ 2009年4月12日 中日新聞 社説 リーダー不在の不幸 週のはじめに考える
  167. ^ ZAKZAK 「弥栄」を「いやさかえ」…祝賀で首相、やっちゃった〜 [6]
  168. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト "靖国に弥栄(いやさか)あれ" [7]
  169. ^ “麻生首相:就任1カ月 有名ホテルなどで連夜の会合”. 毎日新聞. (2008年10月22日). オリジナル2008年10月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081025044738/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081023k0000m010091000c.html 
  170. ^ 東京新聞:あのホテルにも行っては:私説・論説室から(2008年10月26日) オリジナルの2008年10月29日のアーカイブ
  171. ^ “別世界「麻生御殿」 敷地2400平方メートル 地価は50億円”. 東京新聞. (2008年9月29日). オリジナル2008年10月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081001003656/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008092902000245.html 2012年5月16日閲覧。 
  172. ^ "麻生御殿"は別世界 一等地の高台に洋館 47NEWS 2008年10月28日
  173. ^ 小沢氏「済州島買っちまえ」発言に韓国、非難ごうごう 2009/03/13(金) 12:35:11 サーチナ [8]
  174. ^ 毎日新聞 2009年3月19日 東京夕刊 早い話が:(済州島)妄言批判という佞言=金子秀敏
  175. ^ 中央日報 - 麻生首相の父、炭鉱で朝鮮人を強制労働させる [9]
  176. ^ 自由と繁栄の弧[要ページ番号]
  177. ^ 自著『とてつもない日本』p.168(新潮新書、2007)
  178. ^ “在サマーワ連絡事務所より サマーワ「キャプテン翼」大作戦 -給水車が配る夢と希望- その1” (プレスリリース), 外務省, (2006年4月12日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iraq/renraku_j_0412a.html 2010年3月24日閲覧。 
  179. ^ “外務省:「国際漫画賞」の創設について” (プレスリリース), 外務省, (2007年5月22日), http://www.mofa.go.jp/Mofaj/press/release/h19/5/1173498_804.html 2010年4月9日閲覧。 
  180. ^ “国際漫画賞―国際漫画賞発足に寄せて―” (プレスリリース), 国際漫画賞, (2007年5月2日), http://www.manga-award.jp/index2.htm 2010年4月9日閲覧。 
  181. ^ 時事通信 2007年4月29日
  182. ^ “漫画談議でたじたじ メキシコ訪問の麻生氏”. 産経新聞. (2007年8月18日). http://megalodon.jp/?url=http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070818/ssk070818003.htm 2010年1月7日閲覧。 [リンク切れ]
  183. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト (2006年9月19日). “有楽町での街頭演説(2006年9月17日)”. 2010年5月18日閲覧。
  184. ^ 麻生太郎オフィシャルサイト (2006年9月19日). “浅草での街頭遊説等(2006年9月18日)”. 2010年9月24日閲覧。
  185. ^ 旧麻生鉱業炭坑に外国人捕虜、厚労省が公文書開示[リンク切れ]讀賣新聞12月19日
  186. ^ “外務大臣会見記録(平成19年1月)” (プレスリリース), 外務省, (2007年1月16日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/gaisho/g_0701.html#2-E 2007年10月6日閲覧。 
  187. ^ 麻生太郎氏「2ちゃん、時々書き込む」産経新聞』2007年10月9日のアーカイブ
  188. ^ “記入例「麻生太郎」変更へ 誤解招くと川崎市麻生区”. 47NEWS (共同通信社). (2008年9月3日). http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090301000317.html 2010年3月3日閲覧。 
  189. ^ “【自民総裁選】総裁候補が自己分析 「ひと言多い」麻生氏に、「太陽に吠えろ」の石原氏”. 産経新聞. (2008年9月16日). http://web.archive.org/web/20080922154424/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080916/stt0809162123012-n1.htm 2008年12月13日閲覧。 
  190. ^ a b 伊藤真広 (2008年10月27日). “エンタまつりに首相登場! 漫画家らとマンガ論を語る(1)”. ASCII.jp. 2011年6月29日閲覧。
  191. ^ a b 伊藤真広 (2008年10月27日). “エンタまつりに首相登場! 漫画家らとマンガ論を語る(2)”. ASCII.jp. 2011年6月29日閲覧。
  192. ^ “ドラえもん、日ロ友好に一役=大統領にラジコン贈呈-麻生首相”. 時事ドットコム (時事通信社). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30 2008年11月23日閲覧。 [リンク切れ]
  193. ^ “麻生首相 メドベージェフ・ロシア大統領の息子にドラえもんの玩具を贈り日ロ友好を演出”. nikkansports.com (日刊スポーツ). http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20081123-432708.html 2008年11月23日閲覧。 
  194. ^ YouTube LDPchannel
  195. ^ “しつけるべきは母親=幼稚園PTA大会で麻生首相”. 時事通信社. (2008年11月19日) 
  196. ^ “首相 教員会合と勘違い?PTA大会で親批判”. スポーツニッポン. (2008年11月19日). http://megalodon.jp/2008-1120-1900-00/www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20081119066.html 2010年3月28日閲覧。 
  197. ^ “先生と勘違い?保護者大会で首相「親で苦労してるでしょ」”. 読売新聞. (2008年11月20日) 
  198. ^ 麻生自民党チャンネルのキャラクター「タロビ」人気に-麻生首相も対面 赤坂経済新聞 2009年5月19日
  199. ^ “メディア芸術の国際的な拠点の整備について(「国立メディア芸術総合センター(仮称)」構想について)” (プレスリリース), 文化庁, (2009年5月14日), http://www.bunka.go.jp/oshirase_other/2009/mediageijutsu_090514.html 2010年5月15日閲覧。 
  200. ^ “中川昭一氏 哀惜の会 “盟友”が弔辞”. 十勝毎日新聞. (2009年10月16日). http://www.tokachi.co.jp/news/200910/20091016-0003039.php 2012年10月11日閲覧。 
  201. ^ “たけし、麻生前首相に同情「一番運が悪かった総理」”. msn産経ニュース. (2010年4月19日). オリジナル2010年4月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101111015614/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100419/tnr1004191034003-n1.htm 2010年10月4日閲覧。 
  202. ^ J-NSC 設立総会 麻生太郎最高顧問就任挨拶(2010.6.9) - YouTube・LDPchannel
  203. ^ “「売国やめよ」中川昭一さん偲ぶ会で菅政権に批判続々”. 夕刊フジ (msn産経ニュース). (2010年9月29日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100929/stt1009292109008-n1.htm 2010年10月4日閲覧。 
  204. ^ “「オレだったらそこで撃つのにな!」と麻生太郎氏が上機嫌でマスコミ陣に語ったこととは?”. シネマトゥデイ. (2010年9月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0027260 2010年10月4日閲覧。 
  205. ^ “麻生特派大使のブラジル大統領就任式参列(概要)” (プレスリリース), 外務省, (2011年1月4日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/1/0104_03.html 2011年2月13日閲覧。 
  206. ^ “麻生氏「武装難民の射殺」に言及…朝鮮半島有事”. 読売新聞. (2017年9月23日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170923-OYT1T50148.html 2017年9月24日閲覧。 
  207. ^ PeaceMedia 防衛シンポジウム2007in京都レポート
  208. ^ “外務省:「国際漫画賞」の創設について” (プレスリリース), 外務省, (2007年5月22日), http://www.mofa.go.jp/Mofaj/press/release/h19/5/1173498_804.html 2010年4月9日閲覧。 
  209. ^ 麻生太郎 コミックを語る”. ビッグコミックオリジナル 増刊号 (2003年7月2日). 2007年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月6日閲覧。
  210. ^ 麻生太郎外相デジハリで講演、曰く「『勇午』読まずして外交を語るなかれ」 garbagenews.com 2006年5月13日
  211. ^ “「よく笑った。残念」=赤塚不二夫さん死去で-自民・麻生幹事長”. 時事通信. (2008年8月2日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200808/2008080200396 [リンク切れ]
  212. ^ 麻生太郎著 『自由と繁栄の弧』 P.296〜P.305 「やっぱり読んでいたんですね 直撃! ローゼンメイデン疑惑?」 (取材・構成 石塚良太) ISBN 978-4-3440-1333-9
  213. ^ “石原氏を痛烈批判=麻生氏”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2012年9月14日). http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_511691 2012年10月1日閲覧。 
  214. ^ 麻生氏、ポケモンGOで「引きこもりが外に出た」”. 日刊スポーツ. 2016年7月22日閲覧。
  215. ^ 『歴史探偵』、21頁、「現代政治家閨閥百科」。
  216. ^ 『門閥』、479-481頁。
  217. ^ a b 『門閥』、480-481頁。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「麻生太郎」の関連用語

麻生太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウスイロジュズモ

STS-95

キックベースボール

マラッカ

ジャーレン

消防活動二輪車

ゴホンアカシマホンヤドカリ

遮へい





麻生太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2018 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの麻生太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS