民法典論争とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論争 > 民法典論争の意味・解説 

民法典論争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 15:30 UTC 版)

民法典論争(みんぽうてんろんそう)は、1889年明治22年)から1892年(明治25年)の日本において、旧民法(明治23年法律第28号、第98号)の施行を巡り展開された論争。


  1. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1625頁
  2. ^ 東川(1917)110-130頁
  3. ^ 法典調査會『法典調査會民法議事速記録第四拾貳巻』3丁
  4. ^ 井上・亀山(1890)7頁
  5. ^ 井上・亀山(1890)28頁
  6. ^ 梅(1910a)108頁
  7. ^ 梅謙次郎『民法要義 巻之四親族法』和佛法律學校、1902年、31頁
  8. ^ 梅(1902)49頁
  9. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)66頁
  10. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)60頁
  11. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1604頁
  12. ^ 栗本鋤雲『匏菴十種巻之二 暁窓追録』九潜館、1869年
  13. ^ デルソル著、栗本貞次郎訳『佛國民法解釋 第一巻』司法省、1880年
  14. ^ 佐賀県立図書館データベース、江藤家資料
  15. ^ 江木(1927)218頁
  16. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1605頁
  17. ^ 翻訳局(1875)192頁
  18. ^ 翻訳局(1875)171頁
  19. ^ 翻訳局訳『仏蘭西法律書 刑法』文部省、1875年、5丁
  20. ^ 長森敬斐ほか編『民事慣例類集』司法省、1877年
  21. ^ アントワーヌ・ド・サンヂョセフ著、福地家良訳『荷蘭國民法』、司法省、1882年、17頁
  22. ^ 大槻(1907)106-110頁
  23. ^ 井上(1890a)308頁
  24. ^ 生田精編『全国民事慣例類集』司法省、1880年
  25. ^ ヂョゼフ・ヲルシェほか『伊太利王国民法』司法省、1882年
  26. ^ 加藤弘之『人権新説』谷山楼、1882年
  27. ^ 加藤弘之『国体新論』谷山楼、1874年
  28. ^ 江木(1927)218頁
  29. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1629頁
  30. ^ 井上馨公伝記編纂会編『世外井上公伝 第二巻』内外書籍、1934年、907頁
  31. ^ 大槻(1907)132頁伊藤博文ほか(1934)284頁
  32. ^ 亀山・宮城(1890)98頁
  33. ^ 熊野敏三ほか『民法草案人事篇理由書』、NCID BN12062033
  34. ^ 民法草案獲得篇第二部理由書
  35. ^ 民法草案人事編(九国対比)完、司法省
  36. ^ 翻訳局訳『仏蘭西法律書 刑法』文部省、1875年、35丁
  37. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1630頁
  38. ^ 翻訳局(1875)443頁
  39. ^ 翻訳局(1875)552頁
  40. ^ 民法草案人事編
  41. ^ 翻訳局(1875)154頁
  42. ^ 江木(1927)233頁
  43. ^ 法律取調委員会『民法ニ関スル諸意見綴込
  44. ^ 栗生誠太郎編『法典編纂ニ關スル法學士會ノ意見』、1889年
  45. ^ 伊藤博文ほか(1934)115頁
  46. ^ 梅(1905)189頁
  47. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)62頁
  48. ^ 大蔵印刷局(1890a)1頁
  49. ^ 大蔵印刷局(1890a)111頁
  50. ^ 大蔵印刷局(1890b)1頁
  51. ^ 今村・亀山(1890)98頁
  52. ^ 大蔵印刷局(1890c)22頁
  53. ^ 大蔵印刷局(1890c)1頁
  54. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)27頁
  55. ^ 井上・亀山(1890)18頁
  56. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)501頁
  57. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)527頁
  58. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)49頁
  59. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)59頁
  60. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)66-67頁
  61. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)262頁
  62. ^ 穂積重威(1943)223頁
  63. ^ 穂積重威(1943)233頁
  64. ^ 穂積重威(1943)329頁
  65. ^ 穂積重威(1943)449頁
  66. ^ 穂積重威(1943)215頁
  67. ^ 穂積重威(1943)323頁
  68. ^ 穂積重威(1943)581頁
  69. ^ 穂積重威(1943)312頁
  70. ^ 穂積重威(1943)584頁
  71. ^ 穂積重威(1943)589頁
  72. ^ 穂積重威(1943)570441-442頁
  73. ^ 穂積重威(1943)56頁
  74. ^ 宮城(1890a)431頁
  75. ^ 井上(1890b)396頁
  76. ^ 岩田(1928)69頁
  77. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1619頁
  78. ^ 東川(1917)90-109頁
  79. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1353頁
  80. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1442頁
  81. ^ 伊藤博文ほか(1934)387頁
  82. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1596頁
  83. ^ 宮城(1890a)215頁
  84. ^ 宮城(1890b)118頁
  85. ^ 宮城(1890b)124頁
  86. ^ 熊野・岸本(1890)122頁
  87. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1599頁
  88. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1601頁
  89. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1603頁
  90. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)60頁
  91. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1633頁
  92. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)68頁
  93. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1611頁
  94. ^ 穂積重威(1943)56頁
  95. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1620頁
  96. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1606頁
  97. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1621頁
  98. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1630頁
  99. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1599頁
  100. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)2066頁
  101. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)2175頁
  102. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)2178頁
  103. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)2186頁
  104. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1992頁
  105. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1596頁
  106. ^ 伊藤博文ほか(1934)299頁(ボアソナード)、399頁(田中)
  107. ^ 江木(1927)217頁
  108. ^ 大蔵省印刷局編『官報 明治二十五年十月八日』日本マイクロ写真、1892年
  109. ^ ボアソナード『新法典駁議弁妄』出版者鈴木義宗、1892年
  110. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1630頁
  111. ^ 梅(1902)19頁
  112. ^ 熊野(1890)201頁
  113. ^ 熊野(1890)211頁
  114. ^ 井上(1890c)259頁
  115. ^ 井上・亀山(1890)2頁
  116. ^ 井上・亀山(1890)63頁
  117. ^ 熊野・岸本(1890)277頁
  118. ^ 熊野・岸本(1890)79頁
  119. ^ 翻訳局(1875)189頁
  120. ^ 熊野・岸本(1890)16頁
  121. ^ 井上(1890c)87頁
  122. ^ 井上(1890c)105頁
  123. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1624頁
  124. ^ 井上(1890a)308頁
  125. ^ 井上(1890a)164頁
  126. ^ 井上(1890a)467頁
  127. ^ 熊野(1890)472頁
  128. ^ 亀山・宮城(1890)90頁
  129. ^ 今村・亀山(1890)273頁
  130. ^ 翻訳局(1875)256頁
  131. ^ 今村・亀山(1890)373頁
  132. ^ 今村・亀山(1890)773頁
  133. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1626頁
  134. ^ 今村・亀山(1890)626頁
  135. ^ 今村・亀山(1890)292頁
  136. ^ 伊藤博文ほか(1934)337頁
  137. ^ 井上(1890a)2頁
  138. ^ 今村・亀山(1890)2頁
  139. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1625頁
  140. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)66-67頁
  141. ^ 大日本帝国議会誌刊行会(1926)1625頁
  142. ^ 岸本(1890)350頁
  143. ^ 井上・亀山(1890)41頁
  144. ^ 法典調査會『法典調査會民法議事速記録第四拾参巻』174丁
  145. ^ 熊野・岸本(1890)171頁
  146. ^ 翻訳局(1875)172頁
  147. ^ 熊野・岸本(1890)279頁
  148. ^ 梅(1910a)115頁
  149. ^ 梅(1910a)22頁
  150. ^ 井上・亀山(1890)8頁
  151. ^ 熊野・岸本(1890)323頁
  152. ^ 熊野・岸本(1890)113頁
  153. ^ 熊野・岸本(1890)179頁
  154. ^ 井上・亀山(1890)63頁
  155. ^ 梅(1910a)43頁
  156. ^ 梅(1910a)145頁
  157. ^ 法典調査會民法議事速記録 第四拾参巻57丁
  158. ^ 翻訳局(1875)659頁
  159. ^ 熊野・岸本(1890)294頁
  160. ^ 梅(1905)38、42頁
  161. ^ メイン著、鳩山和夫訳『緬氏古代法』文部省編輯局、1885年
  162. ^ 梅(1905)277頁
  163. ^ 梅(1896a)7頁
  164. ^ 梅(1910a)210頁
  165. ^ 梅(1910a)535頁
  166. ^ 梅(1905)180頁
  167. ^ 梅(1905)204頁
  168. ^ 梅(1903)9頁
  169. ^ 梅(1903)884頁
  170. ^ 梅(1905)307頁
  171. ^ 梅(1903)203頁
  172. ^ 法典調査会『民法主査會議速録第壹巻日本学術振興会、150丁
  173. ^ 梅(1896a)508頁
  174. ^ 梅(1896a)194頁
  175. ^ 梅(1896a)264頁
  176. ^ 梅(1903)883頁
  177. ^ 法典調査會民法議事速記録 第四拾巻150丁
  178. ^ 法典調査會『法典調査會民法議事速記録第七巻』86丁
  179. ^ 梅(1896a)84頁
  180. ^ 梅(1910a)105頁
  181. ^ 梅(1910a)22頁
  182. ^ 梅(1910a)145頁
  183. ^ 梅(1910a)184頁
  184. ^ 翻訳局(1875)552頁
  185. ^ 法典調査會民法議事速記録 第四拾九巻154丁
  186. ^ 梅(1910a)105頁
  187. ^ 梅(1910a)88頁
  188. ^ 梅(1910a)245頁
  189. ^ 梅(1901)43頁
  190. ^ 翻訳局(1875)138頁
  191. ^ 井上毅(梧陰)『梧陰存稿 巻一』六合館、1895年
  192. ^ 法政大学経済学部同窓会創立20周年記念事業(ページ下部)、2022年1月14日閲覧
  193. ^ 大日本帝國議會誌刊行會(1927)959頁
  194. ^ 梅(1905)8頁
  195. ^ 大日本帝國議會誌刊行會(1927)849頁907頁933頁1030頁
  196. ^ 大日本帝國議會誌刊行會(1927)1032頁
  197. ^ 大日本帝國議會誌刊行會(1927)1029頁
  198. ^ 大日本帝國議會誌刊行會(1927)908-911頁
  199. ^ 穂積重威(1943)324頁
  200. ^ 穂積重威(1943)401頁
  1. ^ a b 牧野(1944)17頁
  2. ^ a b 中村(1956)225頁
  3. ^ a b 星野(1949)255頁
  4. ^ a b c d e 広中(1998)2頁
  5. ^ 星野(1943)142頁、岩田(1943)24頁
  6. ^ 中村(1956)224、289頁
  7. ^ 星野(1943)530頁
  8. ^ 今村・亀山(1890)38頁
  9. ^ 平野(1924)10頁、杉山(1936)86頁、星野(1943)111-112頁、我妻(1972)312頁、星野英一『法学入門』放送大学、1995年、128頁、池田(2011)100頁
  10. ^ 河出(1938)200頁(玉城)、平野(1948)198-200頁、青山(1978)54、272-282頁、星野(2013)7頁
  11. ^ 宮川(1962)288頁
  12. ^ 熊谷(1955)174-176頁、潮見・利谷(1974)49頁(大久保)
  13. ^ 笠原(1977)344頁、宮地正人編『世界各国史1 日本史』新版、山川出版社、2008年、388頁、渡部昇一ほか『最新日本史』明成社、2013年、207頁
  14. ^ 中村(1956)224頁、歴史教育者協議会編『日本社会の歴史 下 近代~現代』大月書店、2012年、79頁(早川紀代)
  15. ^ 仁井田ほか(1938)23頁、仁井田(1943)10頁、牧野(1944)18頁、熊谷(1955)203頁、我妻(1964)101頁、井ヶ田(1965)2頁、有地(1971)104、107、112頁、秋山(1974)77頁、原田(1981)135頁、手塚(1991)313頁、福島(1993)237頁、栗原(2009)79頁、浅古ほか(2010)314頁(西谷正浩)、藤井・伊藤(2010)287頁(伊藤孝夫)、大村敦志『文学から見た家族法 近代日本における女・主婦・家族像の変遷』ミネルヴァ書房、2012年、38頁、五十嵐(2015)232頁、川東(2019)419頁(村上一博、岩谷十郎)
  16. ^ a b c d e 潮見・利谷(1974)50頁(大久保)
  17. ^ 中村(1956)281頁
  18. ^ 我妻(1972)312頁
  19. ^ a b 我妻(1956)6頁
  20. ^ a b 仁井田ほか(1938)16-17頁
  21. ^ 星野(1943)144頁
  22. ^ 井ヶ田ほか(1982)160頁
  23. ^ 穂積陳重(1919)333頁
  24. ^ 仁井田ほか(1938)15頁、平野(1948)13頁、牧野(1949)58、226頁
  25. ^ 佐々木潤之介編『日本家族史論集I 家族史の方法』吉川弘文館、2002年、231頁(水田珠枝
  26. ^ a b 潮見・利谷(1974)51頁(大久保)
  27. ^ 潮見・利谷(1974)48頁
  28. ^ 磯部(1913)162頁
  29. ^ 中村(1953)230頁
  30. ^ 石井良助『明治文化史II 法制編』洋々社、1954年、514頁
  31. ^ 秋山(1974)67頁
  32. ^ 中村(1956)248頁
  33. ^ 我妻(1972)311頁
  34. ^ 大久保・高橋(1999)4頁、我妻ほか(2016)32頁
  35. ^ 伊藤正己ほか(1966)198頁(野田良之)、潮見・利谷(1974)53頁(大久保)
  36. ^ 我妻(1969a)101頁
  37. ^ 秋山(1974)82頁
  38. ^ 村上(2008)268頁
  39. ^ a b 熊谷(1955)178頁
  40. ^ a b c 有地(1971)118頁
  41. ^ 重松(2007)137頁
  42. ^ 高田(2008)197-198頁
  43. ^ 秋山(1974)82頁、手塚(1991)320-321頁
  44. ^ a b c 近江(2002)24頁
  45. ^ a b c 近江(2005)6頁
  46. ^ 中村(1953)230頁、我妻ほか(2016)32頁
  47. ^ 河出(1938)199頁(玉城)、平野(1948)94頁、星野(1949)105、268頁
  48. ^ 熊谷(1955)203頁、井ヶ田(1965)1、8頁
  49. ^ a b 谷口(1939)21頁、潮見(1972)20頁
  50. ^ a b c d e f g h 星野(1943)126頁
  51. ^ 平野(1948)32頁
  52. ^ 吉田(2000)18頁
  53. ^ 吉田(2000)16-18頁、近江(2002)24頁、近江(2005)6-7頁
  54. ^ 松本(1975)175-184、324頁
  55. ^ 谷口(1939)210頁
  56. ^ 青山道夫「自由民権論者の家族観」『法政研究』25巻2-4号、九州大学法政学会、1959年、25頁
  57. ^ a b c 星野(1943)196頁
  58. ^ 星野英一(1998)157頁
  59. ^ 中村敏子(2021)10頁
  60. ^ 熊谷(1955)193頁
  61. ^ a b 河出(1938)199頁(玉城)
  62. ^ 河出(1938)151頁(我妻)
  63. ^ 我妻(1969a)93-102頁
  64. ^ a b 河出(1938)209頁(玉城)
  65. ^ 川出孝雄編『家族制度全集史論篇 第一巻 婚姻』河出書房、1937年、104頁
  66. ^ a b 鵜飼ほか(1958)266頁
  67. ^ 笠原(1977)344頁、白羽(1995)81頁
  68. ^ 平井・村上(2007)8頁
  69. ^ a b 福島(1953)877頁
  70. ^ 星野(1949)179-180頁
  71. ^ 星野英一(1998)196頁
  72. ^ a b c 星野(1943)415頁
  73. ^ 松川正毅『有斐閣アルマ民法 親族・相続』5版、有斐閣、2018年、6頁、日本大学"日本大学の歴史 日本法律学校創立関係者"、2020年8月4日閲覧
  74. ^ a b 穂積陳重(1919)348頁
  75. ^ 坂本太郎編『日本史 世界各国史14』8版、山川出版社、1989年、482頁
  76. ^ 仁井田ほか(1938)16頁、星野(1943)121頁、小柳(1981)111頁
  77. ^ 井ヶ田(1966)93頁
  78. ^ 潮見・利谷(1974)99、108-109頁(長尾)
  79. ^ a b 我妻(1969a)178頁
  80. ^ 岩村ほか(1996)139-140頁(三成賢次)
  81. ^ 平野(1924)10-20頁、牧野(1935)106頁、星野(1943)201頁、我妻ほか(2016)5頁
  82. ^ 平野(1924)10-11頁
  83. ^ a b 平野(1970)398-410頁
  84. ^ 川東(2019)149頁
  85. ^ 星野英一(1998)248-252頁
  86. ^ a b 有地(1971)119頁
  87. ^ a b c 田島・近藤(1942)2頁
  88. ^ 笠原(1977)344頁、竹内睦泰『超速!日本近現代史の流れ』増補改訂版、ブックマン社、2014年、54頁
  89. ^ 我妻栄著、遠藤浩・川井健補訂『民法案内 私法のみちしるべ』2版、勁草書房、2013年、74頁
  90. ^ 我妻(1956)198-199頁
  91. ^ 明治維新史学会(2012)203頁
  92. ^ 星野英一(1998)150頁、明治維新史学会(2012)206頁
  93. ^ 星野(1943)539頁
  94. ^ a b 坂本(2004)3頁
  95. ^ 大久保・高橋(1999)121頁
  96. ^ 穂積重遠(1933)11頁
  97. ^ 梅(1894)79頁、坂本(2004)126-127頁
  98. ^ 坂本(2004)126-127頁
  99. ^ 石井(1979)321-335頁
  100. ^ 星野(1943)195頁
  101. ^ 梅(1910b)751頁
  102. ^ 原田(1981)170、206頁
  103. ^ 石井(1979)323頁
  104. ^ 坂本(2004)37頁
  105. ^ 福島(1993)225、231頁
  106. ^ 梅(1894)79頁
  107. ^ 岩村ほか(1996)116頁
  108. ^ 岩村ほか(1996)113-120頁
  109. ^ 石井(1979)579-583頁
  110. ^ 潮見・利谷(1974)108-109頁(長尾)
  111. ^ a b 岩村ほか(1996)122頁
  112. ^ 坂本(2004)47-49頁
  113. ^ a b c 福島(1953)1128頁
  114. ^ a b 熊谷(1955)175頁
  115. ^ 平井・足立(2008)103頁
  116. ^ 江川英文編『フランス民法典の一五〇年』有斐閣、1957年、175-181頁
  117. ^ 松本(1975)327頁
  118. ^ 坂本(2004)50頁
  119. ^ 石井(1979)584頁
  120. ^ 岩村ほか(1996)133頁
  121. ^ 谷口(1939)2、13-14頁
  122. ^ 坂本(2004)76頁
  123. ^ 星野英一(1998)150頁、道垣内(2017)44頁
  124. ^ 白羽(1995)117頁
  125. ^ 岩村ほか(1996)71頁
  126. ^ 福島(1995)21-26頁
  127. ^ 星野(1943)7頁
  128. ^ 石井(1979)6頁
  129. ^ 富井(1922)63-64頁
  130. ^ a b 高橋(1995)232-233頁
  131. ^ 中村(1956)序2頁
  132. ^ 穂積陳重(1919)335頁
  133. ^ a b c 岩村ほか(1996)49頁
  134. ^ 高橋(1995)232頁(金子)
  135. ^ 大久保(1977)136頁
  136. ^ 中村尚美著・日本歴史学会編『大隈重信』新装版、吉川弘文館、1986年、214-218頁
  137. ^ 岩田(1928)26頁
  138. ^ 小風(2004)18頁
  139. ^ 熊谷(1955)143頁
  140. ^ 坂本(2004)6頁
  141. ^ 伊藤正己ほか(1966)184頁
  142. ^ 穂積陳重(1919)173頁
  143. ^ a b c 星野(1943)499頁
  144. ^ a b c 梅(1896)676頁
  145. ^ 熊谷(1955)143、146頁
  146. ^ 坂本(2004)29-33頁
  147. ^ 熊谷(1955)145頁
  148. ^ 霞関会"【資料】欧州各地にある幕末・明治初期日本人の墓について"、2020年8月5日公開、2022年4月5日閲覧
  149. ^ 熊谷(1955)146頁
  150. ^ 潮見・利谷(1974)18頁
  151. ^ 牧野(1949)57、59頁
  152. ^ 山室(1984)64頁
  153. ^ 谷口(1939)18頁、岩田(1943)176頁、潮見・利谷(1974)42頁(大久保)
  154. ^ 坂本(2004)3-4頁
  155. ^ 星野(1949)5頁
  156. ^ 平野(1948)15頁
  157. ^ 遠山(1951)60頁
  158. ^ 星野(1943)9頁
  159. ^ 星野(1943)10-32頁、石井(1979)209頁、坂本(2004)274頁
  160. ^ 石井(1979)7頁
  161. ^ 手塚(1991)340頁
  162. ^ 岩村ほか(1996)35頁
  163. ^ 福島(1953)155頁、岩村ほか(1996)47頁
  164. ^ 岩田(1928)50、52頁
  165. ^ a b 仁井田ほか(1938)27頁
  166. ^ 岩田(1928)50頁、牧野(1944)17頁、岡(2014a)40頁
  167. ^ 穂積陳重(1919)213頁
  168. ^ 坂本(2004)133頁
  169. ^ 伊藤正己ほか(1966)36頁
  170. ^ 岩村ほか(1996)56頁
  171. ^ 中村(1956)4頁
  172. ^ 鵜飼ほか(1958)190頁
  173. ^ 江木(1927)216頁
  174. ^ 星野(1943)136頁
  175. ^ a b c 中村(1956)158頁
  176. ^ a b 星野(1943)10頁
  177. ^ 小早川(1944)212-213頁
  178. ^ 今村(1890)2頁
  179. ^ 大槻(1907)101-102頁
  180. ^ 平野(1948)181頁
  181. ^ a b 石井(1979)23頁
  182. ^ a b c 谷口(1939)37頁
  183. ^ 星野(1943)11、14頁
  184. ^ 的野(1914)111頁
  185. ^ 坂本(2004)170-172頁
  186. ^ 谷口(1939)4頁
  187. ^ 坂本(2004)173-178頁
  188. ^ 谷口(1939)58頁
  189. ^ 坂本(2004)179頁
  190. ^ 谷口(1939)58-59頁、坂本(2004)179頁、北村(2006)147頁
  191. ^ 坂本(2004)184頁
  192. ^ 松本(1975)206、210頁
  193. ^ 秋山(1974)78、83頁
  194. ^ 松本(1975)203、204頁
  195. ^ 山室(1984)13-20、36頁
  196. ^ 山室(1984)15頁
  197. ^ 星野(1943)103、104頁
  198. ^ 山室(1984)17頁
  199. ^ 梅(1896b)673-675頁、岩田(1943)23-24頁(梅)
  200. ^ 大槻(1907)26頁
  201. ^ 大久保(1977)131頁
  202. ^ 星野(1943)15頁
  203. ^ 星野(1943)16頁
  204. ^ a b c 江木(1927)218頁
  205. ^ 星野(1943)22頁
  206. ^ a b 仁井田ほか(1938)14頁
  207. ^ 中川(2016)52-53頁
  208. ^ a b c d e 中川(2016)52頁
  209. ^ 磯部(1913)151頁
  210. ^ 磯部(1913)150頁、穂積陳重(1919)337頁
  211. ^ 星野(1943)19、24頁
  212. ^ 大槻(1907)111頁、的野(1914)108頁
  213. ^ 的野(1914)107頁
  214. ^ 坂本(2004)333頁
  215. ^ 今村(1890)4頁
  216. ^ 星野(1943)20頁
  217. ^ 的野(1914)113頁
  218. ^ 坂本(2004)266頁
  219. ^ 川島・利谷(1958)7頁
  220. ^ 石井(1979)195頁
  221. ^ 毛利敏彦『江藤新平 急進的改革者の悲劇』中央公論新社、1987年、101頁
  222. ^ 川島・利谷(1958)9、16頁
  223. ^ 『國家學會雜誌』2巻17号、國家學會事務所、1888年、405、539頁
  224. ^ 福島(1993)239頁
  225. ^ 川角(2017)30頁
  226. ^ 原田(1981)170-171頁
  227. ^ 石井(1979)571-579頁
  228. ^ 青山(1978)210頁
  229. ^ 石井(1979)583-585頁
  230. ^ 大久保(1977)22頁
  231. ^ 我妻(1969a)60-64頁
  232. ^ 伊丹一浩『民法典相続法と農民の戦略 19世紀フランスを対象に』御茶の水書房、2003年、60頁
  233. ^ 谷口(1939)14頁
  234. ^ 我妻(1969b)61頁
  235. ^ 我妻(1969b)10頁、青山(1978)115頁
  236. ^ 我妻(1969b)58頁
  237. ^ 法学協会(1891)45頁(法学博士 M.T.君)
  238. ^ 法学協会(1891)目次
  239. ^ 北村(2006)13頁
  240. ^ 北村(2006)9-13頁
  241. ^ a b 井ヶ田(1966)103頁
  242. ^ a b 依田(2004)16、19頁
  243. ^ 坂本(2004)271、287頁
  244. ^ 川島・利谷(1958)10頁
  245. ^ 坂本(2004)307頁
  246. ^ 岩村ほか(1996)33-34頁
  247. ^ 星野(1943)33頁
  248. ^ 坂本(2004)315-323頁
  249. ^ 坂本(2004)275-276頁
  250. ^ 的野(1914)109頁
  251. ^ 磯部(1913)149-150頁
  252. ^ 穂積陳重(1919)210-211頁
  253. ^ 的野(1914)118、123-125頁
  254. ^ 的野(1914)126頁
  255. ^ 大久保(1977)32-33頁
  256. ^ 的野(1914)7頁
  257. ^ 坂井雄吉『井上毅と明治国家』東京大学出版会、1983年、66-77頁
  258. ^ 山室(1984)13、18、34頁
  259. ^ 大久保(1979)131頁
  260. ^ 大久保(1977)5頁
  261. ^ 『國家學會雜誌』4巻35号、國家學會事務所、1890年、3-11頁、同4巻51号969-975頁
  262. ^ 川島・利谷(1958)10、13頁
  263. ^ 石井(1979)162、198頁
  264. ^ 山室(1984)13頁
  265. ^ 磯部(1913)157頁、星野(1943)26-27頁
  266. ^ 大久保(1977)87頁
  267. ^ 磯部(1913)154頁
  268. ^ 潮見・利谷(1974)38頁(大久保)
  269. ^ 大久保・高橋(1999)29頁
  270. ^ 大久保(1977)54頁
  271. ^ 穂積陳重(1919)337頁
  272. ^ 潮見(1972)70頁(利谷)
  273. ^ 星野(1949)125-126頁
  274. ^ 牧野(1944)18頁、牧野(1949)59頁
  275. ^ 松本(1975)334頁
  276. ^ 井ヶ田ほか(1982)59頁
  277. ^ 大久保・高橋(1999)17-18頁
  278. ^ 岩村ほか(1996)34頁
  279. ^ 岩村ほか(1996)39-40頁
  280. ^ a b c 中川(2016)53頁
  281. ^ a b 福島(1953)157-158頁
  282. ^ a b 中村(1953)232頁
  283. ^ 大久保・高橋(1999)18、28頁
  284. ^ 鵜飼ほか(1967)224頁
  285. ^ a b 団藤(1970)9-11頁
  286. ^ 岩村ほか(1996)54頁
  287. ^ 手塚(1991)11、15頁
  288. ^ 松本(1975)158頁
  289. ^ 手塚(1991)13頁
  290. ^ 鵜飼ほか(1967)250頁
  291. ^ 岩村ほか(1996)53頁
  292. ^ 高田(2008)211-213頁
  293. ^ 高田晴仁「法典編纂における民法典と商法典・上 その「重複」と「抵触」を巡って」『法律時報』71巻7号、日本評論社、1999年、15頁
  294. ^ a b 高田(2008)61頁
  295. ^ 大久保・高橋(1999)18頁
  296. ^ 大槻(1907)103頁
  297. ^ 大久保・高橋(1999)24頁
  298. ^ 青山(1978)223頁
  299. ^ a b 星野(1943)77頁
  300. ^ a b 星野(1943)28頁
  301. ^ 川東(2019)424頁
  302. ^ 星野(1943)32頁、石井(1979)251頁、大久保・高橋(1999)24頁、川東(2019)424頁
  303. ^ 谷口知平・石田喜久男編『新版 注釈民法1総則1』改訂版、有斐閣、2002年、10頁
  304. ^ 大久保・高橋(1999)23、92頁
  305. ^ 星野(1943)29頁
  306. ^ 井ヶ田ほか(1982)73頁、川角(2017)28頁
  307. ^ 久武綾子『夫婦別姓 その歴史と背景』世界思想社、2003年、83頁
  308. ^ 大槻(1907)94頁
  309. ^ 伊藤正己ほか(1966)220頁
  310. ^ a b c d e f g h 福島(1953)882頁
  311. ^ 岡(2014b)25-28頁
  312. ^ バルタザール・ボギシッチ、難波譲治訳「モンテネグロ民法典について その制定について採用された原則及び方法に関する小論」『政法論集』10号、京都大学教養部法政学会、1990年、83-85頁
  313. ^ 高橋眞「バルカン地域における慣習法研究とモンテネグロ一般財産法について デューリッツァ・クリスティッチ教授講義要旨」『政法論集』10号、京都大学教養部法政学会、71-74頁
  314. ^ 川島・利谷(1958)48頁(利谷)、井ヶ田(1966)97頁、我妻(1969b)42頁
  315. ^ 前田陽一本山敦・浦野由紀子『民法IV 親族・相続』4版、有斐閣、2017年、19頁(本山)
  316. ^ 石井(1979)208-209頁
  317. ^ 大久保・高橋(1999)46頁
  318. ^ 大久保・高橋(1999)110頁
  319. ^ 岩田(1928)17頁
  320. ^ 石井(1979)208頁
  321. ^ 谷口(1939)20頁、岩田(1943)10頁(梅)、星野(1943)71頁、大久保・高橋(1999)91頁、浅古ほか(2010)308頁(西谷正浩)、岡(2014b)27頁
  322. ^ 福島(1993)231頁
  323. ^ 坂本(2004)59頁
  324. ^ 石部(1969)83、161頁
  325. ^ 坂本(2004)60、68頁
  326. ^ a b c 大久保(1979)135頁
  327. ^ a b 手塚(1991)261頁
  328. ^ 石部(1969)161-163頁
  329. ^ 松尾弘『民法の体系 市民法の基礎』6版、慶應義塾大学出版会、2016年、17頁
  330. ^ 岩田(1928)18頁
  331. ^ 大久保・高橋(1999)23-56頁
  332. ^ 池田(2011)207頁
  333. ^ 大久保・高橋(1999)33、46頁
  334. ^ 青山(1978)223-225頁
  335. ^ 星野(1943)126、426頁、中川(2016)53頁
  336. ^ 潮見・利谷(1974)75頁
  337. ^ 岩田(1928)196頁
  338. ^ 岩村ほか(1996)36頁
  339. ^ 伊藤正己ほか(1966)198頁(野田)
  340. ^ 伊藤正己ほか(1966)134頁
  341. ^ a b 川口(2015)414頁
  342. ^ 大久保・高橋(1999)48頁
  343. ^ a b 星野(1943)99頁
  344. ^ 川島・利谷(1958)30-31頁
  345. ^ 大久保(1977)132-133頁
  346. ^ 大槻(1907)113頁(磯部)、星野(1943)80頁
  347. ^ 大久保・高橋(1999)41頁
  348. ^ 潮見・利谷(1974)46頁(大久保)、大久保(1977)132頁
  349. ^ 堅田(2004)9-15頁
  350. ^ 鈴木正裕『近代民事訴訟法史・日本』有斐閣、2004年、49-52頁
  351. ^ 星野(1952)108、114、115頁
  352. ^ a b 手塚(1991)246頁
  353. ^ 志田(1933)3、7頁
  354. ^ a b 志田(1933)44頁
  355. ^ 村上一博『日本近代法学の揺籃と明治法律学校』日本経済評論社、2007年、93、132頁
  356. ^ 穂積陳重(1919)336頁
  357. ^ 高田(2008)62頁
  358. ^ 河合敦『世界一わかりやすい河合敦の日本史B近・現代特別講座』株式会社KADOKAWA、2017年、144頁
  359. ^ a b c 中川(2016)56頁
  360. ^ a b c 大久保(1977)69頁
  361. ^ a b 牧野(1949)113、117頁
  362. ^ 伊藤正己ほか(1966)30頁
  363. ^ 中村(1953)218、231頁
  364. ^ a b 潮見・利谷(1974)42頁
  365. ^ a b c d e 星野(1943)123頁
  366. ^ 鵜飼ほか(1967)8頁
  367. ^ 重松(2007)135頁
  368. ^ 田中(1942)40頁
  369. ^ 大久保(1977)59頁
  370. ^ 田中(1942)26、33頁
  371. ^ 田中(1942)17頁
  372. ^ 岸上(1996)17-18頁
  373. ^ 大久保(1977)30頁
  374. ^ 風早八十二『日本社會政策史』2版、日本評論社、1947年、116-117頁
  375. ^ 法学協会(1891)1030頁
  376. ^ 法学協会(1892)117-118頁
  377. ^ a b 田中(1942)41頁
  378. ^ 川島・利谷(1958)31頁
  379. ^ 大久保(1977)66-67頁
  380. ^ 小柳(1981)108、109頁
  381. ^ 小柳(1981)108、112頁
  382. ^ 穂積重遠編『穂積陳重遺文集第四冊』岩波書店、1934年、164頁
  383. ^ 小柳(1981)111頁
  384. ^ a b 白羽(1995)39頁
  385. ^ 大久保・高橋(1999)52頁
  386. ^ 手塚(1991)221頁
  387. ^ 星野(1943)83-84頁
  388. ^ a b c 岩村ほか(1996)55頁
  389. ^ 杉山(1936)69-70頁
  390. ^ 星野(1943)76頁
  391. ^ 穂積重遠編『穂積陳重遺文集第四冊』岩波書店、1934年、165頁
  392. ^ 星野(1943)79頁
  393. ^ 星野(1943)83、84頁
  394. ^ 大久保・高橋(1999)113、115頁
  395. ^ 星野(1943)88頁
  396. ^ 七戸(2007)102、106頁
  397. ^ 高田(2008)197、204頁
  398. ^ a b 淺木(2003)7頁
  399. ^ 大久保・高橋(1999)82、109頁
  400. ^ 中村(1956)116頁
  401. ^ 星野(1943)87頁
  402. ^ 大久保・高橋(1999)126頁
  403. ^ 星野(1943)80頁
  404. ^ 星野(1943)89頁
  405. ^ 星野(1943)90頁
  406. ^ 福島(1953)678-679頁
  407. ^ 高田(2008)215、221頁
  408. ^ 安岡昭男編著『近代日本の形成と展開』嚴南堂書店、1998年、177-180頁(小宮一男)
  409. ^ 星野(1943)91頁
  410. ^ 高橋(1995)235頁(金子)
  411. ^ 大久保・高橋(1999)139頁
  412. ^ 高橋(1995)246-248頁(金子)
  413. ^ 梅(1894)77頁
  414. ^ 星野(1943)93頁
  415. ^ 高橋(1995)237-238頁
  416. ^ 大久保・高橋(1999)140頁
  417. ^ 星野(1943)94、98頁
  418. ^ 磯部(1919)161頁
  419. ^ 大久保・高橋(1999)9頁
  420. ^ 大久保・高橋(1999)9、11、14、235頁
  421. ^ 浅古ほか(2010)309頁(西谷正浩)
  422. ^ 大久保・高橋(1999)192-193頁
  423. ^ 小柳(1981)129頁
  424. ^ a b 井ヶ田(1965)3頁
  425. ^ 池田(2011)206頁
  426. ^ 大久保・高橋(1999)175頁
  427. ^ 大久保・高橋(1999)178-181頁
  428. ^ 井ヶ田(1965)8頁
  429. ^ 七戸克彦「現行民法典を創った人びと(22)査定委員28・29 : 細川潤次郎・尾崎三良、外伝18 : 元老院」『法学セミナー』第56巻第2号、日本評論社、2011年2月、 58-60頁、 ISSN 04393295NAID 120003117580
  430. ^ 大久保・高橋(1999)9、14頁
  431. ^ 手塚(1991)258頁
  432. ^ 手塚(1991)259頁
  433. ^ 高田(1999)86、90頁
  434. ^ 手塚(1991)223、230頁
  435. ^ 洞富雄『庶民家族の歴史像』校倉書房、1966年、197頁
  436. ^ 梅(1898)352頁
  437. ^ 梅(1910b)742頁、窪田(2017)11頁
  438. ^ 原田(1955)281頁
  439. ^ 手塚(1991)208頁
  440. ^ 奥田(1898)35-45頁
  441. ^ 梅(1910b)745頁
  442. ^ 我妻(1969a)95頁、我妻(1969b)37頁
  443. ^ 青山(1978)249頁
  444. ^ 中川ほか(1957b)644頁(玉城)
  445. ^ 原田(1955)282頁
  446. ^ 船田亨二訳『ガイウス 法学提要』新版、有斐閣、1967年、89頁
  447. ^ a b 牧野(1949)175頁
  448. ^ 梅(1910b)748-749頁
  449. ^ 栗生(1928)2、11頁
  450. ^ a b 星野(1943)416頁
  451. ^ 松本(1975)169頁
  452. ^ 創世記2章24節
  453. ^ 申命記24章1節
  454. ^ 穂積重遠(1933)353頁
  455. ^ 穂積重遠(1933)354-356頁
  456. ^ 中村敏子(2021)21-29頁
  457. ^ 松本(1975)169-171頁
  458. ^ a b 栗生(1928)32頁
  459. ^ 栗生(1928)32-33頁
  460. ^ 栗生(1928)32、34頁
  461. ^ 松本(1975)174頁、福島(1996)278頁、中村敏子(2021)45-58頁
  462. ^ 中村敏子(2021)62-66頁
  463. ^ a b 松本(1975)176頁
  464. ^ 宮崎孝治郎編『新比較婚姻法III』勁草書房、1962年、75頁
  465. ^ ルソー著、今野一雄訳『エミール(下)』岩波書店、1964年、13頁
  466. ^ 松本(1975)167頁、北村(2006)9頁
  467. ^ 谷口(1939)234頁
  468. ^ a b 谷口(1939)235頁
  469. ^ 星野英一(1998)147頁、北村(2006)9頁
  470. ^ 栗生(1928)36頁、松本(1975)178-181頁
  471. ^ 熊野・岸本(1890)18、291頁(熊野)、栗生(1928)34頁、谷口(1939)2、13、38、235頁、松本(1975)179頁、ミシェル・ゴベー著、滝沢聿代訳「フランス民法における女性」『成城法学』18号、成城大学法学部、1984年、89頁以下、福島(1996)280頁、星野英一(1998)147-151頁、坂本(2004)70-72頁、重松(2005)180頁、北村(2006)9、147、161頁、平井・村上(2007)7頁、中村敏子(2012)117-119頁
  472. ^ 谷口(1939)204頁
  473. ^ 谷口(1939)211頁
  474. ^ 谷口(1939)360頁
  475. ^ 谷口(1939)362頁
  476. ^ 谷口(1939)361-362頁、松本(1975)180頁、坂本(2004)72頁
  477. ^ 奥田(1898)172頁、仁井田益太郎『改訂増補 親族法相続法論』有斐閣書房、1919年、152頁、穂積重遠(1933)321頁
  478. ^ 栗生(1928)37頁
  479. ^ a b 北村(2006)11頁
  480. ^ 谷口(1939)13頁、松本(1975)179頁
  481. ^ 谷口(1939)13頁
  482. ^ 石川良雄「フランス判例における離婚原因の諸問題」『判例タイムズ』558号、判例タイムズ社、1985年、93頁
  483. ^ a b c 川角(2017)58頁
  484. ^ 栗生(1928)34頁、松本(1975)180頁
  485. ^ プラド夏樹"2日に一人の割合で女性が配偶者に殺される国フランス"、Yahoo!ニュース2019年12月6日、2020年4月21日閲覧
  486. ^ 宇野(2007)81頁、浅古ほか(2010)315頁(西谷正浩)、明治維新史学会(2012)206頁、川角(2017)58頁、三成美保"【法制史】近代市民法のジェンダー・バイアス"、2020年4月21日閲覧
  487. ^ 坂本(2004)72-73頁、北村(2006)11頁
  488. ^ 宮崎孝治郎編『新比較婚姻法II』勁草書房、1961年、369-374頁
  489. ^ 松本(1975)159-163頁
  490. ^ a b 平井・村上(2007)7-8頁
  491. ^ 川島・利谷(1958)30頁
  492. ^ 熊野・岸本(1890)291頁(熊野)
  493. ^ 松本(1975)333頁
  494. ^ 重松(2005)179頁
  495. ^ 熊野・岸本(1890)17頁(岸本)
  496. ^ 泉二新熊『日本刑法論下編』全訂26版、有斐閣、1919年、1231頁
  497. ^ 重松(2005)180頁
  498. ^ 富田(2017)63頁
  499. ^ 外崎光広『植木枝盛家族制度論集』高知市立市民図書館、1957年、117-123頁
  500. ^ 杉山(1936)79頁
  501. ^ 梅(1896)675頁
  502. ^ a b 梅(1894)245頁
  503. ^ 岩村ほか(1996)40頁
  504. ^ 仁井田ほか(1938)23頁
  505. ^ a b 岩村ほか(1996)40-41頁
  506. ^ 井ヶ田(1965)7頁
  507. ^ 谷口(1939)128頁
  508. ^ 中村敏子(2012)126頁
  509. ^ 手塚(1991)286頁
  510. ^ 中村敏子(2012)122、126頁
  511. ^ 谷口(1939)198頁
  512. ^ 河出(1938)116頁(石田文次郎
  513. ^ 谷口(1939)215頁
  514. ^ 谷口(1939)212頁
  515. ^ 熊野・岸本(1890)287-291頁
  516. ^ 岩村ほか(1996)41頁
  517. ^ 手塚(1991)231頁
  518. ^ 手塚(1991)232頁
  519. ^ 熊谷開作『婚姻法成立史序説』酒井書店、1970年、41頁
  520. ^ a b 手塚(1991)282頁
  521. ^ 星野(1943)136、442頁
  522. ^ a b c 福島(1953)685頁
  523. ^ a b 大久保・高橋(1999)181、234、235頁
  524. ^ 手塚(1991)260、341頁
  525. ^ 手塚(1991)270頁
  526. ^ 大槻(1907)132頁
  527. ^ 中村(1956)139、269頁、手塚(1991)264-266、280頁
  528. ^ 平野(1948)101頁
  529. ^ 小風(2004)12-18頁
  530. ^ 小風(2004)19-21頁、谷(2010)235-237頁
  531. ^ 歴史学研究会・日本史研究会(2005)137、278頁
  532. ^ a b 中村(1956)5-7頁
  533. ^ 穂積陳重(1919)339頁
  534. ^ 手塚(1991)338頁
  535. ^ a b 穂積陳重(1919)340頁
  536. ^ 沼(1964)159頁
  537. ^ 手塚(1991)339頁
  538. ^ a b 大槻(1907)132、133頁
  539. ^ 中川(2016)39頁
  540. ^ 星野(1943)120頁
  541. ^ 福島(1953)678頁
  542. ^ 松本(1975)335頁
  543. ^ 中川・宮沢(1944)48頁
  544. ^ 日本歴史大辞典編集委員会編『普及新版 日本歴史大辞典 第九巻』再版、河出書房新社、1986年、145頁(遠山茂樹)
  545. ^ 遠山(1951)77頁
  546. ^ 谷(2010)262頁
  547. ^ 重松(2005)178、185頁
  548. ^ a b c 遠山(1951)80頁
  549. ^ 福島(1953)883頁
  550. ^ 野田(1973)32-35頁
  551. ^ 野田(1973)44、48頁
  552. ^ a b 岩田(1943)29-30頁
  553. ^ 穂積陳重(1919)337-339頁
  554. ^ 潮見(1972)71頁(利谷)
  555. ^ 中川(2016)54頁
  556. ^ a b 岩田(1928)193頁
  557. ^ 仁井田ほか(1938)15頁
  558. ^ 潮見・利谷(1974)99、301頁
  559. ^ a b 仁井田ほか(1938)15-16頁
  560. ^ 梅(1894)296頁
  561. ^ 星野(1943)122、126頁
  562. ^ 村上(2008)269頁
  563. ^ 星野(1943)400、404頁
  564. ^ a b c 村上(2003b)218頁
  565. ^ 我妻(1969a)108、179頁
  566. ^ 鵜飼ほか(1967)232頁(佐伯千仭
  567. ^ 中川(2015)361、374頁
  568. ^ 村上(2010)340頁
  569. ^ 中川(2016)58頁
  570. ^ 仁井田ほか(1938)15頁、星野(1943)127頁
  571. ^ 岩田(1928)193頁、中川(2016)54頁
  572. ^ 沼(1964)160頁
  573. ^ a b 青山(1978)57頁
  574. ^ a b 中川・宮沢(1944)49頁
  575. ^ 江木(1927)217頁
  576. ^ 谷(2010)265頁
  577. ^ 潮見(1972)84-85頁(利谷)
  578. ^ 潮見(1972)54、57頁
  579. ^ 中村(1956)131、132頁
  580. ^ a b c d 星野(1943)121頁
  581. ^ a b c 仁井田ほか(1938)16頁
  582. ^ 依田(2004)28、46頁
  583. ^ 谷(2010)265-266頁
  584. ^ 谷(2010)266頁
  585. ^ a b 川角(2017)77頁
  586. ^ 星野(1943)362頁
  587. ^ 星野(1943)399頁
  588. ^ 星野(1943)385頁
  589. ^ 潮見(1972)110頁
  590. ^ a b 星野(1943)143頁
  591. ^ 潮見・利谷(1974)62-63頁
  592. ^ 穂積陳重(1890)序文
  593. ^ 岩村ほか(1996)113頁
  594. ^ 平井・足立(2008)107、110頁
  595. ^ 原田(1981)171頁
  596. ^ 牧野(1949)138-139頁
  597. ^ 堅田(1993a)27頁
  598. ^ 福島(1953)678、679頁
  599. ^ 団藤(1970)9頁
  600. ^ 福島(1996)278頁
  601. ^ 栗生(1928)24頁
  602. ^ 栗生(1928)33頁
  603. ^ 中村敏子(2021)113頁
  604. ^ 栗生(1928)38-40頁
  605. ^ 福島(1996)278、280頁
  606. ^ 青山(1978)283頁
  607. ^ 福島(1996)277-279頁
  608. ^ 星野(1947)68、69頁
  609. ^ a b 川東(2019)207頁
  610. ^ a b 福島(1953)679頁
  611. ^ 星野(1943)145頁
  612. ^ a b c 水本・平井(1997)347頁
  613. ^ 岩田(1928)191頁
  614. ^ 小柳(1981)108-109頁
  615. ^ a b 伊藤正己ほか(1966)265-266頁
  616. ^ 白羽(1995)131頁
  617. ^ a b 伊藤正己ほか(1966)266頁
  618. ^ 伊藤正己ほか(1966)264頁
  619. ^ 堅田(1993b)32頁
  620. ^ 福島(1953)684頁
  621. ^ 岩谷十郎「ウィグモア宛ボアソナード書簡14通の解題的研究 民法典論争と二人の外国人法律家」『法學研究』73巻11号、慶應義塾大学法学研究会、2000年、23-30頁
  622. ^ 星野(1943)125頁
  623. ^ 仁井田(1943)18頁
  624. ^ 伊藤正己ほか(1966)227頁
  625. ^ 仁井田ほか(1938)15、25頁
  626. ^ 村上一博「横田国臣の旧民商法断行論」『法律論叢』84巻1号、明治大学法律研究所、2011年、418頁
  627. ^ 栗野慎一郎「條約改正に就いて」『法曹會雜誌』11巻1号、法曹會、1933年、14頁
  628. ^ 有地(1971)117-118頁
  629. ^ 岩村ほか(1996)112頁
  630. ^ ゲルハルト・ケブラー著、佐藤篤士ほか監訳『ドイツ法史』成文堂、1999年、224-225頁
  631. ^ 衣笠(2020)113頁
  632. ^ 衣笠(2020)115、162頁
  633. ^ 衣笠(2020)116頁
  634. ^ 岩村ほか(1996)113、119頁
  635. ^ a b c 岩村ほか(1996)127頁
  636. ^ 岩村ほか(1996)115-116頁
  637. ^ 衣笠(2020)119頁
  638. ^ 岩村ほか(1996)125頁
  639. ^ 衣笠(2020)166頁
  640. ^ 大久保・高橋(1999)235頁
  641. ^ 岩村ほか(1996)126-128頁、岩谷ほか(2014)80、88-93頁
  642. ^ 星野(1943)540頁
  643. ^ 岩谷ほか(2014)89頁
  644. ^ 穂積陳重『續法窓夜話』岩波書店、1936年、37頁
  645. ^ 岩谷ほか(2014)88-99頁
  646. ^ 福島(1995)18頁
  647. ^ 栗生(1928)37-38頁
  648. ^ 永原慶二住谷一彦・鎌田浩『家と家父長制』早稲田大学出版部、1992年、223頁(石部雅亮)
  649. ^ 谷口(1939)2頁
  650. ^ 岩谷ほか(2014)133頁
  651. ^ 大久保・高橋(1999)11、235頁
  652. ^ 石部(1969)226-260頁
  653. ^ 岩村ほか(1996)141頁
  654. ^ 岩村ほか(1996)125-128頁
  655. ^ 穂積陳重(1919)353、358頁
  656. ^ a b 坂本(2004)62頁
  657. ^ 岩村ほか(1996)147頁
  658. ^ a b 平野(1948)28頁
  659. ^ 衣笠(2020)170頁
  660. ^ 牧野(1949)171、172頁
  661. ^ 潮見・利谷(1974)99、108頁(長尾)
  662. ^ 堅田(2004)12-17頁
  663. ^ 堅田(2004)166頁
  664. ^ 伊藤正己ほか(1966)225頁
  665. ^ 杉山(1936)163頁(富井)
  666. ^ 梅(1896)777頁
  667. ^ 原田(1981)3頁
  668. ^ 有地(1971)106頁
  669. ^ 穂積(1890)192頁
  670. ^ 藤井甚太郎森谷秀亮『綜合日本史大系第十二卷 明治時代史二』再版訂正、内外書籍、1940年、616頁
  671. ^ 道垣内(2017)43頁
  672. ^ 稲川照之『ドイツ外交史 プロイセン、戦争・分断から欧州統合への道』えにし書房、2015年、25-26頁
  673. ^ 岩谷ほか(2014)87、93-95頁
  674. ^ 穂積陳重(1890)188-191頁
  675. ^ 利谷(1985)27頁
  676. ^ 堅田(2014)9、12頁
  677. ^ 岩村ほか(1996)170、172頁
  678. ^ a b c 岩村ほか(1996)172頁
  679. ^ a b 牧野(1949)174頁
  680. ^ a b c 石澤(2004)80頁
  681. ^ 坂井(2013a)254頁
  682. ^ 熊谷(1955)173頁
  683. ^ 栗原(2009)102、140頁
  684. ^ 平野(1970)398-403、410頁
  685. ^ 坂本(2004)47、75頁
  686. ^ a b 我妻(1969b)194頁
  687. ^ 大久保・高橋(1999)178頁
  688. ^ 井ヶ田(1966)96頁
  689. ^ 福島(1995)89頁
  690. ^ 星野(1943)102頁
  691. ^ 大久保(1977)100、160頁
  692. ^ a b 潮見・利谷(1974)102頁
  693. ^ 村上(2009)318頁
  694. ^ a b 重松(2007)126頁
  695. ^ 大久保・高橋(1999)219、233頁
  696. ^ a b 大久保・高橋(1999)243頁
  697. ^ a b 依田(2004)71頁
  698. ^ 大久保・高橋(1999)394頁
  699. ^ 星野(1943)103頁
  700. ^ 村上(2010)270頁(和田守)
  701. ^ 福島(1953)680頁、栗原(2009)78頁
  702. ^ 福島(1953)680頁
  703. ^ 徳富猪一郎『公爵山縣有朋傳 下巻』山縣有朋公記念事業會、1933年、22-23頁
  704. ^ 池田雄二「新聞集成明治編年史にみる法典論争」『阪南大学論集』54巻1号、阪南大学、2018年、4、13頁
  705. ^ 富井(1922)339、343-344頁
  706. ^ 星野(1943)386頁
  707. ^ 星野(1943)390頁
  708. ^ 潮見・利谷(1974)77、79頁(向井健)
  709. ^ 井ヶ田ほか(1982)75頁
  710. ^ 星野(1943)102、104頁
  711. ^ 斉藤金作『刑事訴訟法 上巻』有斐閣、1961年、14頁、伊藤正己ほか(1966)226頁(奥田昌道)、団藤(1970)15頁、小田中聰樹『刑事訴訟法の歴史的分析』日本評論社、1976年、6頁、高田卓爾『刑事訴訟法』改訂版、青林書院新社、1978年、15頁
  712. ^ 黒田日出男監修『日本史通覧』帝国書院、2014年、225頁
  713. ^ a b 福島(1953)677頁
  714. ^ a b 窪田(2017)10頁
  715. ^ 田井義信監修、大中有信編著『ユーリカ民法1 民法入門・総則』法律文化社、2019年、12頁
  716. ^ 日本大学"日本大学の歴史 学祖山田顕義 司法への道と法典編纂"、2020年8月4日閲覧
  717. ^ 笹山晴生ほか『詳説日本史』山川出版社、2013年、285頁
  718. ^ 熊谷(1955)205頁
  719. ^ 熊野・岸本(1890)17頁、原田(1981)5頁
  720. ^ 原田(1981)5頁
  721. ^ 北村(2006)143頁(大村敦志)
  722. ^ 富田(2007)60頁
  723. ^ 岩村ほか(1996)41-42頁
  724. ^ 依田(2004)64、82頁
  725. ^ 小柳(1981)121頁
  726. ^ 熊野・岸本(1890)18頁
  727. ^ 熊野・岸本(1890)173頁
  728. ^ 大久保・高橋(1999)292頁
  729. ^ 穂積陳重(1919)351頁
  730. ^ 星野(1943)123、133頁
  731. ^ a b 星野(1943)541頁
  732. ^ 星野(1943)112頁、福島(1993)258頁
  733. ^ 有地(1971)116頁、法學協會編『法學協會雜誌』9巻1号、法學協會事務所、1890年、16頁
  734. ^ a b 井ヶ田ほか(1982)162頁
  735. ^ a b 杉山(1936)163頁
  736. ^ a b 福島(1953)463頁
  737. ^ 七戸克彦「現行民法典を創った人びと(21)査定委員26・27 : 金子堅太郎・磯部四郎、外伝17 : ボワソナード」『法学セミナー』第56巻第1号、日本評論社、2011年1月、 54-56頁、 ISSN 04393295NAID 120003043281
  738. ^ 福島(1953)683頁
  739. ^ 大久保・高橋(1999)292-293頁
  740. ^ a b c 大久保・高橋(1999)293頁
  741. ^ 中川ほか(1957b)15-16、82、86頁
  742. ^ 熊谷(1955)204、209頁
  743. ^ 福島(1953)684、686頁
  744. ^ 福島(1953)684-686頁
  745. ^ 大久保・高橋(1999)318頁
  746. ^ a b 水野・尚友倶楽部(2019)133頁
  747. ^ 福島(1953)685-686頁
  748. ^ a b 大久保・高橋(1999)294頁
  749. ^ 穂積陳重(1919)343頁
  750. ^ 仁保龜松「翻訳 獨乙民法草案」法学協会(1892)777頁~法學協會編『法學協會雜誌』14巻3号、法學協會事務、1893年、294頁、仁保龜松「翻訳 獨乙民法草案」『法曹記事』38~58号、法曹會、1893-1896年
  751. ^ 梅(1896)678頁
  752. ^ 仁井田ほか(1938)24頁
  753. ^ 大久保・高橋(1999)294-296頁
  754. ^ 鵜飼ほか(1958)223-224、231頁
  755. ^ 星野(1943)415-416頁
  756. ^ 坂井(2016)143頁
  757. ^ 潮見・利谷(1974)102、107頁
  758. ^ 潮見・利谷(1974)107-109頁(長尾)
  759. ^ 我妻(1969a)89頁
  760. ^ 我妻(1956)89頁、坂井(2013b)98頁
  761. ^ 藤田(1978)54、60頁
  762. ^ 坂井(2016)161頁
  763. ^ 坂井(2013b)99頁
  764. ^ 坂井(2013b)100、102頁
  765. ^ 坂野潤治『明治憲法史』筑摩書房、2020年、78頁
  766. ^ 穂積陳重(1919)348頁、牧野(1944)17、20頁、大久保(1977)171頁
  767. ^ 中村(1956)158、224頁、潮見・利谷(1974)50頁(大久保)、手塚(1991)342頁、池田(2011)99頁
  768. ^ 松本(1975)337頁
  769. ^ 中村(1956)139、224頁
  770. ^ 瀧井一博『明治国家を作ったひとびと』講談社、2013年、229頁
  771. ^ 坂井(2013a)244頁
  772. ^ 坂井(2013a)253頁
  773. ^ 藤田(1978)61頁
  774. ^ 藤田(1978)56-59頁
  775. ^ 熊谷(1955)206頁
  776. ^ 我妻(1969a)177頁
  777. ^ 平野(1948)85頁
  778. ^ 我妻(1969a)80頁
  779. ^ 川島・利谷(1958)48頁
  780. ^ 坂井(2016)153、160頁
  781. ^ 井ヶ田(1966)93-95頁
  782. ^ 法学協会(1891)60頁(富井)
  783. ^ 梅(1894)85頁
  784. ^ 有地(1971)102頁
  785. ^ 法学協会(1891)573、668頁
  786. ^ a b 岩田(1928)41頁
  787. ^ 岩田(1928)50、52、69頁以下、浅古ほか(2010)294頁(西谷正浩)
  788. ^ 福島(1953)155-157頁
  789. ^ 岩田(1928)50頁、谷(2010)213頁
  790. ^ 梅(1896)337頁、牧野(1944)17頁、岡(2014a)40頁
  791. ^ 佐々木潤之介ほか『概論日本歴史』吉川弘文館、2000年、210頁
  792. ^ 福島(1953)882-883頁
  793. ^ a b 星野(1943)526頁
  794. ^ 星野(1943)140-141、455、466頁
  795. ^ 中村(1956)135頁
  796. ^ 野田(1973)35頁
  797. ^ a b 星野(1943)128頁
  798. ^ a b c d 福島(1953)878頁
  799. ^ 潮見(1972)111頁
  800. ^ 村上一博『日本近代家族法史論』法律文化社、2020年、56頁
  801. ^ 星野(1943)129頁
  802. ^ 星野(1949)193頁
  803. ^ 遠山(1951)84-85頁
  804. ^ 星野(1943)474-475頁
  805. ^ 福島(1953)879-880頁
  806. ^ 星野(1943)131-132頁
  807. ^ 白羽(1995)64頁
  808. ^ 星野(1943)132頁
  809. ^ 中川(2016)48、60頁
  810. ^ 潮見(1972)104頁
  811. ^ 潮見(1972)117頁(利谷)
  812. ^ a b c 星野(1943)130頁
  813. ^ 穂積陳重(1919)347-348頁
  814. ^ 村上(2005)133頁
  815. ^ 青山(1978)56-65頁
  816. ^ 牧野(1944)18頁
  817. ^ a b c 手塚(1991)328頁
  818. ^ 村上(2003a)218頁
  819. ^ 大久保(1977)177頁
  820. ^ 大久保(1977)174頁
  821. ^ 大久保(1977)174-176頁
  822. ^ 中村(1956)224頁
  823. ^ a b 中村(1956)134頁
  824. ^ 遠山(1951)80頁、石澤(2004)83頁、重松(2005)185頁
  825. ^ a b 依田(2004)66頁
  826. ^ 依田(2004)59、67-69頁
  827. ^ a b 小野寺(2010)198頁
  828. ^ 小野寺(2010)211、278頁
  829. ^ 遠山(1951)77頁、有地(1971)120頁、野田(1973)35頁、重松(2007)130頁
  830. ^ 石澤(2004)80、82頁
  831. ^ 依田(2004)59、68頁
  832. ^ 依田(2004)65頁
  833. ^ 村上一博「『中外商業新報』にみる商法典論争関係記事」『法律論叢』85巻4・5号、明治大学法律研究所、2013年、280、281、325頁
  834. ^ 村上一博「東京日々新聞の旧商法延期論」『法律論叢』86巻4・5号、明治大学法律研究所、2014年、197、221頁
  835. ^ 有地(1971)120頁、依田(2004)58、61頁
  836. ^ a b 高田(2008)198頁
  837. ^ 石澤(2004)82頁
  838. ^ 星野(1949)208頁
  839. ^ a b 福島(1953)877、882頁
  840. ^ 中川(2016)48頁
  841. ^ 大久保(1977)177-178頁
  842. ^ 重松(2007)125-127頁
  843. ^ 大槻(1907)184頁
  844. ^ 村上(2010)269頁
  845. ^ 中村(1956)294頁、大久保(1977)173頁
  846. ^ 中村(1956)176頁
  847. ^ 中村(1953)232頁、中村(1956)175頁
  848. ^ 蓑輪(2009)79頁
  849. ^ 蓑輪(2009)77頁
  850. ^ 遠山(1951)80、82、84頁
  851. ^ 重松(2005)185頁
  852. ^ 東川(1917)87頁
  853. ^ 衆議院・参議院(1990)38頁
  854. ^ 衆議院・参議院(1990)55頁
  855. ^ 江木(1927)217頁
  856. ^ 石澤(2004)89頁
  857. ^ 衆議院・参議院(1990)1頁
  858. ^ 衆議院・参議院(1990)55頁
  859. ^ 衆議院・参議院(1990)37頁
  860. ^ a b 重松(2007)125頁
  861. ^ 熊谷(1955)210-211頁
  862. ^ 中村(1956)156頁
  863. ^ a b 中村(1956)157頁
  864. ^ 重松(2007)127-129頁
  865. ^ 重松(2007)129頁
  866. ^ a b c 中村(1956)159頁
  867. ^ a b 重松(2007)128頁
  868. ^ a b c d 重松(2007)130頁
  869. ^ 重松(2007)131頁
  870. ^ 石部(1969)162頁
  871. ^ 井ヶ田(1966)95頁
  872. ^ 西田長寿・植手通有編『陸羯南全集 第三巻』みすず書房、1969年、513-514頁
  873. ^ 重松(2007)136頁
  874. ^ 星野(1949)212頁
  875. ^ 杉山(1936)79、154頁、星野(1943)136頁、池田(2011)100頁
  876. ^ 杉山(1936)155-169頁
  877. ^ 杉山(1936)79-80、86頁、大村敦志「富井政章 学理的民法学の定礎者」『法学教室』186号、有斐閣、1996年、32頁、池田(2011)100頁
  878. ^ 池田(2011)100頁
  879. ^ 梅(1898)352頁、岩田(1943)24頁(梅)、岩村ほか(1996)36頁
  880. ^ 中村(1956)163頁
  881. ^ 福島(1953)880条
  882. ^ a b 重松(2005)189頁
  883. ^ 遠山(1951)57、79頁
  884. ^ 衆議院・参議院(1990)49頁
  885. ^ a b c 大久保(1977)180頁
  886. ^ 衆議院・参議院(1990)49頁
  887. ^ 広中(2020)43頁
  888. ^ 星野(1943)135頁
  889. ^ 遠山(1951)57-58頁
  890. ^ 星野(1943)133-134頁
  891. ^ 我妻栄ほか編『旧法令集』有斐閣、1968年、115頁、藤木英雄ほか編『法律学小事典』1972年、有斐閣、152、854頁
  892. ^ 広中(2020)15、25頁
  893. ^ 岩田(1943)17頁、福島(1953)880頁、熊谷(1955)215頁、坂井(2013a)250頁、中川(2015)364頁、我妻ほか(2016)32頁
  894. ^ 大久保・高橋(1999)301頁
  895. ^ 淺木(2003)27頁
  896. ^ 星野(1943)140-141、485、494頁
  897. ^ 衆議院・参議院(1990)55頁
  898. ^ 衆議院・参議院(1990)37、53頁
  899. ^ 村上(2011)243頁
  900. ^ 手塚(1991)324-325頁
  901. ^ 手塚(1991)326-328頁
  902. ^ 手塚(1991)330頁
  903. ^ 手塚(1991)327-328、338頁
  904. ^ 手塚(1991)332-333頁
  905. ^ 我妻(1969a)86頁
  906. ^ 重松(2007)132頁
  907. ^ 石澤(2004)84頁
  908. ^ 藤原正人編著『国民之友 第10巻』明治文献、1966年、293-294頁
  909. ^ a b 淺木(2003)39頁
  910. ^ 大久保・高橋(1999)303-304頁
  911. ^ 白羽(1995)79頁
  912. ^ 村田(1914)149頁、淺木(2003)42頁
  913. ^ 村上(2011)230-231頁
  914. ^ 星野(1947)89頁
  915. ^ 星野(1949)268頁
  916. ^ 村上(2011)246-248頁
  917. ^ 村田(1914)149-150頁
  918. ^ 有地(1971)99-101頁
  919. ^ 村田(1914)150頁
  920. ^ 広中(2020)14頁
  921. ^ 青山(1978)66頁
  922. ^ 星野(1943)137頁
  923. ^ 伊藤正己ほか(1966)198頁(野田)、潮見・利谷(1974)53頁(大久保)
  924. ^ a b 星野(1943)115頁
  925. ^ 高橋(1995)239頁
  926. ^ 穂積陳重(1919)338頁、江木(1927)217頁、岩田(1928)52頁、牧野(1944)18頁、伊藤正己ほか(1966)192頁(野田)、松本(1975)338頁、堅田(1993a)24頁、平井・村上(2007)8頁
  927. ^ 石澤理如「法典と慣習の「調和」梅謙次郎の法典観」『Asia Japan Jornal』9巻、国士舘大学、アジア・日本研究センター、2014年、16頁
  928. ^ 星野(1943)131-132、136頁
  929. ^ 杉山(1936)79、154頁、池田(2011)100頁
  930. ^ 福島(1953)878頁、重松(2007)126頁
  931. ^ 中川(2015)374-375頁
  932. ^ 有地(1971)120頁
  933. ^ 岩村ほか(1996)42頁、石澤(2004)77頁、谷(2010)263頁
  934. ^ 伊藤正己ほか(1966)192頁(野田)
  935. ^ a b 岩田(1928)43頁
  936. ^ 岩田(1943)26頁
  937. ^ 田中(1942)11頁、大久保・高橋(1999)9、14頁
  938. ^ 遠山(1951)81頁、依田(2004)39頁
  939. ^ 福島(1953)881頁
  940. ^ a b 岩田(1943)23頁
  941. ^ 星野(1943)112頁
  942. ^ 富井(1922)68-69頁
  943. ^ 星野(1943)142頁
  944. ^ 井上毅「法律ハ道理ニ対シテ不完全ナルノ説」『國家學會雜誌』4巻35号、國家學會事務所、1890年、8-10頁
  945. ^ 杉山(1936)86、165頁
  946. ^ 井ヶ田(1966)97頁
  947. ^ 我妻(1969a)85頁
  948. ^ 星野(1943)130頁、熊谷(1955)207頁
  949. ^ 我妻(1969a)82頁
  950. ^ 川島・利谷(1958)48頁(利谷)
  951. ^ 手塚(1991)275頁
  952. ^ 我妻(1969a)84頁
  953. ^ 秋山(1974)71頁、星野(1943)469-470頁
  954. ^ 大久保(1977)187頁
  955. ^ 星野(1943)518頁
  956. ^ 星野(1943)530頁、我妻(1969a)82頁
  957. ^ 手塚(1991)266頁
  958. ^ 我妻(1952)198頁
  959. ^ 我妻(1969a)156頁
  960. ^ a b c d e f 熊谷(1955)211頁
  961. ^ a b c 熊谷(1955)212頁
  962. ^ 梅(1902)152-154頁
  963. ^ 星野(1943)529-530頁
  964. ^ 中村(1956)167頁
  965. ^ 星野(2013)128頁
  966. ^ 谷口(1939)358頁
  967. ^ 星野(1943)415-416、469頁、熊谷(1955)173頁
  968. ^ 星野(1943)530頁、秋山(1974)74頁
  969. ^ a b 大久保(1977)175頁
  970. ^ a b 熊谷(1955)207頁
  971. ^ 村上(2003b)219、260頁
  972. ^ 星野(1943)517頁
  973. ^ a b 有地(1971)114頁
  974. ^ 熊谷(1955)173頁、星野(1943)469頁
  975. ^ 村上(2005)136頁
  976. ^ 秋山(1974)69頁
  977. ^ 村上(2009)332-333頁
  978. ^ 星野(1943)455頁
  979. ^ 星野(1943)469頁
  980. ^ 手塚(1991)329頁
  981. ^ 村上(2005)137頁
  982. ^ 我妻(1969a)81-82頁
  983. ^ 我妻(1969b)37頁
  984. ^ 田島・近藤(1942)322頁
  985. ^ 北村(2006)173頁
  986. ^ 平野(1948)38頁、星野(1943)470頁
  987. ^ a b c d 村上(2009)317頁
  988. ^ 村上(2009)333頁
  989. ^ 星野(1949)286頁、村上(2005)140頁
  990. ^ 星野(1949)295頁
  991. ^ 星野(1947)95頁
  992. ^ 青山(1978)68頁
  993. ^ 潮見・利谷(1974)30頁(大久保)
  994. ^ 谷口(1939)305、322頁
  995. ^ 秋山(1974)71頁
  996. ^ 中川ほか(1957b)138頁
  997. ^ 村上(2008)313頁
  998. ^ 木村健助『佛蘭西民法II 財産取得法3』有斐閣、1940年、75頁
  999. ^ a b 我妻(1956)48頁
  1000. ^ 栗原(2009)134-135頁
  1001. ^ 熊野・岸本(1890)18頁(岸本)
  1002. ^ 星野(1943)403頁
  1003. ^ 村上(2011)258頁
  1004. ^ 法学協会(1891)64-65頁
  1005. ^ 星野(1952)116-188頁
  1006. ^ 星野(1952)116-118頁
  1007. ^ 栗原(2009)133-134頁
  1008. ^ a b c d 川口(2015)412頁
  1009. ^ 有地(1971)107頁
  1010. ^ 有地(1971)103頁
  1011. ^ 仁井田(1943)14頁
  1012. ^ 原田(1981)167頁
  1013. ^ 星野(1943)111頁
  1014. ^ 原田(1981)168頁
  1015. ^ 星野(1943)473頁、大久保(1977)188頁
  1016. ^ a b 星野(1943)519頁
  1017. ^ 大久保(1977)188頁
  1018. ^ a b 星野(1943)474頁
  1019. ^ 星野(1943)520頁
  1020. ^ a b 星野(1943)531頁
  1021. ^ 池田(2011)217頁
  1022. ^ 岡(2014a)38頁
  1023. ^ 福島(1953)883頁、村上(2003a)252-253頁
  1024. ^ a b 福島(1953)879頁
  1025. ^ 法学協会(1891)39-41頁
  1026. ^ 歴史学研究会・日本史研究会(2005)146-149頁(水林彪
  1027. ^ 法学協会(1891)41頁
  1028. ^ a b 星野(1943)479頁
  1029. ^ 磯部(1913)163頁
  1030. ^ 小柳(1981)124-126頁
  1031. ^ 小柳(1981)124頁
  1032. ^ 星野(1943)129、478頁、熊谷(1955)206頁
  1033. ^ a b 大久保・高橋(1999)281頁
  1034. ^ 於保不二夫『獨逸民法III 物権法』有斐閣、1942年、212頁
  1035. ^ 岸上(1996)29頁
  1036. ^ 杉山(1936)165頁
  1037. ^ a b c 村上(2009)316頁
  1038. ^ 平野(1948)31頁
  1039. ^ a b 仁井田ほか(1938)17頁
  1040. ^ 星野(1943)458頁
  1041. ^ 杉山(1936)164頁、有地(1971)108頁
  1042. ^ 村上(2011)235頁
  1043. ^ 衆議院・参議院(1990)49頁
  1044. ^ 村上(2011)235-236頁(和田守)
  1045. ^ 杉山(1936)164頁
  1046. ^ 法学協会(1891)66-68頁
  1047. ^ 法学協会(1891)347頁
  1048. ^ 法学協会(1892)874頁
  1049. ^ 星野(1943)141頁
  1050. ^ 有地(1971)116頁
  1051. ^ 高田(1999)88頁
  1052. ^ 衆議院・参議院(1990)49頁
  1053. ^ 梅(1898)345頁
  1054. ^ 杉山(1936)161頁
  1055. ^ 内池慶四郎「時効の制度倫理と援用の問題(一)梅謙次郎とボアソナードを結ぶもの」『法學研究』61巻3号、慶應義塾大学、1988年、8頁
  1056. ^ 富井(1922)624頁
  1057. ^ 星野(1943)471頁、川角(2017)89頁
  1058. ^ 川角(2017)89頁、星野(1943)527頁
  1059. ^ 小柳(1981)119頁
  1060. ^ 星野(1943)470頁
  1061. ^ 村上(2005)141、144頁
  1062. ^ 村上(2003a)220頁
  1063. ^ 坂本(2004)68頁
  1064. ^ 星野(1943)129、472頁
  1065. ^ 田中(1942)28頁
  1066. ^ 村上(2010)236頁
  1067. ^ 北村(2006)9頁
  1068. ^ ポルタリス著、野田良之訳『民法典序説』日本評論社、1947年、94頁、星野英一(1998)148頁
  1069. ^ 岸上(1996)32頁
  1070. ^ 有地(1971)122頁、依田(2004)64頁
  1071. ^ 杉山(1936)159頁
  1072. ^ 重松(2007)133頁
  1073. ^ 有地(1971)121頁
  1074. ^ 谷(2010)270頁
  1075. ^ 村上(2009)305-306頁
  1076. ^ 村上(2003b)266頁
  1077. ^ 村上(2003a)224頁
  1078. ^ 杉山(1936)159-160頁(富井)
  1079. ^ 星野(1943)478-479頁
  1080. ^ 法学協会(1891)1039-1042頁、杉山(1936)162頁
  1081. ^ 星野(1943)456頁
  1082. ^ 法学協会(1891)49-54頁
  1083. ^ 栗原(2009)134頁
  1084. ^ 石井(1979)227頁
  1085. ^ 村上(2009)313頁
  1086. ^ a b 仁井田ほか(1938)25頁
  1087. ^ 谷(2010)272頁
  1088. ^ 高田(2009)308頁
  1089. ^ a b 星野(1943)434-435頁
  1090. ^ a b 杉山(1936)166頁
  1091. ^ a b 重松(2005)187頁
  1092. ^ 星野(1949)89、249頁
  1093. ^ 高田(2009)306頁
  1094. ^ 大久保(1977)156頁
  1095. ^ 大久保(1977)157頁
  1096. ^ 淺木(2003)24頁
  1097. ^ 岩田(1943)25頁
  1098. ^ 岩田(1943)23-24頁
  1099. ^ 村上(2003a)231頁
  1100. ^ a b c 有地(1971)101頁
  1101. ^ 中村(1956)161頁
  1102. ^ a b 中村(1956)160頁
  1103. ^ 谷(2010)267頁
  1104. ^ 熊谷(1955)214頁
  1105. ^ a b 星野(1943)144頁
  1106. ^ 大久保(1977)172頁
  1107. ^ 星野(1943)143、405、422頁
  1108. ^ 重松(2007)127頁
  1109. ^ 星野(2013)106頁
  1110. ^ 村上(2010)270頁
  1111. ^ 穂積陳重(1919)262-268頁
  1112. ^ 穂積陳重(1919)267頁
  1113. ^ 穂積陳重(1919)269頁
  1114. ^ 穂積陳重(1890)152頁
  1115. ^ リチャード・クロッグ著、高久暁訳『ケンブリッジ版世界各国史 ギリシャの歴史』創土社、2004年、58-63頁
  1116. ^ 穂積陳重(1890)153頁
  1117. ^ 潮見・利谷(1974)64頁(松尾敬一)
  1118. ^ 穂積陳重(1890)162頁
  1119. ^ 遠山(1951)57頁、福島(1953)880頁、松本(1975)323頁、石澤(2004)76頁、蓑輪(2009)65頁
  1120. ^ 中川・宮沢(1944)53頁、我妻(1969a)76頁、星野英一『民法=財産法』放送大学、1994年、29頁
  1121. ^ 星野英一『法学入門』放送大学、1995年、128頁
  1122. ^ 小野清一郎『日本法理の自覺的展開』有斐閣、1942年、7頁、坂本(2004)67頁、堅田剛『独逸法学の受容過程 加藤弘之・穂積陳重・牧野英一』御茶の水書房、2010年、108頁
  1123. ^ 穂積陳重(1919)352-353頁
  1124. ^ 岩田(1943)17-23頁
  1125. ^ 堅田(1993a)25、27頁
  1126. ^ 岩田(1943)28、44-48頁
  1127. ^ 仁井田(1943)24頁
  1128. ^ 星野(1943)143-144頁
  1129. ^ a b 白羽(1995)81頁
  1130. ^ 中川(2016)54-57頁
  1131. ^ 明治文化研究會編『明治文化全集 第十三巻 法律篇』日本評論社、1929年、36頁
  1132. ^ 池田(2011)48頁
  1133. ^ 法学協会(1892)963-964頁
  1134. ^ 遠山(1951)81頁
  1135. ^ 熊谷(1955)174-176頁
  1136. ^ 熊谷(1955)174頁
  1137. ^ 平野(1948)198-200頁
  1138. ^ 熊谷(1955)188頁
  1139. ^ 青山(1978)229頁
  1140. ^ 平野(1948)32、101頁
  1141. ^ 井ヶ田(1965)1、8頁
  1142. ^ 熊谷(1955)177頁
  1143. ^ 中川ほか(1957a)237-238頁(星野)
  1144. ^ 中川ほか(1957a)242頁(星野)
  1145. ^ 手塚(1991)230、246、280、323、338-339頁、依田(2004)50頁、村上(2008)268頁
  1146. ^ 河出(1938)203頁(玉城)
  1147. ^ 河出(1938)204頁(玉城)
  1148. ^ 手塚(1991)292、305、310頁
  1149. ^ 河出(1938)208頁(玉城)
  1150. ^ 我妻(1969a)96頁、我妻(1969b)314頁
  1151. ^ 道垣内(2017)588頁
  1152. ^ a b 笠原(1977)344頁
  1153. ^ 青山(1978)292頁
  1154. ^ 平野(1948)53頁
  1155. ^ 中川ほか(1957a)247頁(星野)
  1156. ^ 梅(1902)50、111頁
  1157. ^ 梅(1902)34-36、111頁
  1158. ^ 平野(1948)107頁
  1159. ^ 佐藤信ほか『詳説日本史研究』山川出版社、2017年、361頁
  1160. ^ 吉田(2000)16-17頁、向井啓二『体系的・網羅的 一冊で学ぶ日本の歴史』ペレ出版、2013年、360頁、詳説日本史図録編集委員会『詳説日本史図録』8版、山川出版社、2020年、233頁
  1161. ^ 星野(1949)269頁
  1162. ^ 青山(1978)277-282頁
  1163. ^ 我妻(1969a)140頁
  1164. ^ 我妻(1969a)40-41頁
  1165. ^ 潮見・利谷(1974)233頁(井ヶ田)
  1166. ^ 中田薫『徳川時代の文学に見えたる私法』岩波書店、1984年、195-197頁
  1167. ^ 我妻(1952)181頁
  1168. ^ 手塚(1991)320頁
  1169. ^ 平野(1948)182頁
  1170. ^ a b 手塚(1991)320-321頁
  1171. ^ 家永三郎『検定不合格日本史』三一書房、1974年、260頁
  1172. ^ 我妻(1969a)101-102頁
  1173. ^ a b 我妻(1969a)94頁
  1174. ^ 中村敏子(2021)125頁
  1175. ^ 中村(1956)250頁
  1176. ^ 我妻(1969b)37頁
  1177. ^ 熊谷(1955)181頁
  1178. ^ 手塚(1991)341-342頁
  1179. ^ 田中實「法典争議と福澤の立場 明治法史における福澤諭吉(一)」『法學研究』23巻8号、慶應義塾大学法学研究会、1950年、48頁
  1180. ^ 宮川(1962)274頁、玉城肇「福澤諭吉と明治民法」『福澤研究』 6号、福澤先生研究会、1951年
  1181. ^ 中村(1953)218頁
  1182. ^ 中村(1953)220頁
  1183. ^ 中村(1953)232、233頁、中村(1956)176頁
  1184. ^ 宮川(1962)269-271頁
  1185. ^ 中村(1956)140、219頁
  1186. ^ 中村(1953)223-228頁
  1187. ^ 中川ほか(1957a)237頁(星野)
  1188. ^ 中川ほか(1957a)234-246頁(星野)、星野(2013)3-8頁
  1189. ^ 中村(1956)150、273-288頁、手塚(1991)283-318、342頁
  1190. ^ 梅(1902)146頁
  1191. ^ 梅(1902)43頁
  1192. ^ 洞富雄『庶民家族の歴史像』校倉書房、1966年、175頁
  1193. ^ 野村育代『北条政子 尼将軍の時代』吉川弘文館、2000年、8頁
  1194. ^ a b 手塚(1991)287頁
  1195. ^ 中村(1956)296頁
  1196. ^ 酒井正敏『近代日本における対外硬運動の研究』東京大学出版会、1978年、34-55頁
  1197. ^ 潮見(1972)54、104頁
  1198. ^ 遠山(1951)56-87頁
  1199. ^ 熊谷(1955)196頁
  1200. ^ 熊谷(1955)182-192頁
  1201. ^ 川東(2019)424頁(村上一博・岩谷十郎)
  1202. ^ 青山道夫「民法典論争」『法学セミナー』10号、日本評論社、1957年、54頁
  1203. ^ 宮川(1962)287頁
  1204. ^ 池田(2011)101、48頁
  1205. ^ 川東(2019)420頁
  1206. ^ 諫山陽太郎『家・愛・姓 近代日本の家族思想』勁草書房、1994年、29-30頁、安達正勝『ナポレオンを作った女たち』集英社、2001年、92頁、君塚正臣編『高校から大学への法学』2版、法律文化社、2016年、77頁(佐々木くみ)
  1207. ^ 吉田(2000)16-20頁、岡(2014a)38頁、川角(2017)93頁
  1208. ^ 蓑輪(2009)64-65頁
  1209. ^ 道垣内(2017)589頁
  1210. ^ 服部弘司「書評 宮川澄著「日本民法典論争の社会、経済学的基礎について」(立教経済学研究第五巻一、二号、第六巻第一号)」『法制史研究』4号、法制史学会、1954年、291頁
  1211. ^ 中村(1956)263頁
  1212. ^ 熊谷(1955)203頁
  1213. ^ 手塚(1991)313頁
  1214. ^ 手塚(1991)292頁
  1215. ^ 熊谷(1955)201-203、219頁
  1216. ^ 歴史学研究会・日本史研究会(2005)136頁(水林彪)
  1217. ^ 仁井田ほか(1938)30頁、福島(1993)266頁
  1218. ^ 白羽(1995)はしがき、94-95頁
  1219. ^ 川角(2017)93、98頁
  1220. ^ 鵜飼ほか(1967)64頁(鈴木禄彌
  1221. ^ 平井・足立(2008)111-113頁
  1222. ^ 歴史学研究会・日本史研究会(2005)137頁(水林彪)
  1223. ^ 岩村ほか(1996)39頁(岩村)
  1224. ^ 福島(1953)880頁
  1225. ^ 明治維新史学会(2012)203-205頁
  1226. ^ 松本(1975)158、175-184、324、339頁
  1227. ^ 白羽(1995)69頁
  1228. ^ 中村敏子(2012)120-122頁
  1229. ^ 高田(2013)201頁
  1230. ^ 高田(2008)73頁
  1231. ^ 牧野(1935)117頁
  1232. ^ 牧野(1935)119、117頁
  1233. ^ 西原春夫「刑法制定史にあらわれた明治維新の性格 日本法の近代化におよぼした外国法の影響・裏面からの考察」『比較法学』3巻1号、早稲田大学比較法研究所、1967年、54、84、87頁
  1234. ^ 牧野(1935)116頁
  1235. ^ 福島(1953)334頁
  1236. ^ 北村(2006)21-22頁
  1237. ^ 田中(1942)10頁
  1238. ^ 仁井田ほか(1938)27-28頁
  1239. ^ a b 福島(1953)1127頁
  1240. ^ 仁井田ほか(1938)17-18頁
  1241. ^ 七戸(2007)102頁、中川(2016)52-53頁
  1242. ^ 仁井田ほか(1938)20頁
  1243. ^ 星野(1947)84頁
  1244. ^ 小早川(1944)313頁
  1245. ^ 七戸(2007)102頁
  1246. ^ 高田晴仁・西原慎治「岡野敬次郎博士・田部芳博士の略年譜および主要著作」『法律時報』71巻7号、日本評論社、1999年、16頁
  1247. ^ a b 七戸(2009)43頁
  1248. ^ 梅(1896)338頁
  1249. ^ 高橋(1995)260頁(金子)
  1250. ^ a b 岩谷ほか(2014)87頁
  1251. ^ 栗生(1928)41-42頁
  1252. ^ 田島・近藤(1942)81頁
  1253. ^ 田島・近藤(1942)78頁
  1254. ^ 穂積陳重(1919)358頁
  1255. ^ 富井(1922)169頁
  1256. ^ a b 田島・近藤(1942)3頁
  1257. ^ 我妻(1969b)229頁
  1258. ^ 河出(1938)353頁(中川)
  1259. ^ a b 有地(1971)112頁
  1260. ^ 潮見・利谷(1974)67頁
  1261. ^ 岩谷ほか(2014)87頁、川口(2015)412頁
  1262. ^ 小柳(1981)118頁
  1263. ^ 星野(1943)170頁
  1264. ^ 内田貴『法学の登場 近代日本にとって「法」とは何であったか』筑摩書房、2018年、173頁
  1265. ^ 利谷(1985)27頁、岩谷ほか(2014)87頁、川口(2015)412頁
  1266. ^ 星野(1943)201頁
  1267. ^ 岡(2014b)32頁
  1268. ^ 梅(1896b)669頁以下、佐野智也『立法沿革研究の新段階』信山社、2016年、101頁
  1269. ^ 仁井田ほか(1938)22、24頁、杉山(1936)44頁(松波)
  1270. ^ 仁井田ほか(1938)24-25頁
  1271. ^ 梅(1896b)679頁
  1272. ^ 谷口(1939)17、21頁
  1273. ^ 平野(1924)10-20頁
  1274. ^ 潮見・利谷(1974)342頁(潮見)
  1275. ^ 伊藤正己ほか(1966)192頁(野田)、有地(1971)118頁、白羽(1995)68頁、岸上(1996)32頁、近江(2005)6-7頁
  1276. ^ 潮見・利谷(1974)292頁(鈴木禄彌)、五十嵐(2015)231頁、瀬川信久「梅・富井の民法解釈方法論と法思想」『北大法学論集』41巻5・6号、北海道大学法学部、1991年、423頁
  1277. ^ 小風(2004)12-17頁
  1278. ^ 小風(2004)70頁
  1279. ^ 山室(1984)13-18、35頁
  1280. ^ 潮見・利谷(1974)308頁(利谷)
  1281. ^ a b 仁井田ほか(1938)23頁
  1282. ^ 星野英一『民法論集第1巻』有斐閣、1970年、89頁
  1283. ^ 杉山(1936)96頁、池田(2011)97頁
  1284. ^ 大久保・高橋(1999)1頁
  1285. ^ 伊藤正己ほか(1966)276頁
  1286. ^ 山口弘一『親族法及國際親族法の研究』巖松堂書店、1943年、7-9頁
  1287. ^ 青山(1978)40、46頁
  1288. ^ 柴桂子『江戸時代の女たち』評論新社、1969年、212、222頁
  1289. ^ 中村敏子(2012)94-101頁
  1290. ^ 平野(1948)119頁
  1291. ^ 富井(1922)326頁
  1292. ^ 福島(1993)237頁
  1293. ^ 利谷(1985)80頁
  1294. ^ 梅(1898)349頁
  1295. ^ 原田(1981)23頁
  1296. ^ 川口(2015)421、428頁
  1297. ^ 平野(1924)28-29頁
  1298. ^ 星野(1943)187頁
  1299. ^ 川口(2015)413頁
  1300. ^ 仁井田(1943)13頁
  1301. ^ 米倉明「債権譲渡禁止特約の効力に関する一疑問(一)」『北大法学論集』22巻3号、北海道大学法学部、1973年、379、381頁
  1302. ^ 前田達明『民法随筆』成文堂、1989年、105-108頁
  1303. ^ a b 川口(2015)420頁
  1304. ^ 鵜飼ほか(1967)64頁
  1305. ^ 鵜飼ほか(1967)58頁
  1306. ^ 岡(2014b)28-30頁
  1307. ^ 鵜飼ほか(1967)62頁
  1308. ^ 川口(2015)425頁
  1309. ^ 牧野(1935)146頁
  1310. ^ 浅古ほか(2010)314頁
  1311. ^ 水本・平井(1997)347頁、堅田(1993b)31頁
  1312. ^ 小柳(1981)125、135頁
  1313. ^ 福島(1993)248、255頁
  1314. ^ 平野(1948)62頁
  1315. ^ 牧野(1935)106頁
  1316. ^ 牧野(1935)108、146頁
  1317. ^ 岩谷ほか(2014)55頁
  1318. ^ 日本土地法学会編『ヨーロッパ・近代日本の』所有権観念と土地公有論』有斐閣、1985年、91-94頁
  1319. ^ 岩田(1943)71-72頁、有地(1971)107-114頁、宇野(2007)61、89頁
  1320. ^ 栗原(2009)92頁
  1321. ^ 宇野(2007)62頁
  1322. ^ a b 仁井田(1943)10頁
  1323. ^ 岩田(1943)39頁
  1324. ^ 利谷(1985)26頁
  1325. ^ 岩田(1943)72頁、栗原(2009)90頁
  1326. ^ 福島(1993)269頁
  1327. ^ 我妻(1969a)93頁
  1328. ^ 穂積重遠(1933)322頁
  1329. ^ 奥田(1898)196頁
  1330. ^ 中村敏子(2012)118頁
  1331. ^ 田中彰ほか『日本史A 現代からの歴史』東京書籍、2008年、82-83頁
  1332. ^ 中川ほか(1957b)165頁(手塚)、平田厚「わが国における親権概念の成立と変遷」『明治大学法科大学院論集 第4巻』明治大学法科大学院、2008年、110頁
  1333. ^ 手塚(1991)210-211頁
  1334. ^ 我妻(1969b)205頁
  1335. ^ 中村(1956)243頁
  1336. ^ 梅(1902)152、154頁
  1337. ^ 栗生(1928)98、231、358-370頁
  1338. ^ 谷口(1939)280頁
  1339. ^ 我妻(1952)5頁
  1340. ^ 熊谷(1955)187頁
  1341. ^ 我妻(1969a)90頁
  1342. ^ 谷口(1939)131頁
  1343. ^ 中川・宮沢(1944)106頁
  1344. ^ 伊藤昌司『相続法』有斐閣、2002年、16-17頁
  1345. ^ 近藤英吉『獨逸民法V 相続法』有斐閣、1942年、6頁
  1346. ^ 仁井田ほか(1938)26頁、星野(1943)191-193頁
  1347. ^ a b 熊谷(1955)221頁
  1348. ^ 大久保・高橋(1999)509頁
  1349. ^ a b 淺木(2003)53頁
  1350. ^ 岩田(1943)37-41頁
  1351. ^ 牧野(1949)60頁
  1352. ^ 福島(1993)252、269頁
  1353. ^ 我妻(1956)20頁
  1354. ^ 井ヶ田ほか(1982)163頁
  1355. ^ 淺木(2003)41頁
  1356. ^ 熊谷開作「商法典論争史と大阪商法会議所」宮本又次編『大阪の研究』清文堂、1967年、117、125頁
  1357. ^ 堅田(2014)24頁
  1358. ^ 志田(1933)53頁
  1359. ^ 淺木(2003)54-55頁
  1360. ^ 淺木(2003)56頁
  1361. ^ 大久保(1974)152頁
  1362. ^ 大久保(1977)5-6、153、195頁
  1363. ^ 大久保(1977)207頁
  1364. ^ 我妻(1969a)43、74頁
  1365. ^ 熊谷(1955)222頁
  1366. ^ 福島(1953)1134頁
  1367. ^ 大河純夫「外国人の私権と梅謙次郎(一)」『立命館法学』253号、立命館大学法学会、1997年、26頁以下
  1368. ^ 谷口(1939)38頁
  1369. ^ 熊谷(1955)222、223頁
  1370. ^ 熊谷(1955)223-225頁
  1371. ^ 熊谷(1955)224頁
  1372. ^ 七戸克彦「現行民法典を創った人びと(2)総裁・副総裁 2 : 松方正義・清浦奎吾・曾禰荒助」『法学セミナー』第54巻第6号、日本評論社、2009年6月、 78-80頁、 ISSN 04393295NAID 120001730649
  1373. ^ a b 有地(1971)113頁
  1374. ^ 沼(1964)161-163頁
  1375. ^ 我妻(1969a)87、178頁
  1376. ^ 岩田(1943)23、58、193頁
  1377. ^ 川口(2015)419頁
  1378. ^ 藤田(1978)55頁
  1379. ^ 我妻(1969a)103、178頁
  1380. ^ a b 福島(1993)247頁
  1381. ^ 潮見・利谷(1974)109-110頁(長尾)
  1382. ^ 潮見・利谷(1974)111-112頁(長尾)
  1383. ^ 我妻(1969a)179頁
  1384. ^ 我妻(1969a)179、158頁
  1385. ^ 伊藤正己ほか(1966)278頁
  1386. ^ 川島・利谷(1958)17頁
  1387. ^ 我妻(1969a)60-62頁
  1388. ^ 我妻(1969a)112-116、138-180頁
  1389. ^ 川島・利谷(1958)16頁(川島)
  1390. ^ 我妻(1969a)42頁
  1391. ^ 我妻(1956)36頁
  1392. ^ 福島(1993)271頁
  1393. ^ 潮見・利谷(1974)324-326頁
  1394. ^ 我妻(1956)12頁
  1395. ^ 潮見・利谷(1974)262頁(所一彦
  1396. ^ 北村(2006)75頁
  1397. ^ 我妻(1952)188頁、牧野英一『家族生活の尊重』有斐閣、1954年、2-30頁
  1398. ^ 我妻(1956)42頁
  1399. ^ 我妻(1969b)54頁
  1400. ^ 我妻(1956)198頁






民法典論争と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

民法典論争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



民法典論争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの民法典論争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS