先例とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 事柄 > 先例の意味・解説 

せん‐れい【先例】

以前にあった同類の例。また、これまでのしきたり前例。「—に従う

これから基準になる初めての例。前例。「—となる」


先例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 18:17 UTC 版)

先例(せんれい)とは過去に存在した同様の事例。また、その中で特に規範としての重みを持ち、諸々の判断基準として位置づけられるもの。前例。また、特に繰り返し行われてきたものについては「慣例」「通例」などともいわれる。




「先例」の続きの解説一覧

先例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 16:47 UTC 版)

日本国憲法の下、参議院発足して以降に問責決議可決された例は、現在のところ11例あり、うち4例は首相に対す問責である。いずれにおいても参議院では野党過半数占めていた。 1998年10月16日額賀福志郎防衛庁長官に対するもの。防衛庁調達実施本部背任事件関連し自身大臣務め省庁での汚職発覚理由に、額賀責任を問う決議であった額賀35後の11月20日引責辞任した。 2008年6月11日福田康夫首相に対するもの。野党求め後期高齢者医療制度廃止福田政権応じないこと参議院否決した法案与党衆議院再可決したことが理由挙げられた。これを受け、与党翌日衆議院内閣信任決議行い対抗した問責直接の理由とするものではないが、結果的に問責決議から105後の9月24日内閣総辞職2009年7月14日麻生太郎首相に対するもの。野党再三衆議院の解散求めたにもかかわらず引き延ばし続けてきたことや、「発言のぶれ」が理由挙げられた。このときは同日衆議院内閣不信任決議案否決されている。7日後の7月21日衆議院解散衆議院議員任期満了が迫る中で行われた解散総選挙での与党敗退により、麻生内閣2ヶ月後退陣問責決議から64後の9月16日内閣総辞職)し、民主党第一党奪われ政権交代自由民主党野党へと陥落した2010年11月26日から27日にかけて仙谷由人内閣官房長官馬淵澄夫国土交通大臣に対するもの。尖閣諸島中国漁船衝突事件への対応の批判などが決議理由となっている。休憩挟んではいるが、2件連続して可決され例としては初。翌年1月14日内閣改造退任それぞれ問責決議から49日後・48日後)。 2011年12月9日一川保夫防衛大臣山岡賢次国家公安委員長消費者担当大臣に対するもの。一川は就任以来数次にわたる防衛閣僚として不適切な言行詳細当該記事を参照)、山岡マルチ商法業者からの政治献金受けに対するもの。自民公明ほか野党7党の賛成多数可決された。当初野田佳彦内閣総理大臣更迭しない方針明言し問責決議可決され閣僚自身辞任はしなかったが、35後の2012年1月13日内閣改造野田改造内閣発足に伴い、両閣僚ともに退任した2012年4月20日田中直紀防衛大臣防衛閣僚として資質)、前田武志国土交通大臣公職選挙法違反容疑に対するもの。自民みんなの党新党改革など野党賛成多数可決問責決議可決後、両者とも辞任はしなかったが44後の6月4日野田第2次改造内閣発足に伴い退任2012年8月29日野田佳彦内閣総理大臣に対してのもの。野党賛成多数により可決公明党棄権)。参議院では野党野田首相所信表明演説拒否するも、緊急質問議決するなど異例態となった。問責決議可決前における野田首相の「近いうち衆議院解散に関する言質追及され11月16日衆議院解散となった問責決議から79日後)。解散総選挙での与党敗退により、野田内閣12月26日内閣総辞職問責決議から119日後)。 2013年6月26日安倍晋三内閣総理大臣に対してのもの。野党賛成多数により可決本事案は、憲法63条に違反して内閣総理大臣その他の国務大臣が、前日25日開催され参議院予算委集中審議欠席したことに起因した。この可決影響により、4つ重要法案採決阻止され廃案となった。翌7月行われた参院選の結果与党議員数が総議員数の過半数達し比較第一党与党自民党となり議事運営与党側に移行したため、野党審議止めるための手続き上の権限失われた10月から本格的に開かれた国会で野党審議出席し倒閣頓挫した参議院本会議での国務大臣等への問責決議議決本会議採決問責対象者役職採決可否票差備考 1956年昭和31年3月5日 はとやま いちろう/鳩山一郎 内閣総理大臣 否決 041 100 59 戒告決議案1956年昭和31年5月30日 こうの いちろう/河野一郎 農林大臣 否決 067 123 56 戒告決議案1964年昭和39年6月20日 かや おきのり/賀屋興宣 法務大臣 否決 048 122 74 参議院初の問責決議案採決例。 1965年昭和40年10月28日 ふくた たけお/福田赳夫 外務大臣 否決 106 132 26 1971年昭和46年11月9日 たなか かくえい/田中角榮 通商産業大臣 否決 110 133 23 1972年昭和47年6月16日 さとう えいさく/佐藤栄作 内閣総理大臣 否決 108 131 23 参議院初の首相問責決議案採決例。 1973年昭和48年9月22日 やまなか さたのり/山中貞則 防衛庁長官 否決 083 129 46 1973年昭和48年9月24日 おくの せいすけ/奥野誠亮 文部大臣 否決 085 127 42 1974年昭和49年5月27日 おくの せいすけ/奥野誠亮 文部大臣 否決 062 095 33 1974年昭和49年7月31日 たなか かくえい/田中角榮 内閣総理大臣 否決 121 128 07 否決例における最小の票差1975年昭和50年12月12日 おおひら まさよし/大平正芳 大蔵大臣 否決 114 125 11 1975年昭和50年12月24日 みき たけお/三木武夫 内閣総理大臣 否決 117 127 10 1983年昭和58年5月25日 なかそね やすひろ/中曽根康弘 内閣総理大臣 否決 063 109 46 1988年昭和63年12月24日 たけした のほる/竹下登 内閣総理大臣大蔵大臣 否決 098 136 38 1988年昭和63年12月24日 かしやま せいろく/梶山静六 自治大臣国家公安委員長 否決 083 136 53 1988年昭和63年12月24日 はやした ゆきお/林田悠紀夫 法務大臣 否決 077 134 57 1992年平成4年6月7日 みやさわ きいち/宮澤喜一 内閣総理大臣 否決 100 135 35 1994年平成6年1月26日 はた えいしろう/畑英次郎 農林水産大臣 否決 106 130 24 1995年平成7年6月14日 むらやま とみいち/村山富市 内閣総理大臣 否決 062 158 96 1998年平成10年06月17日 はしもとゆうたろう/橋本龍太郎 内閣総理大臣 否決 097 128 31 1998年平成10年10月16日 ぬかか ふくしろう/額賀福志郎 防衛庁長官 可決 140 103 -37 初の問責決議可決例。 1999年平成11年8月12日 おふち けいそう/小渕恵三 内閣総理大臣 否決 077 140 63 1999年平成11年8月12日 しんのうち たかお/陣内孝雄 法務大臣 否決 091 137 46 2000年平成12年5月31日 もり よしろう/森喜朗 内閣総理大臣 否決 108 134 26 2001年平成13年3月14日 もり よしろう/森喜朗 内閣総理大臣 否決 105 138 33 2001年平成13年4月5日 たけへ つとむ/武部勤 農林水産大臣 否決 102 114 12 2001年平成13年7月31日いすみ しゆんいちろう/小泉純一郎 内閣総理大臣 否決 097 135 38 2002年平成14年7月16日 たけなか へいそう/竹中平蔵 経済財政政策担当大臣 否決 100 137 37 2003年平成15年7月24日 かわくち よりこ/川口順子 外務大臣 否決 103 136 33 2003年平成15年7月24日 いしは しける/石破茂 防衛庁長官 否決 104 135 31 2003年平成15年7月25日 ふくた やすお/福田康夫 内閣官房長官 否決 103 138 35 内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)兼務2004年平成16年6月5日 さかくち つとむ/坂口力 厚生労働大臣 否決 000少数 999多数 999不明 閣僚問責決議では唯一の起立採決2006年平成18年12月15日 いふき ふんめい/伊吹文明 文部科学大臣 否決 098 132 34 2007年平成19年6月29日 やなきさわ はくお/柳澤伯夫 厚生労働大臣 否決 097 115 18 2007年平成19年6月29日 あへ しんそう/安倍晋三 内閣総理大臣 否決 094 112 18 2008年平成20年6月11日 ふくた やすお/福田康夫 内閣総理大臣 可決 131 105 -26 内閣総理大臣に対する初の可決例。 2009年平成21年7月14日 あそう たろう/麻生太郎 内閣総理大臣 可決 132 106 -26 2010年平成22年11月26日 せんこく よしと/仙谷由人 内閣官房長官法務大臣 可決 127 111 -16 2010年平成22年11月27日 まふち すみお/馬淵澄夫 国土交通大臣 可決 126 111 -15 2011年平成23年12月9日 いちかわ やすお/一川保夫 防衛大臣 可決 130 109 -21 2011年平成23年12月9日 やまおか けんじ/山岡賢次 国家公安委員長消費者及び食品安全担当大臣 可決 125 109 -16 2012年平成24年4月20日 まえた たけし/前田武志 国土交通大臣 可決 131 107 -24 2012年平成24年4月20日 たなか なおき/田中直紀 防衛大臣 可決 132 107 -25 2012年平成24年8月29日 のだ よしひこ/野田佳彦 内閣総理大臣 可決 129 91 -38 2013年平成25年06月26日 あべ しんぞう/安倍晋三 内閣総理大臣 可決 125 105 -20 2013年平成25年12月6日り まさこ/森雅子 消費者及び食品安全担当大臣 否決 094 130 36 2014年平成26年6月20日 いしはら のぶてる/石原伸晃 環境大臣 否決 0104 133 29 2015年平成27年9月18日 なかたに げん/中谷元 防衛大臣 否決 089 143 54 2015年平成27年9月18日 あべ しんぞう/安倍晋三 内閣総理大臣 否決 089 144 55 2017年平成29年6月14日 やまもと こうぞう/山本幸三 地方創生担当大臣 否決 073 165 92 2017年平成29年6月14日 かねだ かつとし/金田勝年 法務大臣 否決 073 164 91 2018年平成30年6月27日とう かつのぶ/加藤勝信 厚生労働大臣 否決 069 165 96 2018年平成30年7月18日 いしい けいいち/石井啓一 国土交通大臣 否決 069 168 99 記名投票における最大の票差2018年平成30年12月7日 やました たかし/山下貴司 法務大臣 否決 072 163 91 2018年平成30年12月7日 あべ しんぞう/安倍晋三 内閣総理大臣 否決 072 163 91 2019年令和元年6月21日 あそう たろう/麻生太郎 財務大臣金融担当大臣 否決 071 160 89 2019年令和元年6月24日 あべ しんぞう/安倍晋三 内閣総理大臣 否決 072 163 91 デフォルトでは時代順に配列対象者の列は50音順ソート太字問責決議可決例。 これらのほかにも、決議案提出後(撤回会期終了等により)採決至らなかったものが多数ある。

※この「先例」の解説は、「問責決議」の解説の一部です。» 「問責決議」の概要を見る


先例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 14:24 UTC 版)

独立に向けた感情1763年フレンチ・インディアン戦争終わった直後にバージニア最初に始まったと思われる。まさにこの年に、イギリスバージニア政府はパーソンズ・コーズの裁判ぶつかったバージニア議会聖職者給与高騰止めるために2ペンス法を成立させた。ジョージ3世はこの法に拒否権発動し聖職者未払い分の給与求めて訴訟起こしたパトリック・ヘンリー専制的だと宣言した拒否権に対する裁判議論することで初め頭角現したイギリスの政府戦争消費した歳費によって莫大な負債積み重ねていた。この負債償還するために議会1764年砂糖法1765年には印紙法通したバージニア議会は「代表なくして課税なし」を根拠に砂糖法制定反対した。パトリック・ヘンリー議会で、「シーザーにはブルータス居たチャールズ1世にはクロムウェル居た..」、さらに王は「その例によって利益を得るかもしれない」という有名な演説ジョージ3世忠告することで印紙法反対した。バージニア議会はこれら税金反対するバージニア決議」を採択した。フランシス・フォーキア総督議会解散させることで応じた決議の後も反対続いたノーザンプトン郡裁判所1766年2月8日印紙法無効とした。自由の息子達など様々な政治集団会合し法律に対する抗議発した。最も有名なものはリチャード・ブランド出版したパンフレットイギリス植民地権利に関する質問であった。この文書は、バージニアイギリス帝国一部であり、イギリス王国一部ではないこと、つまり国王には忠誠を尽くす議会にではないという独立基本的な政治原則の一つ示した印紙法撤廃されたが、歳入法税金追加され1769年にはボストン暴動者を裁判にかけるためにロンドン送ろうとしたことがバージニアにおける抗議をより強くさせた。議会暴動者の移送糾弾する決議検討するために招集されたが、総督のボーテトート卿は同情的であったものの議会解散させた。議会ローリー酒場で再結集し、イギリス商品輸入禁じることに同意したイギリス囚人送還諦め1770年には税を除くあらゆる税金引き上げた1773年イギリス改めアメリカ人イギリス送還しようとしたので、リチャード・ヘンリー・リートーマス・ジェファーソンパトリック・ヘンリージョージ・メイソンなどがイギリスとの問題を処理するための通信委員会創設したそれまで通信委員会とは異なり、この委員会議会正式な一部であったボストン港の閉鎖やその他幾つかの攻撃続いてマサチューセッツとの連帯を示すために議会1774年6月1日を「断食屈辱および祈り」の日とすることを承認した総督ダンモア卿は議会解散した危機感増したことに反応するために8月1日から6日バージニア会議開催された。この会議ではイギリス製品のボイコット承認しマサチューセッツとの連帯表し大陸会議に送る代議員選出したバージニア出身ペイトン・ランドルフ大陸会議議長選出された。 1775年4月20日レキシントン・コンコードの戦い翌日ダンモアイギリス海兵隊ウィリアムズバーグ弾薬庫にある火薬イギリス船に移送するよう命じたパトリック・ヘンリーダンモア命令反応してハノーバー郡からバージニア民兵の1集団率いたカーター・ブラクストン王室予算火薬代金として移すというやり方でこの火薬事件解決のための交渉行った。この事件衰えつつあったダンモア人気を悪化させた。ダンモア総督公邸から逃げ出しヨークタウンイギリス船フォウィー号に乗った11月7日ダンモアバージニア暴動状態にあることと、イギリスのために戦う奴隷解放されることを宣言する声明発したこの時までジョージ・ワシントン大陸会議からアメリカ軍の長に指名されバージニア総督がいない間開かれた第3回バージニア会議によって形成され安全委員会政治的指導の下に入った1775年12月9日バージニア民兵隊グレートブリッジの戦い総督軍隊立ち去らせた。イギリス軍ノーフォークに向かう途上にある土地を守る砦を持っていた。イギリス軍包囲戦用の大砲持たない民兵隊怖れ補強受けたい思ったので、砦を棄てて攻撃仕掛けてきた。民兵隊30分間の戦い勝ったダンモア1776年1月1日にその船からノーフォーク砲撃することで応じた第5回バージニア会議5月6日開かれ1776年5月15日バージニア自由で独立したであることを宣言した会議はその代議員大陸会議独立決議提案するよう指示したリチャード・ヘンリー・リー6月7日にその提案行った大陸会議議論している間にバージニア議会ジョージ・メイソンによるバージニア権利章典6月12日)および憲法6月29日)を採択し独立した共和国設立した大陸会議7月2日リー提案承認し7月4日ジェファーソンによるアメリカ独立宣言承認した

※この「先例」の解説は、「バージニア州の歴史」の解説の一部です。» 「バージニア州の歴史」の概要を見る


先例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 14:22 UTC 版)

先例では1980年昭和55年5月19日衆議院が解散され(ハプニング解散)、同年6月22日衆参同日選挙前に第2次大平内閣内閣総理大臣大平正芳同年6月12日急逝したため、同日内閣官房長官伊東正義内閣総理大臣臨時代理据えた上で内閣総辞職行った後、1980年7月17日鈴木善幸後継内閣総理大臣指名され即日就任するまでの36日間内閣職務執行したケースがある。 この第2次大平内閣における例は衆議院解散後から総選挙後国会召集までの間に死亡等により内総理大臣欠けることなった場合には、直ち内閣総辞職すべきとの法解釈立ったものであり、また、この例では国会召集時には総辞職行わなかったが、これは内閣総理大臣欠けたときに内閣が既に総辞職している以上、国会召集時にはもはや重ねて総辞職することは不可能と解されるめであるこのような場合に内閣総理大臣欠けたときに直ち内閣総辞職となるが、首班指名衆議院議員総選挙後となるため職務執行内閣比較長期間存在することになる。

※この「先例」の解説は、「職務執行内閣」の解説の一部です。» 「職務執行内閣」の概要を見る


先例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 02:23 UTC 版)

無音音楽として見なす先例として、作家アルフォンス・アレーの『耳の不自由なある偉人葬儀のために作曲され葬送行進曲』(1897年)があり、いくつかの空白の小節のみが書かれ作品である。また、ダダイスム運動盛んになった時代には音楽家エルヴィン・シュルホフによる『五つのピトレスケ』(1919年)の第三曲があり、これは全く意味をなさない顔文字休符全曲構成され最初の音楽作品である。これらは楽譜眺めることによってそこに込められ風刺的ダダイスト的な意図読み取ることが目的でケージ意図とは必ずしも一致しない偶然性の手法や、受け取る側を重視する観点からケージマルセル・デュシャン評価したデュシャンには、偶然によって作曲する音楽的誤植』(1913年頃)や『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも音楽的誤植』(1913年頃)の音楽作品がある。また、デュシャン既製品用いて芸術作品とするレディ・メイド英語版の手法によって『泉』を制作したケージレディ・メイド発想高く評価しエッセイデュシャンに関する26声明』(1963年)において、「見られるものすべて、すなわち見るプロセス加えたすべてのもの、それがデュシャン作品だ」と書いた。この文章視覚的な要素を聴覚置き換えると、ケージの『4分33秒』などの作品あてはまる。

※この「先例」の解説は、「4分33秒」の解説の一部です。» 「4分33秒」の概要を見る


先例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 01:20 UTC 版)

死体偽装書類持たせるという方法新しいものではない。多分モンタギュー知っていたであろう次の2つ事件がこれを示している一つは1942年北アフリカ戦線のアラム・ハルファの戦い前に行われた。Qaret el Abd のすぐ南のドイツ軍90軽歩兵師団目前地雷原で、ある死体が炎上する偵察車中に置かれた死体とともにあったのは、実在しないイギリス軍地雷原地図であったドイツ軍策略まんまと嵌りエルヴィン・ロンメル戦車部隊は、柔らかい砂地ルートをたどり、沈み込んで動き取れなくなった第二の事件は実は欺瞞ではなくそれどころか危機一髪であった1942年9月、ジェームズ・ハッデン・ターナー主計中尉 (Paymaster-Lt. James Hadden Turner) を運んでいた、一機PBYカタリナ飛行艇カディス沖で墜落した彼は密使であり、マーク・W・クラーク将軍からジブラルタルイギリス領)の総督の手紙を運んでいた。この手紙には北アフリカにおけるフランスエージェントの名前が列挙されており、さらにトーチ作戦の上決行日である11月4日実際には11月8日であった)を与えるものであったターナー死体タリファ近く海岸打ち上げられスペイン当局によって回収された。遺体イギリス返還されたとき、手紙はまだ遺体持っており、鑑定者は手紙開封されていない断定した。実はドイツ軍手紙開封せずに内容読み取る方法を持っていたのであるが、たとえそれを実行したとしても、恐らく彼らはこの手紙は偽装であり、偽の情報であると見なして無視したであろう

※この「先例」の解説は、「ミンスミート作戦」の解説の一部です。» 「ミンスミート作戦」の概要を見る


先例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 01:20 UTC 版)

死体偽装書類持たせるという方法新しいものではない。多分モンタギュー知っていたであろう次の2つ事件がこれを示している一つは1942年北アフリカ戦線のアラム・ハルファの戦い前に行われた。Qaret el Abd のすぐ南のドイツ軍90軽歩兵師団目前地雷原で、ある死体が炎上する偵察車中に置かれた死体とともにあったのは、実在しないイギリス軍地雷原地図であったドイツ軍策略まんまと嵌りエルヴィン・ロンメル戦車部隊は、柔らかい砂地ルートをたどり、沈み込んで動き取れなくなった第二の事件は実は欺瞞ではなくそれどころか危機一髪であった1942年9月、ジェームズ・ハッデン・ターナー主計中尉 (Paymaster-Lt. James Hadden Turner) を運んでいた、一機PBYカタリナ飛行艇カディス沖で墜落した彼は密使であり、マーク・W・クラーク将軍からジブラルタルイギリス領)の総督の手紙を運んでいた。この手紙には北アフリカにおけるフランスエージェントの名前が列挙されており、さらにトーチ作戦の上決行日である11月4日実際には11月8日であった)を与えるものであったターナー死体タリファ近く海岸打ち上げられスペイン当局によって回収された。遺体イギリス返還されたとき、手紙はまだ遺体持っており、鑑定者は手紙開封されていない断定した。実はドイツ軍手紙開封せずに内容読み取る方法を持っていたのであるが、たとえそれを実行したとしても、恐らく彼らはこの手紙は偽装であり、偽の情報であると見なして無視したであろう

※この「先例」の解説は、「ミンスミート作戦」の解説の一部です。» 「ミンスミート作戦」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「先例」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



先例と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

先例のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



先例のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの先例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの問責決議 (改訂履歴)、バージニア州の歴史 (改訂履歴)、職務執行内閣 (改訂履歴)、4分33秒 (改訂履歴)、ミンスミート作戦 (改訂履歴)、ミンスミート作戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS