瀬取りとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > 瀬取りの意味・解説 

瀬取り

読み方: せどり
【英】: ship-to-ship transfer

タンカー互いに接舷せつげん}して積荷移し替える作業を瀬取りという。
近年急速に進んだタンカー大型化に比べて油受入港にある施設拡張が間に合わなかったり、または地形的に拡張余地がない場合などに大型タンカー沖合まで運び中・小タンカーに積み替え目的地まで輸送したり、これとは逆に大型タンカー入港できない油積出港において、中・小タンカーで積出港沖合まで運び大型タンカーに積み替え目的地輸送することがある。あるいは座礁したタンカーから小型タンカー移し替え離礁させる場合など、瀬取りの目的は多い。最近は油タンカーだけではなくLPGLNG などの液化ガス化学製品などいろいろな瀬取りも行われている。瀬取り作業が安全に行われるために ICS/OCIMF では ship-to-ship transfer guide石油編および液化ガス編)を発行し、瀬取り作業設備など全般について本指針に従うよう勧告している。瀬取り作業に際して最も注意を払うべき点は接舷の際の衝突事故防止であり、瀬取りの行われる海域広さ気象海象曳船えいせん利用可否などの諸条件勘案して、両船が互いに低速力で並走航行しながら一方徐々に接近して接げんする方法か、または一方錨泊びょうはく}し、他方曳船などの援助接舷する方法いずれか採用される。接舷の際、両船間衝突エネルギー吸収するとともに瀬取り中、動揺などによる両船の船体接触事故防止するため大型空気フェンダーどちらかの船に事前に取り付けておく。移送作業は両船の中央部の甲板パイプラインにラバーホースを接続して行われる

瀬取り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/05 14:19 UTC 版)

瀬取り(せどり、: Ship-to-ship cargo transfer)とは、洋上においてから船へ船荷を積み替えることを言う[1]。一般的には親船から小船へ移動の形で行われる[2]


  1. ^ 船舶事故調査報告書 (PDF)”. 運輸安全委員会. p. 9 (2010年3月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ 物流用語説明 (PDF)”. 一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会 - JASTPRO. p. 4. 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ 北朝鮮に関する関係国外相会合”. 外務省 (2018年1月16日). 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 潁原退蔵 『江戶時代語辞典』 角川学芸出版2008年11月29日、672頁。ISBN 4046219629https://books.google.co.jp/books?hl=ja&id=dy0QAQAAMAAJ&dq=%22%E7%80%AC%E5%8F%96%E3%82%8A%22&focus=searchwithinvolume&q=%22%E7%80%AC%E5%8F%96%E3%82%8A%22 
  5. ^ 二宮麻里「江戸期から昭和初期(1657年-1931年)の灘酒造家と東京酒問屋との取引関係の変化 (PDF) 」 、『福岡大学商学論叢』第57巻1-2、福岡大学研究推進部、2012年9月、 55頁、 ISSN 0285-27802018年3月9日閲覧。
  6. ^ “海上で大量に覚醒剤受け渡し 瀬取りが復活したウラ事情”. 東スポ. (2017年9月5日). https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/754908/ 2018年4月28日閲覧。 
  7. ^ “ニュース|ウェークアップ!ぷらす”. 讀賣テレビ放送. (2018年2月10日). http://www.ytv.co.jp/wakeup/news.php?d=20180210&n=2 2018年2月15日閲覧。 
  8. ^ “東シナ海:北朝鮮船籍タンカーが瀬取りか 制裁逃れの疑い”. 毎日新聞. (2018年2月14日). https://mainichi.jp/articles/20180215/k00/00m/030/187000c 2018年2月15日閲覧。 
  9. ^ 北朝鮮関連船舶による違法な洋上での物資の積替えの疑い”. 外務省 (2018年4月28日). 2018年5月1日閲覧。
  10. ^ 韓国船、「瀬取り」関与か=北朝鮮密輸で調査要請-日本政府”. 共同通信 (2018年5月13日). 2018年5月15日閲覧。
  11. ^ 韓国船瀬取り関与か 東シナ海 北朝鮮船に横付け”. 2018年7月20日閲覧。
  12. ^ 韓国政府「瀬取りではない」と連絡 河野外相は「制裁回避の動きに断固対応”. 2018年7月20日閲覧。
  13. ^ <穴のあいた対北朝鮮制裁>「北石炭韓国搬入幇助」の疑い... 米、文政府に事実上の警告
  14. ^ 北の石油製品「瀬取り」、1-5月までに89回”. 2018年7月20日閲覧。
  15. ^ 北朝鮮船籍タンカー「Rye Song Gang 1号」とドミニカ国船籍タンカー「Yuk Tung号」による洋上での物資の積替えの疑い(平成30年1月20日)”. 外務省 (2018年1月24日). 2018年5月1日閲覧。
  16. ^ 北朝鮮、瀬取り89回と米国連代表部”. 共同通信 (2018年7月13日). 2018年7月13日閲覧。
  17. ^ 東シナ海 北朝鮮船籍タンカーが瀬取りか 制裁逃れの疑い”. 毎日新聞 (2018年2月14日). 2018年4月28日閲覧。
  18. ^ 北朝鮮船籍タンカー「Rye Song Gang 1号」とドミニカ国船籍タンカー「Yuk Tung号」による洋上での物資の積替えの疑い(平成30年1月20日)”. 外務省 (2018年1月24日). 2018年5月1日閲覧。
  19. ^ 東シナ海 北朝鮮船籍タンカーが瀬取りか 制裁逃れの疑い”. 毎日新聞 (2018年2月14日). 2018年4月28日閲覧。
  20. ^ 北朝鮮船籍タンカー「Rye Song Gang 1号」とベリーズ船籍タンカー「Wan Heng 11号」による洋上での物資の積替えの疑い(平成30年2月13日)”. 外務省 (2018年2月14日). 2018年5月1日閲覧。
  21. ^ 北朝鮮タンカーの「瀬取り」、日本政府が写真公開”. 東亜日報(大韓民国) (2018年2月22日). 2018年4月28日閲覧。
  22. ^ 北朝鮮船が東シナ海で「瀬取り」の疑い、日本が4例目を公表”. ロイター (2018年2月27日). 2018年4月28日閲覧。
  23. ^ 北朝鮮、中国船と「瀬取り」か 日本政府が国連安保理に通報”. 産経新聞 (2018年5月29日). 2018年5月30日閲覧。
  24. ^ 北朝鮮船籍タンカーによる違法な洋上での物資の積替えの疑い”. 外務省 (2018年6月1日). 2018年6月2日閲覧。
  25. ^ 「瀬取り」に対する関係国による警戒監視活動”. 防衛省 (2018年2月28日). 2018年4月28日閲覧。


「瀬取り」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「瀬取り」の関連用語

瀬取りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



瀬取りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2018 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瀬取り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS