外務省とは? わかりやすく解説

がいむ‐しょう〔グワイムシヤウ〕【外務省】


外務省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/03 19:43 UTC 版)

外務省(がいむしょう、英語: Ministry of Foreign Affairs、略称: MOFA)は、日本行政機関のひとつ[4]。日本の外交を所管する[注釈 1]


注釈

  1. ^ 平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」(外務省設置法第3条)
  2. ^ 外務省組織令の一部を改正する政令(平成30年政令第193号)による改正。
  3. ^ 外務省組織令の一部を改正する政令(令和2年政令第232号)、外務省組織規則の一部を改正する省令令(令和2年外務省令第10号)による改正。
  4. ^ 財務省の前身(改編改称前)の大蔵省も外務省と同時期の1869年に設置された[35]
  5. ^ もう一つの“改称せずに今まで来た”省だった大蔵省は2001年(平成13年)に「財務省」と改称された[要出典]
  6. ^ 総務課には外交史料の編さんを行う外務省外交史料館(東京都港区)が置かれている。
  7. ^ 国の予算を所管するすべての機関である。なお人事院は予算所管では内閣に属するのでここにはない。
  8. ^ たとえば、満鉄満洲の地で、戦略物資として欠くべからず鉄鉱石から電気電力、車や航空機までの工業製品に加え、大豆や小麦の生産力向上を図っていた。特に大豆は、1920年代半ば(昭和初頭)から世界的に需要が激増し、満鉄により品種改良や新種開発を重ねた「満洲大豆」を抱える満洲国は、大豆の穀倉地帯として世界最大の輸出国になり、飛躍的に経済規模が拡大していた。しかし、のちのABCD包囲網にみるように、米国に頼っていた小麦や大豆生産に必須の化学肥料リンリン酸)などを石油などと共に禁輸対象にされた。第二次世界大戦後、米国が大豆の世界最大の輸出国になった(満洲国の経済満洲産業開発五カ年計画#同計画の具体的内容ダイズ#生産を参照)。
  9. ^ 法眼晋作元外務次官の長男で、弟に法眼健作元国連事務次長がいる。日比谷高校時代の同級生で外務省入省後輩にあたる加藤紘一らが言うには「ソ連担当だった法眼俊作はハニートラップに引っ掛かりスイスで自殺した」とのこと[54]
  10. ^ なお当時の駐在大使は、福岡大学体育学部から青年海外協力隊員を経て外務省に入省した冨永純正だった。
  11. ^ 霞ヶ関」の薬物事件は、2018年11月に起きた外務省の同件、2019年5月8日の経済産業省経済産業省#不祥事など参照)、同年5月28日の文部科学省文部科学省#不祥事や疑惑など参照)と3例続いた[58]
  12. ^ 1999年・2001年・2004年に、事務官職員による痴漢や盗撮等の事件があった[59]

出典

  1. ^ 我が国の統治機構 内閣官房 2022年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 行政機関職員定員令(昭和44年5月16日政令第121号)(最終改正、令和4年3月25日政令第92号) - e-Gov法令検索
  3. ^ a b c 令和4年度一般会計予算 (PDF) 財務省
  4. ^ 外務省の意味 goo辞書 2021年3月27日閲覧。
  5. ^ 外交専門誌「外交」 外務省
  6. ^ 外務省百年史編纂委員会編 1969a, p. 3.
  7. ^ 外務省百年史編纂委員会編 1969a, p. 4.
  8. ^ 外務省百年史編纂委員会編 1969a, p. 5.
  9. ^ 外務省百年史編纂委員会編 1969a, p. 6.
  10. ^ a b 外務省百年史編纂委員会編 1969a, pp. 8–11.
  11. ^ 大蔵省財政金融研究所財政史室編 1998, pp. 7–8.
  12. ^ a b c 外務省百年史編纂委員会編 1969a, pp. 11–19.
  13. ^ 島 2007, p. 27.
  14. ^ a b c d 外務省百年史編纂委員会編 1969a, pp. 22–23.
  15. ^ a b c d e 外務省百年史編纂委員会編 1969a, pp. 25–27.
  16. ^ 外務省百年史編纂委員会編 1969a, p. 11.
  17. ^ a b c 外務省百年史編纂委員会編 1969a, pp. 27–29.
  18. ^ a b 外務省百年史編纂委員会編 1969a, pp. 28–39.
  19. ^ 牧原 2008, p. 80.
  20. ^ アジア歴史資料センター B03040681700
  21. ^ 米国共産党調書 検索結果一覧 - 国立公文書館 アジア歴史資料センター
  22. ^ 日米対立でアジア共産化、外務省の情報生かされず - 産経ニュース
  23. ^ 日本版「ヴェノナ文書」が明らかにした戦前の日本外務省のインテリジェンス能力
  24. ^ 江崎道朗『日本の外務省はソ連の対米工作を知っていた』P68~71、育鵬社、2020年
  25. ^ 対日最後通牒ハル・ノートの原案を作成した元米国財務次官補 日本戦略研究フォーラム(JFSS)
  26. ^ 真珠湾攻撃77年目の真実 ルーズベルトは知っていた!? ~日米ソの壮絶”スパイ戦争 ザ・スクープスペシャル 終戦企画 2018年8月12日(日)午後1時55分~3時20分放送(一部地域を除く) テレビ朝日 ザ・スクープ
  27. ^ 第154回国会 予算委員会 第22号 2002年(平成14年)3月11日
  28. ^ 議員の依頼資料を極秘報告 国立図書館出向の外務官僚共同通信、2011年2月19日。
  29. ^ 国会図書館スパイ問題 真相の徹底糾明を 市田書記局長 証人喚問を要求 しんぶん赤旗 2011年2月22日
  30. ^ 国会図書館への出向者 20年余で7人送る 外務省 幹部職員切れ目なく しんぶん赤旗 2011年2月22日
  31. ^ 読売新聞2012年1月19日13S版4面、外相の定例記者会見に英語同時通訳
  32. ^ 外務省HP >会見・発表・広報 > 報道発表 > アジア大洋州局の組織改編
  33. ^ 報道発表 > 経済局、国際法局及び総合外交政策局の組織改編等”. 外務省 (2020年7月31日). 2020-08-037閲覧。
  34. ^ 外務省、“ほぼ”FAX廃止→原則メールに 企業では意外と現役?” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン. 2022年6月23日閲覧。
  35. ^ 金関, 義則 (Kaneseki, Yoshinori) (1978). 日本科学技術史大系: 土木技術. 16. 日本科学史学会. 第一法規出版株式会社. p. 16. ISBN 4-474-15016-3. //books.google.co.jp/books?id=Ps8VAAAAMAAJ. "1869 年 8 月 15 日(明治二年七月八日)八官を廃してニ官(神祇官,太政官) ,六省(民部省,大蔵省,兵部省,刑部省,宮内省,外務省)を設けた。"  ISBN 978-4-474-15016-4
  36. ^ 鈴木淳『維新の構想と展開』(講談社、2002年)54頁
  37. ^ a b c 「その他」『外務省: 外交史料 Q&A その他』外務省。
  38. ^ 幹部名簿 令和4年8月1日 外務省
  39. ^ 独立行政法人一覧(令和4年4月1日現在) (PDF)”. 総務省. 2022年12月7日閲覧。
  40. ^ 所管府省別特殊法人一覧(令和4年4月1日現在) (PDF)”. 総務省. 2022年12月7日閲覧。
  41. ^ 特別の法律により設立される民間法人一覧(令和4年4月1日現在:34法人) (PDF)”. 総務省. 2022年12月7日閲覧。
  42. ^ 一般職国家公務員在職状況統計表 (PDF) (令和4年7月1日現在)
  43. ^ 令和3年度 年次報告書(公務員白書) 「第1編第3部第6章:職員団体 - 資料6-2;職員団体の登録状況。2022年3月31日現在。 (PDF)
  44. ^ 原田久「公務員労働組合の機能」『最新 : 公務員制度改革』 学陽書房、2012年1月。
  45. ^ 外務省出身で元公明党議員遠藤乙彦が、信仰を共通にする人たちのいわば「懇親の場」があることを述べている( 第129回国会 予算委員会 第2号 平成6年(1994年)2月21日)。
  46. ^ a b c d 朝日新聞出版『大学ランキング2019年版』95頁 「公務員試験合格」 2018年4月30日発行
  47. ^ a b 朝日新聞出版『大学ランキング2017年版』55頁 「公務員試験合格」 2016年4月25日発行
  48. ^ a b 朝日新聞出版『大学ランキング2018年版』83頁 「公務員試験合格」 2017年4月30日発行
  49. ^ 朝日新聞出版『大学ランキング2020年版』77頁 「公務員試験合格」 2019年4月30日発行
  50. ^ a b 朝日新聞出版『大学ランキング2021年版』77頁 「公務員試験合格」 2020年4月25日発行
  51. ^ 朝日新聞出版『大学ランキング2022年版』75頁 「公務員試験合格」 2021年4月30日発行
  52. ^ 朝日新聞出版『大学ランキング2019年版』77頁 「公務員試験合格」 2019年4月30日発行
  53. ^ 官庁営繕 : 外務省庁舎 国土交通省、2012年8月7日閲覧。
  54. ^ 蒟蒻問答 (第129回) トランプはプーチンに○○○○握られたな (笑)堤堯久保紘之 月刊Hanada2017年3月号 p.104、
    「小説 東大法学部」 大下英治 角川文庫 1989年
  55. ^ “中国におけるODA事業の終了について”. 国際協力機構(JICA). (2022年3月31日). https://www.jica.go.jp/press/2021/20220331_02.html 
  56. ^ “日本のODA、歴史に幕 中国 グローバルウオッチ”. 日本経済新聞. (2022年1月12日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO79130030S2A110C2EAC000/ 
    “日本の対中ODA終了 協力縮小でパイプ細る懸念”. 神戸新聞. (2022年3月31日). https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/primenews/202203/sp/0015180113.shtml 
    高田正幸 (2022年3月31日). “対中ODAが今月末で終了 「日本の支援、中国で知られず」批判も”. 朝日新聞. オリジナルの2022年3月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220331075846/https://www.asahi.com/articles/ASQ3Y6X5YQ3YUHBI028.html 
  57. ^ 記者会見 越川官房長会見記録”. 外務省 (2013年12月2日15時01分). 2021年2月15日閲覧。
  58. ^ 外務省課長補佐を逮捕 歌舞伎町で覚醒剤所持疑い”. 産経新聞 (2018年11月26日). 2021年2月15日閲覧。
  59. ^ 第171回国会 質問本文情報 平成二十一年一月二十三日提出 質問第五四号 痴漢や盗撮行為により逮捕された外務省職員が在職し続けることの是非等に関する再質問主意書 提出者 鈴木宗男”. 衆議院 (2009年1月23日). 2023年2月3日閲覧。



外務省

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 00:39 UTC 版)

名詞

外務  (がいむしょう)

  1. 外交担当する中央官庁

発音(?)

関連語


「外務省」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外務省」の関連用語

外務省のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外務省のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外務省 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの外務省 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS