憲法改正論議とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 憲法改正論議の意味・解説 

憲法改正論議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/31 14:40 UTC 版)

憲法改正論議(けんぽうかいせいろんぎ)とは、憲法の改正をめぐる議論のこと。「改憲論」(かいけんろん)、「改憲論議」(かいけんろんぎ)、「憲法論議」(けんぽうろんぎ)ともいう。多くは、統治者から、行政の範疇を超えた部分で(例えば軍事に関した規定などが)取り上げられる。


  1. ^ Britannica Japan Co., Ltd. 2018a, p. 「日本国憲法」.
  2. ^ Britannica Japan Co., Ltd. 2018b, p. 「ブルジョア憲法」.
  3. ^ 吉田 2018, p. 「憲法」.
  4. ^ 硬性憲法としての改正手続に関する基礎的資料pp28-29(第156回国会 憲法調査会最高法規としての憲法のあり方に関する調査小委員会)
  5. ^ 憲法無効論は、一般に「実効性をまったく無視した議論」であって「効果的な法実践」は不可能とされている。『注釈 日本国憲法 上巻』樋口陽一佐藤幸治・中村睦夫・浦部法恵 青林書院 ISBN 441700525-7
  6. ^ あたらしい憲法の話(文部省)【青空文庫HP】
  7. ^ 憲法改正、ドイツ58回なのに日本は0回 これっておかしい?【争点:憲法改正】
  8. ^ 日本国憲法の語数は世界一少ない?70年間改正を阻む「分量」の盲点(iRONNA)
  9. ^ 日本国憲法:その特異な歩みと構造
  10. ^ 日本国憲法、実は世界最年長 長寿支える「権利」の多さ(朝日新聞デジタル20170502)
  11. ^ 中曽根康弘「36年ぶりに公表された中曽根康弘「憲法私案」全文」、『正論』第299号、産経新聞社、1997年7月、 pp. 138-159、2010年5月17日閲覧。
  12. ^ <維新政党・新風>政策: 基本政策方針[憲法]、国体憲章案・日本国憲法案(第一次案)」2003年11月改訂
  13. ^ 愛知和男公式サイト/Life work(平成憲法・愛知私案)」2004年4月
  14. ^ 憲法改正の歴史 追加資料新1 読売新聞社・憲法改正2004年試案”. 法律文化社. 2006年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月28日閲覧。
  15. ^ 江口克彦、永久寿夫: 編『二十一世紀日本国憲法私案』 PHP研究所、2004年。(二十一世紀日本国憲法私案 条文(全文)〈PDFファイル〉)
  16. ^ 新 憲 法 草 案 Archived 2006年2月7日, at the Wayback Machine.」(PDFファイル)、自由民主党、2005年10月28日
  17. ^ 創憲会議 新憲法草案」「21世紀の憲法と日本」有識者懇談会(民間憲法臨調)、2005年10月28日
  18. ^ 議院内閣制の理念と実態(独立行政法人経済産業研究所
  19. ^ マガジン9-伊藤真のけんぽう手習い塾(第27回)
  20. ^ 中日新聞CHUNICHIWeb(2017年5月1日閲覧)
  21. ^ 3憲法解釈権と憲法裁判(違憲立法審査権)、憲法裁判所制度(参議院憲法審査会ホームページ)
  22. ^ 最高裁判所における訴訟事件の概況(P228,P243)
  23. ^ 日本共産黨の日本人民共和國憲法(草案)”. 日本国憲法の誕生. 国立国会図書館. 2010年5月17日閲覧。
  24. ^ 社会黨 憲法改正要綱”. 日本国憲法の誕生. 国立国会図書館. 2010年5月17日閲覧。
  25. ^ 進歩黨 憲法改正要綱”. 日本国憲法の誕生. 国立国会図書館. 2010年5月17日閲覧。
  26. ^ 自由黨 憲法改正要綱”. 日本国憲法の誕生. 国立国会図書館. 2010年5月17日閲覧。
  27. ^ 憲法草案要綱 憲法研究會案”. 日本国憲法の誕生. 国立国会図書館. 2010年5月17日閲覧。
  28. ^ 「第九十回帝国議会衆議院議事速記録第八号」14頁
  29. ^ 高柳・大友・田中編著『日本国憲法制定の過程』II(有斐閣)1972年、58頁
  30. ^ 高柳・大友・田中編著『日本国憲法制定の過程』II(有斐閣)1972年、58頁
  31. ^ 高柳・大友・田中編著『日本国憲法制定の過程』I、「序にかえて」x頁
  32. ^ 直接の引用元「日本国憲法成立過程における極東委員会の役割と限界(2)」西修(駒澤法学2002-10-31)[1][2]PDF-P.10
  33. ^ 引用元の引用元はGeorge A. Blakeslee, The Far Eastern Commission, Department of State, 1953, p. 52.
  34. ^ アメリカ合衆国国務省発行『米国の外交』第29巻第2部 2006年7月18日(Foreign Relations of the United States, 1964-1968, Vol. XXIX, Part 2, Japan
  35. ^ 春名幹男『秘密のファイル(下) CIAの対日工作』 共同通信社 2000年3月
  36. ^ C.I.A. Spent Millions to Support Japanese Right in 50's and 60's」 New York Times, 1994年10月9日 (英語)
  37. ^ 左派弱体化狙い、秘密資金提供〜CIAが50年前、日本の保革両勢力に」 U.S. FrontLine, 2006年07月19日
  38. ^ 自民にCIA資金 50年代後半~60年代の初め 米外交史料が刊行」 しんぶん赤旗、2006年7月20日
  39. ^ 神林毅彦 (2009年1月2日). “大連立に反対、総理大臣とCIAの関係に関して”. JanJanニュース (日本インターネット新聞). http://www.news.janjan.jp/government/0901/0812294417/1.php 2016年8月10日閲覧。 
  40. ^ 新憲法起草委員会・要綱 第一次素案 自民党新憲法起草委員会(平成17年7月7日) 映画人9条の会
  41. ^ マガジン9”. 2013年8月23日閲覧。
  42. ^ 2006年新春特別企画「憲法9条を問う」マガ9版国民投票結果発表-”. マガジン9条 (投票期間: 2005年12月28日 - 2006年2月1日). 2013年8月23日閲覧。
  43. ^ “憲法改正「反対」43%、「賛成」を上回る…読売世論調査”. 読売新聞. (2008年4月8日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080408-OYT1T00041.htm 2008年4月8日閲覧。 
  44. ^ 陸自幹部の『憲法草案』(全文)」 憲法会議、2009年7月28日閲覧
  45. ^ 創憲に向けて、憲法提言中間報告 (PDF) - 民主党
  46. ^ 綱領”. 日本維新の会. 2013年8月23日閲覧。
  47. ^ 自民、過去最少議席で野党転落(2009年8月31日読売新聞)
  48. ^ “橋下知事「地方に拒否権、議決権を」 参院に自治体長枠など”. 産経新聞 主要ニュース 政治. (2009年7月8日). http://blog.livedoor.jp/hanasyoubu2020_005/archives/51298672.html 2014年1月19日閲覧。 
  49. ^ 上野千鶴子の選憲論(2014年5月13日福岡県弁護士会)
  50. ^ “衆院定数を半減 「維新八策」最終案の全文”. 日本経済新聞. (2012年9月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC3103B_R30C12A8000000/ 2013年8月23日閲覧。 
  51. ^ 日本国憲法改正草案(全文)”. 自由民主党. 2013年8月23日閲覧。
  52. ^ The Jimin NEWS シリーズ「自民党の政策④」(憲法) 「憲法改正草案を発表」 (PDF)”. 自由民主党 (2012年4月27日). 2013年8月23日閲覧。
  53. ^ “自民、維新に歩み寄り”. 産経ニュース. (2013年8月9日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130809/plc13080907380010-n1.htm 2013年8月23日閲覧。 
  54. ^ 春原剛「日米同盟 vs.中国・北朝鮮 アーミテージ・ナイ緊急提言」文春新書 270-272,21ページ
  55. ^ “憲法学者らから見た安保法案 「曲解」「政策論に期待」”. 朝日新聞DIGITAL. (2015年7月11日). http://www.asahi.com/articles/ASH7B0JKQH79ULZU02G.html 2015年7月18日閲覧。 
  56. ^ “憲法改正賛成54%、3年ぶり半数超…読売調査”. 読売新聞. (2012年3月18日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120318-OYT1T00619.htm 2013年8月23日閲覧。 
  57. ^ 日本国憲法のもとで「新憲法の制定」は、どうやったらできる?(法学館憲法研究所HP)
  58. ^ みんなの党の憲法改正大綱の原案判明 改正要件緩和し「国民投票はなし」 道州裁判所・軍事審判所を新設 . 産経新聞 . 2014年1月17日閲覧。
  59. ^ a b 『憲法』 岩波書店 pp.309-310
  60. ^ 芦部信喜 『憲法制定権力』 東京大学出版会、1983年、p.113。
  61. ^ a b 浦部法穂 『憲法学教室 全訂第2版』 日本評論社、2006年、p.29。
  62. ^ 中高生のための憲法教室 第22回<平時になんで新憲法?>”. 法学館憲法研究所. 2013年8月23日閲覧。
  63. ^ 『憲法I(第3版)412頁より
  64. ^ 『憲法学論文選 第1巻』 187頁より
  65. ^ 菅野喜八郎 『国権の限界問題』
  66. ^ 阪本昌成『憲法理論I(改訂第3版)』p.126-127
  67. ^ 杉原泰雄編『新版 体系憲法事典』p.798 - 799
  68. ^ 工藤達朗畑尻剛ほか編『憲法〔第4版〕』
  69. ^ 小嶋和司『憲法概説』p.123
  70. ^ 佐藤幸治『日本国憲法論』p.41
  71. ^ 「われわれの選良を信頼して、われわれの権利の安全に対する懸念を忘れるようなことがあれば、それは危険な考え違いである。信頼はいつも専制の親である。自由な政府は、信頼ではなく、猜疑にもとづいて建設せられる。われわれが権力を信託するを要する人々を、制限政体によって拘束するのは、信頼ではなく猜疑に由来するのである。われわれ連邦憲法は、したがって、われわれの信頼の限界を確定したものにすぎない。権力に関する場合は、それゆえ、人に対する信頼に耳をかさず、憲法の鎖によって、非行を行わぬように拘束する必要がある。」―トーマス・ジェファーソン、1776年
  72. ^ a b 海部幸造「自民党新憲法草案批判」 弁護士9条の会・おおた、2006年1月16日
  73. ^ 自由民主党憲法調査会憲法改正プロジェクトチーム議論の整理」(PDFファイル)、憲法会議、2004年4月15日
  74. ^ 「九条の会」アピール]” (2006年7月20日). 2013年8月23日閲覧。
  75. ^ 日弁連 - 立憲主義の堅持と日本国憲法の基本原理の尊重を求める宣言”. 日本弁護士連合会 (2005年11月11日). 2013年8月23日閲覧。
  76. ^ 憲法改正国民投票法案に関する意見書 (PDF)”. 日本弁護士連合会 (2005年2月18日). 2013年8月23日閲覧。
  77. ^ 「憲法に関する主な論点に関する参考資料」衆議院憲法審査会事務局(平成24年6月)[3]PDF-P.14
  78. ^ 太田光中沢新一の護憲論を、天皇制廃止論から批判した山口泉週刊金曜日』 2007年1月26日号「「戦後」の欺瞞に寄生する“知的”(?)スノビズム」など。天皇制に触れない護憲論は、俗物根性の欺瞞と云う見解である。
  79. ^ a b ハワード・ショーンバーガー、「占領1945~1952 戦後日本をつくりあげた8人のアメリカ人」、1994年、時事通信社、13,198,206,220,292,293ページ、など
  80. ^ a b 春原剛「日米同盟vs.中国・北朝鮮 アーミテージ・ナイ緊急提言」、2010年、文春新書、162ページ
  81. ^ a b ジョン・ダワー 「昭和:戦争と平和の日本」みすず書房 2010年、John W.Dower,Japan in War&Peace,1993,chapter5
  82. ^ a b 「転換期の日本へ、パクス・アメリカーナかパックス・アジアか」ジョン・ダワー,ガバン・マコーマック、2014年1月、NHK出版新書、117,43~45ページなど
  83. ^ 宮沢喜一、「東京-ワシントンの密談」、56ページ、1999年、中央公論社、1956年初版、
  84. ^ Michael Schaller,The American Occupation of Japan-The Origins of the Cold War in Asia,1985,104page
  85. ^ Howard Zinn,A People`s History of the United States,2003,page471
  86. ^ John W.Dower,Japan in War&Peace,1993,160page
  87. ^ “原発ゼロ目標を明記 公明が参院選追加公約、9条は加憲対象”. 中国新聞. (2013年6月22日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201306220147.html 2013年6月22日閲覧。 
  88. ^ 自民、徴兵制検討を示唆 5月めど、改憲案修正へ 47news 2014年12月24日閲覧
  89. ^ https://www.jimin.jp/news/discourse/128464.html
  90. ^ 水野恒夫 (1998年5月6日). “U134 『生存権の性格』―朝日訴訟”. 第18法律研究所. 2004年8月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月10日閲覧。
  91. ^ 森稔樹 「第08回 幸福追求権高島平発法制・行財政研究、2004年7月9日。
  92. ^ 新憲法制定推進本部”. 自由民主党(ウェブアーカイブより). 2006年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。
  93. ^ 西尾勝著 『行政学(新版)』 有斐閣、2001年、128頁
  94. ^ 大石眞ほか編著 『首相公選を考える―その可能性と問題点』 中公新書、2002年、70頁(久保文明)
  95. ^ 山口二郎著 『内閣制度』 有斐閣、2007年、97、99頁
  96. ^ 西尾勝著 『行政学(新版)』 有斐閣、2001年、129頁
  97. ^ 「首相公選制を考える懇談会」報告書”. 「首相公選制を考える懇談会」首相官邸. 2013年8月23日閲覧。
  98. ^ a b c 矢部明宏・山田邦夫・山岡規雄 2003, pp. 10.
  99. ^ 富永健 1996, pp. 72.
  100. ^ 安全保障及び国際協力等に関する調査小委員会 2003, pp. 28-29.
  101. ^ 富永健 1996, pp. 74.
  102. ^ 安全保障及び国際協力等に関する調査小委員会 2003, pp. 4.
  103. ^ 矢部明宏・山田邦夫・山岡規雄 2003, pp. 12.
  104. ^ a b c 富永健 1996, pp. 75.
  105. ^ 安全保障及び国際協力等に関する調査小委員会 2003, pp. 3.
  106. ^ 富永健 1996, pp. 76.
  107. ^ 市民立憲フォーラム”. 2013年8月23日閲覧。
  108. ^ 市民立憲フォーラム提言”. 市民立法機構. 2013年8月23日閲覧。
  109. ^ “成人年齢、18歳に引き下げ=実施時期「国会の判断」-自立促す・法制審部会”. 時事通信社. (2009年7月29日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=200907/2009072900696&rel=y&g=pol 2010年1月22日閲覧。 
  110. ^ “民法の成人年齢下げ、慎重に結論=改正案の通常国会提出見送り-法相”. 時事通信社. (2009年10月27日). http://www.jiji.com/jc/zc?key=%c0%e9%cd%d5%cb%a1%c1%ea&k=200910/2009102700407 2009年10月27日閲覧。 
  111. ^ “鳩山首相、改憲「在任中考えない」=参院でも代表質問”. 時事通信社. (2010年1月20日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2010012000049&j1 2010年1月22日閲覧。 
  112. ^ “自民、徴兵制検討を示唆 5月めど、改憲案修正へ”. 共同通信社 (47NEWS). (2010年3月4日). http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030401000592.html 2010年3月8日閲覧。 
  113. ^ "徴兵制検討"との一部報道について 大島理森幹事長コメント(3/4)”. 自由民主党 (2010年3月4日). 2017年10月15日閲覧。
  114. ^ http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf 日本国憲法改正草案 | 自由民主党 憲法改正推進本部
  115. ^ 自主憲法大綱「案」 平成24年4月25日 たちあがれ日本 . 2014年1月17日閲覧。
  116. ^ 憲法改正の基本的考え方を発表 - お知らせ . 2014年1月17日閲覧。
  117. ^ 【貳阡貳拾年 第1部・111人の予想図(1-1)】 五輪の年、日本は? 首相「改憲済みですね」 2014.1.1 22:45 - 『産経新聞』
  118. ^ 中山洋子、池田悌一、佐藤圭 (2015年10月14日). “平和のための新9条論”. 東京新聞: pp. 朝刊28, 29面. http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2015101402000132.html 
  119. ^ “「新9条」相次ぐ提案 憲法論議に第三の視点”. 朝日新聞. (2015年11月10日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S12058545.html 
  120. ^ “おおさか維新が憲法改正原案了承 「議論すらしないのは職務放棄」と民進党を牽制”. 産経ニュース. (2016年3月24日). http://www.sankei.com/politics/news/160324/plt1603240040-n1.html 2016年3月28日閲覧。 
  121. ^ “おおさか維新:教育無償化など改憲案決定 第三極アピール”. 毎日新聞. (2016年3月26日). http://mainichi.jp/articles/20160327/k00/00m/010/051000c 2016年3月28日閲覧。 
  122. ^ “参議院 憲法改正に前向きな勢力が3分の2に”. NHK NEWS WEB. (2016年7月11日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160711/k10010590511000.html 2016年7月11日閲覧。 


「憲法改正論議」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「憲法改正論議」の関連用語

憲法改正論議のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



憲法改正論議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの憲法改正論議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS