判例とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 判断 > 判例の意味・解説 

はん れい [0] 【判例】

過去裁判において,裁判所示し判断。特に最高裁判所示し判断のことを指すこともある。

判例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/27 07:49 UTC 版)

判例(はんれい)とは、


  1. ^ 1898 A.C.375.[1]
  2. ^ それらの意見に司法省が管轄していた裁判所検事局の検事総長であり民間人閣僚司法大臣木村篤太郎等が強硬に反対した(1947年3月22日帝国議会・裁判所法案特別委員会議事録第4頁)。なお木村は大日本武徳会と強い関わりがあったことから、同年GHQによって公職追放処分となった。
  3. ^ 判例変更による解釈の変更は、法の不遡及の問題でない。しかし、理論上、違法性の意識の可能性の欠如による故意の阻却の問題や期待可能性の欠如による責任阻却の問題を生じうる。
  4. ^ 上告受理の申立ては「原判決に最高裁判所の判例と相反する判断がある事件その他の法令の解釈に関する重要な事項を含むものと認められる事件」について申立てがされる。
  5. ^ 高等裁判所の決定及び命令について「最高裁判所の判例と相反する判断がある場合その他の法令の解釈に関する重要な事項を含むと認められる場合」について申立てがされ、高等裁判所がこれを許可したときにすることができる(民訴法337条1,2項)
  6. ^ 「判例に関する覚書」土屋文昭(東京大学法科大学院ローレビュー2011.9)[2]PDF-P.3
  7. ^ 「判例と傍論」村林隆一(パテント2003)[3]PDF-P.3
  8. ^ 「再論・課税訴訟における要件事実論の意義」今村隆(税大ジャーナル2009.2)[4]PDF-P.26脚注45
  9. ^ 中野次雄(他)「判例とその読み方(改訂版)」P.30によれば、「(判例集の)作成者としては、その裁判の「判例」だと自ら考えたものを要旨として書いたわけで、それはたしかに「判例」を発見するのに参考になり、よい手がかりにはなる。少なくとも、索引的価値があることは十分に認めなければならない。しかし、なにが「判例」かは・・大いに問題があるところで、作成者が判例だと思ったこととそれが真の判例だということとは別である。現に要旨の中には、どうみても傍論としかいえないものを掲げたものもあるし・・稀な過去の例ではあるが、裁判理由とくい違った要旨が示されたことすらないではない・・。判決・決定要旨として書かれたものをそのまま「判例」だと思うのはきわめて危険で、判例はあくまで裁判理由の中から読む人自身の頭で読み取られなければならない」とする。直接の引用は「判例と傍論」村林隆一[5]PDF-P.3
  10. ^ 「判例に関する覚書」土屋文昭(東京大学法科大学院ローレビュー2011.9)[6]PDF-P.7脚注23を参照
  11. ^ 厚生労働省HPに掲載のパンフレット「厳しい経済情勢下での労務管理のポイント」p.3では、4要素の裁判例が紹介されている


「判例」の続きの解説一覧

判例

出典:『Wiktionary』 (2010/08/23 20:06 UTC 版)

名詞

はんれい

  1. 裁判所のある判断先例となって、その判断一定の拘束力が発生するようになったもの。

関連語

ratio decidendi

翻訳

  • 英語:judicial precedent





判例と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「判例」の関連用語

判例のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アカエイ

稲荷川第六砂防堰堤

イタリア宇宙事業団

ヘレナ-M

特急スーパーマリン1

追い切り

強制換気

タイ米





判例のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの判例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの判例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS