法の適用に関する通則法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の法律 > 法の適用に関する通則法の意味・解説 

法の適用に関する通則法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/25 04:31 UTC 版)

法の適用に関する通則法(ほうのてきようにかんするつうそくほう、平成18年6月21日法律第78号)は、の適用関係に関する事項を規定している日本法律。略して法適用通則法とも言う。


  1. ^ 小梁吉章、2016年。『法例の編纂 -ベルギー改正草案の影響とその排除- (PDF) 』。広島法科大学院論集第12号。
  2. ^ 天皇の裁可(親署)及び内閣総理大臣など国務大臣副署は6月15日。
  3. ^ 台湾は1952年(昭和27年)4月28日日本国との平和条約の発効により正式に日本の領土でなくなったため、この第1条第2項の「台湾」部分は当然に失効したものとして扱われ、平成元年法律第27号による大幅改正前の小規模改正ではその削除が特段取り上げられず文言としてはそのまま存置していた。
  4. ^ 日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律(昭和22年法律第72号)第2項第1項により、日本国憲法施行後は「政令」と読み替えられる。


「法の適用に関する通則法」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「法の適用に関する通則法」の関連用語

法の適用に関する通則法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



法の適用に関する通則法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法の適用に関する通則法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS