2代とは? わかりやすく解説

2代(現・株式会社ダイテック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/07 14:09 UTC 版)

ダイテックホールディング」の記事における「2代(現・株会社ダイテック)」の解説

2012年平成24年10月1日 - 会社分割により設立2013年平成25年10月 - 株式会社DSホールディング吸収合併

※この「2代(現・株式会社ダイテック)」の解説は、「ダイテックホールディング」の解説の一部です。
「2代(現・株式会社ダイテック)」を含む「ダイテックホールディング」の記事については、「ダイテックホールディング」の概要を参照ください。


2代(2015年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 10:20 UTC 版)

大名古屋ビルヂング」の記事における「2代(2015年 - )」の解説

2009年12月15日三菱地所初代大名古屋ビルヂング隣接するホテルロイヤルパークイン名古屋一体的建替計画発表地上34階、高さ180mの超高層ビルとなる予定で2012年着工2015年竣工目指していた。 これに伴い初代大名古屋ビルヂング2012年9月30日をもって閉鎖された2013年5月半ば解体工事終了し同年5月23日から新築工事開始された。なお、丸の内ビルディング新丸の内ビルディング建て替え前はそれぞれ丸ノ内ビルヂング新丸ノ内ビルヂング)のように建替え表記変更される例もあるが、「大名古屋ビルヂング」の名称は建設する新しいビルにも継承された。 また、ホテルロイヤルパークイン名古屋建替えに伴い営業終了し新ビルへの入居行わず、同桜通沿いに建設された別ビルに「ロイヤルパークホテル名古屋」として2013年11月1日新規オープンした2014年2月24日新ビル地下1階地上2階三越伊勢丹ホールディングス店舗出店する計画発表した三越伊勢丹ホールディングスでは初めての中型店で、床面積3,000m2、衣類雑貨中心とした女性向け専門店となる予定である2015年10月31日2代目ビル完成11月2日には報道向けに公開された旧ビル歴史継承するため、初代ビルにあった玄関銘板そのまま利用したほか、初代ビル1Fエレベーターホール設置されていたモザイク画矢橋六郎作)をエントランス部分に再設置した。ただし、旧ビル特徴だった「大名古屋ビルヂング」の看板再利用されず、廃棄されてしまった。 4Fには、三菱UFJ銀行三菱UFJ信託銀行あおぞら銀行十六銀行店舗設置された「金融サービスゾーン」が設けられている。1Fには三菱UFJ銀行ATMコーナー設置された。 2015年12月9日2016年3月9日商業施設開業に向けて名古屋初登場名駅初登場を含む74店舗集積する商業施設入居する大名古屋ビル Shops & Restaurants」とショッピングゾーン大名古屋ビル Lifestyle & Services」の14店舗の各テナント発表され2016年1月22日には「大名古屋ビル Shops & Restaurants」に入居するイセタンハウス」のテナント詳細・ブランドラインナップが発表された2016年3月4日2代目ビル商業施設内覧会が行われ、3月9日全面開業日には記念式典開催され出席した杉山博孝三菱地所社長から、「働くことと楽しむことが両立できるビルにした」「名古屋皆さん愛してもらえるようになってほしい」との挨拶なされたビル低層部(2~4階)にあるファサードガラスパターンは、2020年夏季オリンピックのエンブレム手がけたデザイナー野老朝雄よるものである。 2020年5月13日三越伊勢丹ホールディングスは、イセタンハウス2020年8月末で閉店する決めたその後2021年7月27日向かいジェイアール名古屋タカシマヤ時計専門店舗「ジェイアール名古屋タカシマヤ ウォッチメゾン」が1・2階開業している。 平成28年度第48回中部建築賞受賞している。 建設中の様子(2014年12月1階ISETAN HAUSがあった頃 2階 3階 5階屋上庭園 5階屋上庭園全貌 手前より名古屋城2代目大名古屋ビルヂングJRセントラルタワーズ2015年10月 正面入口2015年12月玄関銘板

※この「2代(2015年 - )」の解説は、「大名古屋ビルヂング」の解説の一部です。
「2代(2015年 - )」を含む「大名古屋ビルヂング」の記事については、「大名古屋ビルヂング」の概要を参照ください。


2代(2011年 - 現在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 05:47 UTC 版)

コンラート・アデナウアー (航空機)」の記事における「2代(2011年 - 現在)」の解説

現在のコンラート・アデナウアー」は、元ルフトハンザエアバスA340-313(MSN274)であり、VIP用に寝室設けられ様々な安全技術導入されている。無着陸13,500キロメートル飛行でき、143名を運ぶことができる。

※この「2代(2011年 - 現在)」の解説は、「コンラート・アデナウアー (航空機)」の解説の一部です。
「2代(2011年 - 現在)」を含む「コンラート・アデナウアー (航空機)」の記事については、「コンラート・アデナウアー (航空機)」の概要を参照ください。


2代(国道148号新道旧橋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 10:17 UTC 版)

国界橋」の記事における「2代(国道148号新道旧橋)」の解説

1994年完成国道148号バイパス部として機能する1995年7月11日未明7.11水害土石流により、姫川本川流出

※この「2代(国道148号新道旧橋)」の解説は、「国界橋」の解説の一部です。
「2代(国道148号新道旧橋)」を含む「国界橋」の記事については、「国界橋」の概要を参照ください。


2代(1997年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 01:39 UTC 版)

ニューブライトン桟橋」の記事における「2代(1997年 - )」の解説

撤去後初代桟橋を救うために運動した桟橋海岸協会は、新し桟橋のために募金ロビー活動行った最終的に200NZドル集められると、クライストチャーチ市からの200NZドルと合わせて新し桟橋建設されることになった2代目にあたるこの桟橋は、初代とまったく同じ場所に建設され鉄筋コンクリート製で全長300 mである。1997年11月1日正式に開業し初めはニューブライトンの、2011年カンタベリー地震この地震によりクライストチャーチ象徴であったクライストチャーチ大聖堂大きく損壊した後にクライストチャーチ全体象徴として知られ主要な観光名所1つとなっている。また、定期的に行われるスケートイベントや毎年11月5日開催されるガイ・フォークス・ナイト花火大会など、多くのイベント会場にもなっている。桟橋はたびたび地震の被害を受けており、特に2016年クライストチャーチ地震英語版)ではそれまで蓄積もあって工事行わなければならないほどになった修理2017年2月開始され850NZドル費用16ヶ月時間をかけて2018年5月完了した

※この「2代(1997年 - )」の解説は、「ニューブライトン桟橋」の解説の一部です。
「2代(1997年 - )」を含む「ニューブライトン桟橋」の記事については、「ニューブライトン桟橋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2代」の関連用語

2代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2代のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダイテックホールディング (改訂履歴)、大名古屋ビルヂング (改訂履歴)、コンラート・アデナウアー (航空機) (改訂履歴)、国界橋 (改訂履歴)、ニューブライトン桟橋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS