大型化とは? わかりやすく解説

大型化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 15:08 UTC 版)

ルノー・カングー」の記事における「大型化」の解説

カングー1において、4から5人乗車の場合は空間のゆとりが少なくなるため、室内空間拡大ユーザーから要望されていたことや、後発ライバル車種が満たしていた欧州規格1200×800mmのパレット積載できない欠点克服するため、居住性積載性・衝突安全性などの向上を目的として、横幅中心に大型化されたほか、各種装備内容向上したこれに伴いプラットフォーム2代目クリオベースのものからメガーヌと同じCプラットフォーム変更された。これらの影響で価格上がった地域もあり、多くの市場ではしばらくの間カングー1」が併売される予定である2代目から車名の文字体が小文字の「Kangoo」から一部大文字の「KanGoo」に変更され今回モデルチェンジを機にホイール4穴からPCD108の5穴変更されている。

※この「大型化」の解説は、「ルノー・カングー」の解説の一部です。
「大型化」を含む「ルノー・カングー」の記事については、「ルノー・カングー」の概要を参照ください。


大型化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:32 UTC 版)

タワーレコード」の記事における「大型化」の解説

その後サクラメント市内の別の場所に店舗移し音楽好きなソロモンかねてから企画していた、スーパーマーケット形式店舗に、新譜含めた様々なジャンルレコード大量に揃えるという、これまでになかった営業形態店舗開いたこの際店舗名を「タワーレコード」に改称したこの際新たにデザインされた、現在も世界中で使用されている黄色に赤字ロゴは、ビルボード意識しているシェル石油カラーリングヒントを得ている。 新たな業態店舗好評得た上に1950年代から1960年代にかけての、ベビーブーマー世代による消費の向上や安価なポータブルレコードプレーヤーの普及と、チェリーボーイズビートルズビーチボーイズなど、これらの世代高い人気を持つアーティスト登場などの後押しを受け、瞬く間に業績拡大していく。

※この「大型化」の解説は、「タワーレコード」の解説の一部です。
「大型化」を含む「タワーレコード」の記事については、「タワーレコード」の概要を参照ください。


大型化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 09:26 UTC 版)

有機エレクトロルミネッセンス」の記事における「大型化」の解説

大型化するとドット落ち全体均質化などの問題により、歩留まり悪化するまた、大型化で課題の多いパッシブ駆動避けてアクティブ駆動採用するためには多数製造技術大きな設備投資必要になる液晶の大型化と同様着実な不良原因の解析対策必要になると思われる発光層の膜厚TFT薄膜デバイスより薄いため、パーティクル削減重要な課題1つである。現在はアクティブ駆動バックプレーンとして低温多結晶シリコンポリシリコンLTPSとも言われる)が製品として用いられているが、低コスト化大画面化のためにアモルファスシリコン微結晶シリコン等の代替技術用いた方法提唱されている。2011年現在酸化物半導体IGZOなど)を用いたTFT採用期待されている。2013年販売開始したLG大型有機ELテレビでは酸化物半導体バックプレーン白色有機ELカラーフィルター方式採用し歩留まり改善低コスト化実現している。対すサムスンでは同じく2013年に、LTPSFMMメタルマスク)によるRGB塗り分け方式を採用した大型テレビ発売するものの、歩留まりなどの問題をなかなか改善できず、2014年現在販売凍結している。 画面の大型化に伴って画素サイズ大きくなる肉眼単独の画素見えてしまうという問題解決のために、さらに800万画素(4,096×2,160程度高解像度求められるようになっているこれによって、各画素与えられる駆動時間減少RC抵抗容量成分)による信号立ち上がり遅延新たな解決すべき課題となっている。 また大型化に伴う欠陥増加回避するために、白発光+カラーフィルタ法が大型テレビ製品には使われている。カラーフィルタ光吸収による消費電力増加色再現減少解決するために、高視感度スペクトルを持つOLED素子画像統計考慮入れた設計によって100%NTSC色再現低消費電力実現する方法提案され主流となっている。

※この「大型化」の解説は、「有機エレクトロルミネッセンス」の解説の一部です。
「大型化」を含む「有機エレクトロルミネッセンス」の記事については、「有機エレクトロルミネッセンス」の概要を参照ください。


大型化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 07:15 UTC 版)

プラズマディスプレイ」の記事における「大型化」の解説

技術展示会などにおけるプラズマディスプレイの大型化競争サムスン電子LG電子が主に争っていたが、松下電器産業(現パナソニック)が2006年CES世界最大となる103V型を発表しこの競争参戦した実際にコンシューマー向け発売されディスプレイとしては2006年から2010年発売されパナソニックの103V型テレビ最大であった。パナソニック2008年1月7日には世界最大150インチプラズマテレビ発表したが、2010年5月以降とされた発売時期にはプラズマ市場衰退していたため世に出ることはなく、製造担当するはずだった尼崎工場閉鎖された2009年篠田プラズマ3m×2m大のプラズマ・チューブ・アレイを試作し公開した画素ピッチ3.2mm×2.75mmのものが960×720並び消費電力平均800W、最大で1,200Wとなる。しかし富士通プラズマ部門独立して設立され同社技術日の目を見ることなく2013年11月19日事業停止した

※この「大型化」の解説は、「プラズマディスプレイ」の解説の一部です。
「大型化」を含む「プラズマディスプレイ」の記事については、「プラズマディスプレイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大型化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「大型化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大型化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大型化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルノー・カングー (改訂履歴)、タワーレコード (改訂履歴)、有機エレクトロルミネッセンス (改訂履歴)、プラズマディスプレイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS