先例とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 事柄 > 先例の意味・解説 

せん‐れい【先例】

以前にあった同類の例。また、これまでのしきたり前例。「先例に従う」

これから基準になる初めての例。前例。「先例となる」


せん‐れい【先例】

〔名〕

① まえにあった例。以前にあった同じような例。前例

古今著聞集(1254)二〇「此の如き興遊に、左右勝負舞を奏する事先例あり」〔梁書袁昂伝〕

以前からの慣例以前からの例式。まえからのしきたり前例

続日本紀天平元年729一一丁未太政官処分、〈略〉及武官解任者、先例並属式部

浮世草子西鶴諸国はなし(1685)一「自今興福寺の太鞁に極め、先例(センレイ)の通り置所東大寺にあづけ」

将来同種の事象基準となる例。前例

ニッポン日記(1951)〈井本威夫訳〉一九四六年三月二六日仕方がありませんからこれにお乗り下さって結構です。ただこれを、先例になさらぬように願います」


先例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 18:17 UTC 版)

先例(せんれい)とは過去に存在した同様の事例。また、その中で特に規範としての重みを持ち、諸々の判断基準として位置づけられるもの。前例。また、特に繰り返し行われてきたものについては「慣例」「通例」などともいわれる。




「先例」の続きの解説一覧



先例と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「先例」の関連用語

先例のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



先例のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの先例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS