2代目とは? わかりやすく解説

2代目(2011年-現在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/08 23:15 UTC 版)

シボレー・コバルト」の記事における「2代目(2011年-現在)」の解説

2011年6月17日、ブエノスアイレスモーターショーにコンセプトとして出展され同年11月4日市販モデル発表されたGM・ド・ブラジルが開発した小型セダンで、南米欧州中東アフリカ40カ国販売予定している世界戦略車でもある。 アベオ/ソニックと同じGMガンマIIプラットフォーム採用し、アベオ/ソニッククルーズ中間のサイズとなる。トランクスペースは563リットル容量を誇る。 エンジンは1.3L〜1.8Lの範囲設定されるが、ブラジル向けには2種類フレックス燃料エンジン用意される。1.4L SOHC 8Vはエタノール走行時で75kw (101hp)、ガソリン走行時で71kW (96hp) を発揮する。1.8L SOHC 8Vはエタノール走行時で79.4kw (107hp)、ガソリン走行時で78kW (105hp) を発揮する

※この「2代目(2011年-現在)」の解説は、「シボレー・コバルト」の解説の一部です。
「2代目(2011年-現在)」を含む「シボレー・コバルト」の記事については、「シボレー・コバルト」の概要を参照ください。


2代目(1991年-1995年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 16:12 UTC 版)

UD・コンドル」の記事における「2代目(1991年-1995年)」の解説

1991年10月 S41型発売コンドル351992年)、日産ディーゼルブランドとして発売輸出向けには2016年現在販売されている。キャッチコピーは「敏感2トン」。CMにはかとうれいこ起用1993年10月 一部改良標準キャビンハイルーフ仕様とセミロングホイールベース車を追加エンジン新たに過流室式ディーゼルのED35型を設定また、ウレタン製ハンドル全車標準装備化した

※この「2代目(1991年-1995年)」の解説は、「UD・コンドル」の解説の一部です。
「2代目(1991年-1995年)」を含む「UD・コンドル」の記事については、「UD・コンドル」の概要を参照ください。


2代目(1982年-1996年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/21 22:11 UTC 版)

ダイハツ・デルタ」の記事における「2代目(1982年-1996年)」の解説

1982年フルモデルチェンジ1988年マイナーチェンジフロント&リヤビューおよびインパネをより丸みを帯びたデザイン変更1992年ビッグマイナーチェンジ。内外装大幅に変更同時に後輪扁平タイヤ装着したフラットフロア車が設定される1993年ディーゼルエンジンを2,000ccの2C-T型から2,200ccの3C-T型へ変更これにより最高出力も、85psから88psに向上。 4WD車だけは発売タウンエースよりも9年遅れた車両取扱説明書二輪駆動基本としてものになっており、四輪駆動の項目はとって付けたよう構成となっている。 デルタワイドバン フロント デルタワイドバン リア

※この「2代目(1982年-1996年)」の解説は、「ダイハツ・デルタ」の解説の一部です。
「2代目(1982年-1996年)」を含む「ダイハツ・デルタ」の記事については、「ダイハツ・デルタ」の概要を参照ください。


2代目(1990年4月 - 1991年7月頃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 07:42 UTC 版)

nNNニュースプラス1」の記事における「2代目(1990年4月 - 1991年7月頃)」の解説

バック平面世界地図施したセット1991年4月以降もしばらく数ヶ月使用していた。

※この「2代目(1990年4月 - 1991年7月頃)」の解説は、「nNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「2代目(1990年4月 - 1991年7月頃)」を含む「nNNニュースプラス1」の記事については、「nNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


2代目(1996年10月 - 2004年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 07:42 UTC 版)

nNNニュースプラス1」の記事における「2代目(1996年10月 - 2004年3月)」の解説

カラーリングニュースプラス1 / ニュースプラス1 SATURDAY / ニュースプラス1 SUNDAYNNN ニュースプラス1 / NNN ニュースプラス1 SATURDAY 青地の+(上部がずれている)の中に水色背景で「ニュース」(黒文字)、「プラス」、「1」(以上白文字、「1」は斜体)のロゴ2002年10月以降全国土曜版ロゴ右上に青の「NNN」が付く。 週末版には下の「1」を囲むように背景青緑色黄色文字で「SATURDAYSUNDAYの文字2002年10月以降の土曜版下に斜めに配置されたSATURDAYの文字が入る。

※この「2代目(1996年10月 - 2004年3月)」の解説は、「nNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「2代目(1996年10月 - 2004年3月)」を含む「nNNニュースプラス1」の記事については、「nNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


2代目(1999年-2021年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/15 22:05 UTC 版)

いすゞ・ジャーニー」の記事における「2代目(1999年-2021年)」の解説

2代目ジャーニーSDVW41 千葉県警察 1999年2月 モデルチェンジ登場引き続き日産・シビリアン3代目)OEMとなる。 2004年11月 マイナーチェンジベースシビリアンディーゼルエンジン三菱ふそうトラック・バスからのOEM変更したため、三菱ふそうとの提携関係がないいすゞのジャーニーガソリンエンジンのみとなる。 2008年6月 一部改良新長期排出ガス規制平成17年排出ガス規制)に適合し、ZD30DDTiエンジン追加によりディーゼルエンジン車が4年ぶりに復活する型式以下の通り標準ボディWB3.31mロングボディWB3.69mリーフサスペンションABG-SDVW41 ABG-SDHW41 エアサスペンション ABG-SDJW41 2010年7月 マイナーチェンジ6年ぶりにディーゼル車消え再度ガソリンエンジンのみとなる。2011年8月日野自動車開発担当するジャーニーJが製造中止となったことで、いすゞにおける小型自家用観光系はジャーニーカバーすることになる。 2012年7月新保基準適合客席3点式シートベルト採用。(幼児専用車は、保護者席に2点式シートベルト。)一部グレードに、電動リモコンミラーを標準装備化。「アラウンドビューモニター」をオプション設定固定窓式の最上級グレード車を廃止2021年2月販売終了となり、これによりいすゞ自動車からマイクロバス完全に消滅した。(OEM元の日産・シビリアン生産終了した。)

※この「2代目(1999年-2021年)」の解説は、「いすゞ・ジャーニー」の解説の一部です。
「2代目(1999年-2021年)」を含む「いすゞ・ジャーニー」の記事については、「いすゞ・ジャーニー」の概要を参照ください。


2代目(2017年2月 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 03:35 UTC 版)

ボルボ・S90」の記事における「2代目(2017年2月 - )」の解説

2016年1月S90ミシガン州デトロイト北米国際自動車ショー一般公開された。S80直接的な後継車種ではないが、新世代プラットフォームSPA」を採用したボルボのフラグシップセダンとして登場した車名復活960ベース以来18年ぶりとなる。日本においては2017年2月22日発表されスウェーデン製造されS90が計500限定販売された。現在は中国大慶工場全ての生産シフトしたため、長い間再導入されていなかったが、2021年9月より同工製の受注生産による販売再開された。 エクステリアは、新しくなったアイアンマーク、90シリーズ共通トールハンマーLEDデイタイム・ランニング・ライトなどボルボコンセプトデザインになっているインテリアには、9インチ縦型タッチスクリーン式センターディスプレイを装備ナビオーディオエアコン等の操作大画面タッチスクリーンで行う。またはSiri使った音声コントロール可能である。「インテリセーフ」と呼ばれるボルボ15種類以上の先進安全・運転支援技術標準装備である。 ボルボ S90/V90/V90 Cross Countryは、2017-2018日本自動車殿堂インポートカーオブザイヤーを受賞している。 S90 R-Design

※この「2代目(2017年2月 - )」の解説は、「ボルボ・S90」の解説の一部です。
「2代目(2017年2月 - )」を含む「ボルボ・S90」の記事については、「ボルボ・S90」の概要を参照ください。


2代目(ロビソン・フィールド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 08:09 UTC 版)

スポーツマンズ・パーク」の記事における「2代目(ロビソン・フィールド)」の解説

1893年、このセントルイス・ブラウンズ初代スポーツマンズ・パーク北東建設された新スポーツマンズ・パーク移転したブラウンズ1899年にパーフェクトズ、1900年カージナルス球団名変更し1911年には球団オーナーであったスタンリー・ロビソンの死去に伴い球場名をロビソン・フィールド改称して、カージナル・フィールドとも言われながら1920年シーズン途中まで本拠地とした。 詳細ロビソン・フィールドの項目を参照のこと。

※この「2代目(ロビソン・フィールド)」の解説は、「スポーツマンズ・パーク」の解説の一部です。
「2代目(ロビソン・フィールド)」を含む「スポーツマンズ・パーク」の記事については、「スポーツマンズ・パーク」の概要を参照ください。


2代目(KJ型、1996年 - 2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 16:07 UTC 版)

雙龍・コランド」の記事における「2代目(KJ型、1996年 - 2005年)」の解説

1993年登場したムッソーをベース登場。2.3Lと3.2Lの2種ガソリンエンジンならびに2.9Lディーゼルエンジン搭載いずれもメルセデス・ベンツライセンス取得したエンジンで、すべてにボルグワーナー製の5MT搭載された。輸出販売前提したため右ハンドル化は容易であった。なお1999年-2001年までは大宇傘下だったため「大宇・コランド」を名乗った一時期少数ながら日本にも導入されことがある

※この「2代目(KJ型、1996年 - 2005年)」の解説は、「雙龍・コランド」の解説の一部です。
「2代目(KJ型、1996年 - 2005年)」を含む「雙龍・コランド」の記事については、「雙龍・コランド」の概要を参照ください。


2代目(ビル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 13:51 UTC 版)

レオ・ザ・ライオン」の記事における「2代目(ビル)」の解説

テクニカラー2色法対応したロゴで、1927年 - 1928年まで使用されたが、わずか2作品のみにしか使われていないそのせいか、現状映像残っていない

※この「2代目(ビル)」の解説は、「レオ・ザ・ライオン」の解説の一部です。
「2代目(ビル)」を含む「レオ・ザ・ライオン」の記事については、「レオ・ザ・ライオン」の概要を参照ください。


2代目(2005年 - 2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 05:11 UTC 版)

光岡・ビュート」の記事における「2代目(2005年 - 2010年)」の解説

ベース3代目マーチ5ドアで、ボディタイプ4ドアセダンのみ。グレード2008年現在1200ccの12ST / 12LX、1500ccの15LX、4WDの1400cc・14LX 4WD4種類ミッションは1200ccが5速MT / 4速AT、1500ccがエクストロニックCVT、1400ccが4速ATの設定となっている。 初代異なりルーフパネルを独自製作しハンドメイド取り付けているのが特徴これにより初代に比べてCピラー以降の後端部分のラインがより自然な仕上がりとなっている。一見同じに見え前後部分デザイン若干リファインされており、テールランプが4連式にされているボディカラー標準8種類で、メーカーオプションで「カラー30」を選択することで全部で30種類ボディーカラー指定可能である内装初代比較してシンプルでベース車両マーチほとんど変わらないメーカーオプションでダークレッド、クリーム、グローブブラウンの3種類の本革パッケージと、ディーラーオプションでウッドタイプインパネが用意されている

※この「2代目(2005年 - 2010年)」の解説は、「光岡・ビュート」の解説の一部です。
「2代目(2005年 - 2010年)」を含む「光岡・ビュート」の記事については、「光岡・ビュート」の概要を参照ください。


2代目(通称「黒筺体」)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 03:47 UTC 版)

ミュージックガンガン!」の記事における「2代目(通称「黒筺体」)」の解説

『2』から登場

※この「2代目(通称「黒筺体」)」の解説は、「ミュージックガンガン!」の解説の一部です。
「2代目(通称「黒筺体」)」を含む「ミュージックガンガン!」の記事については、「ミュージックガンガン!」の概要を参照ください。


2代目(RG3型、2020年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 16:40 UTC 版)

ジェネシス・G80」の記事における「2代目(RG3型、2020年 - )」の解説

2020年3月30日ソウルにてワールドプレミア。ジェネシスブランドに移行後、初のフルモデルチェンジであり、ヒュンダイ・ジェネシス時代から数えると3代目となる。 プラットフォームはGV80と共用するスタイリングアウディ・A7のようなファストバックスタイルとなり、ヒュンダイ掲げデザインコンセプトの「アスレチック・エレガンス」をより強調している。ジェネシスブランドの特徴的なデザインである、片側2本横に細長いヘッドライト・テールライトフロントフェンダー部のサイドターンランプ(通称:クアッドランプ)を採用している。 エンジン仕向地にもよるが、直列4気筒 2.5L ターボ最高出力304ps、最大トルク43.0kgf・m)、V型6気筒 3.5L ターボ最高出力380ps、最大トルク54.0kgf・m)、直列4気筒 2.2L ディーゼル最高出力210ps、最大トルク45.0kgf・m)の3種類が設定される安全装備としてハイウェイ・ドライビング・アシスト(HDA )、機械学習ベースのスマートクルーズコントロール(SCC-ML)、プリアクティブセーフティーシート (PSS)、前方衝突回避支援システム (FCA) 、死角衝突回避支援システム (BCA) を装備する。また駐車支援としてリモートスマートパーキングアシスト (RSPA) を装備するダッシュボードには14.5インチタッチスクリーン備えたインフォテインメントシステムが装備される。これにジェネシス・インテグレーテッド・コントローラーが組み合わせられARナビゲーションGenesis QuickGuide、バレットパーキングのためのバレットモードが使用可能である。当初は韓国仕様のみとなるが、車載決済システムであるGenesis CarPayも組み込まれるAndroid AutoおよびApple CarPlayにも対応するまた、スマートホームテクノロジーと統合するホームコネクト機能備える。 2021年7月には、韓国大型車初となるEV「エレクトリファイドG80」を、翌8月には「G80 SPORT」を発表

※この「2代目(RG3型、2020年 - )」の解説は、「ジェネシス・G80」の解説の一部です。
「2代目(RG3型、2020年 - )」を含む「ジェネシス・G80」の記事については、「ジェネシス・G80」の概要を参照ください。


2代目(1996年-2004年 type 9U/9KV)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 16:23 UTC 版)

フォルクスワーゲン・キャディ」の記事における「2代目(1996年-2004年 type 9U/9KV)」の解説

ポロ、セアト・インカ、シュコダ・フェリツィアなどをベースピックアップトラック、フルゴネット型ライトバンしたもの。 9Uがピックアップトラック、9KVがバンである。 キャディ IIピックアップ (9U) キャディ II (Typ 9KV)

※この「2代目(1996年-2004年 type 9U/9KV)」の解説は、「フォルクスワーゲン・キャディ」の解説の一部です。
「2代目(1996年-2004年 type 9U/9KV)」を含む「フォルクスワーゲン・キャディ」の記事については、「フォルクスワーゲン・キャディ」の概要を参照ください。


2代目(2006年-2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 01:05 UTC 版)

スズキ・XL7」の記事における「2代目(2006年-2009年)」の解説

2005年北米国際オートショーコンセプトX展示2006年4月ニューヨーク国際オートショー展示2006年9月発売開始GMのシータプラットフォームを使用する関係でFFベースとなり、シボレー・エキノックスなどの兄弟車となる。エンジンはN36A型と呼ばれるV6・3.6Lが搭載されマニュアルモード付き5速ATが組み合わされる。アメリカ人体格に合わせて全長先代から30cm、幅は5cmほど拡大され、ワンクラスアップした。なお、日本国内では販売されなかった。 2007年2月27日カナダCAMIオートモーティブ製造開始。但しエンジン相良工場静岡県牧之原市)製。 しかし、同年からの原油価格高騰に伴うガソリン価格上昇世界金融危機影響による大型車販売不振影響で、XL7の販売台数大幅に減少していることから同社では2008年中にXL7の生産休止した生産再開予定当初未定」とされてきたが、2009年12月生産拠点であったCAMIオートモーティブ全株式をGM取得することが発表されたため、これにより事実上XL7の生産中止決定した

※この「2代目(2006年-2009年)」の解説は、「スズキ・XL7」の解説の一部です。
「2代目(2006年-2009年)」を含む「スズキ・XL7」の記事については、「スズキ・XL7」の概要を参照ください。


2代目(2004年 - 2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 15:38 UTC 版)

トヨタ・レジアスエース」の記事における「2代目(2004年 - 2020年)」の解説

H200系 2004年8月レジアスエースとしては最初のフルモデルチェンジを受け、200系となる。トランスミッション5速MT4速ATが引き続き設定されているが、シフトレバー全車インパネマウントとなり、ステッキパーキングブレーキレバーと併せウォークスルー対応しているディーゼルエンジン車は、排出ガス規制自動車NOx・PM法全てクリアしている。 ジャストロータイヤサイズが、前輪15インチシングル / 後輪14インチシングルから前後輪とも15インチ70偏平率変更ビスタ店ネッツ店統合によりネッツ店専売モデルとなる。 2005年1月、スーパーロング・ワイドボディ・ハイルーフ車を発売開始一部受注停止2005年11月一部改良この年からネッツ店専売モデルネッツ店専用エンブレム使用しているが、このモデルには使用していない全車にヘッドライトマニュアルレベリング機構採用しハイマウントストップランプ装備した2007年8月20日マイナーチェンジハイエース同じくDXGLパッケージ”を新設定した。 2010年7月26日2度目マイナーチェンジ。1KD-FTV型エンジン搭載したディーゼル車において、高性能触媒DPR改良等により、環境性能向上され、「平成21年ポスト新長期)排出ガス規制」に適合同時にピエゾインジェクター採用により燃費向上され、ロングボディ・標準ルーフ(2WD/4WD)/ミドルルーフ/ハイルーフ2WD)において、「平成27年度燃費基準」を達成すると共に静粛性向上された。ガソリン車おいてもエンジン・トランスミッション制御及び触媒変更により、ワイドボディ4WD車を除く全タイプおいても平成27年度燃費基準」を達成したこのほか、フロントデザインを変更すると共に、「スーパーGL」にはディスチャージヘッドランプオプション設定すると共にオートエアコン標準装備。「DX」にはパワーウィンドウ運転席キーオフ後作動可能ワンタッチ式・挟み込み防止機能付)を採用したボディカラーには「スーパーGL」にオプションカラーの「ホワイトパールクリスタルシャイン」を追加した内装面でドアトリムシート表皮色にダークグレー採用また、スーパーGL」はオプティトロンメーターデザイン変更した2012年4月16日一部改良5月7日販売開始)。フロントルームランプにドア閉めた後で一定時間点灯するイルミネーテッドエントリーシステムを採用するとともに盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)の全車標準装備車速に応じて自動ドアロックがかかる車速感応パワードアロック(運転席助手席ドアキー連動衝撃感知ドアロック解除システム付)を採用(「DX」を除く)。ディーゼルエンジン車には触媒浄化手動補える排出ガス浄化スイッチ(触媒浄化用)を標準装備メーカーオプションにはディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)を全車設定するとともに後退時バックカメラからの後方映像インナーミラー内のディスプレイ映し駐車サポートするバックモニター内蔵自動防眩インナーミラー国内トヨタ車として初採用するなど装備充実化が図られている。なお、ロング標準ボディディーゼル仕様2WD車)は「平成21年排出ガス基準10%低減レベル低排出ガス車)」認定となり、ロング標準ボディディーゼル仕様2WD5MT車)は「平成27年度燃費基準+5%達成となった2012年11月1日、「スーパーGL」をベースに、シート表皮ドアトリム専用トリコットエンボス加工付)を、ステアリングホイールシフトノブ本革巻き&サイバーカーボン調加飾それぞれ施しディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)等を装備した特別仕様車スーパーGL"PRIME SELECTION"」を発売ボディカラーは特別設定色のボルドーマイカメタリックを含む4色設定した2013年11月27日3度目マイナーチェンジ12月9日販売開始)。今回ヘッドランプを含むフロント周りデザイン変更し、「スーパーGLにおいてはリアコンビネーションランプのデザイン変更リア側面ウィンドウ凹凸少なスライド式となったまた、スーパーGL」にはガラスアンテナ採用し全車LEDヘッドランプロービーム)や鋭角的なラインアルミホイール(「DX」のジャストローフロアを除く)のオプション設定追加ボディカラーは「スーパーGL専用色の「ボルドーマイカメタリック」、「DX(ロングボディ)」専用色の「ブラックマイカ」を追加した内装面ではセンタークラスターパネルのデザイン変更し平均燃費外気温度などの各種情報表示するマルチインフォメーションディスプレイ全車標準装備した。また、DX"GLパッケージ"」・「スーパーGL」に車体側面流れ気流小さな渦を発生させることで車体左右から押さえつけ優れた走行安定性実現させるエアロスタビライジングフィン(ドアミラー・コンビネーションランプなど)を採用し、「スーパーGL」の2WD車にはショックアブソーバーなどのサスペンションチューニング変更行ったことで乗り心地も向上。さらに、「スーパーGL」にバックドアイージークローザーを採用し、デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチ(オーディオ)のオプション設定追加した2014年12月16日一部改良及び特別仕様車スーパーGL"DARK PRIME"」を発表2015年1月6日販売開始)。ガソリン車においてエンジンDual VVT-iなどを採用したことで燃費向上し、「平成27年度燃費基準+10%」を達成同時にAT車これまでの4速から6速シーケンシャルシフトマチック付)に多段化。また、全車にリアシートベルト(外側3点式中央2点式)を標準装備した。特別仕様車スーパーGL"DARK PRIME"」は「スーパーGL」をベースに、外観メッキフロントグリルとバックドアガーニッシュをダークメッキ化。内装本革巻き4本スポークステアリングホイール、本革シフトノブ、インストルメントパネルアッパー部、パワーウィンドウスイッチベースに黒木マホガニー調加飾を、シフトベゼルとフロントオートエアコン+プッシュコントロールパネルにダークシルバー加飾それぞれ施したほか、シート表皮にはダークグレートリコット合成皮革採用してダブルステッチ施し、フロントドアトリムにも合成皮革採用したまた、クリアスモーク加飾施したLEDヘッドランプロービーム、オートレベリング機構付)、スマートエントリー&スタートシステム(スマートキー×2)、ダークシルバー加飾ベゼル施したステアリングスイッチ(オーディオ)を標準装備した。ボディカラーは特別設定色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプションカラー)」を含む5色設定した2015年9月29日2015年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞2016年6月1日一部改良発表6月11日販売開始)。アクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車標準装備した。併せてウェルキャブの「車いす仕様車においてはベース同様の改良に加え、「Aタイプ」は車内レイアウト見直しにより、大型サイズ車いすリクライニング機能特殊車いす利用者2人乗車が可能となったほか、新たに、「Aタイプ」に2人掛けのスペースアップシートを採用することで使用状況に応じて配席アレンジ可能にした「ASタイプ」と、車いす利用者2人シート移乗することでロングボディ・標準ボディ幅でありながら車いす利用者最大4人まで乗車可能にするFタイプ」を新設(「Aタイプ」・「ASタイプ」は9月販売開始)。さらに、リアシートには消臭機能加えシートベルトには身長に応じて高さ調整可能なシートベルトリルータなどを設定車いすリフト改良しオプションに可倒式手すり設定した2017年11月22日一部改良発表された12月1日販売開始)。衝突回避支援パッケージToyota Safety Sense P」を標準装備(ただし、レーダークルーズコントロールシステムの機能は非搭載ウェルキャブワイドボディTECSは除く)。また、ディーゼル車エンジンを2.8Lの1GD-FTV型に置換されエンジン置換に伴い車両型式がGDH200系となる)、ATはガソリン車と同じ6速シーケンシャルシフトマチック付)に多段化。「平成21年排出ガス基準10%低減レベル低排出ガス車)」認定ディーゼル車全種類拡大されたほか、燃費性能向上されたため、「平成27年度燃費基準+10%」又は「平成27年度燃費基準+15%」を達成した装備面でVSC&TRC、ヒルスタートアシストコントロール、オートアラームを全車標準装備された。併せて2015年1月発売された特別仕様車スーパーGL"DARK PRIME"」を新仕様再発売されることも発表された。なお、今回一部改良ディーゼル車はATのみの設定となった2018年5月衝突回避支援パッケージの名称を「Toyota Safety Sense P」から、「Toyota Safety Sense」に変更。(公式発表なし) 2018年8月6日特別仕様車スーパーGL"DARK PRIME II"」が発売された。2017年11月に新仕様再発売された「スーパーGL"DARK PRIME"」のバージョンアップ仕様で、ルーフピラー、セパレーターバーがブラック色に変更されスライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーション追加SRSエアバッグプリテンショナー&フォースリミッター機構シートベルト助手席にも装備した2020年4月17日姉妹車であるハイエース一部改良トヨタ全車種の全店取り扱い開始に伴い販売終了となった

※この「2代目(2004年 - 2020年)」の解説は、「トヨタ・レジアスエース」の解説の一部です。
「2代目(2004年 - 2020年)」を含む「トヨタ・レジアスエース」の記事については、「トヨタ・レジアスエース」の概要を参照ください。


2代目(GD,GV系 1987年-1997年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 16:15 UTC 版)

フォード・テルスター」の記事における「2代目(GD,GV1987年-1997年)」の解説

ボディ構成変わらずエンジンは1.6Lと2.0Lターボガソリン落とされディーゼルプレッシャーウェーブ・スーパーチャージャー装着された。また、2.0LのガソリンDOHC化。TX5にはフルタイム4WD4WS登場フルタイム4WD車は、センターデフロックスイッチを持つタイプだったが、マイナーチェンジ後にセンターデフロックスイッチは廃止されセンターデフビスカスLSD採用されることになる。2.0Lのフルタイム4WD車はリアデフにもビスカスLSD搭載した1987年5月 - フルモデルチェンジ1988年2月 - セダンにも4WS車が追加10月 - TX5にディーゼル車追加1989年6月 - マイナーチェンジ。1.8LDOHCエンジン追加1990年9月 - ワゴン登場1988年登場したカペラカーゴとは兄弟車乗車定員FFが7名、4WDが5名で、前者はテルスターシリーズ初のミニバン的な車種となった1991年9月 - セダンとTX-5の生産終了在庫応分のみの販売となる。 1991年10月 - セダンとTX5がフルモデルチェンジクロノス姉妹車に。ワゴンそのまま継続1992年8月 - ワゴンマイナーチェンジディーゼル4WD車が追加1994年11月 - ワゴンがビッグマイナーチェンジ。前後デザイン大幅な変更と同時にインパネをカペラカーゴと交換グリルガード付きの2.0L 4WD専用グレード「カノーア」が追加された。特に、「カノーア」はテルスターシリーズ初のクロスオーバーSUV捉えられていた。 1996年7月 - ワゴンマイナーチェンジコンセプトカーマツダBU-X」(デミオ)を彷彿させる、フロントグリル一体化したバンパーを持つ「カノーアII」(20i-XカノーアII4WD)/20i-EカノーアIIFF))追加1997年10月 - ワゴン生産終了在庫応分のみの販売となる。 1997年11月 - ワゴンフルモデルチェンジして販売終了

※この「2代目(GD,GV系 1987年-1997年)」の解説は、「フォード・テルスター」の解説の一部です。
「2代目(GD,GV系 1987年-1997年)」を含む「フォード・テルスター」の記事については、「フォード・テルスター」の概要を参照ください。


2代目(2014年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 03:45 UTC 版)

スズキ・セレリオ」の記事における「2代目(2014年-)」の解説

この代から車名がほぼ全世界で「セレリオ」に統一されるが、パキスタンにおいてはカルタス」を名乗る2014年2月ニューデリーオートエクスポにて発表されインド国内で発売開始した。セレリオ投入に伴い販売不振であった従来のAスターはエスティロとともに製造終了した。翌3月にはジュネーヴモーターショーバンコク国際モーターショーにも相次いで出展された。 スタイリング2013年11月のタイモーターエキスポにて出展された「A:Windコンセプトに基づいている。 エンジンインド仕様車が従来と同じK10B型1.0L 直列3気筒搭載し欧州仕様車にはデュアルジェット(デュアルインジェクション)システム搭載K10C型も新たに用意されるトランスミッションインド仕様車と欧州仕様車には5速MTに加えて新開発の「オートギヤシフト」 (Auto Gear Shift) と呼ばれる5速AMT(オートメイテッドマニュアルトランスミッション)が新たに用意された)。なお、マルチ・スズキではオートギヤシフトを「EZ Driveテクノロジー称している。一方タイ仕様車は5速MT副変速機付CVT用意されるインドでは発売開始から2週間1万4000台の受注があり、うち51%をオートギヤシフト車が占めた生産マルチ・スズキ・インディアマーネーサル工場に加えて、スズキ・モーター・タイランド(ラヨーン県)でも行われる2015年6月3日インドでセレリオディーゼルが発売開始された。搭載されエンジンスズキ初の自社開発ディーゼルエンジンであるE08A型 0.8L 直列2気筒 (DDiS125) であり、最高出力は35kW(47.6ps)/3,500rpm、最大トルクは125N·m/2,000rpmを発揮する。これに5速MT組み合わせられたセレリオディーゼルは27.62km/Lの燃費性能誇っている。 2018年 ベトナム市場販売開始タイからの輸入モデルとなる。 2020年5月 ベトナム市場販売停止2020年6月12日インド天然ガス自動車セレリオS-CNG」が設定されたデュアルECU電子制御ユニット)とインテリジェント噴射システム搭載されており、同年4月インド施行された新排ガス基準BS6」に適合。CNG1kgあたり30.47kmの燃費性能実現している。

※この「2代目(2014年-)」の解説は、「スズキ・セレリオ」の解説の一部です。
「2代目(2014年-)」を含む「スズキ・セレリオ」の記事については、「スズキ・セレリオ」の概要を参照ください。


2代目(SC57)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 14:11 UTC 版)

ホンダ・CBR1000RR」の記事における「2代目(SC57)」の解説

2006年初のモデルチェンジ行い、以下のような改良によって輸出用モデルで3 kg日本仕様モデルで4 kg軽量化が行われた。 サイレンサー軽量化デザインの変更 カセットトランスミッションの加速側の3-6速を逆テーパードッグ化 シフトチェンジドラムの軽量化 フレームのヘッドパイプ位置変更専用部品化によるキャスター角トレール量の変更 フロントブレーキディスクの大径化(310 mmから320 mm)および肉薄化(5.0 mmから4.5 mm) フロントブレーキマスターシリンダーのオイルカップの形状変更、および素材プラスチック変更 リアブレーキキャリパーのピストン径を変更(38 mmから30 mm)、およびマスターシリンダーの径を変更(15.8 mmから14.0 mm) リアホイールダンパーの材質変更(ウレタンからラバー) アルミシートレール形状変更、および軽量化 カムシャフト材質変更、および形状変化によりバルブリフト量増加 レブリミット延長 ラジエータ小型高密度化とラジエータホースの変更 AGCカバーマグネシウム化など車体全体軽量化 ECU電子制御ユニット)の小型軽量化マップ搭載位置変更(右サイドからエアクリーナー上部移動) カウル形状変更 メーターパネルデザイン変更 スモーククリアレンズのウィンカー採用

※この「2代目(SC57)」の解説は、「ホンダ・CBR1000RR」の解説の一部です。
「2代目(SC57)」を含む「ホンダ・CBR1000RR」の記事については、「ホンダ・CBR1000RR」の概要を参照ください。


2代目(2t積系2011年-/1.5t積系2021年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 23:09 UTC 版)

日野・デュトロ」の記事における「2代目(2t積系2011年-/1.5t積系2021年-)」の解説

2011年7月2日12年ぶりのフルモデルチェンジ実施トヨタには初代引き続きダイナ / トヨエースとしてOEM供給される。キャッチコピーは「ヒノノニトン」。 エンジン高圧コモンレール式燃料噴射システムDPR刷新し燃費向上更なる排出ガスクリーン化を実現した5種類ディーゼルエンジン、またガソリンエンジンLPGエンジン設定排出ガス処理装置には日野のクリーンディーゼルシステムである「AIR LOOP」を採用しディーゼル車平成22年排出ガス規制適合したハイブリッド車アトキンソンサイクル専用エンジンN04C-UL型 (110kW/420N·m) とアクセル・ブレーキの2ペダル操作を可能とする専用5速AMT「プロシフトV」を採用エンジンモーター発電機間にクラッチ介することでモーターのみで発進できる新開発ハイブリッドシステム搭載これにより、2t積車で1.0km/L、3t車で1.4km/Lの燃費向上実現ディーゼル車はN04C-UM型 (85kW/325N·m) ・N04C-UN型 (100kW/390N·m) ・N04C-UP型 (110kW/420N·m) ・N04C-UQ型 (132kW/480N·m) を、ガソリン車は2TR-FE (109kW/235N·m) を、LPG車は1BZ-FPE (85kW/306N·m) をそれぞれ設定している。 トランスミッション6速AT・5速MT6速MT3種類を用意また、ハイブリッド車ディーゼル車MT車にはアイドリングストップ機能エコドライブサポートする日野エコラン標準装備し、実用燃費上に寄与した安全面については強度保ちながらピラー断面極力薄くし、広く見やすい視界確保するワイドビューミラーと車両側後方視界拡大し巻き込み事故防止寄与した2面鏡ミラー標準装備するとともに小型トラックでは世界初となるVSC横滑り防止装置)のオプション設定追加した。またコラムレバーの排気ブレーキ操作方法跳ね上げ式から引き下げ式に変更された。 ブレーキ2WD車が全輪ディスクブレーキを、4WD車が前輪ディスク/後輪ドラム採用している。 内装インパネ改良して、膝前部分や下部形状工夫したことで中央席の足元スペース拡大したほか、助手席から中央席には大型オープントレーを配置。ワイドキャブはキャビンパッケージそのもの刷新したことでドア開口部拡大乗降ステップ大型化乗員スペース拡大等により居住性乗降性向上するとともに、フロントデザインもキャビンの前絞りやバンパーコーナーの形状工夫したことで空力性能向上した2011年10月グッドデザイン賞受賞2012年1月東京オートサロンカスタムカーデュトロX」を参考出品以降日野自動車2017年まで毎年デュトロ東京オートサロンおよび大阪オートメッセ出展したデュトロXのカスタマイズ日野の子会社ある日野エンジニアリングアネックスが担当し市販行っている8月1日マイナーチェンジ行った上で同年9月3日発売する事が発表された。N04C-UQ型 (132kW/480N·m) エンジン車平成22年排出ガス規制よりNOxおよびPM10%以上低減したことにより全ての車型低排出ガス車となると同時に最大積載量4トン以上の車型は「平成27年度燃費基準」を達成した2013年1月施行の灯火器類保安基準にあわせてカーゴ及びダンプ後部反射板装備するとともにオプション設定だった電動格納式ミラー全車標準装備となり、スタンダードグレードにもAM/FMラジオ標準装備となった2013年5月6日マイナーチェンジ行い、軽い操作力で制動可能な電動パーキングブレーキ高所作業車塵芥車MT車標準装備した他(他のMT車オプション。但し標準幅キャブダンプ、ダブルキャブ、ルートバンには設定なし)、ハイブリッド車にはパーキングポジション並びに電動パーキングブレーキ付きプロシフトVをオプション設定した。 2015年4月一部改良行いVSC全車標準装備となった他、電動パーキングブレーキ高所作業車ごみ収集車MT車標準装備その他の車型オプションだったが、ディーセル車全車電動パーキングブレーキ標準装備した。3t車のガソリン車2種類から1種類集約した2016年4月7日に2t積系を一部改良5月6日販売開始)。全車ヘッドランプのマルチリフレクター化、およびフロントバンパー形状意匠変更ミリ波レーダーユニットをフロントバンパー中央内部に搭載したため、ライセンスプレートの取り付け位置運転席側寄になった左右非対称形状となっている)のほか、2t積系トラックでは初採用となる追突被害軽減ブレーキシステムPCS」(歩行者検知機能付)とレーンディパーチャーアラートを標準キャブ車両総重量5t未満一部車型標準装備したほか、スマートエントリー運転席助手席アンサーバック機構付)&スタートシステムを新たにオプション設定した。 2017年4月18日に2t積系を一部改良6速MT車一部6月販売開始その他の仕様5月8日販売開始)。追突被害軽減ブレーキシステム歩行者検知機能付)とレーンディパーチャーアラートをLPG車消防車を除く全車拡大して標準装備環境性能ディーゼル車のうち、車両総重量が7.5t超の車両が「平成28年排出ガス規制」に対応したほか、AT車重量モード燃費向上した10月にはハイブリッドのワイドキャブ車のAMT5速から6速変更された。 2019年4月17日マイナーチェンジ5月7日販売開始)。前進誤発進抑制機能低速衝突被害軽減機能クリアランスソナーLPG車除き標準装備フロントグリル6代目レンジャーグリル似たデザインとなる。ヘッドライト発光ダイオード(LED)化される環境性能全車平成28年排出ガス規制に対応、ハイブリッド車PCU(パワーコントロールユニット)をコンパクト化運転席周りインパネマルチインフォメーションディスプレイ4.2インチカラー化された他、ハンズフリー通話機能オーディオ(AM/FM・USBBluetooth)も新採用されたステアリングホイールはステアリングスイッチ付きに、バックミラー電子インナーミラー採用3代目プロフィア続いてICTサービスHINO CONNECT」に対応した他、GVW7.5t超車は車載式故障診断装置(J-OBD)にも対応したまた、高床のシングルタイヤ車とルートバンが廃止された。 2021年3月22日マイナーチェンジ3月25日販売開始)。ハイブリッド車のエンジンをN04C-WE型 (110kW/440N·m・モーターアシストなし車)とN04C-WE型 (110kW/470N·m・モーターアシストあり車)の2機種に、ディーゼル車搭載エンジンをN04C-WD型 (110kW/440N·m)とN04C-VU型 (132kW/470N·m) の2機種それぞれ集約したこれに伴いLPG車廃止された。車内外のミラーリヤバンパー形状変更した他、GVW7.5t未満車にも車載式故障診断装置(J-OBD)に対応した2021年4月15日デュトロベース荷台部分超低床としてウォークスルー構造採用した電気自動車デュトロZ EV」を開発2022年発売することを発表した2021年7月26日シリーズ初となる1.5t積系を設定8月2日発売開始)。1.5t積系に搭載されエンジンは、すでに1.5t積系を設定しているダイナ同様にトヨタ製1GD-FTV型直列4気筒DOHC16バルブコモンレールディーゼルターボエンジンを搭載一連の日野量販車種としては史上初)し、トランスミッション5速MT6速ATが用意されるダイナ1t積系とは異なりガソリン車設定は無い)。安全装備に関しても、2t積系同様にプリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能衝突回避支援タイプ)、前進誤発進抑制機能低速衝突被害軽減機能クリアランスソナー全車標準装備される。これに伴い同日一部改良発表したトヨタ・ダイナ1t積系の製造事業者が、トヨタ自動車から2t積系と同じ日野自動車変更となった標準キャブ運転席デュトロX ダンプ 2016年バージョン) ワイドキャブ・ハイブリッド車運転席 標準キャブ2019年運転席 4WDダブルキャブ消防車仕様2011年型) ルートバン(2016年型、PCS装着車) ハイブリッドワイドキャブ(2017年型東京オートサロン大阪オートメッセ出品デュトロX カーゴ2012年バージョンハイブリッド標準キャブ・平ボディ デュトロX ダンプ2012年バージョン標準キャブ デュトロX カーゴ2013年バージョンハイブリッド標準キャブ・平ボディ デュトロX ローダー2013年バージョン)ワイドキャブ デュトロX カーゴ2014年バージョンハイブリッド標準キャブ・平ボディ デュトロX ローダー2014年バージョン)ワイドキャブ デュトロX カーゴ2015年バージョンハイブリッド標準キャブ・平ボディ デュトロX ダンプ2015年バージョン標準キャブ デュトロX カーゴ2016年バージョンハイブリッド標準キャブ・平ボディ デュトロX ダンプ2016年バージョン標準キャブ カーゴ2017年バージョンハイブリッド標準キャブ・平ボディ ダンプ2017年バージョン標準キャブ

※この「2代目(2t積系2011年-/1.5t積系2021年-)」の解説は、「日野・デュトロ」の解説の一部です。
「2代目(2t積系2011年-/1.5t積系2021年-)」を含む「日野・デュトロ」の記事については、「日野・デュトロ」の概要を参照ください。


2代目 (2003-2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 02:15 UTC 版)

インフィニティ・M」の記事における「2代目 (2003-2005年)」の解説

2002年3月に第102ニューヨーク国際オートショー出品され2003年発売開始された。 およそ10年ぶりにMの名前が復活したM45は、I30/I35の後継車として、初代とは大きくコンセプト変え、Y34型グロリアベースシーマ搭載されるVK45DEエンジン搭載したセダンである。なお、VK45DEを搭載したのは、既にQ45搭載されていたエンジンであったためコスト削減できることと、営業上、レクサス・GS上回る動力性能とする必要があったためであるエクステリアデザイングロリア後期型)とほぼ同一でバンパー大型化5マイルバンパーとなり、構造異なる)した程度であるが、インテリアデザインは、3代目Q45と同じテイスト変更された。しかし、他社の同クラス比べ地味な印象となり、北米市場では不評であったため、販売不振に終わった生産拠点M30追浜工場から日産自動車栃木工場移管され、M35/45もここで生産される

※この「2代目 (2003-2005年)」の解説は、「インフィニティ・M」の解説の一部です。
「2代目 (2003-2005年)」を含む「インフィニティ・M」の記事については、「インフィニティ・M」の概要を参照ください。


2代目(1961-1962年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 06:49 UTC 版)

ダッジ・ダート」の記事における「2代目(1961-1962年)」の解説

初代と比べてコンパクト化するとともにバリエーション増大され、初代の4ボディに2ドアコンバーチブルと4ドアハードトップが加わったまた、エンジンには6.8LのV8加えられたが、ヒットせずにわずか1年消えた

※この「2代目(1961-1962年)」の解説は、「ダッジ・ダート」の解説の一部です。
「2代目(1961-1962年)」を含む「ダッジ・ダート」の記事については、「ダッジ・ダート」の概要を参照ください。


2代目 (2017年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 15:55 UTC 版)

雙龍・レクストン」の記事における「2代目 (2017年-)」の解説

「Y400」のコードネーム開発2017年ソウルモーターショーにおいて「G4 レクストン」の名で世界初公開され同年上半期発表発売予定アナウンスされた。車名の「G4」とは走行性能Driving Revolution)、安全性Safety Revolution)、スタイルStyle Revolution)、ハイテクHigh-tech Revolution)の4大革命Great 4Revolution)を指し、レクストンブランドが培ってきたプレミアム性を継承昇華させる意味合い込められている。 当代においてはブランド初となるピックアップ仕様の「レクストン スポーツ」も発表され欧州市場においては、「レクストン スポーツではなくムッソ」の名で発表されたボディについては、高張力鋼板使用率先代の16.1%から81.7%へと大幅に引き上げたことで、シャシーへの部材追加サブフレームなどによる補強を行うことなく高いボディ剛性確保している。 海外市場へは先代同様「レクストン」の名で輸出され6速MT設定されるまた、インド市場においては親会社であるマヒンドラ&マヒンドラにて「アルトゥラスG4」として2018年11月より販売開始2017年4月25日韓国にて「G4レクストン」の名で発表エンジン先代からキャリーオーバーされる2.2Lのe-XDi200 LET+メルセデス・ベンツ制の7速ATのみ。サイズ先代より一回り大きくなり、韓国国内におけるライバルキア・モハベとしている。 2018年1月9日韓国にて、ピックアップ版の「レクストン スポーツ」を発表発売開始メカニズム大半G4レクストンからの流用としつつ、後部専用設計としている。尚、レクストンスポーツの登場により、コランドスポーツは廃止された。 2018年1 1 月16日インドにて、マヒンドラ&マヒンドラG4レクストンマヒンドラ版となる「アルトゥラスG4」 (Alturas G4) の概要発表24日から発売開始される2019年1月3日韓国にて、レクストンスポーツのロング版「レクストン スポーツ カーンKHAN)」を発表発売開始いずれもレクストンスポーツ比でホイールベース110延ばし3,210に、荷台部分310延ばして全長が5,405へと変更されている。また、専用フロントグリル専用リヤエンブレムも備える。尚、海外市場では「ムッソ グランドMUSSO GRAND)」の名で販売される2020年11月4日韓国にてG4レクストンマイナーチェンジ版となる2021モデル「ALL NEW REXTON」を発表エクステリアは特にフロント周り大幅に改良されスリーサイズこそ不変だが、4連タイプLEDヘッドライト新たに採用し、ラジエーターグリルを大型化し、クローム部分拡大。バンパーデザインも一新した。新グレードとして「The BLACK」を設定し専用ブラックアウトラジエーターグリル、20インチアルミホイール、スエード調インテリアなどが標準装備される。2.2Lディーゼルエンジン最高出力従来の187PSから202PSまで引き上げられ新開発の8速ATと組み合わされた。8速ATのセレクターレバー双龍初となるジョイスティック型の電子シフトシステム(SBW)を採用インパネ一新され新たに12.3インチ大型モニター内蔵された。運転支援システム新たに導入し、インテリジェントアダプティブクルーズコントロール(IACC)は前方サイドアシストだけでなく、斜め後方支援(BSW)、リアクラッシュアシスト(BSA)、車線逸脱防止支援(LCWS)、ナビゲーションインターロック安全速度制御(SSA)、リア近隣衝突アシスト(RCTA)、安全降車警告(SEW)とリンクすることで、さらなる安全性高めている。尚、この改良を機に車名他国向け同様のレクストン」に戻された。 2021年4月韓国にてレクストンスポーツとレクストンスポーツ カーンマイナーチェンジ。ともに大型の横桟クロームグリルを採用カーンは「K H A Nの文字上部あしらった専用デザインとなる。尚、時期前後して海外向け同様に改良施されているが、ムッソムッソ グランドグリル共通である。2.2Lディーゼル+6速AT(海外仕様6速MT設定アリ)のパワーユニット変更はない。

※この「2代目 (2017年-)」の解説は、「雙龍・レクストン」の解説の一部です。
「2代目 (2017年-)」を含む「雙龍・レクストン」の記事については、「雙龍・レクストン」の概要を参照ください。


2代目(1964年10月 - 2001年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:11 UTC 版)

ナショナル劇場」の記事における「2代目(1964年10月 - 2001年9月)」の解説

光の中心からロゴ文字が現れる。このオープニング様々なマイナーチェンジ経て、約38年間にわたって使用された。

※この「2代目(1964年10月 - 2001年9月)」の解説は、「ナショナル劇場」の解説の一部です。
「2代目(1964年10月 - 2001年9月)」を含む「ナショナル劇場」の記事については、「ナショナル劇場」の概要を参照ください。


2代目(1994年 - 1998年 シリーズ通算8代目 S100W系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 20:39 UTC 版)

ダイハツ・ハイゼットデッキバン」の記事における「2代目(1994年 - 1998年 シリーズ通算8代目 S100W系)」の解説

アトレーデッキは消滅したが、内装乗用にも対応したデッキバンGXラインナップされた。 モーターショーではアトレーリバーノをベースアトレーRTのフロントフェイスにしたデッキバン参考出品されたが市販されていない

※この「2代目(1994年 - 1998年 シリーズ通算8代目 S100W系)」の解説は、「ダイハツ・ハイゼットデッキバン」の解説の一部です。
「2代目(1994年 - 1998年 シリーズ通算8代目 S100W系)」を含む「ダイハツ・ハイゼットデッキバン」の記事については、「ダイハツ・ハイゼットデッキバン」の概要を参照ください。


2代目(M200型、2005年-2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 02:21 UTC 版)

GM大宇・マティス」の記事における「2代目(M200型、2005年-2009年)」の解説

2005年フルモデルチェンジ実施し二代目移行エンジン3気筒800ccと4気筒1,000ccの二本立て韓国国内では旧モデル差別化から「オールニューマティス」と表記される場合がある2006年ノーマル仕様若干外装などが異なグレードSE」が韓国国内追加された。 日本では2006年ナゴヤドーム開催され名古屋輸入車ショー初披露された。2007年には韓国内キム・テヒCM出演しCM登場したマティスオークションかけられた。 メキシコではポンティアックマティスG2として販売行っていた(同ブランド閉鎖後シボレーが「マティス」として販売行なっている)。

※この「2代目(M200型、2005年-2009年)」の解説は、「GM大宇・マティス」の解説の一部です。
「2代目(M200型、2005年-2009年)」を含む「GM大宇・マティス」の記事については、「GM大宇・マティス」の概要を参照ください。


2代目(2003年-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 02:22 UTC 版)

ヒュンダイ・アトス」の記事における「2代目(2003年-2014年)」の解説

2003年前後デザイン大幅に変更したアトスプライムが発売された。韓国市場にはヒュンダイ/キア両名義ともに投入されなかった。インド向けは「サントロシング」(Santro Xing) というサブネーム付き車名になった2007年i10発表されヨーロッパではアトスプライムの後継車種となったインドなど新興諸国ではi10はアトスプライム/サントロシングの上車種位置づけられて併売された。2011年後継となるイオン発売され2014年インドにおけるサントロ製造・販売終了した

※この「2代目(2003年-2014年)」の解説は、「ヒュンダイ・アトス」の解説の一部です。
「2代目(2003年-2014年)」を含む「ヒュンダイ・アトス」の記事については、「ヒュンダイ・アトス」の概要を参照ください。


2代目(DH型、2013年-2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 06:31 UTC 版)

ヒュンダイ・ジェネシス」の記事における「2代目(DH型、2013年-2016年)」の解説

ジェネシス (ヒュンダイ)」および「ジェネシス・G80」も参照 2013年11月26日韓国にて発表開発には5000ウォン投じられた1。エクステリアには近年ヒュンダイのデザインアイコンである「Fluidic Sculpture流体彫刻)」を進化させた「Fluidic Sculpture 2.0」を採り入れると同時に、6ライトウインドウに変更してプレミアム性を向上させた。 シャシー先代ベースとするも、大幅に改良されると同時にホイールベースを75mm延長させたことで3.010mmとなり、後席居住性向上したエンジンV8が5.0L、V6が3.0L,3.3L,3.8Lの3種設定されいずれにも8ATが組み合わせられる駆動方式従来FRに加えヒュンダイセダン初の「HTRAC」と呼ばれる電子制御4WD設定された外板には初代より頑丈かつ軽量超高張力鋼板を採用したことで、軽量化燃費向上実現している。 また、世界初安全装備として、運転者眠気を誘う二酸化炭素CO2)の濃度検知し自動的に換気システム作動させるセンサー搭載した。 米IIHSによる安全性評価では、世界初全部満点獲得している。 2016年6月2日には、釜山モーターショーにてフェイスリフト版である「G80」が披露され7月発売予定発表され6月13日から予約開始7月7日正式発表販売開始したためむやみな車名変更忌み嫌うオセアニア市場除き、「ヒュンダイ・ジェネシスとしての歴史幕を閉じた

※この「2代目(DH型、2013年-2016年)」の解説は、「ヒュンダイ・ジェネシス」の解説の一部です。
「2代目(DH型、2013年-2016年)」を含む「ヒュンダイ・ジェネシス」の記事については、「ヒュンダイ・ジェネシス」の概要を参照ください。


2代目(2007年-2014年モデル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 14:35 UTC 版)

シボレー・シルバラード」の記事における「2代目(2007年-2014年モデル)」の解説

「This is our truck」のキャッチフレーズ登場最近のアメリカ車特徴習って、再びC/K時代のような角張ったスタイル戻ったライバル比較して燃費が良い事を謳っていた。プラットフォームはGMT900系が採用されている。インパネ従来イメージに近いピュア・ピックアップ・インテリアに加え上級グレードにはSUVタホ共通の乗用車ライクインパネ与えられている2007年に、北米カー・オブ・ザ・イヤートラック部門受賞2008年8月には、長年一位保ちつづけてきたフォード・Fシリーズ抜いて全米販売台数一位躍り出たガソリン価格下落している事に加えGM購入者に対し多額の奨励金出しているのが功を奏した。しかし、2009年にはフルモデルチェンジしたFシリーズに再び抜き返されている。 2008年には、GMSUVで既に採用されている2モードハイブリッドシステムを搭載したモデル2009年モデルとして販売開始された。これは、世界初のハイブリッドフルサイズピックアップトラックとなっており、現在フルサイズピックアップとしては最も燃費が良い。 なお、このモデルから、メキシコでは商用グレードシルバラード(Silverado)、個人用豪華装備充実したグレード(LTLTZなど)をシャイアン(Cheyenne)として販売している。

※この「2代目(2007年-2014年モデル)」の解説は、「シボレー・シルバラード」の解説の一部です。
「2代目(2007年-2014年モデル)」を含む「シボレー・シルバラード」の記事については、「シボレー・シルバラード」の概要を参照ください。


2代目(2007-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 07:23 UTC 版)

ルノー・トゥインゴ」の記事における「2代目(2007-2014年)」の解説

コンセプトカー2006年パリサロン発表されたのち生産型2007年ジュネーブショー発表された。フロアパンは、2代目クリオ物をベースとしているが、衝突安全性を高めるために大幅に改良されている。生産フランスからスロベニアノヴォ・メスト工場移管された。また右ハンドル仕様設計され世界戦略車としての性格強めた一方で初代長所だった多彩なシートアレンジ継承され、またセンターメーター採用されている。車名の文字体が小文字の「twingo」から大文字の「TWINGO」に変更された。 エンジン当初1.2リッター自然吸気1.2リッターターボのガソリンエンジン1.5リッターターボのディーゼルエンジン採用されその後1.6リッター(134PS/6,750rpm)の自然吸気ガソリンエンジンが、新たに設定されたルノースポール仕様向けに採用されている。駆動系は3ペダル5MTと、2ペダルクイックシフト5の2種類である。 2011年9月本国2012モデルとなる後期登場ヘッドライト造形大幅に刷新された他、テールランプテールゲート側に追加されている。

※この「2代目(2007-2014年)」の解説は、「ルノー・トゥインゴ」の解説の一部です。
「2代目(2007-2014年)」を含む「ルノー・トゥインゴ」の記事については、「ルノー・トゥインゴ」の概要を参照ください。


2代目(1969年-1980年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 13:11 UTC 版)

日野・レンジャー」の記事における「2代目(1969年-1980年)」の解説

1969年昭和44年1月、ジョヴァンニ・ミケロッティデザインの大型トラックZM系と同じテイストデザインとなる。エンジン新開発直6・EC100型(120 ps)を搭載1970年昭和45年6月ワイパー対向式になる。またウィングマークデザイン変更1972年昭和47年6月、145psのEH100エンジン搭載したKL-S登場1972年昭和47年12月マイナーチェンジフロントグリル変更されたほか、ウインカーランプにスモールライト追加される。6t積の大型仕様車「レンジャー6」(KR360型)が追加された。 1974年昭和49年7月、155psのEH300エンジン搭載した高出力車KL-SSが登場1975年昭和50年9月マイナーチェンジフロントグリル変更。この2段式のグリルSDグリル呼ばれている。大型車よりも先行的にテールランプ丸型から角形変更される(ただし、架装メーカー上物違いによる丸テール存在した模様)。 1977年昭和52年1月、165psのEH700エンジン搭載したKL-SDを追加内装備のデザイン変更し悠々キャビン」と命名し発売1978年昭和53年6月EH700型を170psにパワーアップ1979年昭和54年9月昭和54年排ガス規制適合

※この「2代目(1969年-1980年)」の解説は、「日野・レンジャー」の解説の一部です。
「2代目(1969年-1980年)」を含む「日野・レンジャー」の記事については、「日野・レンジャー」の概要を参照ください。


2代目(1949年~1964年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 16:04 UTC 版)

福岡県立図書館」の記事における「2代目(1949年1964年)」の解説

戦後1948年昭和23年8月には福岡県議会新図書館建設議決された。1949年昭和24年7月1日には吉塚東公園現在の博多区東公園内に2代目の図書館落成し7月4日閲覧開始した建物木造平屋建141坪、書庫2階建て、35坪だった。1960年昭和35年)頃、福岡県福岡市文化センター建設する計画行った

※この「2代目(1949年~1964年)」の解説は、「福岡県立図書館」の解説の一部です。
「2代目(1949年~1964年)」を含む「福岡県立図書館」の記事については、「福岡県立図書館」の概要を参照ください。


2代目(LC型、1999年-2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 22:32 UTC 版)

ヒュンダイ・アクセント」の記事における「2代目(LC型、1999年-2005年)」の解説

1999年登場。この代から韓国では「ヴェルナ」に車名変更された。ボディ形状は3ドアハッチバック(ヴェルナスポーツ)、4ドアセダン、5ドアハッチバック(ヴェルナセンス)。エンジン1.5リッターSOHC12バルブ1.5リッターDOHC16バルブ、1.6リッターDOHC16バルブのアルファエンジンであった。 3ドアハッチバックは、世界ラリー選手権WRC)に最高峰クラスWRカー参戦したラリー車の開発・チーム運営担当したイギリスのモータースポーツ・ディベロップメント(MSD)は、ベテランドライバーでマシン熟成させ、速さだけはある若手ドライバー使って勝負に出る、という定番の組み合わせWRCに臨むものの、慢性的な資金難もあり2002年以外の成績振るわなかった。短期間で結果出せないチームに対してヒュンダイ資金極端に絞ったため、吸排気系に小変更を加え程度開発しか行なくなりただ出場するだけの状態が続いたが、2003年途中で活動不能となり撤退している。なお当時ルールWRカー全戦出場義務があり、欠場1戦に付き罰金25USドルヒュンダイWRC参戦際にこのことも明記されFIA書面サインしている。活動資金尽きたMSD2003年終盤4戦を欠場したため、2004年FIAヒュンダイに対しモータースポーツ史上最高となる100万USドル罰金課した。なお、この件に関しヒュンダイMSD2006年現在法廷闘争繰り広げている。 数々の過激な実験毒舌人気を博しているイギリスBBCテレビジョン自動車情報番組トップ・ギアにおいては、アジアンカーの特集組まれた際に取り上げられ1.5 Lのディーゼルエンジンなのに3気筒しかないことや、静止状態から100 km/h加速するまで19秒もかかったことなどから、司会ジェレミー・クラークソンジェームズ・メイに「ヒュンダイ・アクシデント」などと皮肉られているインドでは長く製造・販売が行われていたが、2013年5月製造終了した

※この「2代目(LC型、1999年-2005年)」の解説は、「ヒュンダイ・アクセント」の解説の一部です。
「2代目(LC型、1999年-2005年)」を含む「ヒュンダイ・アクセント」の記事については、「ヒュンダイ・アクセント」の概要を参照ください。


2代目(1999年-2002年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 16:14 UTC 版)

光岡・レイ」の記事における「2代目(1999年-2002年)」の解説

1999年登場。2代目はボディパーツ5代目スズキ・アルト共通となった5ドア4代目マツダ・キャロルベースグレード構成3ドア5ドアのみ。先代に比べるとベースに比べ大幅な変更はなく、内装に関しては全く変更がなかった。

※この「2代目(1999年-2002年)」の解説は、「光岡・レイ」の解説の一部です。
「2代目(1999年-2002年)」を含む「光岡・レイ」の記事については、「光岡・レイ」の概要を参照ください。


2代目(2003-2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 07:19 UTC 版)

フォード・エクスペディション」の記事における「2代目(2003-2006年)」の解説

2002年(03MY)それまでのオーバルデザインコンセプトに基づいたデザインから、やや角張ったデザイン変更された。

※この「2代目(2003-2006年)」の解説は、「フォード・エクスペディション」の解説の一部です。
「2代目(2003-2006年)」を含む「フォード・エクスペディション」の記事については、「フォード・エクスペディション」の概要を参照ください。


2代目(1976年10月 - 1984年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 03:17 UTC 版)

パンチDEデート」の記事における「2代目(1976年10月 - 1984年3月)」の解説

リアルなハート型になり、外周を赤いガラスケース縁取り、その凹凸に豆電球取り付けられるまた、ガラスケース左右の袖にも縁取られお見合い成功の場合は全部点滅した

※この「2代目(1976年10月 - 1984年3月)」の解説は、「パンチDEデート」の解説の一部です。
「2代目(1976年10月 - 1984年3月)」を含む「パンチDEデート」の記事については、「パンチDEデート」の概要を参照ください。


2代目(1967年-1969年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 08:49 UTC 版)

プリムス・バラクーダ」の記事における「2代目(1967年-1969年)」の解説

1967年バラクーダはまだA-ボディベースとしていたが、ファストバック・モデルに加えてノッチバック・モデルとオプションコンバージョン追加された。3年を通じて生産され第2世代各年モデル違いはサイド・マーカーの形状であった。ポニー・カーが定着し競争激化してくると、バラクーダエンジンとしてヴァリアントよりも大型のロードランナー用のエンジンオプションとして用意した1969年にはその最大のものとして440立方インチ(7.2L)モデルショールームお目見えした。これらは限定生産モデルで、1968年にはヘミ・エンジン積んだバラクーダドラッグ・レース登場した1969年には、そのパフォーマンスにも限界がきていた。この年、「クーダ」と呼ばれる383エンジン搭載し外観手直ししたSオプション発表した

※この「2代目(1967年-1969年)」の解説は、「プリムス・バラクーダ」の解説の一部です。
「2代目(1967年-1969年)」を含む「プリムス・バラクーダ」の記事については、「プリムス・バラクーダ」の概要を参照ください。


2代目(1928年 - 1944年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 06:33 UTC 版)

グリコ (菓子)」の記事における「2代目(1928年 - 1944年)」の解説

当時活動していたスポーツ選手数人参考に描き替えたデザインとなる。「グリコ」の書体変更

※この「2代目(1928年 - 1944年)」の解説は、「グリコ (菓子)」の解説の一部です。
「2代目(1928年 - 1944年)」を含む「グリコ (菓子)」の記事については、「グリコ (菓子)」の概要を参照ください。


2代目(社名変更・鳥取県進出前後 - 1985年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 08:02 UTC 版)

山陰中央テレビジョン放送」の記事における「2代目(社名変更鳥取県進出前後 - 1985年3月)」の解説

初代同様大文字

※この「2代目(社名変更・鳥取県進出前後 - 1985年3月)」の解説は、「山陰中央テレビジョン放送」の解説の一部です。
「2代目(社名変更・鳥取県進出前後 - 1985年3月)」を含む「山陰中央テレビジョン放送」の記事については、「山陰中央テレビジョン放送」の概要を参照ください。


2代目(J2型、1995年-2000年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 15:29 UTC 版)

ヒュンダイ・エラントラ」の記事における「2代目(J2型、1995年-2000年)」の解説

1995年3月登場。この代から韓国ではアバンテ(Avante)に車名変更された。同年9月ステーションワゴン「アバンテ・ツーリング(AVANTE TOURING)」も発売されたが、韓国国内では人気低かったため、後継となるXD型では設定されなかった。 1998年2月マイナーチェンジ前期モデル区別するために「オールニューアバンテ(All New AVANTE)」と呼ばれるうになる同時にアバンテツーリングもマイナーチェンジし「オールニューアバンテツーリング(All New AVANTE TOURING)」と呼ばれるようになったまた、オールニューアバンテには韓国国内初となるリーンバーンエンジン搭載したモデル設定されたちなみに新型アクセントにも同時期リーンバーンエンジン搭載された)。 ステーションワゴン(北米仕様) 後期型セダン(北米仕様)

※この「2代目(J2型、1995年-2000年)」の解説は、「ヒュンダイ・エラントラ」の解説の一部です。
「2代目(J2型、1995年-2000年)」を含む「ヒュンダイ・エラントラ」の記事については、「ヒュンダイ・エラントラ」の概要を参照ください。


2代目(1998年~)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 05:36 UTC 版)

こどもちゃれんじ」の記事における「2代目(1998年~)」の解説

初期 製造技術初代の頃に比べ向上ししま模様茶色濃くなった。服の部分素材変わった服装は、オレンジ色の服緑色オーバーオールで靴は緑色となった。また手を入れ部分色も緑色となった後期 しま模様茶色初期よりも更に濃くなった。また名前の記入出来た

※この「2代目(1998年~)」の解説は、「こどもちゃれんじ」の解説の一部です。
「2代目(1998年~)」を含む「こどもちゃれんじ」の記事については、「こどもちゃれんじ」の概要を参照ください。


2代目 (2017年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 09:08 UTC 版)

クライスラー・パシフィカ」の記事における「2代目 (2017年 - )」の解説

先代中型クロスオーバーSUVであったが、2代目はクライスラー・タウン&カントリーボイジャーダッジ・グランドキャラバン統合した実質上後継ミニバンとして開発始まり2016年北米国際自動車ショー初登場果たした。そして、米国市場初めてとなるミニバンPHEV設定されたPHEVモデル16 kWhリチウムイオンバッテリー搭載され、33mi(53km)の走行ができる16kWhのリチウムイオンバッテリー搭載している。 ガソリンエンジン仕様2016年半ば発売されプラグインハイブリッド仕様2017年初頭発売開始された。 チーフエンジニアのケビン・メッツによれば、 プラグインハイブリッドバージョンの生産は、米国最初のクラスとなり、家族の「プライマリービークル」になり得る電気自動車作成することを目的とし、新型車は「タウンカントリー」の名ではなく、「パシフィカ」と名付けられた。タウンカントリーの名を廃止する決定は、主に新しい車以前のモデル区別するために行われ、クライスラーブランド製品マーケティングBruce Velisekディレクターは、パシフィカは「セグメントミニバンについて人々知っていることパラダイム全体変える」ことを意図していると説明する以前タウンカントリーとの違いには、新しプラットフォームと、ミニバン販売共食いしていた市場セグメントであるクロスオーバーからインスピレーション受けたスポーティ外観備えたデザインがあり 、またミニバンスライドドア変更された。スライドドアアルミ製ハンズフリーで、フォブホルダーがその下を振ると自動的に開く仕組み採用2013年6月ウィンザー工場タウン&カントリーミニバンの新世代生産する準備進めていたことが報告され生産2015年始まり2017年モデルリリース予定された業界アナリストは、新型車は、おそらくパシフィカ流れをくむクロスオーバーSUVになるだろうと報じた2015年FCACEOであるセルジオ・マルキオンネは、新しミニバン開発20ドル投資をすると発表ミニバン開発と、生産促進するためのウィンザー工場オーバーホール20ドル投資する発表した2015年11月3日FCAは、パシフィカ商標登録更新するよう申請FCA乗用車ブランドヘッドTimothy Kuniskisは、これがすべての新製品関連しており「名前を失いたくないので、商標更新し続けることは標準的な業界慣行である」と否定。「新しい名前の確立には費用がかかる」と発言した会社ロードマップでは、新しタウンカントリー2017年モデル2016年2月から生産開始し旧型ダッジ・グランドキャラバン廉価モデルとして新しタウンカントリー並行して継続され2017年モデルの後廃止されるとされた。マルキオンネCEOは、製品開発における「重複投資」に反対しているが、これはFCA USの国内ブランド間のバッジエンジニアリング削減する戦略反映されている。 2017年型パシフィカ開始価格US$28,595で、これは2016年タウンカントリーの開始価格よりもUS$1,400 安価であり、「Premium」と呼ばれる基本モデルプラグインハイブリッドUS$41,995から、ハイエンドの「PlatinumモデルUS$44,995からとした。パシフィカハイブリッドは16 kWhバッテリーパック備えているため、 US$7,500連邦税額控除のほか、州および地方レベルでのその他のインセンティブ対象となる。 その後2017年6月電子機器修理のために1,600台のパシフィカリコール2017年11月7日に、Waymoは、パシフィカ・プラグインハイブリッドを使用して運転席ドライバーのいないドライバーレス車のテスト開始した発表した2020年モデルから、ローエンドの「L」および「LXモデルパシフィカ車名から分離されボイジャーの名で販売されている。これは2016年アメリカでは2003年メキシコでは2007年)を最後にクライスラーラインナップから消えたボイジャー」の名が復活したことを示し、LおよびLXトリムに加えて、「LXi」モデルがフリートユーザー向けに利用可能になるという。 Waymo パシフィカドライバーレスミニバン

※この「2代目 (2017年 - )」の解説は、「クライスラー・パシフィカ」の解説の一部です。
「2代目 (2017年 - )」を含む「クライスラー・パシフィカ」の記事については、「クライスラー・パシフィカ」の概要を参照ください。


2代目(1951年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 05:10 UTC 版)

群馬県の歌」の記事における「2代目(1951年)」の解説

2代目の「群馬県の歌」はいわゆる復興県民歌」として県が県教育委員会および上毛新聞社共同で歌詞と曲公募実施し1951年昭和26年5月4日制定された。この際、2代目県民歌制定と合わせてレンゲツツジ県花選定されている。 土屋文明審査委員長務めた作詞部門では入選作がなく、選考委員務めた詩人高橋元吉作詞行った歌詞5番まであり、古代からの上国の繁栄三方を山に囲まれ県土美しさを歌う内容となっている。近衛秀麿審査委員長務めた作曲部門では、中学校教諭後に高崎市民音連盟常任理事となった浜欽哉(1907年 - 1987年)が応募したものが採用された現行の3代目県民歌制定に伴い1968年昭和43年)に廃止された。

※この「2代目(1951年)」の解説は、「群馬県の歌」の解説の一部です。
「2代目(1951年)」を含む「群馬県の歌」の記事については、「群馬県の歌」の概要を参照ください。


2代目(現橋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 05:52 UTC 版)

越路橋」の記事における「2代目(現橋)」の解説

しかし、越路橋架橋から鉄道時代含めて一世紀近くになるため老朽化著しくその後モータリゼーション進行により日交通量が16000台まで増大さらには車道幅が6 mと狭小で歩道を備えていないことから歩行者・自転車の通行著し障害が出る上、慢性的な渋滞発生していた事から、1988年平成元年12月27日越路橋促進期成同盟会が発足し替へ機運高まっていた。 橋梁南側上流側70 mへの替が1991年度平成3年度)に新潟県により事業化され、1993年平成5年11月10日起工式が行われた。1998年平成10年2月16日主桁が閉合され11月26日現橋開通バイパス同日全線開通した。 翌年旧橋撤去されたが、2002年平成14年9月に「地域発展貢献した遺産として後世語り継ぎたい」と、旧橋トラス一部全長31.4 m、全幅6 m、全高7.8 m)が越路町河川公園(現・長岡市越路河川公園内に移設され、「越路橋メモリアルパーク」として公開されている。もともと8パネルトラスを3パネル短縮したため、中央パネルの斜材(帯板)の幅が等しくなるべきところが異なっている。

※この「2代目(現橋)」の解説は、「越路橋」の解説の一部です。
「2代目(現橋)」を含む「越路橋」の記事については、「越路橋」の概要を参照ください。


2代目 (1991.10 - 1992.9)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:59 UTC 版)

筑紫哲也 NEWS23」の記事における「2代目 (1991.10 - 1992.9)」の解説

黄緑色ベースとしたやや暗めのセット

※この「2代目 (1991.10 - 1992.9)」の解説は、「筑紫哲也 NEWS23」の解説の一部です。
「2代目 (1991.10 - 1992.9)」を含む「筑紫哲也 NEWS23」の記事については、「筑紫哲也 NEWS23」の概要を参照ください。


2代目(1967年~1972年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 04:35 UTC 版)

シボレー・C/K」の記事における「2代目(1967年1972年)」の解説

全長長くなり大型化多種エンジン搭載1969年モデルで、これをベースにしたK5ブレイザー登場

※この「2代目(1967年~1972年)」の解説は、「シボレー・C/K」の解説の一部です。
「2代目(1967年~1972年)」を含む「シボレー・C/K」の記事については、「シボレー・C/K」の概要を参照ください。


2代目(月曜時代前期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 23:07 UTC 版)

忍者ハットリくん」の記事における「2代目(月曜時代前期)」の解説

ハットリくん後にシンゾウ獅子丸走ってきて、睡蓮ひっくり返ってそこからサブタイトル表示される

※この「2代目(月曜時代前期)」の解説は、「忍者ハットリくん」の解説の一部です。
「2代目(月曜時代前期)」を含む「忍者ハットリくん」の記事については、「忍者ハットリくん」の概要を参照ください。


2代目(2010年 - 2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:30 UTC 版)

フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の記事における「2代目(2010年 - 2018年)」の解説

姉妹車種カイエン同様、2010年3月第80回ジュネーヴショーワールドプレミアボディプラットフォーム新開発とすることで最大で約200kgの軽量化図られたうえ、アイシンAW(現:アイシン)製8速AT(レクサス・LS用の改良版)を全車採用するなどして燃費シリーズ全体初代20%ほど向上している。 パワーユニット上述の3リッターV6スーパーチャージャー付き+モーター組み込んだハイブリッド」を筆頭に3.6Lの「V6 FSI」、ディーゼルエンジンの「V6 TDI」と「V8 TDI」の計4種フォルクスワーゲン車においてハイブリッド仕様が設定されるのは、このトゥアレグが初となる。ハイブリッド用いられている電池三洋電機製ニッケル・水素充電池で288Vの電圧で約1.7kWhの出力を持つ。 4WDシステムハイブリッド車は「4MOTION」が、それ以外先代と同様に「4XMOTION」(副変速機付き)が採用されている。 なお、日本国内では2011年1月19日公式発表され、同年2月17日より販売開始するグレード体系は「ハイブリッド」と「V6」の2グレードで、両グレードとも「平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆)」認定取得するとともに、「V6」は「平成22年度燃費基準+20%」を、「ハイブリッド」は「平成22年度燃費基準+25%」をそれぞれ達成した2012年4月3日に「V6」において仕様変更行いJC08モードに対応。同モードでの燃費は9.8km/Lで、「平成27年度燃費基準+10%」を達成する。なお、「ハイブリッド」は「平成22年度燃費基準+50%」達成となった同年12月4日一部改良。「ハイブリッド」に標準装備しているフロントモニタリングシステム「Front Assist」に全速域対応の自動ブレーキ機能と30km/h未満先行車両への衝突回避被害軽減を図る緊急ブレーキ機能追加し、「Front Assist Plus」に強化(「V6」にもセットオプションの「テクノロジーパッケージ」にて装備可能)。さらに、全車においてはハンドル操作によるステアリング角度などを監視しドライバー疲労眠気による急ハンドルなど、通常とは異な運転状況検知した場合メーター内のマルチファンクションインジケーターの表示警告音休憩を取るよう促し事故未然に防ぐドライバー疲労検知システムFatigue Detection System」を新たに標準装備した。なお、価格従来型から据え置きとなった2014年4月1日消費税増税及び原材料費の高騰などに伴う生産コスト輸送費の上を受けて価格改定実施し、「V6」は24.6万円「Hybrid」は35.4万円大幅値上げ行った2015年2月10日にビッグマイナーチェンジを実施昨今のフォルクスワーゲン車の特徴である基調強調したデザイン取り入れ、フロント・リア・サイド部分にクロムパーツをあしらい、ラジエターグリルはセンターVWマーク中心に4本のクロームモールを水平方向伸ばし、バイキセノンヘッドライトはLEDポジションライトを内蔵フロントバンパー配置した左右および中央にエアインテークにはラジエターグリルと同じ3本平クロームモールを配し視覚的に低く見せるため、前後バンパーサイド下部太めのクロームモールを装着しフロントアンダーガードにもクロームモールを装着フォグランプ18インチアルミホイールは新デザイン変更したボディカラー新色5色を含む8色展開となった装備面では「ハイブリッド」に標準装備されていたプリクラッシュブレーキシステム「Front Assist Plusに加え、マルチコリジョンブレーキ、アダプティブクルーズコントロールACC)を標準装備して安全性能強化したほか、本車専用開発されETC機能内蔵型純正HDDナビゲーションシステム「RSN850」、ステアリングヒーター、パークディスタンスコントロール(前後)、オプティカルパーキングシステム、アラウンドビューカメラ「Area View」、リアビューカメラ「Rear Assist(ステアリングガイド付)」も標準装備した。グレード体系ガソリン車のみとなり、既存の「V6に加え、レーンディパーチャーワーニングシステム「Lane Assist」、レーンチェンジアシストシステム「Side Assist」、レザーコンフォートパワーシート(運転席/助手席、8ウェイ運転席メモリー付)、シートヒーター運転席/助手席)などを追加した上級仕様V6 Upgrade Package」を新設した。 2016年7月19日一部仕様変更。「V6 Upgrade Package」において、ボディカラー「リーフブルーメタリック」と内装「ナチュラルブランレザー」の組み合わせ廃止した後期型(フロント) 後期型(リア)

※この「2代目(2010年 - 2018年)」の解説は、「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の解説の一部です。
「2代目(2010年 - 2018年)」を含む「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の記事については、「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」の概要を参照ください。


2代目(仮設)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 15:16 UTC 版)

広島城」の記事における「2代目(仮設)」の解説

1951年昭和26年)、広島国体開催に合わせて仮設木造模擬天守建てられた。 天守博物館として利用し始めたのはこの頃からである。夜はライトアップされアトラクションとして天守周りを「スイッチバック・レールウェイ(木製ジェットコースター)」が設置された。竣工時期不明である大型台風ルース台風にも耐えたが、国体終了と共に取り壊された。

※この「2代目(仮設)」の解説は、「広島城」の解説の一部です。
「2代目(仮設)」を含む「広島城」の記事については、「広島城」の概要を参照ください。


2代目(1970年-1981年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:11 UTC 版)

シボレー・カマロ」の記事における「2代目(1970年-1981年)」の解説

1970年2月発売日本国内ではそのルックスから「サメカマ」の愛称親しまれているプラットフォームエンジン1980年以降の3.8L V6エンジンを除く)など大半コンポーネント初代から引き継がれたもので、典型的なスキンチェンジとされるグレードベーシックスポーツクーペ、ラリースポーツ、スーパースポーツ、Z28。それに1973年にはLT追加される1974年マスクテールデザインリファインし、5マイルバンパー装備するなどマイナーチェンジを受けるが、折からの排出ガス規制影響で大幅にパワーダウン、最高グレードであるZ28がラインナップから一時姿を消した1977年復活)。 1978年には、再びデザインリファインが行われ、ウレタン製バンパー一体型マスク新デザインテール採用に加え全長2.2インチ伸びて197.6インチ(5,019mm)となった。 翌1979年には、それまでLTに代わるラグジュアリー・モデルとして新たにベルリネッタラインナップされた。またインパネ周りデザイン一新された生産期間長さマスキー法への対応から、エンジンバリエーションカマロの中で多く1970年-1972年: 6.6L V8 1970年-1973年: 5.0L V8 1970年-1979年: 4.1L 直6 1970年-1981年: 5.7L V8 1976年-1981年: 5.0L V8 1980年-1981年: 3.8L V6 1980年-1981年: 3.8L V6(カリフォルニアモデル) 1980年-1981年: 4.4L V8 の9種類搭載されている。また、オプション細分化によりユーザー希望によって多様な組み合わせができるように設定されコラムシフトTバールーフなども選択できた。また、このモデルではオーストラリア向けに右ハンドル仕様車がラインナップされた。 日本へは大洋シボレー伊藤忠オートGM資本提携にあったいすゞ自動車などから正規輸入された。 2代目カマロ1982年3代目発売されるまで、カマロの中ではもっとも長い12年間にわたり販売され続けたが、これは段階的に厳しくなる排出ガス規制への対応が優先され次世代型開発後回しとなった結果である。

※この「2代目(1970年-1981年)」の解説は、「シボレー・カマロ」の解説の一部です。
「2代目(1970年-1981年)」を含む「シボレー・カマロ」の記事については、「シボレー・カマロ」の概要を参照ください。


2代目(2014年-2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 07:30 UTC 版)

ホンダ・スピリア」の記事における「2代目(2014年-2018年)」の解説

2014年4月20日北京モーターショーにてコンセプトモデル発表され同年11月18日にXR-Vとともに発売開始された。2代目は中国専用車種として開発された。エンジンはいずれ直列4気筒2.0L(R20Z8型)と2.4L(K24V4型)がラインナップされる。2.0L車にはCVTが、2.4L車にはアキュラ・TLXアキュラ・ILXでも採用されているトルクコンバーター付きの8速デュアルクラッチトランスミッションが、それぞれ組み合わせられている。 2017年1月5日、スポーツハイブリッドモデルを発売開始2018年10月モデルチェンジ行い車名インスパイア変更された。 スピリアコンセプト(フロント) スピリアコンセプト(リアスピリア Si

※この「2代目(2014年-2018年)」の解説は、「ホンダ・スピリア」の解説の一部です。
「2代目(2014年-2018年)」を含む「ホンダ・スピリア」の記事については、「ホンダ・スピリア」の概要を参照ください。


2代目(1990年4月 - 1991年7月頃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:46 UTC 版)

NNNニュースプラス1」の記事における「2代目(1990年4月 - 1991年7月頃)」の解説

バック平面世界地図施したセット1991年4月以降もしばらく数か月使用していた。

※この「2代目(1990年4月 - 1991年7月頃)」の解説は、「NNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「2代目(1990年4月 - 1991年7月頃)」を含む「NNNニュースプラス1」の記事については、「NNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


2代目(1996年10月 - 2004年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 15:46 UTC 版)

NNNニュースプラス1」の記事における「2代目(1996年10月 - 2004年3月)」の解説

カラーリングニュースプラス1 / ニュースプラス1 SATURDAY / ニュースプラス1 SUNDAYNNN ニュースプラス1 / NNN ニュースプラス1 SATURDAY 青地の+(上部がずれている)の中に水色背景で「ニュース」(黒文字)、「プラス」、「1」(以上白文字、「1」は斜体)のロゴ2002年10月以降全国土曜版ロゴ右上に青の「NNN」が付く。 週末版には下の「1」を囲むように背景青緑色黄色文字で「SATURDAYSUNDAYの文字2002年10月以降の土曜版下に斜めに配置されたSATURDAYの文字が入る。 なお、2022年4月現在も"ニュースプラス1"のタイトル維持しているテレビ岩手ニュースプラス1いわて』のロゴはこの2代目を継承して使用している

※この「2代目(1996年10月 - 2004年3月)」の解説は、「NNNニュースプラス1」の解説の一部です。
「2代目(1996年10月 - 2004年3月)」を含む「NNNニュースプラス1」の記事については、「NNNニュースプラス1」の概要を参照ください。


2代目(PS型、2013年- 2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 10:25 UTC 版)

キア・ソウル」の記事における「2代目(PS型2013年- 2019年)」の解説

2013年3月ニューヨークモーターショーにてワールドプレミアその後同年8月にはフランクフルトモーターショーにて欧州仕様公開されたエクステリア・インテリアとも好評だった先代色濃く踏襲しながらも進化しており、一目でソウル分かるものとなっている。 2013年10月22日韓国にて発表販売開始量産車としては世界で初めアルミホイール部分グレー/レッド/ブラックの3色から選択出来るほか、ボディルーフ部分を違う色でのコーディネイトで可能としている。 安全装備として、起亜車初となる最新式のパーキングサポートシステムを採用システム内容としては、縦列駐車だけでなく、直角駐車自動サポートしてくれるものとなっている。 インテリアにはこれも起亜車初となるAndroidOSベースとした8インチタッチスクリーン式ナビゲーション備わる。 また、ボディ高張力鋼20%増やして剛性を約29%UPさせたことで、安全性軽量化貢献している。

※この「2代目(PS型、2013年- 2019年)」の解説は、「キア・ソウル」の解説の一部です。
「2代目(PS型、2013年- 2019年)」を含む「キア・ソウル」の記事については、「キア・ソウル」の概要を参照ください。


2代目(1980年-1989年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 06:23 UTC 版)

マツダ・タイタン」の記事における「2代目(1980年-1989年)」の解説

1980年昭和55年10月 2代目発表エンジンディーゼルのみで、2,500 cc、3,000 cc直列4気筒HA型と4,000 cc直列6気筒搭載。このモデルには2ウェイシフトと名づけられた副変速機設定されていた。リアコンビネーションランプを2連に変更し後退灯を独立1984年昭和59年5月 マイナーチェンジフロントグリル変更昭和58年排出ガス規制適合。3,500 cc直列4気筒SL追加1987年昭和62年マイナーチェンジヘッドランプ丸形4灯から角形4灯(いずれも規格型)に変更DIN規格のオーディオスペースが設けられる直列6気筒エンジン変わり直列4気筒SL型をターボ化。 このタイタンにはキャンターアトラスといった競合車同様、ウォークスルーバン存在したウォークスルーバン丸形2灯のヘッドランプ特徴であったインドSMLいすゞ(旧:スワラジマツダ)ではこの型とパークウェイベースとしたバス救急車が、マツダとの関係が解消された現在も生産されている。2022年4月現在でもSMLI公式サイトトラックのSamrat1213XTとスクールバスの「プレステージスクールバスBS-VI」の存在確認できる。これらはSMLブランドでの販売となるが、2015年6月時点ではSMLブランドだけではなく、いすゞブランドでも生産されるという日本とは逆の状況発生していた。

※この「2代目(1980年-1989年)」の解説は、「マツダ・タイタン」の解説の一部です。
「2代目(1980年-1989年)」を含む「マツダ・タイタン」の記事については、「マツダ・タイタン」の概要を参照ください。


2代目(1979-1986年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 04:48 UTC 版)

マーキュリー・カプリ」の記事における「2代目(1979-1986年)」の解説

1979年発表。2代目カプリ同年発表されたマスタングマーキュリー版である。それまでマスタング姉妹車であったマーキュリー・クーガー1974年フルモデルチェンジた際にフォード・フェアレーンのプラットフォームベースへ格上げされたこと及びヨーロッパより輸入されていた初代カプリ販売中止してアメリカ独自モデルするために企画された。プラットフォームはフォード・フォックス・プラットフォーム (Ford Fox platform) を使用しているマスタングボディ2ドア3ドア用意されていたのに対しカプリ3ドアのみであったマスタング3ドアとはフレーム同一であるため外見上差異フェンダーボンネットほか装飾部品にとどまる。インテリアマーキュリーふさわしくマスタングよりは豪華な仕様されていた1983年マイナーチェンジではリアゲートドアが設計変更された。これはドアフレーム基本的な変更はないが、後端まで延長され窓枠バブルバック呼ばれるわずかに膨らんだガラスをはめた専用品である。 エンジンは2.3リッター直列4気筒SOHC、2.3リッター直列4気筒SOHCターボV型6気筒OHV5.0リッター直列6気筒OHVなどがオプション設定されていた年式により搭載されエンジンには何度か変更加えられているが、これは基本的にマスタング変更準じたものであるターボ1984年モデル最後に生産終了している。 2代目モデルかつてのマスタングクーガーの関係と比較して性格付けグレード構成など含めて差別化ができていたとは言い難く販売成績不調であった。そのためマスタング1993年まで改良小変更を加えながら生産されたのとは対照的に1986年モデル最後に生産終了した前期型 前期型(リア) 1983年以降のバブルバック

※この「2代目(1979-1986年)」の解説は、「マーキュリー・カプリ」の解説の一部です。
「2代目(1979-1986年)」を含む「マーキュリー・カプリ」の記事については、「マーキュリー・カプリ」の概要を参照ください。


2代目 (2015–2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/10 06:13 UTC 版)

クライスラー・200」の記事における「2代目 (20152017年)」の解説

2014年1月デトロイトモーターショーにて公開されたダッジ・ダートベース開発されトヨタ・カムリ日産・アルティマホンダ・アコードなどに対抗する中型セダン位置付けられている。 2016年1月フィアット・クライスラー・オートモービルズCEOであるセルジオ・マルキオンネ200ダート生産同年12月停止する発表した

※この「2代目 (2015–2017年)」の解説は、「クライスラー・200」の解説の一部です。
「2代目 (2015–2017年)」を含む「クライスラー・200」の記事については、「クライスラー・200」の概要を参照ください。


2代目(1992-1997年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 04:39 UTC 版)

マーキュリー・グランドマーキー」の記事における「2代目(1992-1997年)」の解説

1992年に2代目が登場。パンサー・プラットフォームは初代踏襲したものの、サスペンションセッティングの変更行った上に新たにV8のモジュール・エンジンを搭載し燃費効率向上したほか、セーブルクーガートパーズなどの当時他のマーキュリー・ディビジョンのモデルと同様に、空力意識したデザインとなった初代同じくフォード最上級車種であるクラウンビクトリアのマーキュリーバージョンとして、引き続きマーキュリー・ディビジョンの最高級車種位置付けられた。 バリエーション初代販売台数のほとんどを占めた4ドアセダンのみとなり、初代設定された5ドアステーションワゴンのコロニーパーク2ドアクーペ用意されなかった。乗車定員は6人である。グレードベースとなるグランド・マーキー上級版のLS用意されメキシコでは初代続いてディーラーオプションとしてストレッチ・リムジンも用意されたエンジン新たに燃費効率を向上させたV8OHVの4,600ccが用意されたトランスミッションコラムシフト4速ATのみ。初代モデル同じく左ハンドルモデルのみが用意された1995年フェイスリフト中心としたマイナーチェンジが行われ、ダッシュボード中心とした内装デザイン更新されたほか、新たに電子制御トランスミッション搭載された。生産カナダオンタリオ州セント・トーマス工場のみで行われた1997年販売終了3代目へと進化した

※この「2代目(1992-1997年)」の解説は、「マーキュリー・グランドマーキー」の解説の一部です。
「2代目(1992-1997年)」を含む「マーキュリー・グランドマーキー」の記事については、「マーキュリー・グランドマーキー」の概要を参照ください。


2代目(1930年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:41 UTC 版)

大石田大橋」の記事における「2代目(1930年)」の解説

現在使用されているで、1930年12月7日開通木橋から鉄橋変わった他、洪水時などの水位上昇見据え位置以前より上げて架け替えが行われた。鉄骨橋脚の上に組まれているカンチレバートラス橋で、平成18年強度の検査が行われている。 1931年から現在も行われている大石田まつり及び最上川花火大会は2代目大石田大橋完成祝して創始されものである

※この「2代目(1930年)」の解説は、「大石田大橋」の解説の一部です。
「2代目(1930年)」を含む「大石田大橋」の記事については、「大石田大橋」の概要を参照ください。


2代目(2006年-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 04:43 UTC 版)

ランドローバー・フリーランダー」の記事における「2代目(2006年-2014年)」の解説

2006年7月英国国際モーターショー出展北米では「LR2」を、それ以外の地域では「フリーランダー2」を名乗るボルボ・S80と同じ直列6気筒3.2LガソリンエンジンフォードPSAグループ共同開発した2.2Lディーゼルエンジンが横置き搭載された。日本仕様においては直列6気筒モデルのみが販売された。SUVとは思えない軽快で機敏な走り楽しめる一方オフロード性能高くランドローバー開発したテレインレスポンスも搭載している。ただし、ほかのランドローバー・モデルと異なりエアサスペンション装備していないため、「岩場モード」のない4モードとなる。ランドローバーを含むグループ内のブランド共同開発したこのプラットフォーム使用するのは他にボルボ・S80フォード・ギャラクシーフォルクスワーゲン・シャラン参照)など。様々な電子デバイス標準装備され、欧州衝突安全性能評価をしているEuro NCAPで、コンパクトSUV初となる5ッ星を獲得し高い安全性として評価されている。 2013年モデルよりガソリンエンジンダウンサイジングコンセプト直列4気筒2リッターターボ(フォード・エコブースト)に変更された。

※この「2代目(2006年-2014年)」の解説は、「ランドローバー・フリーランダー」の解説の一部です。
「2代目(2006年-2014年)」を含む「ランドローバー・フリーランダー」の記事については、「ランドローバー・フリーランダー」の概要を参照ください。


2代目 (2017年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 01:37 UTC 版)

アウディ・Q5」の記事における「2代目 (2017年-)」の解説

2016年パリモーターショーにて発表生産拠点ドイツのインゴルシュタットからメキシコ新たに開設され工場変更されそこから全世界に向けて輸出される2017年10月2日日本市場にて販売開始。2代目となる当モデル新しプラットフォームMLB Evo(モジュラーロンギチューディナルマトリックスエボ)」を採用するパワートレインは、最高出力252ps (185kw)、最大トルク370Nm(37.8kgm)を発揮する2.0L4気筒直噴ターボエンジンと7速Sトロニック組み合わせる駆動方式先代同じく4WDだが、「ultraテクノロジー」と呼ばれる新タイプの「quattro」を採用電子制御油圧多板クラッチ前後トルク配分調整すると同時にシステム4WD走行不要判断するプロペラシャフトおよびリアドライブシャフト切り離し前輪駆動とすることによって、燃費を13.9km/L(JC08モード)と11改善している。シャシーは、新開発電動パワーステアリング前後に5リンクのサスペンション採用また、オプション新開発エアサスペンション設定7つセッティング選択することができ、舗装路からオフロードまで幅広い走行条件対応できるこのほかコネクティビティ機能として、「アウディコネクト」にてインターネットからの情報サービス受けられるほか、スマートフォンインターフェイスやWi-Fiスポット機能など備える。さらに「セーフティサービス」にも対応し事故など発生時に車両から自動的にSOSコール発信されるアウディ SOSコール」、スマホ使ってドア解除施錠カーナビ目的地などを設定することができる「myCar Manager」などの機能利用できる2017年10月2日通常モデル発売と同時に250限定となる「1st edition」を販売開始ベースとなる2.0 TFSI quattroに、S line仕様エクステリア採用したモデルとなる。 2017年11月9日、「Q5 2.0 TFSI クワトロ スポーツ」を新たに設定2018年4月25日北京モーターショー2018において「Q5 L」を初公開ベースモデルQ5に対しホイールベースを88mm延ばし後席のレッグルームを110mm拡大した2019年2月19日日本市場向けにクリーンディーゼル搭載モデルAudi Q5 40 TDI quattro』が導入された。アウディジャパンとしてクリーンディーゼル搭載モデル販売するのは初めての車種となる。 2019年10月7日Q5のプラグインハイブリッドモデル、「Q5 55 TFSI e クワトロ」を欧州発売

※この「2代目 (2017年-)」の解説は、「アウディ・Q5」の解説の一部です。
「2代目 (2017年-)」を含む「アウディ・Q5」の記事については、「アウディ・Q5」の概要を参照ください。


2代目(2002年-2008年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 00:01 UTC 版)

イヴェコ・ユーロカーゴ」の記事における「2代目(2002年-2008年)」の解説

2002年登場

※この「2代目(2002年-2008年)」の解説は、「イヴェコ・ユーロカーゴ」の解説の一部です。
「2代目(2002年-2008年)」を含む「イヴェコ・ユーロカーゴ」の記事については、「イヴェコ・ユーロカーゴ」の概要を参照ください。


2代目(1995年-1998年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 04:34 UTC 版)

イーグル・タロン」の記事における「2代目(1995年-1998年)」の解説

タロン1994年に2代目へとモデルチェンジをする。先代同じく三菱・エクリプス姉妹車として誕生したコンポーネント主だった部分先代から踏襲しているが、グレード整理されクライスラー・420Aツインカム自然吸気(140ps)搭載ESi4G63ツインカムターボ(210ps)を搭載するTSi2種類構成されAWDモデルラインナップされなかった。後の1995年上記に加えて新たにベースモデル追加された。 先代同様に姉妹車エクリプスとの変更点少ないが、外装独特の形状フロントバンパー装着しさらにはエクリプスには無い特徴的なハイマウントリアスポイラーを装備していた。また、エクリプスラインナップされていた2.4L自然吸気エンジン設定されなかった。 1998年のイーグルブランドの終焉と共にタロン歴史幕を閉じエクリプス姉妹車全て消滅したリア

※この「2代目(1995年-1998年)」の解説は、「イーグル・タロン」の解説の一部です。
「2代目(1995年-1998年)」を含む「イーグル・タロン」の記事については、「イーグル・タロン」の概要を参照ください。


2代目(2007年-2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 08:06 UTC 版)

シトロエン・ジャンピー」の記事における「2代目(2007年-2016年)」の解説

2代目は2006年終わり発表され2007年1月生産開始した先代よりもサイズアップをしてるためラゲッジスペースが大幅に拡大している。 2008年のインターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤー(英語版)を受賞している。

※この「2代目(2007年-2016年)」の解説は、「シトロエン・ジャンピー」の解説の一部です。
「2代目(2007年-2016年)」を含む「シトロエン・ジャンピー」の記事については、「シトロエン・ジャンピー」の概要を参照ください。


2代目(2006年-2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 07:12 UTC 版)

プジョー・エキスパート」の記事における「2代目(2006年-2016年)」の解説

2006年末に発表された先代とは打って変わってATを設定せずガソリンエンジン車もラインナップに加えないという割り切っ仕様登場した2008年のインターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤー(英語版)を受賞している。

※この「2代目(2006年-2016年)」の解説は、「プジョー・エキスパート」の解説の一部です。
「2代目(2006年-2016年)」を含む「プジョー・エキスパート」の記事については、「プジョー・エキスパート」の概要を参照ください。


2代目 (1996-2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 20:41 UTC 版)

ビュイック・パークアベニュー」の記事における「2代目 (1996-2005年)」の解説

1996年10月販売開始した2005年販売終了後継車種は「ルサーン」である。

※この「2代目 (1996-2005年)」の解説は、「ビュイック・パークアベニュー」の解説の一部です。
「2代目 (1996-2005年)」を含む「ビュイック・パークアベニュー」の記事については、「ビュイック・パークアベニュー」の概要を参照ください。


2代目 (1981年 - 1998年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 23:20 UTC 版)

スズキ・ジムニー」の記事における「2代目 (1981年 - 1998年)」の解説

日本国内では、1982年8月発売1981年にSJ410の輸出始まり日本国外販売台数伸ばしていた。しかし、ジムニー8の販売芳しくなかったこともあり日本国内での販売計画されていなかった。ところが、ユーザーから国内販売求め声があがり、その希望にこたえる形で国内販売された。 エンジンは、SJ20 に搭載されF8A 型をボア・ストローク共にアップして 970ccとした F10A 型を搭載した。このF10A型は、当時スズキでは最大排気量エンジンであり、セルボ輸出仕様車(SC100)にも搭載されいたものである。2代目となるボディフレーム駆動系は、直列4気筒F10A 型の搭載前提として設計されている。 また、国内販売されジムニーでは初めてピックアップモデルが設定されたが、販売台数321台と伸びず、この形式のみとなっている。荷箱同社キャリイのものを流用している。また、2型である SJ40T-DT はカタログには載ったものの、実際は販売されていないモデルとなったピックアップあるため通常のモデルよりもホイールベース全長長くなっている。 軽自動車SJ30 とは異なり、195SR15タイヤ標準装着としていたが、15インチホイール(5.5Jオフセット+10)は、PCD139.7mmの6穴仕様となった。これは、ホイールを軽モデル流用できないようにするため、当時運輸省現・国交通省)の指導があったためとされる。ピックアップモデルのみ16インチホイールを採用したため、軽モデルと同じ5穴ホイールとなっている。 1986年貨物自動車排出ガス規制対応するため、小型車登録のジムニーは JA51 に移行した軽貨物車は昭和53年規制普通乗用車同様の規制値適用されていた。日本国内での新車登録台数は、累計6,558であった国内では3年ほどの販売であったが、日本国外モデルである SJ410 は、スペインインドタイインドネシアなどで1998年頃までノックダウンおよび現地生産されていた。 「#日本国外輸出現地生産を参照 2007年4月21日、SJ413型ジムニー南米オホス・デル・サラード火山で6,688m (21,942 ft)の自動車高高度走行ギネス世界記録達成していた。 サンタナ製SJ410

※この「2代目 (1981年 - 1998年)」の解説は、「スズキ・ジムニー」の解説の一部です。
「2代目 (1981年 - 1998年)」を含む「スズキ・ジムニー」の記事については、「スズキ・ジムニー」の概要を参照ください。


2代目(1956年〜1981年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 14:34 UTC 版)

音羽町」の記事における「2代目(1956年1981年)」の解説

1956年8月10日国道1号沿いの土地新築竣功合併要件中に庁舎の新築謳われていたことから建築された。役場移転後1982年2月に「音羽町総合センター」となり、音羽町商工会愛知県道路公社事務所入った。のちに取壊され跡地にはコンビニエンスストアサンクス音羽店)が建てられた。

※この「2代目(1956年〜1981年)」の解説は、「音羽町」の解説の一部です。
「2代目(1956年〜1981年)」を含む「音羽町」の記事については、「音羽町」の概要を参照ください。


2代目 (2000-2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 19:52 UTC 版)

シボレー・タホ」の記事における「2代目 (2000-2006年)」の解説

2000年発売開始した従来の5.7LエンジンV8、255PS)に代えて、4.8L(270馬力)と5.3L(285馬力)の2種類V8エンジン搭載された。これらのエンジンより小になったにも関わらずよりパワフルであった。同時にマニュアルトランスミッション廃止となったメキシコではタホがシボレー・ソノラと呼ばれていた。新型車では、グリルヘッドライトデザイン、そしてインテリア一新されたまた、ボディ・デザインもエアロダイナミックの影響を受けて流麗なライン形成するものとなっていた。 2003年、「スタビリトラック」と呼ばれる横滑り防止装置初め導入された。 2004年には5.3L(295馬力)のエンジン追加された。

※この「2代目 (2000-2006年)」の解説は、「シボレー・タホ」の解説の一部です。
「2代目 (2000-2006年)」を含む「シボレー・タホ」の記事については、「シボレー・タホ」の概要を参照ください。


2代目(2015年 - 2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 09:49 UTC 版)

タタ・ナノ」の記事における「2代目(2015年 - 2018年)」の解説

2015年5月19日フルモデルチェンジ車名を「GenX Nano」に変更したNano Twist続き電動パワーステアリング標準装備したほか(XEを除く)、全グレードでリアハッチが設けられ5ドアとなったほか、ドアミラー運転席側のみ装備され従来モデルに対し助手席側に装備された。上位グレードの「XMA」「XTA」には「Easy Shift」と名付けられオートマチックトランスミッション搭載される。なおエンジン従来モデル変わらない623cc・直列2気筒のまま。 ただし、価格ニューデリー渡しで、最低グレードXE199,000ルピーからとなり、事実上10万ルピーカー」の看板下ろしたとなっている。従来モデルの「Nano CNG emax」「Nano Twist」については2016年4月販売終了までしばらく併売されたものの、「GenX Nano」も結果的に販売不振のため2018年末までに販売終了となった

※この「2代目(2015年 - 2018年)」の解説は、「タタ・ナノ」の解説の一部です。
「2代目(2015年 - 2018年)」を含む「タタ・ナノ」の記事については、「タタ・ナノ」の概要を参照ください。


2代目 (2007–2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 01:15 UTC 版)

シュコダ・ファビア」の記事における「2代目 (20072014年)」の解説

2007年3月ジュネーブ・モーターショーにて世界初公開された。外寸は先代からわずかに拡大され全長3,992mm×全幅1,642mm×全高1,498mmとなっている。フォルクスワーゲン・ポロセアト・イビサアウディ・A1プラットフォーム共有するスタイリングはルームスターと同様のフロントノーズが与えられているが、スズキ・スイフトとの類似性指摘されている。

※この「2代目 (2007–2014年)」の解説は、「シュコダ・ファビア」の解説の一部です。
「2代目 (2007–2014年)」を含む「シュコダ・ファビア」の記事については、「シュコダ・ファビア」の概要を参照ください。


2代目 (1998-2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 15:01 UTC 版)

オペル・アストラ」の記事における「2代目 (1998-2004年)」の解説

1997年発表1998年発売開始アルミニウム製サブフレームシボレー・コルベット採用した高水高張ボディによりボディ剛性2倍に引き上げられた。その他アクティブヘッドレスト(同じGMグループサーブ・オートモービル開発)、ブレーキペダル脱落装置特許取得)など安全面強化図られた。 2001年以降のスポーツモデル搭載されサターン製の2.2LDOHCエンジン(Z22SE, L61)は実用本位開発されGMグループでもっとも成功したエンジンといわれ、スピードスタートラヴィックなどにも搭載されている。 日本仕様 5ドアハッチバック、4ドアサルーン、5ドアワゴン、2ドアクーペ、2ドアカブリオレのガソリンエンジンモデルが輸入された。全車ニュートラルコントロール付き4速ATのみだった。 大きく分けて1998-2000年モデルのXエンジン搭載車2001-2003年モデルのZエンジン搭載車分けることができる。 グレードハッチワゴンLS CD SPORT(呼称スポーツ変更された) サルーンCDのみクーペカブリオはベルトーネエディションというサブネームが付くモノグレード。後期LSZ16エンジン)とCDZ18エンジン)のみレギュラーガソリン仕様である。発表資料写真1枚だけ5ドアミニバン発表されていたが、これはアストラベースのミニバンザフィーラであり、アストラG開発時からミニバンEUではMPV呼称)も同時開発していた。 クーペカブリオボディ部分イタリアベルトーネ組み立てられた。

※この「2代目 (1998-2004年)」の解説は、「オペル・アストラ」の解説の一部です。
「2代目 (1998-2004年)」を含む「オペル・アストラ」の記事については、「オペル・アストラ」の概要を参照ください。


2代目(AZ20型、2021年 -)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 23:08 UTC 版)

レクサス・NX」の記事における「2代目(AZ20型、2021年 -)」の解説

2代目では、走行性能デザイン先進技術全面刷新した次世代LEXUS第1弾モデルとして位置づけられているラインナップレクサスでは初となるプラグインハイブリッドモデルとなる「NX450h+」をはじめ、ガソリンモデルの「NX250」と「NX350」、ハイブリッドモデルの「NX350h」の4モデル用意されるパワートレーン搭載エンジン全て高熱効率仕様新型換装され、NX350hとNX450h+には2.5LのA25A-FXE型、NX250には2.5LのA25A-FKS型、NX350には2.4LターボのT24A-FTS型をそれぞれ採用トランスミッションはガソリンモデルにおいて8速に多段化された「Direct Shift-8AT」が採用されターボエンジン搭載するNX350は過給エンジン特長に合わせて最適化された専用仕様での搭載となる。AWDシステムモデルごとに異なり、NX250は「電子制御スタンバイAWD」を、NX350は「電子制御フルタイムAWD」を、NX350hとNX450h+はE-Fourを採用するプラットフォームTNGAGA-Kプラットフォーム採用。 NX350hとNX450h+は車から外部へ給電可能な給電システム完備しており、アクセサリーコンセント使用する非常時用を装備するとともに、NX450h+にはヴィークルパワーコネクターを使用するAC外部給電システム装備。 リアデザインは従来のL字ロゴエンブレム替わり、「L E X U S」のバラ文字ロゴ採用された

※この「2代目(AZ20型、2021年 -)」の解説は、「レクサス・NX」の解説の一部です。
「2代目(AZ20型、2021年 -)」を含む「レクサス・NX」の記事については、「レクサス・NX」の概要を参照ください。


2代目 (RU系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 07:13 UTC 版)

いすゞ・ガーラ」の記事における「2代目 (RU系)」の解説

前述のように、いすゞ自動車日野自動車バス製造事業統合により、日野・セレガとの統合車種となった製造は、2社合同資本ジェイ・バス小松事業所旧・日野車工業)で行われている。日野自動車開発行っているため、実質的には日野・セレガフルモデルチェンジ車であると言えるセレガとの違い外装差異判断できるフロントガラス下のガーニッシュ違い側面のアクセントピラーの違いセレガは有、ガーラは無)、リアガラスの形状セレガ1枚窓、ガーラ先代引き継ぐ左右に分かれた2枚小窓)の違いなど。ただし各車仕様によってはガーラセレガ外装同じになる場合があるため一概には言えない。また標準とは異な例外仕様見受けられ車名ロゴやモデルプレートを見ない判別できない場合もある。 フロントマスクは6キューブマスク以外は、セレガリミテッドエディション窓下のオーナメントランプがない)とほぼ同一である高速バス仕様ガーラの場合、行先表示機搭載の関係上、リアガラスがセレガと同様1枚窓になる。ただし一部2枚仕様のまま、左右の窓の間に行先表示器窓を設けた仕様導入されている。 アクセントピラーはセレガでも装備しない事例がある一方でガーラでも装備する事例がある。 この他にもフロントパネルのガーニシュをセレガ同一とし、リヤパネルは2枚仕様というガーラ事例存在している。 LV時代純正ボディいすゞバス製造ジェイ・バス宇都宮事業所架装されていたが、RUになってからのボディ架装ジェイ・バス小松事業所のみで架装されている詳し車種説明は、日野・セレガ#セレガ(2代目)を参照のこと。

※この「2代目 (RU系)」の解説は、「いすゞ・ガーラ」の解説の一部です。
「2代目 (RU系)」を含む「いすゞ・ガーラ」の記事については、「いすゞ・ガーラ」の概要を参照ください。


2代目(2021年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 15:21 UTC 版)

ルノー・エクスプレス」の記事における「2代目(2021年 - )」の解説

カングーベースカングー ラピッドより安価かつ一回り小さい商用車として復活2020年販売終了したダチア・ドッカーの後継役割も兼ねている(ダチア今後商用車設定しない)。 スライドドア付近センターピラー廃したことでサイドからのアクセスを向上させている。 生産はフランス・モブージュにあるMCAではなくモロッコにある「ルノー日産タンジェ工場」にて行われる

※この「2代目(2021年 - )」の解説は、「ルノー・エクスプレス」の解説の一部です。
「2代目(2021年 - )」を含む「ルノー・エクスプレス」の記事については、「ルノー・エクスプレス」の概要を参照ください。


2代目(2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/22 03:03 UTC 版)

リンカーン・ゼファー」の記事における「2代目(2006年)」の解説

2004年ニューヨーク国際オートショーにて、「ゼファー」の車名冠したコンセプトモデル発表されたゼファーリンカーン・LSに代わるリンカーンエントリーモデルとして、LS V6モデル入れ替わる形で販売開始されたが、発売翌年2007年にはリンカーン・MKZ改名され伝統の名前は長く続かなかった。 マツダ・アテンザと同じCD3プラットフォームであった

※この「2代目(2006年)」の解説は、「リンカーン・ゼファー」の解説の一部です。
「2代目(2006年)」を含む「リンカーン・ゼファー」の記事については、「リンカーン・ゼファー」の概要を参照ください。


2代目 (2019-年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 08:48 UTC 版)

フォード・プーマ」の記事における「2代目 (2019-年)」の解説

2019年6月クーペであった初代とは違いSUV型で2代目プーマ初公開された。生産ルーマニア工場行われる。 ガソリンモデルはいずれフォードの誇るダウンサイジングターボ技術の『エコブースト(英語版)』シリーズである。"ST"グレード200馬力発生する1.5Lターボ6速MT組み合わせており、0-100km/h加速はわずか6.8秒を叩き出す。 1.0Lモデルにはコンベンショナルモデルとマイルドハイブリッドモデルが設定され前者95馬力MT)と125馬力DCT)、後者最大125馬力155馬力いずれもMT)のそれぞれ2つチューニング仕様が用意される2021年7月には、翌2022年よりWRC世界ラリー選手権)の最高峰カテゴリとなる『ラリー1規定のプーマ披露された。競技専用パイプフレームでスケーリング縮尺)されており、シルエットはBセグメントハッチバックと同じになっている。また統一のプラグインハイブリッドシステムを採用する詳細は「フォード・プーマ ラリー1を参照

※この「2代目 (2019-年)」の解説は、「フォード・プーマ」の解説の一部です。
「2代目 (2019-年)」を含む「フォード・プーマ」の記事については、「フォード・プーマ」の概要を参照ください。


2代目(2ドア1982 - 1986、4ドア1982 - 1988年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

クライスラー・ルバロン」の記事における「2代目(2ドア1982 - 19864ドア1982 - 1988年)」の解説

1982年ルバロンはミッドサイズからコンパクトサイズのKカーフルモデルチェンジする。 同時に米国では久々となる2ドアコンバーチブルも用意された。2ドアコンバーチブルは安全の問題1976年型のキャデラック・エルドラドを最後に姿を消していたが、当時の会長リー・アイアコッカ市場調査結果小規模な市場であるが、「運転好きの人々ドライブ楽しさ取り戻す」ことを目的用意された価格帯1万4000ドルであったが、必要資金大きさ考え失敗予想するものが多かったが、実際は発表直後大量の注文入っていた。注文主なかにはブルック・シールズの名前もあったという。 1985年モデルチェンジ(マイナー)する。 2ドア・クーペ、2ドア・コンバーチブルは1986年最後にKカーベースのものが生産終了し、1987年からはJボディー(2代目)を使用してフルモデルチェンジした。 なお4ドア1988年まで生産されるコマーシャル出演者1975年1981年までクライスラー・コルドバコマーシャル出演していたリカルド・モンタルバンであったリカルドは、他のクライスラー車のコマーシャルにも出演していた。

※この「2代目(2ドア1982 - 1986、4ドア1982 - 1988年)」の解説は、「クライスラー・ルバロン」の解説の一部です。
「2代目(2ドア1982 - 1986、4ドア1982 - 1988年)」を含む「クライスラー・ルバロン」の記事については、「クライスラー・ルバロン」の概要を参照ください。


2代目(2014年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 14:38 UTC 版)

シボレー・オプトラ」の記事における「2代目(2014年-)」の解説

2014年3月エジプトアルジェリアにて相次いで発表された新型オプトラ中国の上通用汽車J200オプトラプラットフォームベース開発した宝駿630」の輸出仕様であり、ベース車とはグリルエンブレム類が異なる。エンジン可変バルブ機構付き直列4気筒 1500ccで、最高出力110ps、最大トルク146N·mを発揮するトランスミッション6速ATが搭載される。燃費は7.3L/100kmとなる。 宝駿630フロント宝駿630リア

※この「2代目(2014年-)」の解説は、「シボレー・オプトラ」の解説の一部です。
「2代目(2014年-)」を含む「シボレー・オプトラ」の記事については、「シボレー・オプトラ」の概要を参照ください。


2代目 (2011–2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 23:37 UTC 版)

フィアット・パリオ」の記事における「2代目 (20112017年)」の解説

2011年11月ブラジルにて2代目パリオ公式発表された。 2017年後継モデルであるアルゴ組み立て予定のためにアルゼンチン工場での生産停止販売終了した

※この「2代目 (2011–2017年)」の解説は、「フィアット・パリオ」の解説の一部です。
「2代目 (2011–2017年)」を含む「フィアット・パリオ」の記事については、「フィアット・パリオ」の概要を参照ください。


2代目(2016年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 19:15 UTC 版)

トヨタ・プロエース」の記事における「2代目(2016年 - )」の解説

2015年12月1日発表実車2016年ジュネーブモーターショーにて初公開された。従来商用車に加え新たに乗用車版が設定され、「プロエース ヴァーソ」を名乗る欧州市場では大型MPVカテゴリー属し、9人乗りである。全長4,610 mm、4,960 mm、5,310 mmの3タイプ用意されホイールベースは2,930 mmと3,280 mmの2タイプがある。 2020年5月電動化された「プロエース EV」を2020年秋欧州市場発売することを発表した。 プロエース(リア) プロエース ヴァーソ跳ね上げバックドア+グラスハッチ(リア) プロエース ヴァーソ観音開きバックドアリア

※この「2代目(2016年 - )」の解説は、「トヨタ・プロエース」の解説の一部です。
「2代目(2016年 - )」を含む「トヨタ・プロエース」の記事については、「トヨタ・プロエース」の概要を参照ください。


2代目 (1958年-1961年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/14 13:52 UTC 版)

シボレー・ノマド」の記事における「2代目 (1958年-1961年)」の解説

1958年シボレーノマド最上級の4ドア・ステーションワゴンとして位置づけた。シボレー1961年に、通常のセダン・モデルを採用するまで、ノマド製造続けた

※この「2代目 (1958年-1961年)」の解説は、「シボレー・ノマド」の解説の一部です。
「2代目 (1958年-1961年)」を含む「シボレー・ノマド」の記事については、「シボレー・ノマド」の概要を参照ください。


2代目(HX系)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 02:35 UTC 版)

日野・ポンチョ」の記事における「2代目(HX系)」の解説

2代目ポンチョ初代とは異なり、純日本製バスとなったまた、日野自動車いすゞ自動車バス製造事業統合に伴いジェイ・バス小松工場製造される。2代目HX系では横置きリアエンジン採用したリエッセ (RX系) をベースとして、2004年第38回東京モーターショー参考出品した純国産小型ノンステップバスポンチョL」を量産化向けに仕様変更したもので、2006年平成18年3月22日発売された。 「シンプルで丸みある親しみやすい外観デザイン」「ユニバーサルデザイン思想乗降性室内空間」をコンセプトしており、それが高く評価され2006年度平成18年度)のグッドデザイン賞受賞した受賞番号06A12031)。デザイナー塩野太郎鉄道デザイナー、現:総合車両製作所所属)。 可愛らし外観に合わせて灯火類全て丸形で揃えられているが、これらは専用部品ではなく前照灯日野自動車と同じトヨタグループ属すダイハツ軽自動車2代目ムーヴカスタム(L900系)からの流用リヤランプ類も2代目セレガと共通とするなど、個性出しつつコスト抑えている。 車体および構造基本的にリエッセベースとしてノンステップ化している。2代目セレガ同様、サスペンションエンジンなど前後それぞれ別のシャーシに、フルディップカチオン電着塗装済ませたボディを「ポン載せ」する工法組み立てられている。全長リエッセと同じ7mのロングボディに加え、6.3mのショートボディが新たに設定されたまた、ニーリング機構標準装備となった車体後端エンジントランスミッションの上に2階建てに重ねた上で横置きとしてリアオーバーハングを大幅に短縮し、また運転席前輪前方から前輪直上に移すことでフロントオーバーハング短縮してホイールベースリエッセの3550mmから4825mmに拡大したこれにより、フルフラットノンステップではないものの最後列の4人掛け席のみステップがある)、短め全長中に最大限のノンステップフロアを確保したホイールベース間では車椅子回転できる通路幅が確保されている。ただしホイールベース延長されたことで最小回転半径大きくなり、リエッセ売りであったクラス最小の最小回転半径」が失われ小回り効かなくなったこのためコミュニティバスに多い狭隘路線では、リエッセからの代替困難になるケース生じた乗降扉はワンボックスカーのような外側スライド式プラグドアで、ロングボディでは2ドアと1ドア(トップドア)が選択でき、ショートボディでは1ドアのみとなる。ロングでは定員30名以上を確保し非常口設置されている。仕様としては、ロング・ショートともに「前向きシートタイプ」「横向きシートタイプ」「前向きシートタイプ寒冷地仕様」の3種類が設定されている。 2代目ポンチョショートの車内横向きシート仕様日立自動車交通 2代目ポンチョ運転席(2DG-車)

※この「2代目(HX系)」の解説は、「日野・ポンチョ」の解説の一部です。
「2代目(HX系)」を含む「日野・ポンチョ」の記事については、「日野・ポンチョ」の概要を参照ください。


2代目(1999年 - 2002年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 00:07 UTC 版)

クライスラー・ネオン」の記事における「2代目(1999年 - 2002年)」の解説

1999年9月に2代目が登場ダイムラーとの合併により、メルセデス・ベンツ評価基準取り入れられ結果ボディーサスペンション剛性大幅に向上しハンドリング操縦安定性大きく改善された同時に質感NVH騒音振動ゴツゴツ感)評価向上したが、まだ同クラス日本車には及ばなかった。 米国ではホットモデルの「ダッジ・ネオンSRT-4」を発売しベースモデルヒットともあいまって日本車独占しているスポコン市場斬り込んだ

※この「2代目(1999年 - 2002年)」の解説は、「クライスラー・ネオン」の解説の一部です。
「2代目(1999年 - 2002年)」を含む「クライスラー・ネオン」の記事については、「クライスラー・ネオン」の概要を参照ください。


2代目(2006年−2015年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 08:26 UTC 版)

フォード・ギャラクシー (1995)」の記事における「2代目(2006年2015年)」の解説

2代目ギャラクシーは、2006年ジュネーブモーターショー発表され2006年6月フォード・S-MAX一緒に発売された。

※この「2代目(2006年−2015年)」の解説は、「フォード・ギャラクシー (1995)」の解説の一部です。
「2代目(2006年−2015年)」を含む「フォード・ギャラクシー (1995)」の記事については、「フォード・ギャラクシー (1995)」の概要を参照ください。


2代目 (2008-2013年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 08:56 UTC 版)

キャデラック・CTS」の記事における「2代目 (2008-2013年)」の解説

ゼネラルモーターズ副会長ボブ・ルッツが2006年4月2日報道番組60 Minutes」のインタビュー試作車明らかにした。外観内装共に2003年発売されコンセプトカー「キャデラック・シックスティーン」の影響を受けている4月行われたドイツ・ニュルブルクリングでの試作車による走行実験では、トランスミッションマニュアルトランスミッション用意されることなど、多くの性能や特徴明らかになった。 2007年1月ゼネラルモーターズはこの2008年モデルとして販売していた新型CTSをの北米国際自動車ショー出品したエンジンベースモデル可変バルブ機構利用した3.6リッター258馬力(192kW)でV型6気筒、252lbft(342Nm)のトルク可能であるセカンドバージョン無鉛レギュラーガソリン使用304馬力(227kW)、274フィートポンド(371m)のトルク発生させる新型3.6リッター直噴V型6気筒VVTエンジントランスミッション自社製6速オートマチックトランスミッション「6L50」がすべてのモデルにおいて標準装備のほか、6速マニュアルトランスミッション標準装備用意されるまた、オートマチックトランスミッションのみオプション四輪駆動設定ができる。サスペンションブレーキステアリング前年発売されたCTS-Vから一部改良され2代目CTS標準搭載されている。 標準装備258馬力(192kW)3.6リッターエンジン17インチホイール・タイヤ、BOSEの8スピーカーステレオ横滑り防止機構スタビリトラック)、空気圧測定モニター、オンスターによるアフターサービス北米のみ)。オプション装備iPod接続端子シートヒーター機能回転式ヘッドライトアメリカ国内主要なランドマークリアルタイム交通情報天気予報表示するナビゲーションBOSE 5.1chデジタルサラウンド、40ギガバイトハードディスクドライブ、リモート起動などがある。 自動車雑誌Motor Trend」によると、ゼネラルモーターズアメリカでCTSクーペとステーションワゴンバージョンを販売するにあたって、それらをヨーロッパ市場でも販売することに好感示したヨーロッパで2009年春にもキャデラック・CTSステーションワゴン製造開始する予想され2009年前半まで米国モデルキャデラック・SRX段階的に廃止しCTSステーションワゴン置き換えられる見通し同様にキャデラックセダン